インナーカラーで黒髪を可愛く!バレない!【赤・青・緑・紫・グレー】

みなさんはインナーカラーをご存知でしょうか。赤や青、緑、紫、グレーなどなど、様々なカラーバリエーションがあります。おとなしめのインナーカラーであれば赤や紫、グレーがいいですね。個性を出したいのであれば青や緑もおすすめ。ここではそんなインナーカラーを紹介します。

インナーカラーで黒髪を可愛く!バレない!【赤・青・緑・紫・グレー】のイメージ

目次

  1. インナーカラーとは?
  2. 黒髪でもインナーカラーはできる?
  3. ヘアスタイル別インナーカラー
  4. インナーカラーはバレない?
  5. 暗めのグレーならさらにバレにくい?
  6. カラーバリエーション
  7. ベースカラーによってインナーカラーの印象は変わる?
  8. 黒髪の色別インナーカラー
  9. 茶髪の色別インナーカラー
  10. 目立ちたいなら青・緑
  11. 目立ちにくくしたいなら赤・紫・グレー
  12. 色を混ぜ合わせるのもあり?
  13. 赤・青・紫・グレー・緑の色落ちは?
  14. 赤・青・紫・グレー・緑色落ち防止!
  15. カラーシャンプーもある?
  16. インナーカラーでおしゃれなヘアスタイルを!

インナーカラーとは?

インナーカラーとは髪の外側ではなく、内側に入れるカラーのことです。全体にカラーを入れるわけではないので、染めていることがバレないことも多くあります。なのであまり派手なヘアスタイルにできない職の人や学生にもインナーカラーは人気があります。

natsu_azitoさんの投稿
27878230 2237768616450532 4159215826588663808 n

インナーカラー 緑

緑と聞くとファンキーなイメージがあるかもしれませんが、緑がかった青や緑がかった黒というように、原色の緑のみを指すのではありません。緑は意外とおしゃれなカラーとして人気があります。なかなかチャレンジしにくい緑ですが、インナーカラーであれば挑戦できそうですね。

kentomichiwakiさんの投稿
27580026 182565115682621 3476883112531591168 n

インナーカラー 紫

紫はインナーカラーだけでなく、メッシュの色としても人気があります。紫は黒髪にもよくなじむので、インナーカラーにもおすすめのカラーです。紫も緑と同じく、赤紫や青紫などカラーバリエーションもさまざまです。

airi__koizumiさんの投稿
27891832 434177907012389 2588154284776357888 n

インナーカラー グレー

グレーは黒に近いグレーであればあまり目立たず、おしゃれが楽しめていいですね。白に近いグレーであれば個性的で目立つことができます。グレーの難点は色落ちがしやすいことですが、逆に言えば色落ちも個人差があるのでオリジナルのインナーカラーができるかもしれません。

aypn_18pnさんの投稿
27879983 1991224364531254 5138989164926074880 n

インナーカラー 赤

赤はロックなイメージがありますね。しかし茶色に近い赤であれば自然な髪色にもなじみやすく、おしゃれに見えます。赤系の茶髪にしている人は特に自然に見えるかもしれません。もちろんベースを黒髪にし、コントラストをはっきりさせてもおしゃれです。

komono.tunatunatunaさんの投稿
28152665 1297779070323533 4743796979069353984 n

インナーカラー 青

青は寒色系なのでクールなイメージがつきやすいです。暗めの青であれば黒髪にもなじみやすいです。あまり見ないカラーなのでインパクトを与えやすく、おしゃれだと思われることも多いでしょう。

kanachii23さんの投稿
27879147 151187762263771 104189923711516672 n

黒髪でもインナーカラーはできる?

