ホワイトブリーチのセルフのやり方!市販品はドンキがおすすめ?

ホワイトブリーチのセルフのやり方!市販品はドンキがおすすめ?

ホワイトブリーチという単語をよく耳にしますが、ホワイトブリーチはブリーチとどう違うのでしょうか。ホワイトブリーチはセルフでおしゃれなヘアスタイルにできると話題です。今回はホワイトブリーチのセルフでのやり方をご紹介させていただきたいと思います。

記事の目次

  1. 1.ホワイトブリーチはセルフでやるのがおすすめ?
  2. 2.【ホワイトブリーチ×セルフ】ブリーチとは
  3. 3.【ホワイトブリーチ×セルフ】ホワイトブリーチとは
  4. 4.【ホワイトブリーチ×セルフ】市販でも買える?
  5. 5.【ホワイトブリーチ×セルフ】ドンキがおすすめ
  6. 6.【ホワイトブリーチ×セルフ】一回で色が抜ける?
  7. 7.【ホワイトブリーチ×セルフ】メリット
  8. 8.【ホワイトブリーチ×セルフ】デメリット
  9. 9.【ホワイトブリーチ×セルフ】やり方
  10. 10.【ホワイトブリーチ×セルフ】コツ
  11. 11.【ホワイトブリーチ×セルフ】失敗
  12. 12.【ホワイトブリーチ×セルフ】ブリーチ後のカラー
  13. 13.【ホワイトブリーチ×セルフ】髪の毛へのダメージ
  14. 14.【ホワイトブリーチ×セルフ】①ハイライト
  15. 15.【ホワイトブリーチ×セルフ】②ツーブロック
  16. 16.【ホワイトブリーチ×セルフ】③毛先カラー
  17. 17.【ホワイトブリーチ×セルフ】④ブリーチヘア
  18. 18.【ホワイトブリーチ×セルフ】⑤ホワイトブリーチ
  19. 19.【ホワイトブリーチ×セルフ】⑥グレーカラー
  20. 20.セルフでホワイトブリーチを試してみよう!

ホワイトブリーチはセルフでやるのがおすすめ?

出典: https://unsplash.com/photos/A3Gd2b-98_g

今現在、美容院ではさまざまな種類のヘアスタイルに挑戦することができるようになっています。主な美容院でのメニューは、ヘアカット・ヘアカラー・パーマ・ストレートパーマ・ダブルカラーなどといったメニューがどの美容院でも取り入れられています。その中でも特にお金がかかってしまうと言われているメニューが”ブリーチ”というメニューです。

ブリーチはブリーチ剤と呼ばれている薬剤をヘアスタイルに塗布することのよって髪の毛のトーンを明るくすることができます。ブリーチをするほとんどの人は、ブリーチをした後のダブルカラーと言ってヘアカラーをする人が多いでしょう。そうするとかなりの金額になってしまいますよね。

また、今回ご紹介させていただく”ホワイトブリーチ”と呼ばれているものは、通常のブリーチよりもかなりヘアスタイルの色を抜くのが特徴的です。ホワイトブリーチのヘアスタイルにするためには、このブリーチを何度も行う必要があります。そうすると、財布がさみしいことになりかねません・・・。そこでおすすめしたいのが”セルフ”でのホワイトブリーチです。

セルフでホワイトブリーチをするには少し怖いと思う部分もありますが、事前にホワイトブリーチのやり方を予習しておけばセルフで行っている時に落ち着いて実行することができるでしょう。また、セルフで行うホワイトブリーチにはさまざまなメリットがありますので、これからセルフでホワイトブリーチをしようかと考えている人も、まだ検討中だという人もぜひセルフでのホワイトブリーチのやり方を参考にしてみてください。

■参考記事:ブリーチでホワイトヘア、コチラも参照!

