インナーカラーのセルフのやり方!失敗しない染め方・ブロッキング方法!

インナーカラーのセルフでのやり方について、準備・注意点・失敗しない手順を詳しくご紹介していきます。さらにブリーチなしの方法も解説!インナーカラーのデザインに悩んだら長さ・カラー別ヘアカタログも参考に。ぜひセルフインナーカラーに挑戦しませんか?

インナーカラーのセルフのやり方!失敗しない染め方・ブロッキング方法!のイメージ

目次

  1. セルフでインナーカラーはできる!
  2. 【準備】セルフインナーカラーに挑戦!
  3. 【手順】セルフインナーカラーに挑戦!
  4. 【レングス別】インナーカラーヘアカタログ
  5. 【カラー別】インナーカラーヘアカタログ
  6. セルフインナーカラーのやり方の失敗例
  7. 美容院でインナーカラーを予約するには?
  8. セルフインナーカラーに挑戦しよう!

セルフでインナーカラーはできる!

女性のオシャレや美しさを引き出していく上で、いろいろなヘアスタイルが流行していますが、そういったヘアスタイルの中でも、インナーカラーを楽しむ女性が増えています。

仕事勤めのOLも増える中で、会社にも怒られない程度にオシャレを楽しみたいという女性にも人気のインナーカラーをセルフで行う人も多く、その人気はますます拡大傾向にあります。

今後も、その傾向は続いていくことでしょう。

そういったセルフインナーカラーのやり方や染め方について、具体的にご紹介していきます。

ブリーチなしでも素敵なヘアスタイルを作っていくことができますし、カラーリングを変えることで、ご自身の印象もがらりと変えていくことができるでしょう。

セルフインナーカラーにおける失敗例などもご紹介していきますので、自分で染める時には、失敗しないようにするための反面教師にしてください。

【準備】セルフインナーカラーに挑戦!

インナーカラーは普通のカラーと違いブロッキングが重要になります。その工程で必要な道具を確認しましょう!

ヘアピン・ヘアゴム

まずはブロッキングをするために、ヘアピンやヘアゴムを用意しましょう。ブロッキングとは髪を扱いやすいようにまとめることを意味しています。

一番初めに邪魔な部分をまとめるためにブロッキングを行います。指やコームの下の部分でまとめたい場所を浮かせてから、ヘアピンやヘアゴムでまとめていきましょう。

手袋・ケープ

ヘアカラー剤が肌につかないように、カラーリングを行う前には手袋とケープを用意しておきましょう。

どちらもビニール製のものがすぐ捨てることもできるので好ましいです。

保護クリーム

ブリーチ剤を利用する場合でも、ヘアカラー剤を使用する場合でも、あらかじめ保護クリームを塗っておくことで、肌荒れを防ぐことができます。

保護クリームを顔や首周りなどといった肌が見える部分に塗っておくことで、より安心してセルフヘアカラーを行っていくことができるでしょう。

ブリーチあり|ブリーチ剤

明るい色を出したい場合にはブリーチ剤を用意しておきましょう。ブリーチとは髪の毛の色素を落としてくれる役割のことをいいます。色を綺麗に入れたいときにブリーチ剤が使われます。

ブリーチ剤は出したい色のカラーリングよりも先に行います。

カラー剤・カラーバター

自分で染める場合は、市販のカラー剤やカラーバターを使用することになります。

どちらとも肌に色がつかないように、きちんとケープと手袋を着用してから色を塗っていきましょう!

ブリーチなし|マニックパニック

ブリーチなしでも、セルフインナーカラーを楽しむことができます。

ブリーチなしの場合は、「マニックパニック」と呼ばれるスタイリング剤を使用していくのがおすすめです。

ブリーチなし、あるいはほんのりとした色味を出していきたいといったニーズがある場合は、ブリーチなしでもきれいなインナーカラーを引き出せるスタイリング剤を使用していくと良いでしょう。

【手順】セルフインナーカラーに挑戦!

インナーカラーのセルフのやり方の注意点

セルフヘアカラーを行う際には、注意点もあります。

それは、セルフインナーカラーを行う前にスタイリング剤をつけないということです。

ブリーチなしの場合は、スタイリング剤を使用しても構いませんが、ブリーチを利用する場合には、事前にスタイリング剤をつけるのは避けておきましょう。

髪の毛が汚れていると、ヘアカラー剤が浸透しにくくなり、せっかくカラーリングを行っても、ムラができやすくなって、きれいな形のヘアスタイルが完成しにくくなってしまいます。

セルフインナーカラーを行う際は、事前になるべく髪を洗っておき、きれいにしておくことが大切です。

シャンプーで髪を洗った後は、しっかりとドライヤーで乾かすようにしましょう。

そうすることで、ヘアカラー剤がより髪になじみやすくなって、きれいな形のインナーカラーができていきます。

ブロッキングのやり方

セルフによるインナーカラーの染め方に際しては、ブロッキングもポイントになっていきますね。

ブロッキングとは、ピンやゴムを利用して、髪をまとめておくことですが、ブロッキングのでき次第で、インナーカラーの染め具合が変わってくると言っても過言ではありません。

