ビビリ毛は修復できる!原因は縮毛矯正の失敗?

髪のダメージの中でも上位に君臨するビビリ毛をご存じですか?一度なり放置し続けると修復が難しいと言われるビビリ毛は美容師の間でも大敵と言われているほど髪にとって多大なダメージを与えています。今回は怖いビビリ毛の原因や予防法、使えるトリートメントをご紹介します。

ビビリ毛は修復できる!原因は縮毛矯正の失敗?のイメージ

目次

  1. こわ~いビビリ毛とは?
  2. ビビリ毛は絶対放置NG!
  3. 縮毛矯正でビビリ毛になった人多発
  4. ビビリ毛になる原因①【縮毛矯正】
  5. ビビリ毛になる原因②【過度なカラーリング】
  6. ビビリ毛になる原因③【パーマ】
  7. ビビリ毛になる原因④【アイロン・コテ】
  8. ビビリ毛になる原因⑤【薬剤ミス】
  9. ①自宅で修復できるビビリ毛の対処法【切る】
  10. ②自宅で修復できるビビリ毛の対処法【シャンプーを見直す】
  11. ③自宅で修復できるビビリ毛の対処法【頭皮マッサージ】
  12. ④自宅で修復できるビビリ毛の対処法【トリートメント】
  13. ビビリ毛を予防するためにできること①トリートメントを使う
  14. ビビリ毛を予防するためにできること②ドライヤーは遠くから
  15. ビビリ毛を予防するためにできること③髪を乾かす
  16. ビビリ毛を予防するためにできること④アイロン・コテにも注意
  17. ①おすすめトリートメントでビビリ毛を修復【La Sana】
  18. ②おすすめトリートメントでビビリ毛を修復【Cell Pure】
  19. ③おすすめトリートメントでビビリ毛を修復【AHILIDA】
  20. ビビリ毛に負けない強い髪はあなたの手で作ろう!

こわ~いビビリ毛とは?

女性の武器と言えば髪。艶々で光に当たると天使の輪ができる髪はまさに美髪です。ヘアスタイルを追求する世の女性たちは艶とコシのある美髪を追い求めながら様々なヘアスタイルを楽しんで自身の魅力をアップさせています。しかし、ヘアスタイルにこだわる多くの女性を恐怖に陥れるビビリ毛というものは気づかぬうちに静かにあなたの髪に迫ってきています。

ビビリ毛という言葉を初めて聞いたという人もいるかと感じますが、ビビリ毛は簡単に言うと「髪が受けるダメージの中で最大の傷」というところです。髪の毛の美しさを追求していくとキリがないのですが、ビビリ毛はその正反対のところに位置する最強のダメージです。ビビリ毛の見た目は非常に悪くもちろん指通りも圧倒的悪さを誇り、ヘアスタイルを滅茶苦茶にする女性の敵のような存在です。

スーッと指が入らないどころかキシキシと突っぱねるような感触はビビリ毛を経験した人にしか分からない辛さです。触ってみればすぐに水分量も油分も不足している状態だと分かるほど傷んでいるビビリ毛は発見したら一刻も早く修復や対処を打ち、今後ビビリ毛を出現させないように予防策を練ることが手遅れにならない方法です。

ビビリ毛は一度なってしまうと修復が非常に難しい髪のダメージだと言われています。画像から見て分かるように、ビビリ毛は通常の髪と比較するとチリチリとした状態でまるで火事に巻き込まれたかのような悪い見た目です。

ビビリ毛は絶対放置NG!

ビビリ毛を知らない人が実際に生じているビビリ毛を発見しても「髪が傷んでるな~」程度にしか思わないこともあります。しかし、少しでもチリチリとした特徴のあるビビリ毛を発見した場合は絶対に放置せず、必ず修復に向けてヘアケアを徹底的にしていきましょう。髪のプロである美容師でさえ手を焼くビビリ毛ですが、きちんと時間と手間をかけてケアしてあげればまた自由なヘアスタイルが楽しめるようになります。

チリチリとした髪の毛は触ってみると分かりますが、美髪に必要な油分や水分ともに不足し切っている状態です。髪の環境としては最悪と言える状態のため、まずは何が原因となってビビリ毛が発生してしまったのか知ることから初めていき、徐々に修復に向けて改善する方法を正しく辿っていく必要があります。