ヘアカラーといえば明るい髪のイメージが多いですが、黒髪でもインナーカラーはできます。バレないことを重視するヘアスタイルにしたいのであれば、むしろ黒髪の方がおすすめです。もちろん茶髪や金髪でもインナーカラーはできますよ。

yuuuuks21さんの投稿
27579849 128343301199617 5516726973059039232 n

ヘアスタイル別インナーカラー

ヘアスタイルは大きく分けてロング、ミディアム、ショートの3つに分かれます。詳しく分けていけばボブやロブなどもありますが、ここではその3つに分けてインナーカラーを紹介していきます。

terrace_yabuさんの投稿
28153633 188029825281473 3810303738707443712 n

ロング

ロングはいちばん染める部分が多く、インナーカラーをもっとも楽しめるヘアスタイルかもしれません。反対にバレないインナーカラーを楽しみたいのであれば、ベースカラーを多めにとりましょう。長ければバレやすくもなりますが、ベースカラーを多くとっていればバレない可能性を高くすることもできます。

euphoria_misakiさんの投稿
27580385 175670609828517 1439189024869711872 n

ミディアム

ミディアムは髪の長さ的にもインナーカラーを入れる長さの割合としていちばんバランスがいいですね。ロングヘアであればそのぶんお手入れも大変です。ミディアムはそこまで長くないため、髪にもお財布にも優しいですね。

jnk.83さんの投稿
27581394 867437493426337 3501210515965739008 n

ショート

ショートは短いぶん、あまりインナーカラーをいれるスペースがありません。なのでイヤリングカラーなど、一部にインナーカラーを入れてもかわいいですね。短いのでバレやすくなってしまいますが、インナーカラーを目立たせないならショートヘアがいちばんですね。

ryomandaさんの投稿
27578861 331857077302632 2002380613151096832 n

インナーカラーはバレない?

インナーカラーは完全にバレない!というわけではありません。バレにくいという表現が正しいでしょう。髪を耳にかけたり、結ったりしたときにちらりと見えるのがインナーカラーの良さです。普段は隠し、プライベートではインナーカラーを見せるというのもおしゃれですね。

yuzpomさんの投稿
27579446 1208586122610404 4553361573728485376 n

暗めのグレーならさらにバレにくい?

グレーにはシルバーに近い明るめの色と黒に近い色のグレーがあります。ベースカラーが黒に近い色であれば、暗めのグレーだとバレにくいです。色落ちしてきても、あれ?そこだけ色抜いてるの?程度のものなので、赤や青のように微妙に色素が残ってる、という心配もありません。

maita._1さんの投稿
18298664 1907322602816850 4030804739754033152 n

カラーバリエーション

インナーカラーのヘアカラーは、通常のヘアカラーと同じだけのカラーバリエーションがあります。髪を染める部分が違うと言うだけなので当然といえば当然ですね。なのでさまざまなヘアスタイルにも対応してくれます。冒険で派手目なインナーカラーを入れてもいいですね。

pemarincoさんの投稿
27879072 376555092809355 5948202046199955456 n

ベースカラーによってインナーカラーの印象は変わる?

同じカラーのインナーカラーでも、ベースカラーが違えば印象は変わります。色やヘアスタイルによってはインナーカラーがバレない可能性も高くなりますね。ベースカラーによって目立つカラーや目立たないカラーは変わってきます。

7kohei7さんの投稿
27580801 210484646195438 3332530348339757056 n

黒髪の色別インナーカラー

日本人に一番多いのが黒髪です。地毛が茶色っぽい人も多いですが、黒が強い人も多いでしょう。なのでそんな黒髪に対してさまざまなカラーはどのような印象になるのか、紹介していきます。

uetaaagramさんの投稿
27891351 2261077914118830 499228766350868480 n

インナーカラー 黒髪×緑

黒髪に緑のインナーカラーをいれると、やはり自然には見えませんが、個性的でおしゃれに見えます。自然に見えないと言うことはバレない可能性が低くなるということです。バレても問題がなければ挑戦しておしゃれさんになれるカラーですね。

charme_hairsalonさんの投稿
28152709 787115284832893 5910540951155113984 n

インナーカラー 黒髪×紫

黒髪と紫はとても相性がいいです。コントラストをはっきりとしたいのであれば派手目な紫でもいいですが、ベースカラーに近いカラーにすると自然できれいに見えます。下記の画像のようにヘアスタイルによって個性的にも見えますね。

