パーマの乾かし方のコツは?ウェーブを長持ちさせる正しい乾かし方!

パーマをかけた人は乾かし方によって、パーマを長持ちさせられるかどうかということが変わってきます。せっかくパーマをかけたのですから、やはりできれば長持ちさせたいものでしょう。そこで今回は、パーマを長持ちさせる乾かし方を紹介していきたいと思います。

パーマの乾かし方のコツは?ウェーブを長持ちさせる正しい乾かし方!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】パーマを長持ち!乾かし方に問題がある
  2. パーマの乾かし方を知ろう
  3. 【パーマの乾かし方①】タオルドライ
  4. 【パーマの乾かし方②】トリートメント
  5. 【パーマの乾かし方③】ドライヤーは根元から
  6. 【パーマの乾かし方④】パーマの人のドライヤー
  7. 【パーマの乾かし方⑤】最後に冷風で仕上げ
  8. パーマの乾かし方!正しい乾かし方を行うメリットを知ろう
  9. 【パーマの乾かし方!メリット①】節約できる
  10. 【パーマの乾かし方!メリット②】髪の毛が傷まない
  11. 【パーマの乾かし方!メリット③】キレイなパーマを維持できる
  12. パーマの乾かし方のNG行為を知ろう
  13. 【パーマの乾かし方のNG行為①】自然乾燥
  14. 【パーマの乾かし方のNG行為②】タオルでゴシゴシ
  15. 【パーマの乾かし方のNG行為③】ドライヤーを近づけ過ぎない
  16. 【パーマの乾かし方のNG行為④】ドライヤーで乾かし過ぎない
  17. 【パーマの乾かし方のNG行為⑤】目の細かいクシ
  18. 【パーマの乾かし方のNG行為⑥】ねじり過ぎる
  19. 【パーマの乾かし方のNG行為⑦】生乾きで寝る
  20. 【まとめ】パーマの乾かし方をしっかり守ること

【はじめに】パーマを長持ち!乾かし方に問題がある

女性は様々なヘアスタイルをすることで、おしゃれを楽しむものです。ヘアスタイルといえば様々なヘアスタイルがあるものですが、パーマをかけるという人も多いでしょう。ストレートのヘアスタイルも良いですが、パーマをかけることで大きく印象を変えることができるため、パーマをかけてみようと思う人も多いものです。

パーマをかけてヘアスタイルを変更すると、見た目としては満足できることが多いですが、なかには困ってしまうこともあります。それはせっかくパーマをかけてヘアスタイルを変更したにも関わらず、そのパーマがすぐにとれてしまうということです。

パーマをかけた自分の姿には満足していても、すぐにパーマのウェーブがなくなってしまうということであれば、やはりヘアスタイルを元に戻すか、別のヘアスタイルにしようかと思ってしまうでしょう。できればヘアスタイルを変更せず、パーマをかけた状態をキープしたいものですが、何か方法はないのでしょうか。

何度もパーマをかけなおさなければならないとなると、お金も手間もかかってしまいます。できるだけパーマを長持ちさせたいものですが、実はパーマは、髪の乾かし方によって、長持ちできるかどうかということが決まってくるのです。

パーマの乾かし方を知ろう

パーマをかけてヘアスタイルを変更したという人は、ヘアスタイルを変更したばかりですので、なかなかパーマをかけた髪の毛をどう扱って良いかわからないものです。乾かし方によって、そのヘアスタイルを長く維持できるかどうかということは変わってくるため、しっかりとパーマの乾かし方について勉強しておきましょう。

パーマの乾かし方をしっかりと学べば、そのヘアスタイルを長く維持できるようになります。美容院に行って再度パーマをかけ直してもらう回数も減ることになるため、お金も時間も節約できるでしょう。

パーマの乾かし方には様々な注意しておかなければならないことがあります。これらを全て、しっかりと守ることにより、ヘアスタイルを維持できるようになるため、パーマをかけたばかりという人はしっかりと覚えておきましょう。

