髪の毛を茶色くする方法!リンスを使えば染めないで茶色に?

髪の毛を茶色くしたいという人も多いでしょう。しかし様々な事情で、ヘアカラーを使うことができない、使いたくないという人もいるはずです。リンスで髪の毛を茶色くできるという話もありますが、はたして本当にリンスで髪の毛を茶色くすることができるのでしょうか。

髪の毛を茶色くする方法!リンスを使えば染めないで茶色に?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】髪の毛を茶色くしたいけど
  2. 髪の毛を茶色に!リンスでできる?
  3. 髪の毛を茶色に!メリットは?
  4. 【髪の毛を茶色に!メリット①】自然な茶色に
  5. 【髪の毛を茶色に!メリット②】経済的
  6. 【髪の毛を茶色に!メリット③】アレルギー対策
  7. 髪の毛を茶色に!リンスで茶色になる理由
  8. 【髪の毛を茶色に!理由①】ダメージ
  9. 【髪の毛を茶色に!理由②】酸性だから
  10. 髪の毛を茶色に!理由からわかるデメリット
  11. 髪の毛を茶色に!リンス以外のもの
  12. 【髪の毛を茶色に!リンス以外①】塩
  13. 【髪の毛を茶色に!リンス以外②】化粧水
  14. 【髪の毛を茶色に!リンス以外③】ドライヤー
  15. 髪の毛を茶色に!リンスで茶色くするやり方は?
  16. 【髪の毛を茶色に!やり方①】リンスを塗る
  17. 【髪の毛を茶色に!やり方②】洗い流す
  18. 髪の毛を茶色に!ダメージケアを
  19. 髪の毛を茶色に!トリートメント
  20. 【まとめ】髪の毛をリンスで茶色くしたらケアを

【はじめに】髪の毛を茶色くしたいけど

女性にとってヘアスタイルというものは、かなり大事なものです。ヘアスタイルを変えるだけで、その女性の印象が変わりますし、ヘアスタイルを変えたらモテるようになったという話もあります。ヘアスタイルはそれだけその人の印象を変え、見た目というものに大きな影響を与えるのです。

それを考えれば、やはり女子としてはヘアスタイルを大切にしたいものですし、おしゃれにも気を使いたいものです。実際に様々なヘアスタイルにして、おしゃれを楽しんでいる女子が多いものですが、なかにはヘアスタイルだけでは満足できないという人もいるでしょう。

ヘアスタイルを変えても印象を変えることはできますが、ヘアスタイルだけでなく、髪の毛を染めても、その人の印象を大きく変えることができます。ヘアスタイル以上の効果を与えることもできるため、ヘアスタイルと同時にカラーを入れるという人も多いはずです。

しかしヘアスタイルを変更することはできても、様々な事情でカラー剤を使用することができないという人や、目立つ茶色にはしたくないという人もいるでしょう。そのような人はヘアスタイルを変えることでしか、おしゃれを楽しめないのでしょうか。

髪の毛を茶色に!リンスでできる?

ヘアスタイルを大切にする女子が、髪の毛を茶色にしたいと思うのは、普通のことです。多くの女性がヘアスタイルだけでなく、髪の毛を茶色に染めたいと思ったことがあるでしょう。しかし、特に学生は、茶色に染めることが校則で禁止されており、ヘアスタイルの変更しかすることができないということがあります。

そのような状態であっても、おしゃれに敏感な女子としては、ヘアスタイルだけでなく、髪の毛を茶色に変更したいと思うものです。もしも髪の毛を染めないで、髪の毛を茶色くすることができれば、校則に引っかからない範囲でおしゃれをすることもできるでしょう。

髪の毛を染めないで茶色くすることができれば、ヘアカラーで染めたときよりも、自然な茶色の髪の毛となるため、学校の先生には気付かれないかもしれません。

リンスを使えば、髪の毛を染めないで茶色くすることができるという話もありますが、本当にリンスを使って髪の毛を茶色くする方法があるのでしょうか。それができれば染めないで茶色くできるため、特に学生の人はしっかり読んでおきましょう。

髪の毛を茶色に!メリットは?

