縮毛矯正した髪にパーマしてもいい?ダメージはどのくらい?

縮毛矯正した髪は、ストレートすぎて飽きてくることがあります。 パーマをかけて、髪形に変化を付けたくなる女性もいます。 縮毛矯正をした髪に、パーマはできるのか解説します。 ボブやウェーブ、毛先カールなどのヘアアレンジについても紹介します。

縮毛矯正した髪にパーマしてもいい?ダメージはどのくらい?	のイメージ

目次

  1. 縮毛矯正した髪に、パーマをかけたい!タイミングは?
  2. 縮毛矯正とパーマは、同時にかけれないはず!
  3. 縮毛矯正をしてから、数か月後に髪が伸びたらパーマOK💖
  4. 縮毛矯正とストレートパーマの違いは?同じでない理由❄
  5. 縮毛矯正とデジタルパーマ✳美しい髪艶
  6. 縮毛矯正のヘアアレンジ❤デジタルパーマやカット
  7. 縮毛矯正の髪へのダメージ✴パーマより髪が傷む!
  8. 縮毛矯正と頭皮ケア🌟アレルギー体質に注意
  9. 縮毛矯正の効果は永久?くせ毛を永遠にストレートにできる
  10. 縮毛矯正の注意点!パーマと違って、繰り返して縮毛矯正しない
  11. 縮毛矯正と毛先パーマ💓同時にかけた場合
  12. 縮毛矯正とヘアカラー*艶髪にアレンジしてみよう!
  13. 縮毛矯正とパーマでフンワリボブ💙可愛くアレンジ
  14. 縮毛矯正&ヘアカット✡艶髪はカットとパーマで演出
  15. 縮毛矯正した髪にパーマをかけたい!どうでしたか?

縮毛矯正した髪に、パーマをかけたい!タイミングは?

くせ毛の人が、髪をストレートにするためにするのが、縮毛矯正です。
縮毛矯正は、普通のパーマと違います。
縮毛矯正をかけると髪の毛の芯がなくなるので、パーマがかかりにくくなっている状態になっています。
どうしても、縮毛矯正をした髪にパーマをかけて、ヘアアレンジをしたくなったら、縮毛矯正した数か月後にすると良いでしょう。

縮毛矯正は、くせ毛を強制的にストレートにしているので、パーマをかけれるタイミングは、髪の毛が数センチ伸びた後です。
縮毛矯正をかけてから半年後ぐらいに、パーマをかけると良いです。
縮毛矯正をかけてから1か月後ぐらいだと、「パーマをかけてもかからない」と美容室で言われるでしょう。
パーマをかけたくなっても、縮毛矯正をした髪は、パーマがかからない状態になっています。

縮毛矯正した髪にパーマをかけたくなったら・・・

縮毛矯正した髪にパーマをかけたいと思ったら、髪が伸びるまで待ちましょう。
パーマをかけたくても、縮毛矯正した髪にはかかりません。
ですが、部分的に縮毛矯正した髪なら、毛先や収縮矯正をしていない髪にパーマはかかります。
縮毛矯正したけれど、パーマをかけたいと思う女性は多くいます。
パーマをかけたいという願望を、髪が伸びるまで我慢した方が良いですね。
普通は、縮毛矯正とデジタルパーマを同時にすることもできます。
パーマをかけたい願望は、ストレジ(ストレートとデジタルパーマ)で叶えれます。

縮毛矯正とパーマは、同時にかけれないはず!

縮毛矯正を、髪全体にかけないで髪の部分的なくせ毛に、かけることがあります。
髪の一部だけに縮毛矯正をかけた場合は、同時にパーマをかけれるでしょう。
ですが、くせ毛を縮毛矯正でストレートにした部分もパーマがかかかることがあります。
くせ毛の部分の範囲によりますが、部分パーマと部分縮毛矯正は同時にできます。

縮毛矯正とパーマを同時にしなくても、縮毛矯正を部分的にしてから、ナチュラルな状態の髪の部分にパーマをかけた場合、ストレートに伸ばしている部分にパーマがかることがあります。
部分的な縮毛矯正は、パーマ液の影響で癖がつくこともあるのです。
縮毛矯正とパーマを同時にするなら、パーマ液のことなどについて美容師と相談してくださいね。