また、今はビビリ毛を確認できなくても今後の環境や髪が受けるダメージによってはビビリ毛が突如姿を現すこともあります。怖いビビリ毛に臆することなく美髪のままを保って過ごせるように対策や予防を兼ねていくことも忘れずに行うようにしましょう。

縮毛矯正でビビリ毛になった人多発

ビビリ毛になったと口を揃えて言うひとたちには一つ共通点があります。もともとクセのあるヘアアレンジしにくい髪の毛を真っ直ぐにしようと縮毛矯正を受けた人たちがこのビビリ毛に見舞われている人が多いです。縮毛矯正と言えばストレートパーマより強いというイメージですが、まさにその通りで縮毛矯正は半永久的にストレートパーマがかかった状態になります。

一見ストレートパーマより強い薬剤を使っているのだからヘア技術の中で最も髪がストレートになるのでは?と感じますが、実はストレートパーマより強い薬剤を使っていることにビビリ毛になる原因が潜んでいます。縮毛矯正は美容師が正しい技術で行えばビビリ毛を生じさせることはないですが、個人の髪質や既に受けているダメージを計算して行われなければ髪に多大な負荷をかけてしまい、結果的にビビリ毛を生じさせてしまいます。

縮毛矯正という技術は美容室で受けられる技術の中でもトップクラスで髪に受けるダメージが大きいものです。そのため、髪を真っ直ぐにしようと思って縮毛矯正を受けたのにも関わらず、まさかのビビリ毛になってしまったという人も中にはいます。

ビビリ毛になる原因①【縮毛矯正】

ビビリ毛の原因となる縮毛矯正は先ほども触れましたが、縮毛矯正は美容室で受けられる施術の中で上位に入るほどダメージが大きい技術です。髪を真っ直ぐにしたいと考える人も多く、毎日のアイロンを使って髪を真っ直ぐにするくらいなら縮毛矯正をかけて手っ取り早く、そして熱を加える頻度を少なくするといった方法を取る人もいますよね。

しかし、髪を真っ直ぐにしたいと期待を胸に抱きながらいざ縮毛矯正をかけてみると火をつけたかのようなチリチリ頭に…縮毛矯正を終えてビビリ毛になってしまう原因をもともと髪質が傷んでいたからと言う美容師もいますが、縮毛矯正でビビリ毛になってしまう原因のほとんどは担当した美容師の力不足です。

縮毛矯正は個々に合った薬剤の使い方をしなければビビリ毛を発生させてしまいます。どれほどの負担をかけるかの計算ミスで起きたビビリ毛ですので、縮毛矯正をしてビビリ毛になったということはオーバーワークをし過ぎたということにもなります。


◆関連記事:もっと美髪に近づきたい方へ

髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう
髪がボサボサになる原因は?ヘアケア方法11選!【これで美髪に】

ビビリ毛になる原因②【過度なカラーリング】

髪が傷む原因には置かれている環境や日々の生活習慣などによっても多少影響されますが、やはり髪にとって悪影響を与えるのはカラーリングなどの施術なども該当します。カラーリングは誰しも行っている施術なのでそう髪に受けるダメージは多くないと考える人もいますが、それは全くの間違いです。

特に派手髪が好きな人で何度も繰り返しカラーリングを常用している人は髪にかかっている負担は相当のものだと受け止めた方が良いでしょう。人によってはパーマや縮毛矯正などの強い施術を受けていなくても、カラーリングのし過ぎでビビリ毛になってしまうこともあります。過度なカラーリングはやる度に髪の水分や油分をどんどん無くしてしまう行為なのです。

ビビリ毛になる原因③【パーマ】

縮毛矯正と並んで髪に受けるダメージが多いパーマもビビリ毛の観点から見て気を付けたい施術の一つです。そもそも縮毛矯正やパーマなどといった施術方法は薬剤を直接髪に塗りつけて毛の内部に浸透させるためダメージを受けやすい環境になっていると言えます。

パーマにもいくつかの種類があり、若い女性に人気のストレートパーマやヘアスタイルにこだわりを持ちたい女性が好むデジタルパーマなどもこのパーマの枠組みに入ります。特に近年爆発的に若い女性たちの間で流行しているデジタルパーマはカットしない限り半永久的にカールが持つという絶対的な魅力があります。