髪を白くする方法!ブリーチでホワイトヘアーに! | Lovely[ラブリー]のイメージ
髪を白くする方法!ブリーチでホワイトヘアーに! | Lovely[ラブリー]
髪を白くしたいという人もいるでしょう。髪を白にしたいという人はあまりいないだけに、いざ白くしようと思ったら、どう白く変化させれば良いのかわからないものです。そこで今回は、髪を白くするための方法を紹介していきたいと思います。

【ホワイトブリーチ×セルフ】ブリーチとは

出典: https://unsplash.com/photos/ldrGtwqDnTg

まず初めにブリーチについて、ご紹介させていただきたいと思います。ブリーチとは、初めの方でもご説明させていただいたようにブリーチ剤と呼ばれている薬剤を使うことで、ヘアスタイルのトーンを明るくすることができます。このブリーチの原理は、髪の毛にある黒色の色素と呼ばれているものを髪の毛から通り除くことによって、金髪のようなヘアスタイルにすることができます。

ブリーチは、金髪にする時だけでなく明るい茶色のヘアスタイルにする時も使うことができます。また、これはあまり知られていないのですが、ブリーチ剤はヘアカラー剤にも含まれています。ですので、色素の多い黒髪にヘアカラーをしても明るいヘアスタイルにすることができます。

ブリーチは美容院だけでなく、市販のものを使うことでセルフでも行うことができます。ブリーチのやり方はヘアカラーのやり方とは少し違っているので、もしもブリーチをセルフで行う場合はしっかりと説明書を読んで、やり方を理解してから行うようにしてください。ブリーチ剤は、髪の毛に塗布したと同時に色素が抜けていって、その速度はヘアカラーをしている時よりも早いです。なので、事前にやり方を理解しておく必要があります。

【ホワイトブリーチ×セルフ】ホワイトブリーチとは

出典: https://unsplash.com/photos/4qYHqQqlwM4

次にホワイトブリーチについて、ご紹介させていただきたいと思います。ホワイトブリーチは、その名の通りヘアスタイルがホワイトになるまでブリーチをすることを言います。このホワイトブリーチは通常のブリーチを6回ほど行うことで、ホワイトブリーチのヘアスタイルにすることができます。よく勘違いされてしまうことが、ブリーチの1回の時間を長くすればいいのでは?という意見があります。

しかし、この考えは間違いです。市販のものを使ってセルフでホワイトブリーチを行う際に、説明書のやり方を見ていただければわかるのですが、市販で販売されているメーカーによって放置する時間がかかれています。この時間は、これ以上薬剤を髪の毛につけたまま放置してしまうと、髪の毛へのダメージが増大してしまう。ということです。

ブリーチをするというのは皆さんが考えているよりも、髪の毛へのダメージがとても大きいです。ですので、市販のものを使ってホワイトブリーチをする時には慎重に行う必要があります。ただ、やり方さえ心得ておけば、おしゃれなヘアスタイルをたくさん楽しむことができますよ!

【ホワイトブリーチ×セルフ】市販でも買える?

出典: https://unsplash.com/photos/Brl7bqld05E

明るいヘアスタイルを多数楽しむことができるホワイトブリーチですが、実は市販でも販売されているようです。市販で販売されているホワイトブリーチ専用の薬剤は主に2つあります。一つは、個性的なヘアスタイルをすることのできるヘアカラートリートメントを多数販売している「マニックパニック」という会社のものです。こちらのマニックパニックのホワイトブリーチは、市販で販売されているブリーチ剤の中でもかなりのブリーチ力です。

マニパニのホワイトブリーチは市販で販売されていますが、メンズ用のホワイトブリーチとなっているので、レディースの方はいくつか買う必要があります。しかし、1回で毛先までホワイトにすることができるので、他の市販のものを何回も使うよりも効率的と言えます。市販で販売されていますが、通販でも購入することが可能なようです。

市販で販売されいてるホワイトブリーチで、マニパニよりも人気を誇っているにが「ワイエス パーク」から販売されいているホワイトブリーチです。こちらの市販で販売されているホワイトブリーチは、市販で販売されているにもかかわらず、美容室で使用されているパウダーと同じものが使用されています。ですので、頭皮への刺激が他の市販で販売されているものよりも少なくなっています。

市販のものを使ってホワイトブリーチをするのに一番おすすめなブリーチ剤と言えるのではないでしょうか。量が少ないため、一からホワイトブリーチをする時には何箱か買う必要があるようです。

【ホワイトブリーチ×セルフ】ドンキがおすすめ

次のページ

【ホワイトブリーチ×セルフ】一回で色が抜ける?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely