パーマがとれかけた!復活させる方法やおすすめアレンジは?

パーマがとれかけてしまい、困っている女性も多いでしょう。とれかけのパーマは、やはりおしゃれなヘアスタイルとはいえない状態ですので、どうするべきか悩んでしまいます。そこで今回は、とれかけのパーマを復活させる方法やおすすめのアレンジを紹介していきたいと思います。

パーマがとれかけた!復活させる方法やおすすめアレンジは?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】パーマがとれかけている
  2. とれかけパーマを復活させたい
  3. 【とれかけパーマ!復活の方法①】スタイリング剤
  4. 【とれかけパーマ!復活の方法②】ドライヤーで乾かす
  5. 【とれかけパーマ!復活の方法③】持ち上げながらドライヤー
  6. 【とれかけパーマ!復活の方法④】巻きながらドライヤー
  7. 【とれかけパーマ!復活の方法⑤】最後に冷風を
  8. 【とれかけパーマ!復活の方法⑥】コテでパーマ復活
  9. 【とれかけパーマ!復活の方法⑦】カットする
  10. とれかけパーマ!パーマを長持ちさせるために
  11. 【とれかけパーマ!長持ちの方法①】巻きすぎNG
  12. 【とれかけパーマ!長持ちの方法②】傷めないこと
  13. 【とれかけパーマ!長持ちの方法③】乾燥させ過ぎない
  14. 【とれかけパーマ!長持ちの方法④】清潔にすること
  15. とれかけパーマ!おすすめアレンジは?
  16. 【とれかけパーマ!おすすめアレンジ①】ハーフアップ
  17. 【とれかけパーマ!おすすめアレンジ②】ポニーテール
  18. 【とれかけパーマ!おすすめアレンジ③】お団子ヘア
  19. 【とれかけパーマ!おすすめアレンジ④】編み込み
  20. 【まとめ】とれかけパーマになったら美容室へ

【はじめに】パーマがとれかけている

ヘアスタイルは女性にとって、かなり大切なものです。ヘアスタイルによって、その人の印象は大きく変わりますし、ヘアスタイルを変えただけで、気分も変わります。毎日、ヘアスタイルを維持するために手入れをし、次はどんなヘアスタイルにしようか、心を躍らせている人も多いでしょう。

ヘアスタイルの変更の際に、より大きく印象が変わるのはパーマをあてるかどうかということです。パーマにも様々な種類がありますが、これまでストレートのヘアスタイルしかしたことがないという女性が、急にパーマをかけると、その見た目はガラリと変化します。

パーマはヘアスタイルにおける重要な要素の一つとなるのですが、パーマは少し困ってしまうこともあります。ヘアスタイルを変更し、毎日をウキウキ過ごしていると、時とともにパーマがとれてきてしまうのです。

せっかく周りのみんなが褒めてくれるヘアスタイルにしたのに、パーマがとれてしまえば意味がないでしょう。美容院にいって、再度パーマをかけるのが一番効果的ですが、お金や時間の関係で、なかなか美容院にいけないという人も多いはずです。いったい、どうすれば良いのでしょうか。

とれかけパーマを復活させたい

ヘアスタイルを大事にしたい女性にとって、とれかけのパーマは一大事です。なかなか美容室にいけないということであれば、なんとかとれかけパーマを復活させ、しっかりとしたヘアスタイルを維持したいでしょう。そこでここからは、とれかけパーマを復活させる方法を紹介していきたいと思います。

とれかけパーマを復活させることができれば、今のヘアスタイルをまだ維持できるようになります。いつかは、しっかりと美容室でパーマをかけてもらわなければなりませんが、美容室に行く頻度も減るため、金銭的にもお得でしょう。とれかけパーマを復活させることができれば、様々なメリットがあります。

とれかけパーマを復活させる方法には様々な方法がありますが、これらの方法を複数実行することで、とれかけパーマを復活させることができるようになります。逆に言えば、一つを実行しただけでは、パーマをかけたヘアスタイルを復活させることはできないということです。

ではさっそく、パーマをかけたヘアスタイルを復活させるための方法を紹介していきたいと思います。

【とれかけパーマ!復活の方法①】スタイリング剤

パーマがかかったヘアスタイルを復活させる方法としては、まずスタイリング剤を使うということが大切です。

パーマをかけると、薬剤や熱の効果によって、髪は乾燥してしまいます。しかしその乾燥した状態は、せっかくかけたパーマが取れやすい状態です。パーマの形状記憶は、乾燥によって弱まってしまうという性質があるのです。

そのため、髪の毛はある程度保湿されており、濡れている状態のほうが、パーマを復活させるのには良い状態ということになります。スタイリング剤を使って髪の毛を濡らせば、その状態となるため、スタイリング剤を使ったほうが良いのです。

パーマを復活させるためには、スタイリング剤を使った後、様々なことを行わなければなりませんが、まずはスタイリング剤を使うということが大切です。スタイリング剤を使うのと使わないのとでは、効果がまったく違うため、必ずパーマを復活させる方法を行う際には、スタイリング剤を使って、髪の毛を湿らすようにしましょう。

【とれかけパーマ!復活の方法②】ドライヤーで乾かす

とれかけのパーマを復活させる方法としては、スタイリング剤で髪の毛を湿らせたあとに、ドライヤーで乾かすということが大切になってきます。

パーマは乾燥に弱いという話をしたので、なかにはスタイリング剤をつけて、濡らしたままにしておいたほうが良いのでは、と思う人もいるかもしれません。

確かにパーマは乾燥に弱いのですが、濡れた状態で放置するのは、髪の毛のためによくありません。キューティクルが開いたままになってしまうことにより、髪の毛の内部にある水分が蒸発し、さらに髪の毛が乾燥してしまうようになるからです。

そのためスタイリング剤を使って寝癖などを整えたら、必ずドライヤーで髪の毛を乾かすということが大切になってきます。スタイリング剤で濡らせば良いというわけではないため、勘違いしないようにしましょう。


◆関連記事:コツをつかもう!

デジタルパーマの乾かし方のコツは?これでゆるふわに!
パーマのスタイリングのコツは?これで上手にセットできるように!

【とれかけパーマ!復活の方法③】持ち上げながらドライヤー

とれかけのパーマを復活させる方法としては、スタイリング剤を使った後にドライヤーで乾かすことが大切なのですが、その乾かし方も大切です。

パーマを復活させるためのドライヤーの使い方としては、髪の毛を持ち上げながら乾かすという方法があります。パーマは基本的に形状記憶するものですので、パーマがの形を維持した状態で乾かすと、その形が記憶されるものです。

そのため、毛先から髪の毛を手の平で持ち上げるようにして乾かすと、うまくパーマの形のまま乾かすことができ、パーマが復活するのです。

ただし、これは緩いパーマをしている人が行うべき方法です。スタイリング剤で髪を濡らした後、ゆるくパーマをかけている人は、このやり方で髪を乾かすようにしましょう。

【とれかけパーマ!復活の方法④】巻きながらドライヤー

とれかけのパーマを復活させる方法としては、髪の毛を巻きながらドライヤーするという方法もあります。

これはしっかりとロールしているというような、きつめのパーマをかけている人が行うべきパーマのかけ方です。このような人は、髪の毛を手でねじったり、ブラシで巻きつけながら乾かすようにすると、パーマを復活させることができるようになります。

こちらも、スタイリング剤をつけた後に行うようにしましょう。そうすることで、パーマが復活するようになりますし、とれにくくもなります。

パーマは基本的にドライヤーを使って復活させるというのがベタで一番簡単な方法です。誰でもできることですので、パーマを復活させたい人はやってみてください。

【とれかけパーマ!復活の方法⑤】最後に冷風を

とれかけのパーマを復活させる方法としては、最後に冷風をかけるという方法もあります。

スタイリング剤をつけてから、パーマの形を作り、熱を与えるのは、そうすることで髪の毛に形がつくからです。つまり、熱を与えることにより、髪の毛は変化しやすくなるということなのですが、熱を持ったままの状態で放置していると、重力によって下に引っ張られ、パーマがとれてしまうことがあります。

そのため、一度熱を与えて形をつけた髪の毛は、その温度を下げてあげるということが大切になってくるのです。

ドライヤーであれば、冷風機能がついていますので、その風を最後にあててあげるようにしましょう。こうすることにより、パーマの形がより残りやすくなりますので、最後の仕上げとしてこれを行うことが大切になってくるのです。

【とれかけパーマ!復活の方法⑥】コテでパーマ復活

とれかけパーマを復活させる方法としては、コテを使うという方法もあります。

スタイリング剤をつけたあと、ドライヤーを使うというのも良い方法なのですが、コテを使えば、もっとパーマを復活させる効果は高くなります。コテを使えば、ストレートの髪の毛もパーマ風にすることができるくらいですので、コテを持っているのであれば、こちらを使用したほうが良いのです。

コテの使い方は簡単です。髪をコテんい巻きつけ、数秒待てば、それだけでうまく髪の毛がパーマをかけたような状態となります。

ただコテは高温ですので、髪の毛を傷めやすいという弱点もあります。スタイリング剤を使うことで、そのダメージを少なくする効果もあるため、コテを使用する際は、必ずスタイリング剤を使用するようにしましょう。

【とれかけパーマ!復活の方法⑦】カットする

とれかけパーマを復活させる方法としては、カットするという方法もあります。

カットとは髪の毛を切るということです。ただ、カットすると聞くと、パーマした髪の毛をカットすることになり、パーマした髪の毛自体がなくなってしまうのでは、と思ってしまうかもしれませんが、そこまではカットしません。あくまで、パーマした時と同じ髪の長さくらいにカットするということです。

髪の毛は垂れ下がっているため、重力によって髪が引っ張られ、パーマがとけてしまうこともあります。髪の毛をカットすれば、カットした分だけ、髪の毛が軽くなるでしょう。そのため、カットすることにより、パーマがとれにくくなり、軽くなることにより、パーマが復活することもあるのです。

ただカットするこの方法は、パーマした部分を多少カットしてしまうことになるため、何度もカットしてしまうと、パーマは完全にとけてしまいます。パーマした部分がカットし続けたことにより、完全になくなってしまうのですから当然でしょう。カットし過ぎには注意しておきましょう。

とれかけパーマ!パーマを長持ちさせるために

とれかけパーマを復活させるためには、ドライヤーを使った方法やカットするという方法がありましたが、そもそもパーマがとれかけの状態にならなければ、カットする必要もあります。そこでここからは、パーマがとれかけにならないように、パーマを長持ちさせるためのコツを紹介していきたいと思います。

これまでストレートのヘアスタイルだったという人は、ストレートとパーマの髪の扱いは違うため、どのようなところに注意して、普段の生活を送れば良いのかわからないものです。

ストレートの髪の毛もパーマの髪の毛も、基本的な部分は同じなのですが、ストレートにはストレートの、パーマにはパーマのメンテナンスの仕方というものがあります。そのためこれまでストレートだった人は、その違いをしっかりと知っておくことが大切になってくるのです。

ではさっそく、とれかけパーマにならないために、パーマを長持ちさせるコツを紹介していきたいと思います。

【とれかけパーマ!長持ちの方法①】巻きすぎNG

とれかけパーマにならないための方法としては、巻きすぎに注意するということが大切です。

ドライヤーやコテを使えば、ストレートの髪をパーマ風にできるほど、形をつけられるようになるものです。しかしこのような時に、本来かかっているパーマのカール分よりも、多くカールさせた状態にして、形をつけようとするのはNGです。

ストレートの髪にパーマをかけたとき、髪の毛にはその形が記憶されています。この記憶されている形から外れるような力が髪の毛にかかってしまうと、パーマはとれてしまうものです。そしてその力は、ほどける力も当然ダメですが、さらに強く巻く力でもダメなのです。

そのため、本来のカール分よりも強く巻いて形づけしてしまうと、美容院でかけたパーマはほどけてしまうようになります。注意しておきましょう。

【とれかけパーマ!長持ちの方法②】傷めないこと

とれかけパーマにならないためには、髪の毛を傷めないということも大切です。

ストレートの髪の毛からパーマにすると、髪の毛は間違いなく傷みます。薬剤を使用し、熱などを与えるためです。ストレートに比べて、ただでさえ傷つきやすいパーマなのですが、さらに傷んでしまうと髪の毛がパサパサになってしまうものです。

そのため、長持ちさせるためにはダメージを与えないように注意しておく必要があります。

しっかりトリートメントをするということが髪の毛を傷つけないために一番大切なことです。毎日のケアでパーマの髪の毛はダメージが減り、長持ちするようになるため、忘れないようにしましょう。

【とれかけパーマ!長持ちの方法③】乾燥させ過ぎない

とれかけパーマにならないように、パーマを長持ちさせる方法としては、乾燥させ過ぎないということが大切です。

髪の毛は乾燥してしまうと、パサパサの髪の毛になってしまいます。そうなると、パーマもまとまりがなくなってしまいますので、パーマがとれてしまうことになるのです。そのため、とれかけパーマにならないためには、乾燥させないということを意識しておく必要があります。

髪の毛を乾燥させないためには、トリートメントなどはもちろんですが、部屋自体を乾燥させないということも大切です。

部屋が乾燥してしまうと、髪の毛も乾燥してしまいます。ストレートの人にとっても大事なことですが、パーマをかけている人はストレートの人よりも、もっと敏感になったほうが良いため、注意しておきましょう。

【とれかけパーマ!長持ちの方法④】清潔にすること

とれかけパーマにならないように、パーマを長持ちさせる方法としては、清潔にするということも大切です。

髪の毛自体もそうですが、特に清潔にしておくべきなのは、頭皮です。ストレートの人もパーマの人も、頭皮が汚いと、正しく髪の毛が生成されず、切れ毛や髪の毛の乾燥が進んでしまいます。そのため、ストレートの人はもちろん、特にパーマの人は頭皮環境を整えておくべきなのです。

頭皮の汚れの原因には、シャンプーの洗い残しも多いものです。そのためシャンプーをした際には、頭皮をしっかりとすすぐようにしましょう。

また、髪の毛が濡れたまま寝るというのもNGです。ボブのような髪が短い人は、ボブであることをいいことに、髪の毛が濡れたまま寝ることもあります。確かにボブであればすぐに乾きますが、頭皮に存在する菌が増殖し、頭皮環境を荒らしてしまうことがあります。そのため、ボブの人もしっかり髪の毛を乾かしてから寝るようにしましょう。

とれかけパーマ!おすすめアレンジは?

とれかけパーマを復活させる方法や、そうならないための方法を紹介してきましたが、すでにとれかけになっており、どうやっても復活できないという人もいるでしょう。そのような人は、パーマを美容室でかける間、とれかけパーマをごまかすためのアレンジ方法を知っておきたいものです。そこでここからは、とれかけパーマをごまかすたえのアレンジ方法を紹介していきたいと思います。

とれかけパーマはボブの人だとなかなかごまかせないものです。ボブのように髪の毛が短いと、なかなかアレンジにもバリエーションがないため、ボブでパーマをかけているという人は、ある程度、できるアレンジが限定されてしまいます。

しかしボブの人でもとれかけパーマをごまかすアレンジがあるにはあるため、少ない選択肢にはなりますが、その中からボブでもできるアレンジを選んで、実際にアレンジしてみてください。

ではさっそく、ボブの人でも、ロングの人でも、とれかけパーマを隠すために行うべきアレンジを紹介していきたいと思います。

【とれかけパーマ!おすすめアレンジ①】ハーフアップ

とれかけパーマの人におすすめなアレンジとしては、ハーフアップアレンジがあります。

ハーフアップにアレンジすれば、パーマがとけかけている毛先部分をうまく隠すことができるものです。そしてハーフアップは、ボブの人でもできるアレンジですので、特にボブの人にはおすすめです。

ハーフアップにすれば、とれかけのパーマもおしゃれに見えるようになります。パーマ部分が完全に露出しないため、とれかけだということがわかりにくいのです。

ボブの人でもできますし、何より簡単にできるアレンジですので、ハーフアップはかなり便利なアレンジといえます。とれかけパーマの人やボブの人は試してみましょう。

【とれかけパーマ!おすすめアレンジ②】ポニーテール

とれかけパーマの人におすすめなアレンジとしては、ポニーテールも良いです。

ボブの長さによってはなかなか難しいという人もいますが、ポニーテールもボブな人でもできるアレンジです。ポニーテールであれば毛先が一箇所にまとまりますので、とれかけパーマも目立たなくなります。

ポニーテールは多く人が一度はやったことがあるものです。ありふれたアレンジではありますが、小顔効果もありますし、誰でも簡単にできるアレンジですので、おすすめのアレンジとなります。

ただ、ポニーテールに関しては、セミロングやボブなどのような長さの人が行えば、うまくとれかけパーマを隠すことができますすが、ロングの人がやると、とれかけパーマを隠すことはできません。長い分、どうしても毛先のほうがバラけてしまい、そこが目立ってしまうからです。ロングの人は、別のアレンジでとれかけパーマを隠すようにしましょう。

【とれかけパーマ!おすすめアレンジ③】お団子ヘア

とれかけパーマの人におすすめなアレンジとしては、お団子ヘアも良いです。

お団子ヘアも髪の毛を一箇所に束ねることになるため、毛先を隠すことができ、うまくとれかけパーマを隠すことができるヘアアレンジです。多くの女性がアレンジとして取り入れている髪型ですので、実際にやったことがあるという人も多いでしょう。

ただ、お団子ヘアはセットするのに時間がかかるという難点もあります。朝の忙しい時間帯にお団子ヘアをするのは面倒だと思う人も多いでしょう。

またキレイにお団子にできないと、とれかけパーマよりも髪の毛が汚く見えてしまうこともあるものです。お団子ヘアをうまく行うためには、ある程度、技術が必要となってくるため、実践するのであれば、少し練習するようにしましょう。

【とれかけパーマ!おすすめアレンジ④】編み込み

とれかけパーマの人におすすめなアレンジとしては、編み込みというアレンジもあります。

編みこみは髪が短い人だとなかなか難しいアレンジです。髪が長い人だと、編み込みしやすいため、ロングの人に適した、とれかけパーマのごまかしアレンジと言えるでしょう。

編み込みも毛先をうまく隠すことができるため、とれかけパーマをうまく隠すことができます。また、編み込みした模様のほうに注目してしまうため、少なくても男性は、パーマがとれかけであることに気付きにくいという利点もあるのです。

ただ、これも時間がかかるアレンジですし、それなりに技術が必要となってくるアレンジです。自分ではなかなかできないという人も多いでしょう。休みの日にでも練習をしてみてください。

【まとめ】とれかけパーマになったら美容室へ

とれかけパーマに関して様々なことを紹介してきましたが、とれかけパーマに対する一番簡単な対処は、美容院でもう一度パーマをかけてもらうということです。そこに対して不都合がないようでしたら、とれかけパーマで粘らず、美容室に行ってパーマをかけてもらうようにしましょう。

もっとパーマに関する情報を知りたいあなたへ!

パーマのスタイリングのコツは?これで上手にセットできるように!
パーマの乾かし方のコツは?ウェーブを長持ちさせる正しい乾かし方!
パーマを失敗されたら?ヘアアレンジでごまかせる?対処法まとめ!
パーマのヘアアレンジ特集!簡単でナチュラル!【髪の長さ別】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