そういった面からもデジタルパーマなどの一度かけたらコストがかからないおしゃれは多くの女性たちに人気が出ている原因の一つです。

ビビリ毛になる原因④【アイロン・コテ】

ヘアスタイルをきめるために必ずと言って良いほど必要になる道具はアイロンやコテなどのヘアセット用品です。高熱で髪を自由自在に変化させ、冷めた状態を保てば好きなヘアスタイルが一日中楽しめます。しかし、そんなアイロンやコテは手で触れないほど高い熱を含んでいますよね。

アツアツのアイロンやコテは髪に当てても熱さも痛みも感じませんが、やり続けていくうちに髪は静かな悲鳴を上げている状態です。幾度となく繰り返される熱攻撃に耐えられなくなった髪の毛は次第に流れる方向に向かなくなり、そしてウネウネと波打つ髪質から火を付けたようなチリチリとした髪質のビビリ毛が誕生してしまいます。

ビビリ毛になる原因⑤【薬剤ミス】

ビビリ毛知らずの人が気づいたときにはビビリ毛になっていたという事態は非常に深刻です。美髪を目指している人が見たら卒倒してしまいそうなほどショックなビビリ毛ですが、美容室に行ったあとビビリ毛になったという場合はビビリ毛になった原因はそのとき担当した美容師のミスだったかもしれません。

縮毛矯正やパーマなどといった美容技術はきちんとした知識の他にも、個々の髪に合わせた付け方が必要不可欠です。しかし、美容師の中には髪への計算を誤り、薬剤を付け過ぎてしまうなどのトラブルが案外多くあります。

また、しっかりパーマ剤を落としていない状態でアイロンなどの熱を加えてしまった場合にもビビリ毛を加速させる原因に直結します。どちらにせよ美容室でパーマなどの施術を受けたあとにビビリ毛を発見した場合はほぼ美容師側のミスが考えられるため、一度相談に行くか、ビビリ毛の修復を得意とする違う美容室に相談に行くのも一つの手段です。

①自宅で修復できるビビリ毛の対処法【切る】

自宅でできる既にできてしまったビビリ毛を修復するためには切ることがまず第一としておすすめできる方法です。なぜならビビリ毛は一度できてしまうとどのような手段を取っても完璧に治すことが難しいとされているからです。そのため、チリチリとしたビビリ毛を最も改善に導ける方法はビビリ毛が発生している傷んだ箇所を切ってしまう、ということです。

そしてビビリ毛を完全になくす、修復するという意味では切ってしまうことが最も手早いです。傷んだ箇所はかなりの時間をかけてケアしていかないと中々改善しないものですし、ケアしていてもそもそも改善の兆しさえ見えないこともあるからです。

もしビビリ毛ができてしまっても毛先のみなどの箇所だけであればビビリ毛がある部分のみ自宅で切ってしまいましょう。また、ビビリ毛は一ヵ所のみしか発生していなくても放置しておくとどんどん拡散していき、終いには健康な髪へ浸食し始めます。広がっていくビビリ毛は放置して良いことは何もありませんのでビビリ毛を見つけたら思い切ってバッサリ切ってしまうのもありです。

切るだけなら自宅でもできますし、カット用のハサミがあればできるため、自宅のみで何とかしたいという人におすすめの修復法です。

②自宅で修復できるビビリ毛の対処法【シャンプーを見直す】

ビビリ毛で悩まされているときにできる自宅でのケアはシャンプーを見直すことも大切です。ビビリ毛は健康な毛と比較するとキューティクルがダメージを受け、外に向いている状態なので使用するシャンプーそのものや、使い方にも注意が必要になります。

ビビリ毛になっている毛にはまず油分で毛を包む役割が必要不可欠です。そういった点ではシャンプーやコンディショナーの中に含まれる油分はビビリ毛をある程度改善させるために役立ちます。

汚れを落とす役割のあるシャンプーの使い方もゴシゴシと頭皮に強い力を与えるのではなく、優しくマッサージするような感覚で使ってあげましょう。また、コンディショナーなどに含まれるシリコンは髪の流れを良くする役割があるため、ビビリ毛で困っている際は毎日使用するようにしましょう。

