黒染め落としとブリーチの違いは?ブリーチしなくても落とせる?

黒染め落としとブリーチの違いについて、詳しくご紹介していきます。黒染めした場合でも、黒染め落としをしたくなることもあるでしょう。そういった際に、ブリーチでのやり方も含めて、おすすめの方法について取り上げていきますので、ぜひ参考にしてください。

黒染め落としとブリーチの違いは?ブリーチしなくても落とせる?のイメージ

目次

  1. 黒染め落とし
  2. セルフで黒染めした場合の黒染め落としが大変
  3. セルフカラーはムラが出やすい
  4. セルフ黒染め落としは明るくした時にデメリットがある
  5. 黒染めの落とし方 ブリーチ
  6. 黒染めの落とし方 脱染剤
  7. 黒染め落としにブリーチを使うメリット
  8. 黒染め落としにブリーチを使うデメリット
  9. 黒染め落としに脱染剤を使うメリット
  10. 黒染め落としに脱染剤を使うデメリット
  11. 脱染剤による黒染め落としはとにかく時間がかかる
  12. 黒染め落としのために髪を生え変わらせる?
  13. 市販の黒染め落としではほとんど落とせない
  14. 黒染め落としは美容院でやってもらうのがおすすめ
  15. 黒染め落としの都市伝説 りんご酢
  16. 就活終了後の黒染め落としによるカラーリングには注意
  17. カラーリングも含めて、自分のヘアスタイルを楽しもう
  18. 安易に黒染めしてしまうのはリスキー
  19. 黒染め落としについて正しく理解しよう
  20. 【まとめ】黒染め落としとブリーチの違いについて

黒染め落とし

カラーリングを楽しんだ後に、何らかの理由で黒染めをしなければならないこともあるでしょう。

アルバイトの関係で黒染めをする、就職活動を迎えるので黒染めをする、ファッションに合わせて黒染めをする、夏休みが終わったので黒染めをするなど、さまざまな理由で明るくしていた髪を黒くするという事態は発生していきます。

そういった中で、一回黒染めした髪を、再びカラーリングしたいと感じた時に行うのが黒染め落としですよね。

そんな黒染め落としですが、セルフでの落とし方や美容院での落とし方、ブリーチを利用した落とし方など、さまざまな方法がありますが、どの落とし方が良いのでしょうか。

一回黒染めをすると、その後、再度カラーリングをした時に、色味が出にくくなってしまうというリスクもあるので、黒染めに関して正確な情報を身につけて、自分自身のヘアスタイルと付き合っていきましょう。

セルフで黒染めした場合の黒染め落としが大変

市販の製品を利用して、セルフで黒染めすることもできますが、セルフで黒染めをしてしまうと、その後の黒染め落としが大変になり、なかなかヘアカラーを楽しむことができなくなってしまう可能性もあります。

市販のカラー剤でセルフ黒染めを行った場合は、一見キレイに黒染めできていたと思っていても、髪の場所によって、染料の入り方にムラが出てきます。

髪の場所によって、染料の違いが出てくることで、次回に黒染め落としをしてカラーリングしようとした時に、場所によって明るさのムラが出やすくなってしまいます。

黒染め以外のカラーリングに関しても、セルフで行う場合には注意が必要ですが、黒染めに関してはさらに注意深く行う必要があります。

見た目的には黒くなっていたとしても、場所によって染料の入り方がかなり異なってくるので、次回以降のカラーリングに大きく影響をしていきます。

できれば、黒染めに関しては美容院に行って、美容師さんに行ってもらうのがおすすめです。

セルフカラーはムラが出やすい

セルフ黒染めもそうですが、セルフカラーに関しても同様に髪の場所によってムラが出やすくなります。

利用する市販のカラー剤にもよりますが、赤っぽさやオレンジっぽさも出やすくなり、明るい部分とそうでない部分の差がはっきり出てしまうこともあります。

特に、黒染め後にセルフカラーをしようとした場合は、黒染めの時の染料が残っている箇所とそうでない箇所で、明るさが大きく変わってきます。

いずれにしても、黒染め落としに関しても、セルフでやるのではなく、美容院に行ってやってもらうのが賢明です。

また、黒染め後に、セルフカラーでアッシュ系やくすみ系のカラーリングを楽しみたいという場合にも、思ったような髪が染まらない可能性があります。

黒染めは、通常のカラーリングと異なり、人工的に黒色の染料を髪に入れていくことになります。

その人工的な染料は破壊することができないので、アッシュ系やくすみ系にしようとしても、黒染めの染料が勝ってしまい、結果的には黒いままという状態になってしまうことも少なくありません。