髪の毛をヘアカラーを使わずに茶色くする方法を紹介していきたいと思いますが、染めないで茶色くすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。そこでここからは、染めないで髪の毛を茶色くする方法を実行するメリットを紹介していきたいと思います。

髪の毛を茶色くする方法としては、ヘアカラーを使うというのが普通ですが、染めないで茶色くするとなると、その方法はかなり限られてきます。このような限定された方法を使うことで、どのようなメリットが発生するのか知っておかないと、そもそも染めないで髪の毛を茶色くしたいとは思わないでしょう。

染めないで茶色くする方法を実行するメリットは様々なメリットがあります。意外とそのメリットは多いため、もしかしたら、自分にメリットはないと思っている人にも、メリットがあるかもしれません。そのため、普通にヘアカラーを使っているという人もしっかり読んでおきましょう。

ではさっそく、髪の毛を染めないで茶色くする方法を実行するメリットを紹介していきたいと思います。

【髪の毛を茶色に!メリット①】自然な茶色に

髪の毛を染めないで茶色くする方法のメリットとしては、自然に茶色にすることができるというメリットがあります。

髪の毛を染めないで茶色くしたいという人は、多くの場合、髪の毛を染めると校則にひっかかってしまうから、という理由でしょう。ヘアカラーを使って染めてしまうと、どれだけ暗い色にしても、学校の先生にバレてしまうため、髪の毛を茶色くすることはできません。

髪の毛を染めないで茶色くする方法を使えば、髪の毛の色を徐々にぬいていく形となるため、日にあたったら茶色く見える程度の色にすることができます。これであれば、学校に先生にもバレにくくなるため、これは大きなメリットです。

ただし、あまりにも髪の毛の色をぬいてしまうと、さすがに学校の先生にもばれてしまいます。そうなると、黒く染めなおさなければいけないこともあるため、その度合いには注意しておきましょう。

【髪の毛を茶色に!メリット②】経済的

髪の毛を染めないで茶色くする方法のメリットとしては、経済的に茶色くすることができるというメリットもあります。

髪の毛を染めないで茶色くすれば、ヘアカラーにかかるお金は必要ありません。美容室でヘアカラーをすればそれなりにお金がかかるため、セルフでヘアカラーを使わずに、髪の毛を茶色くすることができれば、かなり費用をおさえることができるということになるのです。

市販されているヘアカラーはそれほど高いものではありませんが、それでもやはりお金はかかってしまうものです。特に学生ということであれば、ヘアカラー代は意外と痛手になってしまいます。

染めないでリンスだけで茶色くすることができれば、自宅にあるリンスを使うだけですので、実質、お金はかかりません。経済的に優しい方法ですので、あまりお金がない人にこそ、メリットも大きくなるのです。

【髪の毛を茶色に!メリット③】アレルギー対策

髪の毛を染めないで茶色くする方法のメリットとしては、アレルギー対策になるというメリットもあります。

市販されているヘアカラーや美容室で使う薬剤に対して、アレルギー反応が出てしまうという人もいるでしょう。ヘアカラーをした後、頭がかゆくて仕方がなくなるという場合や、ひどい場合は、アナフィラキシーショックにより、命の危険があることもあります。

このようなアレルギーを持っている人は、ヘアカラー剤を使うことができないため、染めないで髪の毛を茶色くする方法を使うと良いでしょう。使用するのはリンスだけですので、リンスにアレルギー反応がなければ、髪の毛を茶色くすることができます。

ただし、染めないでリンスで髪の毛を茶色くする方法は、長時間、リンスを髪の毛につけることになります。それによりアレルギーがでてしまう可能性もあるため、アレルギーがある人は、慎重に行うようにしてください。

髪の毛を茶色に!リンスで茶色になる理由

髪の毛を茶色くする方法のメリットを紹介してきましたが、リンスで髪の毛を茶色くすることなどできるのでしょうか。あくまでそのような噂は聞いたことがありますが、どうも疑わしい部分もあります。