しかし、コンディショナーに含まれるシリコンはたくさんの量を使用すればビビリ毛が早く改善させるということではありません。シリコンはたくさん使いすぎてもそれはそれで良くないとされています。近年ではノンシリコンのコンディショナーなども出回っているのでシリコンの重要性は意見が分かれるところですが、どちらにせよビビリ毛は通常の髪質ではないため、ある程度のシリコンを使うことも選択肢に入れると良いでしょう。使用するシリコンの量は各メーカーによっても異なるのできちんと表示を見ながら使っていくようにしましょう。

③自宅で修復できるビビリ毛の対処法【頭皮マッサージ】

自宅でビビリ毛を修復に向かわせるためにできることは頭皮マッサージもおすすめの方法です。ビビリ毛になっている原因は上記したものがほとんどですが、それ故に髪と同様のダメージが頭皮や毛穴にもかかっています。その負荷がかかっている状態で毛の部分のみにスポットを当てても焼け石に水状態なのでシャンプーの際に両手を使って軽く頭皮マッサージをしてあげましょう。

チリチリの髪質は傷んでいるということなので、血流が悪くなっている頭皮環境です。その状態から改善に向かわせるためには直接頭皮を刺激してあげることも重要な修復法となります。ビビリ毛=全てが傷んでいると思ってもらえればいかに重大な問題なのか分かるので少し力を入れる程度で良いので頭皮マッサージを体が温まっている入浴中に取り入れてみましょう。

④自宅で修復できるビビリ毛の対処法【トリートメント】

痛んだ髪を元気に艶を出す方法でまず先に思いつくのがトリートメントでしょう。多くの人が自宅でも使用しているトリートメントは髪の内部まで保湿、修復成分が浸透する髪にとって元気の源になるアイテムです。コンディショナーやリンス、トリートメントの違いが分からないという人もいるかもしれませんが、基本的にリンスやコンディショナーの二つは髪質まで変えることはできないものの、髪の表面に潤いを持たせたり、艶を与えたりといった効果などが得られます。

一方でトリートメントというのは傷んだ髪に直接アプローチしながら傷の修復を試みてくれるアイテムです。いわば髪にとって唯一ダメージを修復してくれる効果があるのがトリートメントなのです。トリートメントはビビリ毛などの最上級に傷んだ髪質にも毛の回りにキューティクル代わりになる油分を与えて包んでくれます。

髪が傷む原因は外部の少しの刺激などによっても起こるため、そんな些細な刺激で更に髪を傷ませない予防をすることも自宅ケアで大切なことです。

ビビリ毛を予防するためにできること①トリートメントを使う

ビビリ毛は髪のダメージの最終地点な存在です。一度なってしまったら初めは範囲が狭くてもどんどん広範囲に広がっていくため、事前の対策を講じて予防することが第一に必要です。まだビビリ毛を体験したことがないという人もいつどこでビビリ毛に見舞われるか分かりませんから予防の意味でトリートメントを積極的に使用していきましょう。

既にビビリ毛になってしまった人にももちろんトリートメントは使用して欲しいアイテムですが、そもそも艶のある髪質を保っていきたいという人にもトリートメントは強い味方となってくれます。トリートメントは傷んだ髪を修復してくれる優れたアイテムですが、傷まないように予防としても大いに使っていくことができます。

トリートメントの種類にはオイルやクリーム、そして洗い流さないタイプや流すタイプなど様々にありますが、どの種類のトリートメントを使う際もきちんと使用の注意点などは厳守するようにしましょう。特に既にビビリ毛になってしまったという人がトリートメントを使う場合、傷みに傷んだ髪にはトリートメントが刺激になってしまうこともあります。きちんと使用し、髪を大切に扱っていけばビビリ毛を予防できる可能性が高まりますし、ビビリ毛にとってもある程度は滑らかな指通りになり、予防兼緩和方法です。

ビビリ毛を予防するためにできること②ドライヤーは遠くから

ビビリ毛を予防するためにできることと考えると難しいため、予防の仕方は「髪を傷ませないこと」だと考えましょう。髪にとって悪いことは細かく挙げだしたらキリがありませんが、髪にとって特にダメージになる恐れがあるドライヤーの熱は気をつけるに越したことはありません。