こういった知識を持った上で、黒染めを行っていくと良いでしょう。

セルフ黒染め落としは明るくした時にデメリットがある

セルフ黒染め落としは、まさに髪を明るくした時にもデメリットが発生しやすくなります。

黒染めを落としたいと思って、セルフカラーリングをした場合でも、黒染めの時に使用した染料が残っているので、なかなか明るくすることができません。

黒染め染料が弱めの部分に関しては明るくなっていきますが、そうでない箇所に関しては、黒染めの染料が勝つことになります。

結果的に、明るい部分と暗い部分が混在することになり、黒染めを落としたいというニーズを完全には満たせなくなってしまいます。

セルフカラーの際は、色のムラが出やすいということも頭に入れておくと良いでしょう。

黒染めの落とし方 ブリーチ

黒染めを落としたいと思った時に、その落とし方としてブリーチを利用した落とし方を真っ先に思い浮かべるという方も多いでしょう。

黒染め落としと言えば、ブリーチというほど、黒染めの落とし方として定着しています。

上記でもご紹介しているように、黒染めの色素は通常のカラー剤とは異なっており、とても落ちにくくて、髪の内部に残りやすい染料が使われています。

その強力な染料を無理やり破壊して、色を抜いていくための落とし方として、ブリーチが利用されてきました。

ブリーチによって、もともとの髪の毛の色素を抜くことで、黒染めの部分も落としていこうとする方法です。

黒染め落としとしては最適な方法ですが、一方でデメリットも多いので、きちんと把握した上でブリーチをかけていくと良いでしょう。

黒染めの落とし方 脱染剤

黒染めを落としたいときの落とし方としては、ブリーチの他にも、「脱染剤」と呼ばれる方法を薬剤を用いて、黒染めを落としていく方法があります。

これまでは、ブリーチによる黒染め落としが一般的でしたが、最近では脱染剤による黒染め落としも普及しており、今後の黒染め落としのスタンダードとしても注目を集めています。

脱染剤とは、まさに字のとおりの薬剤であり、髪の毛の色素を抜いていくことにフォーカスを当てたアイテムとなります。

後から付け加えられた色素の色味を抜いていくことに特化した薬剤であり、もともと地毛で真っ黒な人が使っても意味がありません。

黒染めをした方が、黒染めを落としたいと思った時に、脱染剤を利用していくと効果を発揮します。


◆関連記事:黒髪を楽しみませんか?

黒髪ロングヘアスタイルまとめ!おすすめの髪型・アレンジ15選!

黒染め落としにブリーチを使うメリット

黒染めを落としたいと思った時には、ブリーチを使うという方も依然として多い状況です。

そんな黒染めの落とし方として人気を誇る、ブリーチのメリットについてご紹介していきます。

ブリーチを利用して、黒染めを落としていく場合には、髪色を明るくしやすいというメリットがあります。

黒染めをした後に、市販のカラー剤を使ったとしてもなかなか染まりにくいことがありますが、ブリーチを利用することで、一気に11から12レベルの明るさまで戻していくことも可能です。

黒染めの染料は強力なものがありますが、さらにその上をいく強さがブリーチにはあります。

確実に黒染めを落としたいという場合にも、まずは美容院に行って、ブリーチを使用してもらうという選択肢を頭に入れておくと良いでしょう。

黒染め落としにブリーチを使うデメリット

黒染めを落としたいと思った時に使用するブリーチですが、メリットもある反面、デメリットもあります。

黒染めの落とし方としては定番のブリーチですが、色抜けが早いというデメリットがあります。

色抜けが早いので、少なくとも1ヶ月に1回くらいのペースでカラーリングを行っていく必要が出てきます。

そうなってくると、髪へのダメージも溜まりやすくなり、特に、以前にストレートパーマをかけたり、デジタルパーマをかけたりしている人は、髪の毛自体が溶けやすくなってしまうという危険性もあります。

ブリーチは、黒染め落としには最適な分、髪への負担も大きい方法となるので、髪が傷みやすくなるというデメリットがあります。

黒染め落としに脱染剤を使うメリット

さまざまなヘアスタイルを楽しんだり、理想のヘアスタイルを構築していくためにカラーリングを楽しみたいという人も多いでしょう。

しかし、何らかの事情で黒染めをすることになった場合、黒染めの落とし方に悩むこともあります。

そういった時には、今からご紹介する脱染剤のメリットを思い出すと効果的です。

黒染めを落としたいと思った時に、ブリーチに変わる手法として人気を高めているのが脱染剤を使った黒染め落としであり、メリットもあります。

まず、脱染剤にはブリーチよりも髪への負担が少ないというメリットがあります。

無理やり黒染めの染料を落として髪色を明るくしていくブリーチに比べて、脱染剤は髪の色素だけを落としていくことに特化した薬剤なので、ブリーチよりもはるかに髪へのダメージが少なくて済みます。