インナーカラー 黒髪×グレー

しっかりめにブリーチをしないとグレーは入らないかもしれませんが、黒髪にグレーは反対色なのでとてもおしゃれです。白に近いグレーならコントラストがはっきりとし、黒に近いグレーであればより自然になります。

インナーカラー 黒髪×赤

黒髪に赤のカラーが入ればやはりロックなイメージがありますね。かっこよくておしゃれな色の組み合わせです。なのでバンドをしていたり、ロックミュージシャンが好きな人がよくする組み合わせですが、茶色に近い赤であればそこまでロックなイメージにもなりません。

インナーカラー 黒髪×青

原色系や発色のいい青であればインナーカラーであってもかなり目立ちます。反対に暗めの青や黒に近い青であればあまり目立ちません。バレたくないのであればネイビーブルーなどの青を入れても自然で可愛いですよ。

茶髪の色別インナーカラー

先ほど黒髪で紹介した緑、紫、赤、グレー、青、紫ですが、ベースカラーが茶髪ではどのような印象になるのでしょうか。黒髪であればコントラストがはっきりめにでることが多いですが、茶髪であればベースが明るい分より自然に見えるかもしれませんね。

インナーカラー 茶髪×緑

茶髪に緑だと、黒髪ほどは目立ちませんね。茶髪もミルクティーカラーであればそこまで違和感は感じません。反対に言えばベースカラーが黒に近ければ近いほど目立つということです。インナーカラーを目立たせたい度合いを考えてベースカラーも変えてもいいかもしれませんね。

インナーカラー 茶髪×紫

紫は合う色が難しい気がしている人も多いかもしれませんが、意外と茶髪などでも合います。普段見かけることのないカラーの組み合わせが目を引くのかもしれませんね。あざやかな紫もきれいです。

インナーカラー 茶髪×グレー

コントラストをはっきりとさせたいのであえば、グレーは黒髪の方が映えて見えます。しかし茶髪でもおしゃれで垢抜けたイメージになります。あえて暗めのグレーをインナーカラーとして入れても立体感が出ていいですね。

インナーカラー 茶髪×赤

もともと赤は茶色に近い色のため、違和感もなくおしゃれに仕上がります。黒髪に赤だとロック感が出てしまいがちですが、ベースカラーがベージュ系であればその心配もありません。オレンジがかった赤を入れても茶髪だと自然に見えますね。

インナーカラー 茶髪×青

髪の毛の色としてまずイメージにない青なので、ベースカラーがどんな色でも青は目を引きます。ヘアスタイルに関係なく目立つのもポイントですね。しかしネイビー系など、濃いめで暗めの青だと真逆の印象になるのが青の魅力です。

目立ちたいなら青・緑

インナーカラーを目立たせたい!派手な色にしたい!と言う人は、あざやかな青や緑がおすすめです。髪の毛の色として地毛であざやかな紫や緑の人はまずいませんよね。なので髪の毛にそれらの色があれば目を引き、目立つことができます。

目立ちにくくしたいなら赤・紫・グレー

あまり目立たず、バレない色がいいのであれば、赤や紫、グレーがおすすめです。といってももちろんあざやかな色ではなく、ベースカラーに近い色にしましょう。赤なら赤茶、紫なら暗めの紫、グレーなら黒に近いグレー…といったイメージです。

色を混ぜ合わせるのもあり?