ではさっそく、パーマのウェーブを維持するための、髪の乾かし方を紹介していきたいと思います。

【パーマの乾かし方①】タオルドライ

パーマの乾かし方の基本ともいえる話ですが、まず風呂からあがったら、髪の毛をしっかりタオルドライするということが大切です。

タオルドライとはそのままの意味ですが、しっかりとバスタオルなどで、髪の毛の残っている水分を拭き取るということです。髪がかなり濡れている状態でドライヤーをかけてしまうのはNGですので、まずはしっかりとタオルドライをするということが大切になってくるのです。

タオルドライを行う際には、髪の毛をタオルで挟み込み、水分を染みこませるようなイメージで、水分を取るようにしましょう。少し物足りないかもしれませんが、この方法で充分、髪の毛の水分を拭き取ることができるものです。

頭皮に近い部分を拭く場合、ゴシゴシとせずに、ゆっくりと頭皮を拭くようにして水分を除去してください。これが正しいタオルドライの仕方であり、ヘアスタイルを長持ちさせるための方法ですので、しっかりと覚えておきましょう。

【パーマの乾かし方②】トリートメント

パーマの乾かし方のコツとしては、洗い流さないタイプのトリートメントをするというのも大切なことです。

タオルドライをしたらさっそくドライヤーで髪の毛を乾かしたいと思うかもしれません。それでも問題はないのですが、ヘアスタイルを長持ちさせたいということであれば、その前に一つ手間を加えると良いです。それが洗い流さないトリートメントを使うということになります。

洗い流さないトリートメントをつければ、髪の毛が保護されるため、ドライヤーの熱から髪の毛を守ることもできます。それがパーマのウェーブを長持ちさせるコツにもなるため、できるだけパーマのウェーブを長持ちさせたい人はしっかりと洗い流さないトリートメントを使用するようにしましょう。

洗い流さないトリートメントは、手で髪の毛につけていき、粗い目のクシでといていくというような形で使用していきましょう。こうすることで、髪の毛全体にトリートメントを付着させることができます。

【パーマの乾かし方③】ドライヤーは根元から

パーマの乾かし方のコツとしては、ドライヤーの使い方をしっかりと学ぶということも大切です。大きく三つに分けて説明していきますが、まずドライヤーを乾かす際には、髪の根元から乾かしていくということが大切になってきます。

ドライヤーでの乾かし方のコツとして、根元から行うべきなのは、そうすることでドライヤーの時間が一番短く済むということもあるのですが、一番大きな効果は毛先を傷めないという理由です。

ドライヤーを行う際には、根元よりも外側のほうが風が当たりやすいものです。そのため全体にドライヤーをかけると、毛先などは乾いているのに、根元は乾いていないというような状態になってしまいます。

このような状態で根元が乾くまでドライヤーをあてていたら、毛先を乾燥させ過ぎてしまい、傷んでしまうことになります。そうなれば、パーマのウェーブがとれてしまったり、うまくウェーブがまとまらないようになってしまうため、まずは根元から乾かしていくということが大切なのです。

【パーマの乾かし方④】パーマの人のドライヤー

髪の毛の乾かし方のコツとしては様々なコツがあるのですが、パーマの人の場合、乾かし方のコツは少し特殊なものとなります。

基本的にドライヤーは熱を髪の毛に与えるため、引っ張りながら乾かしてしまえば、髪の毛はストレートになってしまうものです。そうなると、パーマのウェーブがとれてしまうため、パーマのウェーブを長持ちさせたい人は、別の乾かし方を行わなければなりません。

パーマをかけている人のドライヤーの乾かし方としては、髪の毛を手の平で優しく持ち上げながらドライヤーをあてるという乾かし方がベストです。この乾かし方で行えば、髪の毛が重力で引っ張られず、ウェーブがかかったそのままの状態でドライヤーをあてることができます。

こうすることで、ドライヤーによってウェーブがとれてしまうのを防ぐことができるため、パーマが長持ちするようになるのです。

【パーマの乾かし方⑤】最後に冷風で仕上げ

パーマの乾かし方として、ドライヤーでしっかりと髪の毛を乾かしたら、最後に冷風で仕上げを行うと良いです。

パーマのウェーブをしっかり記憶させておくコツとしては、最後に冷風で仕上げるということがかなり大切です。パーマを熱風で乾かし、そのまま放置すると、ウェーブがかかった髪の毛は熱を持ったままの状態となってしまいます。

熱を持ったままの状態だと、ウェーブが重力によって引っ張られ、少しずつウェーブがとけていってしまうものです。しかし、最後に冷風によって、パーマがかかった髪の毛を冷やしてあげれば、このような効果を最大限、弱めることができるようになります。

パーマがかかった髪の毛にドライヤーをかけたら、最後に冷風を一分程度、全体にあてるようにしましょう。この乾かし方を行うことで、パーマのウェーブを長持ちさせることができるため、忘れないように行ってください。

パーマの乾かし方!正しい乾かし方を行うメリットを知ろう

パーマの乾かし方を紹介してきましたが、正直これを読んで、毎日寝る前にこんなことをするのは面倒だという人もいるかもしれません。そのような人のために、正しいパーマの乾かし方をするメリットを紹介していきたいと思います。

パーマのウェーブがとれにくいというメリットがあるのは当然ですが、正しい乾かし方をしっかりと寝る前に行うことで、他にも様々なメリットを得られるものです。そのメリットは女性にとって大切なことですので、いまいち寝る前に正しい乾かし方を行う気になれないという人はしっかりと読んでおきましょう。

乾かし方のコツを使って髪の毛を乾かすメリットしては様々なメリットがありますが、寝る前にしっかりと行うことで、このメリットを全て得られるようになります。

寝る前に毎日行うとなると、面倒だという気持ちもわかりますが、逆に乾かし方のコツを使って乾かさないともっと面倒なことになってしまうこともあります。それを防ぐためにも、しっかりと寝る前に、乾かし方のコツを使ってしっかりパーマがかかった髪の毛を乾かすことが大切になってくるため、しっかりと勉強しておきましょう。

【パーマの乾かし方!メリット①】節約できる

パーマの乾かし方のコツを使って乾かすメリットとしては、お金を節約できるというメリットがあります。

パーマの乾かし方のコツをしっかりと使って乾かすことを、毎日行っていれば、パーマのウェーブを長く保つことができるようになります。しかしもしも乾かし方のコツも使わず、寝る前に髪を乾かさないということにまでなってしまうと、パーマはすぐにとれてしまうものです。

パーマがとれてしまうとまた、美容院に行って、パーマをかけてもらわなければなりません。そうなれば当然、費用もかかってしまうため、乾かし方のコツを使ってしっかりと乾かすことが、お金の節約というところに繋がってくるのです。

あまりにもその頻度が高いと、お金がかかり過ぎてしまい、パーマすること自体を諦めなければならない場合もあるでしょう。そうなると見栄えが悪い状態でずっと過ごさなければならないため、パーマの乾かし方のコツをしっかりと使って、せめて寝る前には髪を乾かすということが大切になってくるのです。

【パーマの乾かし方!メリット②】髪の毛が傷まない

パーマの乾かした方のコツを使って髪を乾かすメリットとしては、髪の毛が傷まないというメリットがあります。

乾かし方のコツを様々紹介してきましたが、パーマを長持ちさせるためのコツは、髪の毛を傷ませないようにするためのコツでもあります。

そのため、この乾かし方によって、しっかり寝る前に髪の毛を乾かしておけば、髪の毛の傷みも少なくすることができるのです。

髪の毛が傷むと、毛先がまとまらず、パーマをかけた部分がバラバラになってしまいます。ボロボロの髪の毛になってしまうこともあるため、しっかりと寝る前に正しい方法で髪の毛を乾かすということが大切になってくるのです。