また、脱染剤を利用すると、黒染めした部分の境目がはっきりとわかりやすくなります。

境目がわかりやすくなることで、市販のカラー剤を用いたとしても、ムラなくカラーリングを行っていくことができます。

もちろん、美容院でカラーリングを行う際にも、ムラなく髪色を変えていくことができるようになります。

黒染め落としに脱染剤を使うデメリット

脱染剤による黒染めの落とし方にはメリットもある一方で、デメリットもあります。

それは、時間がかかるということです。

ブリーチの場合、比較的短時間で明るさを取り戻していくことができますが、脱染剤の利用の場合は、色素を落とした後に、カラーリングをかけていくことになるので、場合によっては数日程度かかることもあります。

また、脱染剤を利用した黒染め落としを行っている美容院がまだまだ少ないというデメリットもあり、行っている美容院でも、料金的にブリーチより高くなる傾向にあります。

それは、脱染剤の薬剤の値段が高いことに起因しています。

まだまだ開発途上の薬剤であり、それほど市販製品として数が出回っているわけではないので、入手する際にもある程度の費用がかかります。

その点で、黒染めを落としたい時には、ブリーチの方が安く黒染め落としをできるというメリットがあります。

脱染剤による黒染め落としはとにかく時間がかかる

デメリットとしてもご紹介したように、脱染剤による黒染め落としはとにかく時間がかかるということを覚えておきましょう。

したがって、すぐにでも黒染めを落としたいと思って、さらに明るいヘアスタイルを楽しみたいという方には、不向きです。

髪へのダメージがあっても良いから、すぐに髪色を明るくしていきたいという場合には、ブリーチによる黒染め落としを選択すると良いでしょう。

脱染剤を利用して、黒染めを落とす場合には、衝動的に落としたいと思って落とすのではなく、ある程度計画的に黒染めを落として、カラーリングを楽しんでいく必要があります。

黒染め落としのために髪を生え変わらせる?

さまざまなヘアスタイルを楽しむ中で、黒染めしたヘアスタイルから、黒染めを落としたいと思うこともあるでしょう。

そういった中で、市販のカラー剤を使ったり、美容院でブリーチをかけてもらったりして、黒染めをおとしていくことになりますが、これら以外にも黒染めの落とし方はあります。

それは、髪が生え変わるのを待って、黒染めを落としていくという落とし方です。

人間の髪の毛は、平均的に1ヶ月で約1.2cmほど伸びていくと言われており、1.2cm分、新しい髪の毛が根元から生えてきます。

それを待っていれば、自然と黒染め落としをすることができますが、女性のヘアスタイルにおいては現実的ではありません。

男性が坊主にしたり、かなり短いツーブロックにしたりした箇所に関しては別ですが、女性においては、かなりの時間がかかることになるので、選択肢として考えられるほど、効果的な方法ではありません。

市販の黒染め落としではほとんど落とせない

黒染め落としというわけではありませんが、市販にもさまざまなカラーリング製品が売っていますね。

そういった市販製品は、ヘアスタイルを何もいじっていない状態から明るくしていくことには優れていますが、黒染めしてしまった後に、明るくしようとしても、なかなか上手に行うことができません。

特に、市販の製品で黒染めをした後に、再び市販の製品で髪を明るくしようとしても、明るい箇所が出てきたり、染まらない箇所が出てきたりと、全体的にムラの多いヘアスタイルになってしまいます。

黒染めを落としたいと感じるようになったら、市販の製品を利用するのではなく、美容院に行って黒染めを落としてもらうと良いでしょう。

黒染め落としは美容院でやってもらうのがおすすめ

上記でもご紹介したように、市販の製品で黒染め落としをしても、素人ではなかなか上手く行うことができません。

市販の製品では黒染め落としに必要な薬剤の量が十分でないことも多く、単純に髪にダメージを与えるだけになってしまうという可能性もあります。

したがって、黒染めを落としたい場合には、市販の製品ではなく、美容院へと足を運びましょう。

美容院に行けば、これまで何十回、何百回と黒染め落としを担当してきたプロの美容師の方に、落としてもらうことができます。

ブリーチにしても、脱染剤にしても、髪への多少のダメージはありますが、確実に黒染め落しを実行してくれるでしょう。

料金的には市販の方が安くなりますが、確実にムラなく黒染めを落としたい場合には、美容院に行くことをおすすめします。

黒染め落としの都市伝説 りんご酢

いろいろなヘアスタイルを楽しむ中で、黒染めを落としたい場合には美容院に行くことがおすすめですが、なぜか都市伝説的に、「りんご酢」を利用することで、黒染めを落とせるといった情報が出回っています。

どこからこういった情報が漏れ出したのか定かではありませんが、それは完全なるデマなので注意してください。

りんご酢を利用したからと言って、黒染めが落ちることはありません。

りんご酢を利用して、黒染めを落とそうとしても、黒染めが落ちるどころか、髪の毛にりんご酢の強烈な臭いや油分がついて、髪がべたついてしまうだけです。

変な情報に流されて、黒染め落しをしないように気をつけてくださいね。


◆関連記事:黒髪と茶髪どっちがモテる?