縮毛矯正をしてから、数か月後に髪が伸びたらパーマOK💖

縮毛矯正をして、髪が伸びると毛先だけに縮毛矯正がかかっている状態になりますね。
パーマは、新しく伸びた髪にかけることができます。
縮毛矯正の部分が毛先だけになると、パーマがかかりやすいです。
伸びた髪をカットしながら、パーマをかけると綺麗にヘアスタイルが整うでしょう。
縮毛矯正をした部分に、すぐにパーマをかけることは無理です。

せっかく縮毛矯正をして、くせ毛をストレートにしたのに、綺麗なパーマをかけてヘアアレンジしたくなることがありますね。
縮毛矯正をした髪のアレンジは、髪が伸びてからする事をおすすめします。
ストレートの髪は、強いパーマ液を使ってカールやウェーブを付けます。
髪の負担を考えても、縮毛矯正をした髪にすぐにパーマをかけない方が良いです。

縮毛矯正を保てる期間は?

縮毛矯正をかけた髪は、永遠にストレートです。
髪を伸ばしながら、新しく髪が伸びた部分に縮毛矯正をして髪を伸ばす女性もいます。
縮毛矯正を繰り返すなら、最低半年の期間はあけるべきです。
縮毛矯正を繰り返しすると、髪のダメージが大きくなります。
ブリーチを繰り返した髪のように、髪が傷んでパサつくでしょう。
だから、縮毛矯正をする期間は半年間必要です。
長い期間待って、髪を伸ばしてたらパーマもできます。
縮毛矯正した髪は、新しい髪が伸びるまでの期間に、丁寧にヘアケアしましょう。

縮毛矯正とストレートパーマの違いは?同じでない理由❄

ストレートパーマと縮毛矯正は、使う薬剤に違いがあります。
ストレートパーマは、ストレートパーマ液の薬剤だけを使います。
縮毛矯正は、薬剤とアイロンを使います。
ストレートパーマは、パーマを伸ばすだけでくせ毛を伸ばす役割はできません。
くせ毛を伸ばすためには、アイロンの熱で髪をストレートにする必要があります。
薬剤とアイロンの2つの効果で、ウェーブパーマもくせ毛もストレートになります。

縮毛矯正は、薬剤とアイロンを使うので、髪へのダメージはストレートパーマより大きいと感じれます。
しかし、縮毛矯正はフンワリしたストレートにすることもできます。
そして、部分的なくせ毛には縮毛矯正の方がストレートパーマをするより良いのです。
トリートメント効果もある縮毛矯正があるので、髪のダメージは心配ないでしょう。

縮毛矯正とデジタルパーマ✳美しい髪艶

縮毛矯正にパーマをかけたいなら、デジタルパーマが良いでしょう。
縮毛矯正は、アイロンの熱によって髪をストレートにしています。
デジタルパーマも、熱を利用してパーマをかけるので、縮毛矯正にかかりやすいのです。
縮毛矯正にデジタルパーマをかけたいなら、ゆるめのウェーブや毛先ワンカールがおすすめです。

デジタルパーマは、コールドパーマより縮毛矯正と良いコンビネーションと言えます。
普通のパーマは、縮毛矯正でストレートにした髪には、かかりにくいのです。
それで、デジタルパーマを縮毛矯正した髪の毛にかける事をおすすめします。
熱を利用したパーマは、縮毛矯正した髪に綺麗にかかります。

トリートメントでヘアケア

縮毛矯正した髪に、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントで週2回はヘアケアしましょう。
髪にヘアオイルなどを付ける間隔は、2日に1度でも構いません。
最低、週2回はヘアオイルを使って髪に潤いを与える必要があります。
また、パーマをかける間隔は、なるべく長くあけると髪のダメージが軽減されます。
縮毛矯正と部分パーマを同時にかけるときは、部分的に縮毛矯正した髪は髪のダメージが強いので、毛先のパーマなども一気に同時にする方が良いでしょう。
縮毛矯正する髪とパーマをかける髪の間隔が長くても、縮毛矯正した髪にパーマがかかることがあります。
くせ毛を伸ばしても、パーマをかける髪との間隔が狭かったら、縮毛矯正した髪にパーマがかかりくせ毛に戻ることがあります。
髪のケアをしっかりして、パーマと縮毛矯正をする間隔をとりながらヘアスタイルを整えましょう。

◆関連記事:もっと縮毛矯正について知りたい方はこちら

縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?同時でもいいの?
ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?縮毛矯正とは何なの?