髪の毛をリンスで茶色くできるかどうかについてですが、実際、それは可能です。ただ、可能だといわれても、どうしてリンスで髪の毛が茶色くなるのだろうと不思議に思う人もいるでしょう。そこでここからは、髪の毛がリンスで茶色くなる理由を紹介していきたいと思います。

リンスを使って髪の毛を茶色くする方法はわかっても、その原理が不安だという人もいるでしょう。実際、その原理の中には、注意しておかなければいけない点や、デメリットということが隠されているため、これを知っておくということはかなり大事なこととなります。

ではさっそく、リンスを使った髪の毛を茶色くする方法で、どうして髪の毛が茶色くなるのか紹介していきたいと思います。

【髪の毛を茶色に!理由①】ダメージ

リンスを使った髪の毛を茶色くする方法で髪の毛が茶色くなるのは、髪の毛がダメージを受けるからです。

リンスを使った髪の毛を茶色くする方法については、後ほど、具体的に紹介していきますが、リンスの髪の毛を傷める作用を使って、茶色くしていきます。リンスは髪の毛を守るものですが、使い方を変えると、ダメージを与えることもできるのです。

髪の毛がダメージを受けると、そこから髪の毛のなかにあるメラニン色素が崩れてしまうことになります。メラニン色素とは、髪の毛を黒くしている成分です。

そのメラニン色素が抜けることにより、髪の毛の色が薄くなるのですが、その結果、髪の毛が茶色くなっていくということです。ヘアカラーを使う場合は、上からカラーを塗った状態になるのですが、リンスを使った茶色くする方法は、根本的に茶色くなる理由が違うということになります。

【髪の毛を茶色に!理由②】酸性だから

リンスを使った髪の毛を茶色くする方法で髪の毛が茶色くなるのは、リンスが酸性だからです。

髪の毛はシャンプーすると、アルカリ性になります。このアルカリ性の髪の毛に対して、リンスを塗ると、髪の毛は弱酸性になります。それを目的として、リンスというものは使用するものなのです。しかし方法を変えると、髪の毛を酸性にすることもできます。

酸性になってしまうと、そのせいで、髪の毛は傷んでしまうようになります。その結果、髪の毛を茶色くすることができるというわけです。

リンスはこのような使い方ができるのですが、トリートメントはまったく別のものですので、同じ使い方はできません。リンスで髪の毛を茶色くする方法を、トリートメントで代用することはできないため、間違えないようにしましょう。

髪の毛を茶色に!理由からわかるデメリット

リンスを使うと髪の毛が茶色になる理由を紹介してきましたが、この理由がわかれば、髪の毛をリンスで茶色くするデメリットもわかるでしょう。デメリットとはずばり、髪の毛が傷んでしまうということです。

髪の毛が傷めば、チリチリになってしまったり、枝毛ができてしまったり、つやがなくなってしまったりと、様々な弊害がでてきてしまいます。髪の毛のダメージは女性にとって天敵ですので、かなり大きなデメリットです。

そのため、髪の毛をリンスで茶色くする人は、このデメリットを覚悟して行う必要があります。実践したからといって、すぐに髪の毛がパサパサになるわけではありませんが、何度も同じことをすれば、髪の毛はかなり傷んでしまうものです。

このようなデメリットが嫌だということであれば、ヘアカラーを使うか、髪の毛を茶色にするのは諦めましょう。それでも構わないという人のみ、リンスを使って髪の毛を茶色にしてください。

■関連記事:ヘアケアの方法について知りたい方はこちらもチェック!

髪の乾燥の原因と対策!パサパサを防ぐ方法15選!【ヘアケア講座】
髪がボサボサになる原因は?ヘアケア方法11選!【これで美髪に】

髪の毛を茶色に!リンス以外のもの

髪の毛を茶色にする方法として、リンスを使った方法が一番有名ですが、その他の方法を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。塩や化粧水、ドライヤーを使った方法など、様々な方法がありますが、これらで髪の毛を茶色くすることができるのかを紹介していきたいと思います。

塩や化粧水、ドライヤーを使った方法など、都市伝説のように髪の毛を茶色くする方法は様々あります。このような方法で本当に茶色くできるのか、疑問に思う人も多いでしょう。その辺りをしっかり勉強しておきましょう。

ただ、基本的に茶色くできたとしても、リンスと同じデメリットがあります。髪の毛を傷めてしまうということです。リンスから別の方法に変えたからといって、そのデメリットがなくなるわけではないため、そこは勘違いしないようにしてください。

ではさっそく、塩や化粧水、ドライヤーで髪の毛を茶色くすることができるのか、紹介していきたいと思います。

【髪の毛を茶色に!リンス以外①】塩

髪の毛を茶色くする方法としては、塩を使った方法があります。塩を使って髪の毛を洗うことで、茶色にできるという話です。

塩を使って髪の毛を茶色くできるか、ということですが、塩を使っても、リンスと同じように髪の毛を茶色にすることはできます。ただ、塩はリンスほどの効果はありません。塩で洗っても、期待したほど効果はでないということが多いため、注意しておきましょう。

塩で洗って、茶色になるのは、結局のところ髪の毛が傷むからです。塩を使えば、リンスを使ったときと同じことができるようになるのですが、塩を使ったやり方はあまりおすすめしません。

塩シャンプーというものがありますが、塩シャンプーには髪の毛を茶色にする効果はありません。まったく別の話ですので、塩で少し色がおちるからといって、塩シャンプーで茶色にできると勘違いしないようにしましょう。

【髪の毛を茶色に!リンス以外②】化粧水

髪の毛を茶色くする方法としては、化粧水を使った方法もあります。化粧水を髪の毛につけることで、髪の毛を茶色にできるというのです。

化粧水で髪の毛を茶色くできるかということですが、これは化粧水によります。結局、化粧水で茶色くなる理由もリンスと同じですので、化粧水が酸性であれば、茶色くすることができますし、化粧水がアルカリ性のものであれば、化粧水で茶色くすることはできません。

化粧水といっても様々な化粧水があるため、化粧水で髪の毛を茶色くしたいのであれば、酸性かアルカリ性か、という部分に注意しておきましょう。

化粧水を使った茶色くする方法は、リンスと同じような効果が出ます。ただ、化粧水は液体ですので、髪の毛にとどまりにくく、乾いてしまいやすいので、そういう意味では、化粧水よりもリンスのほうが効果は高いです。

【髪の毛を茶色に!リンス以外③】ドライヤー

髪の毛を茶色にする方法としては、ドライヤーを使った方法もあります。ドライヤーで長時間、髪の毛を乾かすことで、茶色になるという方法です。

ドライヤーを使った方法でも、髪の毛を茶色にすることはできます。ドライヤーの熱は髪の毛にダメージを与えるため、意図的にドライヤーでダメージを与えれば、髪の毛を茶色にすることはできるのです。しかしあまりドライヤーはおすすめしません。

ドライヤーがおすすめできないのは、髪の毛が強く傷んでしまうからです。ドライヤーを使って髪の毛を乾かすと、熱によってダメージが与えられてしまうのですが、その熱は水分をも蒸発させてしまい、かなりのダメージを髪の毛が負ってしまうことになります。

また、ドライヤーを使うと、地肌も乾いてしまいます。その結果、ドライヤーのせいで、皮膚トラブルが起きたり、軽い火傷を負ってしまうこともあるのです。ドライヤーでも茶色くできないことはありませんが、基本的にドライヤーを使った方法はやめるようにしましょう。

髪の毛を茶色に!リンスで茶色くするやり方は?

ドライヤーや化粧水、塩など、様々な髪の毛を茶色くする方法を紹介してきましたが、ここからはいよいよ、リンスで髪の毛を茶色くする方法を紹介していきたいと思います。

リンスで髪の毛を茶色にする方法ですが、実はかなり簡単です。まったく難しいことはなく、誰でも簡単にできることですので、手軽に髪の毛を茶色くしたいという人は、ぜひとも試してみましょう。

ただし、何度も言っていますが、髪の毛をリンスで茶色にしてしまうと、髪の毛は傷んでしまいます。髪の毛が健康な人であれば良いですが、すでに傷んでいる人の場合、さらに髪の毛を傷めてしまい、見栄えにも影響してしまうことがあるため、注意しておきましょう。

ではさっそく、髪の毛をリンスで茶色くする方法を紹介していきたいと思います。

【髪の毛を茶色に!やり方①】リンスを塗る

髪の毛をリンスで茶色くする方法としては、まずはリンスを塗るという作業になってきます。

いつもリンスを塗る際には、髪の毛を濡らし、シャンプーをした後に行うものです。しかし髪の毛をリンスで茶色くするのであれば、シャンプーをする前の、乾いた髪の毛に対して、リンスを塗る必要があります。

シャンプーする前の髪の毛にリンスを塗ったら、そのまま、15分ほど放置しましょう。こうすることで、髪の毛が酸性に変わっていき、ダメージが与えられるようになります。

ここであまり時間が短過ぎてもダメですし、長過ぎてもダメです。短いとしっかりとした効果は出ないですし、長いと想定以上にダメージが入ってしまいます。注意しておいてください。

【髪の毛を茶色に!やり方②】洗い流す

髪の毛をリンスで茶色くする方法としては、次に洗い流すということが大切です。

リンスを塗って、15分ほど放置した状態だと思いますが、その時間が経ったら、しっかりリンスを洗い流すようにしましょう。そして、基本的に髪の毛をリンスで茶色くする方法はこれで終わりです。

リンスを洗い終えたら、そのまましっかりとシャンプーをして、もう一度、リンスをしてください。いつもやっているやり方で構いません。早くダメージを与えようと、ここでリンスをしないとなると、きれいな茶色にならないため、注意しておきましょう。

そして、この方法を週に2回程度行うと、1ヶ月ほどで髪の毛が茶色くなってきます。ただ、あまり茶色くしたくないという人は、その前で止めたほうが良いため、色を見ながら、どのくらい茶色にするか決めてください。

髪の毛を茶色に!ダメージケアを

髪の毛をリンスで茶色くするためには、先ほど紹介した方法を行えば良いのですが、髪の毛を茶色にすることができたら、しかりダメージケアをするということも大切なことです。

髪の毛をリンスで茶色くしたら、ダメージを受けてしまいます。もしもそれをそのまま放置していれば、髪の毛のダメージが入った部分から、水分が蒸発していき、髪の毛はパサパサになってしまうでしょう。

そのようなことになれば、茶色にすることはできても、何の意味もなくなってしまいます。パサパサの髪の毛になりたいという人はいないはずですので、茶色にしたら、今まで以上にしっかりダメージケアをするということが大切なのです。

このようなダメージケアをしっかりすることにより、リンスで茶色くした髪の毛でおしゃれをすることができるようになります。そこを忘れないようにしましょう。

髪の毛を茶色に!トリートメント

髪の毛をリンスで茶色くしたら、トリートメントなどを使って、しっかりダメージケアをするということが大切です。トリートメントを使えば、髪の毛に不足した栄養を補うことができます。

ただ、リンスとトリートメントを併用すると、トリートメントの効果を得ることができません。そのため、基本的な話ですが、トリートメントをする際には、リンスをしていない状態で行うようにしましょう。

【まとめ】髪の毛をリンスで茶色くしたらケアを

髪の毛を茶色にする方法を紹介してきましたが、髪の毛をリンスで茶色にすることはできますが、デメリットもあるということがわかりました。大切なのは、そのデメリットをしっかりと理解し、ケアしていくことです。これだけは忘れないようにしましょう。

もっと髪色に関する情報について知りたいあなたへ!

ヘアカラー診断で自分に似合う髪色を見つけよう!
暗髪カラーが流行中!おすすめのカラーを紹介します♡
黒髪ロングストレートのヘアアレンジ特集!可愛くておすすめ!
栗色の髪色はモテる?レングス別にヘアスタイル紹介!

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