目立ちやすくなり、バレないことはさらに難しくなってしまいますが、いろんな色を楽しみたい!と言う人はさまざまなカラーを混ぜ合わせてもおしゃれでかわいいですよ。インナーカラーなので全体の髪をカラフルにするより騒がしくなくていいかもしれませんね。

hiromatsumoto_ladybugさんの投稿
28152037 219248161971152 5634084596485193728 n

赤×紫

同系色を入れるパターンです。赤といってもピンクに近い色にしてみたり、紫は青みを強くしたりなど工夫ができます。同系色をいれればグラデーション風にもでき、立体感も出てよりおしゃれに見えますよ。

紫×青

赤×紫と同じように同系色でまとめるカラーです。青は青紫にするとより自然に見えます。根元はネイビー系の青、毛先にいくにつれて紫にするとグラデーションも楽しめますね。夏だと涼しげに見えていいかもしれません。

緑×青

緑は青に近く、青は緑に近くしたインナーカラーをいれると、きれいなグラデーション風のヘアスタイルを楽しめます。派手さは増しますが、とても個性的で人気者になれるかもしれません。ダンスをする人などにもおすすめのカラーですね。

euphoria_misakiさんの投稿
27893380 905935886234702 960177090487910400 n

グレー×黒

ベースカラーが黒だとわかりにくいですが、ベースカラーが明るめだとグレー×黒はとてもきれいです。透明感があり、外国人のような透き通ったヘアスタイルが手に入ります。全体にグレーにするのは難しくてもインナーカラーであれば挑戦できますね。

グレー×青

グレーに黒に近い青を入れると、立体感が出ます。シルバーに近いグレーであれば青がより際立ちますね。コントラストもはっきりとしてきれいです。グレーは挑戦しにくいカラーですが、インナーカラーであればちらっと見えたときにかわいいです。

緑×赤

緑と赤という似た部分がない反対色をあえて一緒に入れると、ワンランク上のおしゃれヘアスタイルになります。それぞれがそれぞれを引き立ててくれるので、目立ちたい人にはもってこいです。なのでバレないのは難しいかもしれませんね。

ayum39さんの投稿
27894146 372243996576181 2633846036656816128 n

紫×緑×青

全体に紫、緑、青を入れてしまうとしつこく感じるかもしれませんが、ワンポイントのインナーカラーとしてであればあざやかできれいに見えます。外ハネヘアにすれば極彩鳥のような美しさを出すことができるかもしれません。

dada_luxbe_ogaさんの投稿
27891439 409599366129285 3810043098617085952 n

赤×紫×青

赤、紫、青はそれぞれ近い色になります。なので赤紫、青紫、紫というようにグラデーションにしてもきれいでしょう。もちろんあえてはっきりとした原色のカラーを選んでもおしゃれで目立つことができます。後ろにのみいれればバレないかもしれませんね。

kumakuma0604さんの投稿
27879434 185947212169200 3216425966305804288 n


◆関連記事:ピンクもおすすめ♡

インナーカラーはピンクがおしゃれ!髪型・アレンジまとめ!

赤・青・紫・グレー・緑の色落ちは?

インナーカラーはかわいいけれど、気になるのがやはり色落ちではないでしょうか。ここでは主に赤・青・紫・グレー・緑の5色を紹介しました。その5色の中で色落ちが早いのはどれなのか紹介していきます。

色落ち1位 グレー

グレーは早ければ4日ほどで色落ちし始めます。もちろんはじめのブリーチでどの程度まで色を抜いているかによって入る色は変わります。当然それによって色落ちスピードも変わってきますが、それでもグレーがいちばん色落ちが早いです。繰り返し染めていればだんだんとマシになる…かも?