縮毛矯正のヘアアレンジ❤デジタルパーマやカット

縮毛矯正した髪は、真っすぐなストレートです。
ヘアアレンジしたくなる人も、多くいます。
カットをして、綺麗な毛流れを作っても素敵なヘアスタイルになれます。
またデジタルパーマをして、髪に動きやボリュームを付けることもおすすめです。
デジタルパーマは、高価なパーマですから、縮毛矯正と合わせるとお金はかかります。

髪のダメージを考えると、縮毛矯正をした髪にデジタルパーマは、髪の負担がかかりすぎるでしょう。
髪をカットして、ヘアアレンジしたほうが髪にとっていい効果があると考えれます。
それでも、パーマをかけたいなら、部分的にパーマをかけると良いでしょう。
髪全体に縮毛矯正をかけない方が、色々なヘアアレンジを楽しめるのです。

縮毛矯正した髪のヘアスタイル

縮毛矯正をした髪のヘアスタイルで人気なのが、ウェーブパーマをかけたりボブヘアにカットしたりすることです。
髪の根元から縮毛矯正をしたら、新しい髪が伸びるまでの期間は、綺麗なボブヘアや毛先カールヘアなど、美しいヘアスタイルになれます。
ヘアスタイルを綺麗にセットできる期間は、くせ毛が生えてくるまでです。
新しいくせ毛に、縮毛矯正したいなら半年の期間は待つべきです。
その期間に、ゆるいウェーブやレイヤーカットボブ、ゆるカールなどのヘアスタイルを楽しめます。
くせ毛が伸びて、綺麗なストレートになれるのだから、なりたいヘアスタイルを楽しんでください。

縮毛矯正の髪へのダメージ✴パーマより髪が傷む!

髪が短すぎる人は、ストレートアイロンを使って髪を伸ばす方が良いです。
なぜなら、髪が短すぎると縮毛矯正をかけることができません。
髪の長さが必要です。
縮毛矯正は、熱によって髪をストレートにするので、髪が傷みます。
ですから、縮毛矯正を繰り返すと、髪が傷み過ぎてパーマも縮毛矯正もかからなくなります。

髪のダメージを考えると、縮毛矯正は1年に1度だけで十分な気がしますね。
カットしながら髪を伸ばして、ヘアアレンジしたほうが綺麗な髪になれます。
洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使うことも、髪にとって大事なことです。
パーマと縮毛矯正を繰り返し過ぎると、髪が傷み過ぎてパサパサになってしまいますよ。

縮毛矯正と頭皮ケア🌟アレルギー体質に注意

縮毛矯正は、頭皮への刺激もあるようです。
頭皮をケアするために、スカルプシャンプーを使って頭皮マッサージをすると良い効果がります。
アレルギーの人は、頭皮がかぶれたりする恐れがあるので、美容師さんと相談しましょう。
敏感肌の方は、縮毛矯正をやめる方が良いです。

髪のダメージは、頭皮のダメージに繋がります。
頭皮はダメージをうけると、大変なことになるのでアレルギーテストをする方が良いでしょう。
敏感肌の人は、必ず美容師さんに伝えましょう。
敏感肌の人には、髪の生え際から縮毛矯正をしない、部分縮毛矯正をおすすめします。

縮毛矯正の効果は永久?くせ毛を永遠にストレートにできる

縮毛矯正を1年に2度もかけて、髪が傷んでいる人もいますが、縮毛矯正は1度かけるとくせ毛は永遠になくなるそうです。
ですから、アイロンを使った縮毛矯正は時間がかかります。
しっかりとくせ毛をストレートにするために、アイロンで念入りにストレートにしていきます。
髪が傷むことは、覚悟しておく方が良いでしょう。

