ヘアカラーの頻度のベストは?【徹底解説】

ヘアカラーをする頻度は、2~3か月に一度にカラーリングしている人が最も多いことがわかっています。 ヘアカラーをすることは、髪よりも頭皮を痛める原因です。 女性が自宅でカラーリングする確率は80%です。 カラーリングする頻度は、どのくらいが良いのでしょうか

ヘアカラーの頻度のベストは?【徹底解説】	のイメージ

目次

  1. ヘアカラーをする頻度のポイント ヘアカラーは髪が痛む!
  2. ヘアカラーをする頻度のポイント 平均的な頻度は?
  3. ヘアカラーをする頻度のポイント ダメージを最小限に!
  4. ヘアカラーをする頻度のポイント 白髪染めのヘアーカラーは?
  5. ヘアカラーをする頻度のポイント どんな悪影響が起こるか?
  6. ヘアカラーをする頻度のポイント ヘアカラーのリタッチ
  7. ヘアカラーをする頻度のポイント 色落ちは髪のダメージが原因
  8. ヘアカラーをする頻度のポイント 色落ちしやすい理由
  9. ヘアカラーをする頻度のポイント 色が抜けやすいヘアカラーは?
  10. ヘアカラーをする頻度のポイント ヘアカラーを美容院でする
  11. ヘアカラーをするなら、ヘアケアも念入りに!
  12. 芸能人のヘアカラーの頻度は?
  13. ヘアーカラーの染め直しは、最低2か月に1度が理想
  14. 女性が髪をカットする頻度は?
  15. ヘアカラーをする頻度について、詳しくわかりましたか?

ヘアカラーをする頻度のポイント ヘアカラーは髪が痛む!

ヘアーカラーをすると、髪はダメージをうけて傷んでしまいます。
ヘアカラーに使うカラーリング剤は、髪のキューティクルを破壊して、パサついた髪になる事は避けられません。
トリートメント効果のあるカラーリング剤もありますが、ヘアーカラーをすることで髪が傷つくことは避けられないです。
カラーリングを自宅でするときは、頭皮につかないように注意する必要があります。
頭皮がダメージをうけると、薄毛になる確率が高いです。

ヘアカラーに使うカラーリング剤は、メラニン色素が配合されています。
メラニン色素は、髪にダメージを与えてしまうのです。
ヘアーカラーをした後は、シャンプーやトリートメントを念入りにして、髪をケアしてください。
ヘアカラーを綺麗に仕上げるためにも、自宅でのカラーリングは使用上の注意を守りましょう。

ヘアカラーをするなら、トリートメントも忘れずに!

ヘアカラーは、髪色が美しくなりますが、髪へのダメージがあります。
髪のダメージに効果があるのは、ヘアオイルやトリートメントミストなどです。
最低限のヘアケアが必要です。
最低限度のヘアケアとは、シャンプー後のトリートメントです。
最低限度のヘアケアは、髪質を改善してくれる手軽な方法です。

ヘアカラーをする頻度のポイント 平均的な頻度は?

ヘアカラーは、お洒落染めや白髪染めなどがあります。
髪を繰り返し染める理由は、お洒落以外に髪の生え際だけを染めたいことや、白髪が目立ってきたからなど、様々です。
ヘアカラーをする頻度で最も多いのは、2か月に一度です。
ヘアカラーは、美容室や自宅でしても、髪のうけるダメージに違いはありません。

ヘアカラーをするベストなタイミングは、1か月に1度です。
なぜ1か月に1度のカラーリングが最もいいタイミングなのかは、頭皮の健康を考えて、毛染めのしやすい時期にカラーリングしたほうがいいからです。
1か月以上もヘアカラーをしなかった場合、髪を染める部分が多くなり、カラーリングに時間がかかるでしょう。
頭皮の健康が大切なので、以前染めた髪の色が落ち切ってしまわないタイミングで染めることが良いと考えられます。

ヘアカラーをする頻度のポイント ダメージを最小限に!

ヘアカラーをすると、頭皮や髪に必ずダメージを与えます。
ヘナカラー・マニキュアは、髪が受けるダメージは少ないカラーリング剤として人気です。
髪の色が長持ちすると、1か月に一度もヘアカラーが必要なくなります。
ヘアーカラーの頻度を、最低1か月に1度にすることで、頭皮へのダメージを減らせます。

ヘアカラーの仕方は、色々とあります。
若い女性に人気のグラデーションカラーは、髪の色の違いを楽しめるヘアカラーです。
ヘアカラーを部分的にするので、頭皮や髪のダメージは少なくなるでしょう。
ヘアカラーをする頻度の期間が長くなれば、頭皮や髪へのダメージも減りますね。
髪の根元のヘアーカラーは、頻繁にしないで最低、1か月に1度だけにしましょう。

ヘアカラーをする頻度のポイント 白髪染めのヘアーカラーは?