黒髪と茶髪はどっちがモテる?男ウケを調査してみた!

就活終了後の黒染め落としによるカラーリングには注意

大学生もいろいろなヘアスタイルを楽しみたい時期でしょう。

特に、就職活動に向けて、髪色を黒く戻したという方も多いのではないでしょうか。

就活を終えた解放感から、黒染めしていた髪を再び明るくしたいと考える女子大生も多いでしょう。

しかし、就活生が黒染め後に、再び明るいカラーリングを楽しむのはリスクも伴います。

特に、美容院に行ってブリーチを利用してカラーリングを行った場合には注意が必要です。

一時的にブリーチによって、髪色を明るくした状態のヘアスタイルを楽しむことができますが、就職直前に再び黒に戻すことになります。

しかし、ブリーチをかけると、色落ちが早くなってしまい、せっかく黒染めしても、また髪色が明るくなってしまうことが多くなります。

そのため、社会人になっても、黒染めを繰り返さなければならないという事態に陥る可能性があるので、就活終了後のカラーリングには注意した方が良いのです。

カラーリングも含めて、自分のヘアスタイルを楽しもう

黒染めや、黒染め落とし、ブリーチなど、いろいろな手法がありますが、まずは自分のヘアスタイルを模索していき、素敵なヘアスタイルを楽しむことを意識すると良いでしょう。

できれば黒染めは避けた方が無難ですが、何らかの事情で黒染めせざるを得ない時もあります。

そういった際も、ブリーチのメリットやデメリット、脱染剤のメリット、デメリットを正確に把握しておくことで、どういった選択をするのが良いのか冷静に判断していくことが大切です。

女性はヘアスタイル次第で、気分が高まったり下がったりするものですが、自分のヘアスタイルにはこだわりを持っているという人も多いでしょう。

そういったこだわりを大切にしていくためにも、自身の髪の毛は自分で守っていきましょう。

ブリーチをかけすぎると、髪が傷みやすくなってしまいますので、そういったことも踏まえて、カラーリングを楽しんでいくと効果的です。

安易に黒染めしてしまうのはリスキー

何らかの事情で黒染めしなければならない機会もあることですが、できれば、黒染めは最後の選択肢として取っておいたほうが賢明です。

本文中でもご紹介してきたように、黒染めはその他のカラーリングと違って、髪の毛に色素が定着しやすく、落としたくても簡単には落とせなくなってしまいます。

そのため、ブリーチなど強力な薬剤を用いて、黒染めを落としていくことになるわけですが、当然、髪への負担も大きくなっていきます。

黒染めしてから、カラーリングをする予定はないという方であれば別ですが、特に、黒染め後に再び髪色を変えたいという方は、注意が必要です。

短期間で黒染めをしたり、カラーリングをしたりしていくと、その分、髪へのダメージも大きくなり、髪全体が傷みやすく、ゴワゴワしてきたりぱさついてきたりしてしまいます。

黒染めを行う際には、その後のヘアスタイルも含めて、慎重に対応していきましょう。

黒染め落としについて正しく理解しよう

とにかく、黒染め落としに対しては、正しい知識を持って、正しく対処していくことが大切です。

黒染めに関しても、カラーリングに関しても、できれば市販の製品ではなく、美容院に行ってやってもらうのがおすすめです。

そうすることで、次回以降カラーリングをする際にも、髪色を変えやすくなりますし、髪全体のムラも防ぐことができます。

また、黒染めを繰り返したり、黒染め落としを繰り返したりしていると、その分、髪への負担も大きくなってしまいますので、注意が必要です。

黒染めの色素は、時間の経過と共に、色落ちしたかのように見えてきますが、実際には髪の芯に色素が定着していて、カラーリングをしようとしても、残った色素が邪魔をして、髪全体にムラを出してしまいます。

こういったことも踏まえて、カラーリングを楽しんでいくと良いでしょう。

【まとめ】黒染め落としとブリーチの違いについて

黒染め落としとブリーチの違いについて、詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ブリーチは、強力な薬剤を利用して、明るい髪色に変えていくことで、黒染めを落としていきます。

時間的には短時間でできて、髪も一気に明るくなりやすいですが、その反面、髪が傷みやすくなるというデメリットもあるので、両者をしっかりと把握した上で、ブリーチを使っていくと良いでしょう。

黒染めに関する情報についてもっと知りたいアナタヘ

黒染め後のカラーはいつからしていいの?
黒染めの色落ち期間は?長持ちさせるには?
黒染めは美容院がおすすめ?市販との違いはなに?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