【パーマの乾かし方!メリット③】キレイなパーマを維持できる

パーマの乾かし方のコツを使って髪を乾かすメリットとしては、キレイなパーマを維持することができるというメリットもあります。

パーマの乾かし方のコツを使えば、ウェーブがとけにくくなるということもあるのですが、それ以上に、パーマがキレイにかかった状態のまま保つことができるようになります。

パーマは時間が経つと、髪の毛がまとまらなくなったり、パサパサになってしまったりというようなことで、かなり見栄えが悪くなってしまうものです。

キレイな状態を維持できることにより、パーマをかけた意味というものは出てくるものです。せっかくパーマをしたのに、見栄えが悪くなってしまえば元も子もないため、しっかり寝る前に正しい乾かし方で髪を乾かすということが大切になってきます。

パーマの乾かし方のNG行為を知ろう

パーマの乾かし方やメリットなどを紹介してきましたが、パーマを乾かす上では、やってはいけないNG行為というものもあります。そこでここからは、パーマがかかった髪を乾かす際に、やってはいけないことを紹介していきたいと思います。

パーマの乾かし方を行う上では、様々な注意点があるものです。自分では良いことだと思っていることでも、なかにはパーマにとってマイナスになっていることもあります。

そのため、パーマの乾かし方をしっかりと勉強するためには、このようなNG行為についてもしっかりと知っておく必要があるものです。

ではさっそく、パーマの乾かし方のNG行為について紹介していきたいと思います。

【パーマの乾かし方のNG行為①】自然乾燥

パーマの乾かし方のNG行為としては、自然乾燥というものがまず挙げられます。

髪の毛を自然乾燥で乾かしているという人も多いでしょう。自然乾燥で乾かしている人は、ドライヤーの熱で髪がダメージを受けてしまうという理由で、自然乾燥をしているということがほとんどです。しかしドライヤーも確かにダメージを受けてしまうことがあるのですが、自然乾燥はドライヤー以上に、髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

自然乾燥をすると、地肌にある菌が繁殖してしまい、頭皮環境を悪くしてしまいます。自然乾燥によりこのようなことが起こると、正しく髪の毛が生成されないため、自然乾燥させたせいで、髪の毛がパサパサになってしまうことがあるのです。また、自然乾燥させている間、髪の毛のキューティクルは開いた状態となるため、髪の毛の内部にある水分も蒸発してしまうことになります。

自然乾燥をするとこのようなことが原因で髪の毛が傷んでしまうのです。ドライヤーの傷みよりも、自然乾燥で起こる傷みのほうがはるかに大きな傷みですので、髪の毛を自然乾燥させるのはやめておきましょう。

【パーマの乾かし方のNG行為②】タオルでゴシゴシ

パーマの乾かし方のNG行為としては、タオルでゴシゴシするというものも挙げられます。

パーマの髪の毛を乾かす時、最初にタオルドライをすることになりますが、この時、髪の毛をゴシゴシとするような拭き方はNGです。

手っ取り早い乾かし方ではありますが、このようなことをすると、摩擦により髪の毛が傷ついてしまいます。その結果、髪の毛がパサパサになってしまうこともあるものです。

髪の毛はデリケートですので、特にパーマをかけた人は、このような細かい部分にも注意しておくようにしましょう。

【パーマの乾かし方のNG行為③】ドライヤーを近づけ過ぎない

パーマの乾かし方のNG行為としては、ドライヤーを近づけ過ぎないというものもあります。

ドライヤーは熱風を放出するため、あまりにも髪の毛に近付け過ぎて、同じ場所にばかり風をあててしまうと、髪の毛を傷めてしまう原因となります。

同じ場所に熱風をあて過ぎないということもそうですが、髪の毛とドライヤーの距離が近過ぎるというのもNGです。髪の毛の中の水分が蒸発してしまったり、頭皮が乾燥し過ぎることにより、頭皮環境が荒れてしまうためです。