白髪が気になる年齢になると、ヘアカラーを頻繁にしたくなりますね。
髪の生え際だけが白髪だと、とっても気になります。
白髪染めでベストな頻度は、3週間に一度です。
白髪染めの頻度が、3週間に一度がベストなのはヘアカラーの色を綺麗に保てるからです。

ヘアーカラーをするための、色を美しく保つためにベストな頻度は、1か月に1度です。
頭皮の健康や髪のダメージを考える人は、2か月に1度の頻度でヘアカラーすると良いです。
カラーリングは、とっても髪にダメージを与えます。
ヘアカラーの頻度は、頭の健康や髪のキューティクルにも大きく関わっています。
ヘアカラーを美しく保つために、カラーリングのやりすぎになる必要はありません。

白髪が目立って、染め直しをしたい場合

白髪を黒く染めても、髪が伸びたら生え際の白髪が目立ちます。
黒髪にするために、髪全体を黒く染め直したら、髪の黒さに違いが出るでしょう。
染め直したい気持ちがあっても、髪全体を短い期間で何度も染め直したら、髪は傷みます。
白髪の生え際を染めたいときは、パウダー式でスティックタイプのヘアカラーをできる染料を使うといいです。
白髪の生え際だけを、染め直しできます。

ヘアカラーをする頻度のポイント どんな悪影響が起こるか?

ヘアカラーの頻度を増やした場合、毛穴が詰まったり、フケやかゆみの原因になります。
また、髪のダメージがひどくなり、抜け毛や切れ毛が増えます。
ヘアカラーは、髪にとっても負担になるのです。
髪のダメージを考えた時のヘアカラーの頻度は、2か月に1度が最適だと考えられています。

人の頭皮は敏感で、ヘアカラーのカラーリング剤のために腫れ上がったり、赤くなったりすることがあります。
ヘアカラーの頻度が多いと、頭皮への悪影響が予想されます。
頭皮は髪の毛よりもダメージを受けやすいです。ヘアカラーの頻度は、2か月に1度か1か月に1度がベストです。
頭皮がカラーリングでかぶれると、とっても辛い思いをするはずです。
ヘアカラーの頻度は、あまり多くなりすぎないようにしましょう。

ヘアカラーをする頻度のポイント ヘアカラーのリタッチ

ヘアカラーは、頻繁にすると頭皮にダメージを与えます。
髪のキューティクルも壊れて、髪が傷みます。
2か月に1度のカラーリングが、良いペースですが、どうしてもヘアカラーを最小限に抑えたいときは、髪の根元だけをヘアカラーするリタッチがおすすめです。
リタッチは、髪全体を染め直すのではなくて、髪の根元の黒髪の部分だけを集中して染めます。

リタッチなら、髪が受けるダメージが少ないです。
染めたことのない髪の根元の部分だけを、リタッチするのです。
リタッチをすると、ヘアカラーの頻度を抑えれます。
毛先は傷みやすいので、リタッチを取り入れて毛先のヘアカラーをしない方法も良いですね。
毛先のダメージをケアしながら、リタッチをすると美しいヘアスタイルに見えるはずです。

リタッチをするタイミング

ヘアカラーは、最低2,3か月に1度する方がいいですが、リタッチだけなら3か月以上の期間があっても大丈夫です。
髪の根元からカラーリングするリタッチは、頭皮を痛めることがあるから、1か月ごとにする必要はありません。
1か月の短い期間で、髪は1cmだけ伸びます。
髪が、3cm以上伸びてからリタッチすることを、おすすめします。
リタッチは、美容院で丁寧にしてもらいましょう。

ヘアカラーをする頻度のポイント 色落ちは髪のダメージが原因

ヘアカラーを続ける理由は、ヘアカラーした後に色落ちすると、髪は黒髪に戻りません。
ヘアカラーした髪は、色落ちするとさらに明るい色になります。
ですから、ヘアカラーを繰り返し行う必要があるのです。
ヘアカラーの頻度は、2か月に1度か1か月に1度がベストだと伝えましたが、毛先にかけてヘアカラーを繰り返すとダメージがひどくなるだけです。
ヘアカラーは、毛先の髪を少しカットしながらすると、ヘアケアになるでしょう。