髪質が日本人の髪質でない人は、縮毛矯正の効果がありません。
日本人の髪質だけが、縮毛矯正してストレートに伸ばせれるのです。
髪の癖が酷くて、日本人の髪質でない人はストレートパーマを選ぶ方が良いでしょう。
日本人の髪質のくせ毛は、縮毛矯正によって永遠にまっすぐ保たれます。

くせ毛が生えてくるまでの期間

髪は、普通1か月に1cmほど伸びます。
くせ毛が生えてくるまでの期間は、縮毛矯正できる長さになるまで1年ほどかかります。
1年の期間は、縮毛矯正ができないのです。
髪が短かったら、縮毛矯正はできません。
ですから、くせ毛が長くなる期間は、何もせずに待つべきです。
新しいくせ毛は、半年伸びてもまだ短いでしょう。
くせ毛が伸びるまでの期間は、髪をカットしたりデジタルパーマをかけたりしながら、ヘアスタイルを楽しむべきです。
パーマも最低6か月の間隔をあけてすると、髪のダメージが少なくなるでしょう。

縮毛矯正の注意点!パーマと違って、繰り返して縮毛矯正しない

縮毛矯正は、永遠にくせ毛がストレートになるので髪のダメージが強いです。
ですから、縮毛矯正を部分的にした後は、二度と同じ場所に縮毛矯正をかけないことが当たり前です。
もし、縮毛矯正を繰り返すなら、半年以上間隔をあけるべきです。
ヘアカラーやパーマよりも、髪のダメージが強くあります。
縮毛矯正をかけすぎると、髪が傷み過ぎてパーマもかからなくなるでしょう。

縮毛矯正とヘアカラー、パーマを同時にしたなら、ヘアケアを毎日してください。
ヘアオイルやヘアクリームなどで、髪のキューティクルを補修します。
髪にダメージを与えすぎるまで、縮毛矯正とパーマを同時にすることを続け過ぎてはいけません。
また、縮毛矯正を髪全体にした場合も、パーマの頻度を控えるべきです。
髪質改善のためのシャンプーやトリートメントを使いましょう。

デジタルパーマをかけたい!

縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけれますが、デジタルパーマをかけたいと思うなら、髪を長く保っているべきです。
くせ毛を縮毛矯正で伸ばしてから、デジタルパーマをかけたくなると、部分的な縮毛矯正とデジタルパーマをかける髪の間隔をあけておくべきです。
縮毛矯正は、パーマがかからないのが当たり前ですが、デジタルパーマで縮毛矯正した髪がくせ毛に戻ることもあります。
ですから、どうしてもデジタルパーマをかけたいなら、くせ毛を伸ばした髪と間隔をかけて、デジタルパーマをかけてください。
デジタルパーマは、数カ月の期間はパーマが長持ちします。
縮毛矯正の待続期間は永久で、デジタルパーマを保てる期間は数か月です。

縮毛矯正と毛先パーマ💓同時にかけた場合

縮毛矯正を部分的にかけたときに、同時に毛先にデジタルパーマをかけることができます。
髪はダメージをうけますが、綺麗なヘアスタイルになれます。
縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることを、ストレートとデジタルパーマで略してストレジを言います。
ストレジは、髪の根元だけに縮毛矯正をして、毛先にカールをかけます。
縮毛矯正の時間より、さらに1時間追加されるほど長時間かかります。

縮毛矯正をしてから、髪をアレンジしたくなったら毛先にパーマをかけるといいでしょう。
髪の根元だけの縮毛矯正なら、同時にパーマをかけることができます。
ヘアアレンジを、一気に楽しむために縮毛矯正を髪の根元だけにしてみると良いでしょう。
毛先にカールをかけるだけで、イメージが華やかになりますね。
ロングヘアなら、巻き髪にアレンジできます。

縮毛矯正とヘアカラー*艶髪にアレンジしてみよう!