ヒジの角度を90度程度にすると、ドライヤーと髪の毛の距離は丁度良くなります。忘れないようにしておきましょう。

【パーマの乾かし方のNG行為④】ドライヤーで乾かし過ぎない

パーマの乾かし方としては、ドライヤーで髪の毛を乾かし過ぎないということも大切です。

ドライヤーで髪の毛を乾かし過ぎてしまうと、髪の毛の内部にある水分が、その熱によって蒸発してしまいます。そうなると、不健康な髪となってしまうため、パサパサの髪の毛やまとまらない髪の毛の原因になってしまうのです。

ドライヤーで髪を乾かす時は、9割程度乾かしたら、後は自然乾燥させましょう。この程度の水分であれば、自然乾燥させても菌が繁殖するようなことはありません。

髪の毛は乾燥し、頭皮の部分が少ししっとしているような感覚が、9割程度の乾燥です。この後は自然乾燥するまで待ち、しっかりと自然乾燥できたら寝るようにしてください。

■関連記事:髪の乾かし方についてはこちらもチェック!

髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう
デジタルパーマの乾かし方のコツは?これでゆるふわに!

【パーマの乾かし方のNG行為⑤】目の細かいクシ

パーマの乾かし方のNG行為としては、目の細かいクシを使ってブラッシングするということです。

パーマがかかっている状態で、目の細かいクシを使ってブラッシングしてしまうと、せっかくかけたパーマがとけやすくなってしまいます。逆に目の粗いクシであればこのようなこともないため、使用する場合は、目の粗いクシを使用するようにしましょう。

これを考えれば、今までパーマをかけたことがなく、目の粗いクシを持っていないという人は、パーマを当てた時に目の粗いクシを買っておくべきだということです。

ドライヤーをかける際やトリートメントを塗る際に、クシは必要となるため、数本、事前に購入しておくようにしましょう。

【パーマの乾かし方のNG行為⑥】ねじり過ぎる

パーマの乾かし方のNG行為としては、ねじり過ぎるということです。

パーマのかかった髪の毛をドライヤーで乾かす際に、パーマのウェーブを維持するために、髪の毛を手でクルンと巻いた状態で乾かすということもあるものです。しかしここでねじり過ぎてしまうと、そのせいでパーマがとけてしまうこともあります。

手で髪の毛を巻く時に、かけたパーマと同じ程度、髪を巻くということであれば、それによりウェーブを保つことができるため、むしろやるべきドライヤーのかけ方です。

本来かかっている状態よりも髪を巻いて、ドライヤーをかけてしまうと、かかっているパーマの力とは別の力が加わることになってしまいます。その結果、毛先が乱れたり、パーマがとけてしまったりするため、やるのであれば、かかっているパーマのロール分だけ、手で巻いて、ドライヤーをかけるようにしましょう。

【パーマの乾かし方のNG行為⑦】生乾きで寝る

パーマの乾かし方でのNG行為としては、生乾きの状態で寝ないということです。

髪の毛は寝る前にしっかりと乾かさないと、寝ている間に菌が繁殖してしまいます。寝る前に乾かすことで、菌が繁殖するのを防ぐことができるため、そこは絶対に守っておきましょう。

また寝る前に髪を乾かさないと、寝癖もついてしまいやすくなります。朝、寝癖を治すのに時間をかけるくらいであれば、寝る前にしっかりと乾かしておいたほうが楽でしょう。

寝る前に乾かしたほうがパーマのためにも良いこととなるため、必ず濡れた髪のままで寝るというようなことはしないようにしましょう。

【まとめ】パーマの乾かし方をしっかり守ること

パーマの乾かし方について紹介してきましたが、パーマをかけたのであれば、この乾かし方をしっかりと守っておかないと、せっかくかけたパーマが無駄になってしまいます。おしゃれをするためにはそれなりの努力が必要です。面倒ですが、しっかりと実行していきましょう。

もっとパーマに関する情報を知りたいアナタへ!

パーマを失敗されたら?ヘアアレンジでごまかせる?対処法まとめ!
くせ毛風パーマが可愛い!ショート・ボブからロングまで髪型特集!
デジタルパーマのスタイリングのコツは?これで簡単&上手にセット!
パーマの値段の平均や相場を解説!【メンズ・レディース別】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