ヘアカラーをやりすぎては、頭皮の病気になるかも知れません。
ヘアカラーで染め直すときは、美しく染まるように髪をケアしておくべきです。
髪色が綺麗に染め直されると、ヘアカラーの頻度の間隔が長くなります。
ヘアカラーを繰り返す間隔が長いことは、髪に負担がかからないのでいいですね。
ヘアカラーをする間隔を十分に考えて、染め直ししやすいように、髪のキューティクルをケアしておきましょう。

ヘアカラーをする頻度のポイント 色落ちしやすい理由

髪のダメージが強い部分は、ヘアカラーの色落ちが激しいです。
髪がダメージを受けていると、ヘアカラーで染めても、すぐに色落ちします。
髪のケアをしてから、ヘアカラーをするといいでしょう。
ヘアカラーの頻度も、間隔を保ちながら染め直ししてください。
ヘアカラーは、健康な髪にするべきです。

ヘアカラーで美しいヘアスタイルにするには、シャンプーの後に髪を完璧に乾かしてください、
ドライヤーでの髪の乾燥が、髪のキューティクルにいい影響を与えます。
髪が綺麗で健康だと、カラーリングした後も長い間隔で、色を保ちます。
キューティクルは、紫外線によって傷むので、ヘアカラーの色落ちの原因になります。
紫外線対策として、帽子や日傘で髪を守ることも良いですね。

ヘアカラーを染め直すタイミング

ヘアカラーが色落ちして、染め直したくなったら、髪のダメージや髪の色が落ちている部分がどこか見てください。
髪の全体を染め直すべきか、部分的に染め直すべきか決めます。
若い女性に人気のグラデーションにするなら、色落ちした髪を利用して、グラデーションに染め直すことができます。
髪の傷んでいる部分が、色落ちしやすいです。
髪の毛先がもっとも、色落ちしやすいです。

ヘアカラーをする頻度のポイント 色が抜けやすいヘアカラーは?

ヘアカラーをしても、ピンクやアッシュ系はすぐに色落ちします。
色落ちをすぐにすると、ヘアカラーの頻度が増えますね。
ヘアカラーの頻度の間隔を長くするには、ホームカラーよりサロンカラーを使います。
サロンカラーの方が、ホームカラーより色落ちしないのです。
ヘアカラーを継続させるなら、サロンカラーを選んでください。

サロンカラーで染め直しをするときは、根元用や毛先用を使い分けるといいでしょう。
サロンカラーを使えば、ヘアーカラーがしやすくなって、髪のダメージも軽減できます。
髪に負担になるような、カラーやカラーリング剤を使わない方がいいですね。
ヘアカラーは、ホームカラーよりサロンカラーが色を保たせます。

ヘアカラーをする頻度のポイント ヘアカラーを美容院でする

美容院でヘアカラーをするときは、自分自身の髪質や頭皮の状態を詳しく、美容師に伝えます。
髪質によって、使うカラーリング剤が変わってきます。
カラーリング剤によって、色の長持ちする期間も違います。
ヘアカラーの染め直しの頻度は、自分の髪質にあったカラーリング剤によって違うのです。

美容院でヘアカラーをすると、髪の根元から毛先まで、髪全体を染めてくれます。
美容院でヘアカラーすると、ムラなく綺麗に染まるでしょう。
ヘアカラーの後も、美しいヘアスタイルで過ごせます。
ヘアカラーを美容院ですると、ヘアカラーの頻度が減るように感じられます。
なぜなら、髪全体に綺麗に染めてくれるから、染め直すまで長い間隔があるはずです。

ヘアカラーをするなら、ヘアケアも念入りに!

ヘアカラーをする頻度は、最低でも1か月に1度です。
最低の1か月に1度のヘアーカラーでも、髪はダメージを受けてパサつきますね。
ヘアスタイルを美しく見せるために、ワックスやスプレーが活躍してくれます。
トリートメントもヘアーカラーをした時に、忘れずにするといいでしょう。

ヘアカラーをした髪のために、トリートメントスプレーを使うこともおすすめします。
カラーリングされた髪は、見た目にもダメージがわかります。
ヘアカラーをした後は、色落ちを防ぐためにも洗い流さないトリートメントなどを使ってください。
とってもきれいなヘアスタイルにするために、ヘアケアは必要なことです。

芸能人のヘアカラーの頻度は?

芸能人のヘアスタイルは、いつでも美しすぎますね。
芸能人はヘアカラーも素敵で、魅力的なヘアスタイルをしています。
芸能人がヘアーカラーを美容院でする頻度は、大体1か月に1度です。
芸能人は、ヘアカラーを美容院でするときに、必ずトリートメントもします。
芸能人は、ヘアケアも忘れずにしています。
芸能人のヘアスタイルが綺麗にセットできるのは、ヘアケアがきちんとできているからです。

芸能人も、ヘアカラーを1か月に1度だけして、ヘアカラーをする間隔を守っています。
ヘアカラーの頻度が多くなることはありえないです。
芸能人は、いつでも注目を浴びているから、ヘアカラーやヘアスタイルには十分気をつけているはずです。
芸能人は決まった美容院に通っている感じがしますね。

芸能人がするヘアケア

芸能人がするヘアケアは、最低オーガニックシャンプーやトリートメントを使うことや、愛用しているトリートメントがあります。
最低限度のヘアケアでも、髪質の改善になりますね。
ヘアカラーをする芸能人は、多くいます。
ヘアカラーやパーマで傷んだ髪は、毎日のようにヘアケアする必要があります。
芸能人も、自分自身で髪をケアしています。

■関連記事:芸能人のヘアスタイルについて知りたい方はこちらもチェック!

川口春奈の髪型!ミディアムパーマやロング・前髪・髪色を参考に!
滝沢カレンの髪型!切りっぱなしボブやパーマの作り方・オーダー術は?

ヘアーカラーの染め直しは、最低2か月に1度が理想

ヘアーカラーの染め直しは、髪を染める日の間隔が短すぎてはいけません。
ヘアカラーはの染め直しは、間隔が長くても3か月に1度です。
髪の生え際が、黒くて気になる人は、2か月に1度がベストです。
ヘアカラーをする日の間隔は、1か月以上あけるべきです。
ヘアカラーで髪が受けるダメージは、、パーマをかけてダメージを受けることと変わりはありません。

ヘアスタイルを美しくセットしたい気持ちは誰にでもあります。
ヘアカラーは、お洒落で試したいカラーもたくさんあるでしょう。
ヘアカラーをするときは、髪が傷む覚悟が必要です。
ヘアカラーを、1か月に1度だけする場合も、髪はとても傷みます。
ヘアスタイルを綺麗に整えても、髪のダメージが酷いと美しく見えません。
ヘアカラーの頻度を守って、急いで染め直したり、好奇心ですぐに違うカラーに染め直しすることは避けてくださいね。

女性が髪をカットする頻度は?

女性が好きなヘアスタイルを保つために、ヘアカラーやヘアカットをする頻度は、平均で2、3か月に1度です。
ヘアカラーとカットをする必要があると感じるのは、ヘアスタイルが決まらなくなるころですね。
ほとんどの女性の髪は、1か月で1cm伸びます。
美容院で綺麗にカットしてもらえば、ヘアスタイルをセットすることも楽になります。
美容院でのヘアカラーやヘアカットは、女性にとって気分転換にもなり、楽しめることです。

ショートカットの女性は、大体1か月に1度の頻度で、美容院に行きます。
ロングヘアの女性は、ヘアカットする間隔が長い人でも、3、4か月に1度はヘアカットして、ヘアスタイルを美しく見せる必要があるでしょう。
ヘアスタイルが綺麗だと、ヘアカラーした髪も美しく見えます。
髪を伸ばすつもりの人も、2、3か月に1度はヘアカットして、ヘアスタイルをセットしやすくするといいです。
美容院でヘアカラーをするときに、トリートメントと毛先のカットをするといいです。

ヘアカラーをする頻度について、詳しくわかりましたか?

ヘアカラーをする頻度は、髪質や髪の長さによっても違いがあるでしょう。
ヘアカラーをする頻度を、最低1か月に1度にすることが大切です。
芸能人でない一般の人でも、ヘアケアは大切に考えるべきです。
ヘアスタイルを美しく見せるためにも、ヘアカラーとヘアカットをする期間は長くても2,3か月に1度にすることが大切です。

もっとヘアカラーについて知りたいあなたへ!

ヘアカラーワックスの使い方!色んな髪色を気軽に楽しめる!
パーマとカラーの順番は?どっちが先にすべき?間隔はどのくらい?
市販ヘアカラーおすすめ13選!赤・ピンク・アッシュが人気色?
髪の染め方!市販ヘアカラーで上手に自分で染める方法・コツ!

関連するまとめ

山下幾久子
山下幾久子
女性の興味が持てることにスポットを当てて、ライターとして頑張りたいです。未熟なライティングですが、lovelyにいい影響を受けています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