縮毛矯正と同時にヘアカラーをすることもできす。
縮毛矯正をかけるときに、ヘアカラーでアレンジすると艶感があり、綺麗な髪質に見えます。
ヘアカラートリートメントがおすすめです。
縮毛矯正を部分的にしても、ヘアカラーを髪全体にできます。

縮毛矯正は永遠にストレートなので、髪のアレンジがしたくなったらヘアカラーか部分パーマをする事をおすすめします。
ヘアカラーは、好きなカラーに染めれるでしょう。
縮毛矯正した綺麗なストレートを、ヘアカラーでおしゃれにアレンジしてみましょう。

ヘアカラーとパーマをかけたい!

縮毛矯正した髪に、ヘアカラーを同時にしてパーマもかけたいを思うなら、実現できるでしょうか?
ヘアカラーで艶感のある綺麗なストレートヘアになったのに、パーマをかけたいと願うなら、少し間隔を開けてからパーマをかけましょう。
縮毛矯正した髪にヘアカラーとパーマを同時にしない方が良いです。
ヘアカラーもパーマもやりたいという願望は、縮毛矯正した髪の負担になります。
数か月の間隔を開けてから、実行してください。
急いで何もかもしないで、美容師にヘアカラーとパーマをするまでの間隔を相談すると良いでしょう。

縮毛矯正とパーマでフンワリボブ💙可愛くアレンジ

縮毛矯正は、真っすぐなストレートで艶々になります。
髪のボリュームが欲しいと思ったら、髪に大きなカールをかけてボリューム感を出したフンワリボブになれます。
髪全体に縮毛矯正をかけると、カールはかかりません。
美容室でも、髪全体に縮毛矯正をかけると、パーマは断られるでしょう。

縮毛矯正は、髪の根元や部分的にかけておくと、髪型を変えたい時にそのままの髪にパーマをかけれます。
フンワリボブは、縮毛矯正とカールのコンビネーションです。
毛先に大きなカールをかけることができると、可愛いボブヘアになれます。
大人ぽい髪型を目指すなら、縮毛矯正は髪の根元や部分的だけにしましょう。
髪のアレンジが簡単になります。
縮毛矯正の後に、コテやヘアアイロンを使うなら、毛先にパーマをかけた方が良いですよ。

縮毛矯正&ヘアカット✡艶髪はカットとパーマで演出

縮毛矯正をした女性に人気のヘアスタイルは、ボブです。
ボブは、髪の艶を表現できる大人の髪型です。
縮毛矯正で、髪をストレートにしたらボブにカットしてみてください。
爽やかなイメージになれます。
髪全体に縮毛矯正をした場合は、ストレートボブヘアにヘアアレンジすることがおすすめです。
髪全体の縮毛矯正は、パーマがかからないから、ヘアカットして髪のアレンジを楽しみましょう。

縮毛矯正は、髪をサラサラにします
ロングヘアを、思い切ってボブカットにする女性も多くいます。
髪全体の縮毛矯正の効果で、綺麗な艶感のあるボブになれるでしょう。
縮毛矯正とボブは、美髪になれるコンビネーションです。

縮毛矯正した髪にパーマをかけたい!どうでしたか?

縮毛矯正した髪に、パーマはできませんが、髪の部分的に縮毛矯正ならパーマがかけれます。
縮毛矯正とパーマは、同時にできるのでヘアアレンジが思う存分楽しめます。
縮毛矯正と同時にヘアカラーをすることは、縮毛矯正カラーと呼ばれています。
縮毛矯正と毛先カールをすることを、縮毛矯正カールを言います。
ヘアスタイルは、女性の大切なおしゃれです。
縮毛矯正をしてからも、できるだけ綺麗なヘアスタイルにアレンジしたいですね。

もっと縮毛矯正について知りたい方はこちら

縮毛矯正後のシャンプーはいつから?当日でも大丈夫なの?
縮毛矯正が失敗しない方法と失敗した時の対策まとめ!
縮毛矯正を男はかけるべき?かけたらどんなヘアスタイルにできるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