それくらい重要なのがブロッキングであり、カラーリングしたい箇所以外は、しっかりとブロッキングを行っておくことが大切です。

ブロッキングのやり方としては、耳上から耳の後ろあたりの部分まで固定していくイメージを持っておくと良いでしょう。

後ろの部分を染めることはないので、ヘアカラーがつかないようにしっかりとブロッキングしておくことがポイントです。

ブロッキングのバランスが悪いと、左右でカラーの濃さや色のつき具合が変わってきてしまうので、左右均等になるようにブロッキングしていくことを心がけましょう。

ブリーチのやり方

ブロッキングも重要なセルフインナーカラーですが、ブロッキングが上手くできたら、続いてはブリーチに移っていきます。

ブリーチなしでも、インナーカラーを楽しむことはできますが、それほど慣れていないという場合には、ブリーチを使って染めていくのがおすすめです。

ブリーチのやり方としては、基本的にブロッキングした両サイドの部分にブリーチをかけることで、色を抜いていきます。

ブリーチ剤は髪の根元の1センチ程度は残した状態でかけていくと、頭皮も痛みにくくなるのでおすすめです。

ブリーチの放置時間に関しては、説明書に書いてありますので、その説明書の内容に従いましょう。

その後、ブリーチ剤を流してドライヤーをかけていきます。

ブリーチ剤を洗い流していく際には、ブロッキングをした状態で髪を洗っていきます。

また、シャンプーをする分には問題ありませんが、トリートメントやコンディショナーなどは利用しないようにしておきましょう。

ドライヤーで乾かしたら、2回目のヘアカラーに移っていきますが、この時に初めて色味がつくように塗っていきましょう。

◆関連記事:ブリーチの仕組みを知ろう!

ブリーチとは?髪色の脱色の仕組みやヘアカラーとの違いを解説!

ダブルカラーのやり方

続いては、インナーカラーにおいてダブルカラーにチャレンジする場合のやり方についてご紹介していきます。

インナーカラーに関しては、シングルカラーでも楽しめますし、ダブルカラーでオシャレ度を高めていくこともできます。

ブリーチの時と同様に、1回目のブリーチでは色を抜いていくことに専念します。

その後、ブロッキングをした状態で、髪を洗い流し、2度目のヘアカラーに移っていきます。
この時に最初の色味となるヘアカラーで染色していき、再び洗髪して、髪を乾かします。

3回目に2色目となる色のヘアカラーを行い、髪を洗い流していきましょう。

こうすることで、素敵な色のダブルカラーヘアスタイルを楽しんでいくことができます。

カラー後のケアのやり方

ブリーチなしのパターンやブリーチを使ったパターン、ダブルカラーなど、いろいろな染め方があるセルフインナーカラーですが、髪を染めた後のケアも重要なポイントとなります。

ヘアカラー後のケアまで入念に行っていくことで、より理想的なヘアスタイルへと近づけていきましょう。

セルフインナーカラーが終了したら、髪を洗い流す必要がありますが、その際にシャンプーが終了したら、ヘアトリートメントを使って、髪の傷みを取り除いていきましょう。

ヘアカラー後の髪は、かなり傷みが残っている状態になるので、シャンプーだけでは十分ではありません。

ヘアトリートメントを利用することで、髪の傷みを少しでも緩和していくことができます。

また、髪を乾かす際のドライヤーもあまり熱しすぎず、少し離れた位置から乾かしていくことがポイントです。

ヘアカラー後の髪は柔らかくて、傷つきやすくなっているので、その辺も注意してケアしていくと効果的です。

【レングス別】インナーカラーヘアカタログ

ショート

ショートのインナーカラーは、ショートのスポーティー感を緩ませる、かわいさを取り入れることができます。

ショートは短いのでもみあげなどにインナーカラーを入れるのがおすすめです。耳にかけたりしてインナーカラーも隠せるので、片耳だけ隠して左右でアシンメトリーな雰囲気を取り入れてもいいですね。

ボブ

ボブとインナーカラーのピンクを合わせれば、個性的なヘアスタイルとして一気に周囲からの注目を集めることができるでしょう。

色のコントラストもくっきりとしやすくなるので、さらにオシャレ感を増した、素敵なヘアスタイルとなります。

ロング

ロングには鉄板のピンクです。ロングの女性らしさに加え、インナーカラーでガーリーさをアピールすることができて、おすすめの色となります。

ピンクのインナーカラーを見せて、オシャレでかわいくお出かけしちゃいましょう。

【カラー別】インナーカラーヘアカタログ

アッシュ

アッシュは、日本人のヘアスタイルにも合いやすく、ちょっとした外国人気分も味わえるということで、人気の色になっています。

インナーカラーとして、アッシュを入れることで、ちょっとした抜け感や透明感を演出することもできるでしょう。

色落ちしてきた場合でも、アッシュであれば最後までカラーリングの魅力を味わうことができるところもおすすめです。

グレージュ

グレージュとは、グレーとベージュを混ぜ合わせたような髪色のことを表しますが、こちらもアッシュと同様に、外国人風な雰囲気を醸し出すことができて、人気のヘアカラーとなっています。

髪全体をグレージュ色に染め上げるのも素敵なことですが、あえてインナーカラーとして用いることで、単純なオシャレさの上をいくヘアスタイルを作り上げていくことができますね。

パープル

パープルもインナーカラーの染め方としては、人気のヘアカラーとなっています。

インナーカラーにパープルを用いることで、個性も存分に強調することができますし、透明感もあって女性らしいみずみずしさを表現していくことも可能となります。

パープル自体はとてもオシャレな色ですが、それほど派手さもないので、落ち着いた印象を与えることもできるでしょう。

◆関連記事:自分に似合う色って何色?

ヘアカラー診断で自分に似合う髪色を見つけよう!

グリーン

ボブやロング、ショートなど、さまざまなヘアスタイルとの組み合わせで楽しめるインナーカラーですが、続いてのおすすめの染め方はグリーンです。

髪色全体をグリーンにするのは抵抗があるという方でも、インナーカラーとして一部をグリーンにするのはオシャレさもあって、素敵な印象を作り上げていくことができるので、おすすめです。

グリーンは、インナーカラーのチラ見せ感が際立つ色でもあり、インナーカラー初挑戦という方にもおすすめできる色です。

ピンク

インナーカラーの染め方としては、ピンクも王道でかわいらしさを強調してくれますね。

ピンクっぽいピンクもおすすめですし、やや赤みがかったピンクもかわいらしくておすすめのヘアカラーとなります。

女の子らしさを表現していく上で、ピンクは欠かせない色でもあり、ボブやショートでもちょっとしたオシャレさを表していくことができるカラーリングです。

セルフインナーカラーのやり方の失敗例

ボブやショート、ロングなど、いろいろなヘアスタイルとの組み合わせを楽しんだり、ブリーチなしでも染めたりできるセルフインナーカラーですが、中には失敗してしまうという人もいます。

セルフインナーカラーを失敗せずに、上手く行っていくための反面教師として、そういった失敗例も参考にしながら、自身のカラーリングに役立てていきましょう。

ブリーチ薄め

セルフインナーカラーを行っていく上で、典型的な失敗例についてご紹介していきます。

まずは、ブリーチを薄めにしてしまうパターンが挙げられます。

ブリーチは、少ししかかけないと、思い通りのヘアカラーを演出することができず、多くかけすぎると、髪の傷みが激しくなったり、全体的な発色が悪くなったりするなど、難しい部分が多いヘアアイテムです。

そういった中で、セルフブリーチに慣れていないと、思うように適切な量のブリーチをかけることができずに、薄めになってしまうこともあります。

そうなると、脱色が上手くいかず、全体的にバランスの悪いインナーカラーとなって失敗に陥ってしまうことがあるので、注意しておきましょう。

色ムラ

ブリーチの量を適切にコントロールしないと、失敗に終わってしまうこともあるセルフインナーカラーですが、カラー剤の使用量によって、色ムラが出てしまうこともあります。

カラー剤は思った以上にたくさん塗ることがポイントであり、びびって少量しか塗らないと、ほとんど染色できていない状態になってしまいます。

しっかりとカラー剤を塗った部分と、そうでない部分ができてしまうと、仕上げの際に、思ったように髪に色が浸透せず、見栄えの悪い失敗感満載のヘアスタイルとなってしまいます。

したがって、ブリーチと同様に、カラー剤もある程度思いっきり利用することを心がけて、色ムラが出ないように心がけていくと失敗せずに、きれいなインナーカラーを作り上げていくことができます。

美容院でインナーカラーを予約するには?

美容院に「インナーカラー」のメニューがないことがほとんどです。その場合は、ダブルカラーやデザインカラーのメニューで予約するのが基本です。色や見せ方によってブリーチしない場合はワンカラーでも可能なこともあります。

美容院によって料金形態は異なるのでインナーカラーを希望する際は予約時にしっかり確認しましょう。

セルフインナーカラーに挑戦しよう!

セルフインナーカラーのやり方について、ボブなどのヘアスタイルや、具体的なカラーも取り上げながらご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ピンクやパープル、アッシュにベージュ、グレージュなど、さまざまな流行色が出てきている中で、髪全体をがっつりとは染めたくないけど、一部分だけでもオシャレを楽しみたいという時に、インナーカラーがおすすめです。

ぜひ、ご自身が一番似合うと思う素敵なヘアカラーを見つけて、積極的にセルフインナーカラーを楽しんでいきましょう。

インナーカラーに関する情報についてもっと知りたいアナタヘ

ショートボブはインナーカラーで可愛く!髪型・アレンジ19選!
インナーカラーはヘアアレンジで楽しむ!【ボブ・ミディアム・ロング】
インナーカラーはピンクがおしゃれ!髪型・アレンジまとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