色落ち2位 青

青の色の種類や薬の種類にもよりますが、発色のいい青であればあるほど、色落ちが早く、目に見えてわかります。グレーとさほど差がないほどのスピードといえます。色ムラが出やすいのも青の特徴です。青が落ちて緑っぽくなったという声も。

色落ち3位 緑

2位の青が色落ちして緑っぽく…と紹介しましたが、あざやかな緑をキープするのはなかなか至難の業です。緑はヘアカラー剤ではなくヘアマニキュアやカラーバターなどで髪染めをするため、定期的なメンテナンスが必要です。

色落ち4位 紫

市販で売られているヘアカラー剤にも紫がかったカラーなどを多く見かけるようになりました。ブラウンなどに比べれば確かに色落ちは早いですが、上位3位のカラーに比べれば色落ちは遅い方でしょう。紫が色落ちして赤っぽくなったりすることもあるようです。

色落ち4位 赤

色落ちしやすいカラーといえば赤!という印象を持っている人も多いでしょう。しかしあざやかなカラーに比べれば色持ちもする方です。燃えるような赤などはすぐに色落ちしてしまいますが、一週間以上カラーが保てたという声も多くあります。

赤・青・紫・グレー・緑色落ち防止!

どれも色落ち早いんじゃん!と思った方も多いでしょう。それは致し方のないことです…。しかしそんな色落ちに救世主!色落ち防止のためのカラーシャンプーやカラートリートメントがあります。毎日のお手入れにプラスして色持ちをよくしましょう。

緑のトリートメント

緑色のトリートメント!?と驚いた人も結構いると思います。しかし実際にあるんです。それだけ緑にカラーリングする人が多いと言うことですね。2日に1回ほどのペースでカラーした部分に使用すると、色落ちがしにくくなります。

赤のトリートメント

赤のトリートメントはあまり不思議ではないかもしれませんね。似た色でピンクもあります。ただ赤のトリートメントは使用後手が真っ赤、流れる水も赤い…殺人現場!?というような浴室になり得るので注意しましょう。

グレーのトリートメント

グレーと似た色でシルバーのカラートリートメントもあります。グレーの方が黒っぽく見えますが、色落ちを考えれば少し黒っぽい方がいいかもしれませんね。グレーは特に色落ちが激しいので頻繁に使ってもいいくらいです。

紫と青は…?

もちろん青と紫もカラートリートメントはあります。最近ではカラートリートメントの種類も増えてきました。いろいろ試してみて自分に合うものを見つけましょう。人によってはあまり効果がない…ということもあります。

カラーシャンプーもある?

カラートリートメントがあるのと同じように、カラーシャンプーもあります。つまり、カラーシャンプーとカラートリートメントを併用すればさらにヘアカラーが長持ちすると言うことです。ネットショッピングでも売っていますよ。

赤のカラーシャンプー

グレーのカラーシャンプー

グレーのカラーシャンプーは手に取ると黒なんじゃないか?というような色をしています。しかし黒に染まるわけではないのでご安心を。グレーのカラーシャンプーはグレーやシルバーに染めた方だけでなく、アッシュ系に染めた人にもおすすめです。

緑のカラーシャンプーはない…?

探してみたところ、緑のカラートリートメントはありましたが、カラーシャンプーはありませんでした。なので緑のインナーカラーにした人は緑のカラートリートメントで色持ちをよくしましょう。トリートメントなので塗布した後時間をおくとさらに色が入るかもしれませんね。

インナーカラーでおしゃれなヘアスタイルを!

いかがだったでしょうか。インナーカラーを入れて黒髪は地味…なんて悩みとはもうおさらばです。ライフスタイルに合わせてカラーは選ばなくてはいけませんが、インナーカラーはそこまで目立ちません。インナーカラーですてきなヘアスタイルを楽しみましょう!

patriot.chanさんの投稿
14693946 1130992983658223 2174520699056553984 n

もっとインナーカラーについて知りたい方はこちら

インナーカラーはヘアアレンジで楽しむ!【ボブ・ミディアム・ロング】
ショートボブはインナーカラーで可愛く!髪型・アレンジ19選!
インナーカラーのセルフのやり方!失敗しない染め方・ブロッキング方法!

関連するまとめ

月海
月海
1児の子を持つシングルマザー 日々美容に子育て、さまざまな努力をしております!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