ヘアスタイルをキメようと行った縮毛矯正が原因でビビリ毛になってしまった場合、熱に加えて薬剤のダブルパンチで髪が傷んでいる状態なので、その上から更に強い熱を与えてしまっては改善するものも改善しません。

冬場などの寒い時期は強くドライヤーを当てても熱さをあまり感じませんが、実は髪にとって多大なストレスを与えています。ドライヤーをかける際は基本的に頭部から10cm以上離してかけることで髪に必要以上の傷みを回避することができます。

また、ドライヤーは一ヵ所ずつ乾かすのではなく、全体的に満遍なくかけることも大切です。髪は一ヵ所の部分を熱で乾かしていても他の部分を乾かしているときにどんどん水分が抜けている状態です。同じところを長時間完全に乾くまで乾かしていると思いのほか乾きが進んでしまうため、ドライヤーは髪全体や内部を中心に乾かしていくと良いでしょう。

ビビリ毛を予防するためにできること③髪を乾かす

入浴後はドライヤーをかける人が大半だと感じますが、面倒だと感じる人は濡れた髪をそのまま放置してしまう人もいます。濡れた髪にタオルを巻いておけば勝手に乾くだろうと放置してしまう人もいますが、濡れた状態の髪というのは刺激を受けやすい敏感な髪環境のため、ビビリ毛を悪化させてしまいます。自宅でできるケアとしてはまず初歩的な髪を乾かすことにも着目していきましょう。

髪を濡れたまま放置しておくとダメージになってしまい、緩和されるビビリ毛も改善されなくなります。ドライヤーをかけずに放置すると髪が傷むのはもちろんですが、他にも寒い時期は体を冷やすことにも繋がり兼ねませんので髪を洗ったあとはしっとり潤いと水分が髪に残る程度まで自宅でドライヤーをかける習慣を意識しましょう。

ビビリ毛を予防するためにできること④アイロン・コテにも注意

ビビリ毛の大半の原因が縮毛矯正やデジタルパーマなどですが、サロンで施術を受ける前に髪質が傷んでいると余計ビビリ毛の原因に繋がることがあります。そのため、ヘアスタイルをばっちりするために多用するコテやアイロンは便利ですが、ビビリ毛のことを考えるとやはり熱を持つこういったヘアスタイルアイテムは控えるのが予防に繋がります。

傷つけたくない髪は自宅でわざわざ傷つけるのはもったいないので自宅でも気を抜かずに予防策を身に付けましょう。

アイロンやコテなどは寝起きでクセのついた髪でも短時間でヘアスタイルが決まるお手軽さがありますが、そのお手軽さと引き換えに美髪から遠ざかっているのだと考えましょう。アイロンやコテなどのヘアスタイルセット器具はほとんどの場合180℃などの高温です。肌に直接当たるとヤケドを負うほどですからアイロンやコテの使用はここぞというときにするおしゃれヘアスタイルとして使いましょう。

また、ビビリ毛を真っ直ぐにしようとストレートアイロンを使う人もいますが、既に傷んでいるビビリ毛にアイロンやコテを使うのは絶対にNGです。キューティクルが剥がれているビビリ毛に対してアイロンをかけてもある程度は真っ直ぐになりますが、再度ダメージを与えることになるのでいくらヘアスタイルをキメようとしてもアイロンやコテはおすすめしません。

①おすすめトリートメントでビビリ毛を修復【La Sana】

女子なら絶対になりたくないビビリ毛。もしなってしまったら自宅でもケアできるのか不安ですが、完璧には治らなくても自宅である程度までは修復することが可能です。上記でもご紹介しましたが、ダメージを追っているビビリ毛にはトリートメントの使用が必要不可欠です。

しかし、世に数多く出回っているトリートメントの種類の違いについて分からないという人もいますよね。トリートメントの種類の中には狙っている目的が異なる場合もあります。特にビビリ毛は通常の傷み方とは違いますから、ビビリ毛に良いとされているトリートメントを使用していきましょう。

そんなビビリ毛の人におすすめのトリートメントはピンク色で可愛らしい形をしたLa Sanaというトリートメントです。限界まで傷んだ髪にも海洋成分を含んだLa Sanaは髪を美しくしてくれます。ビビリ毛に付き物なパサつきや髪の広がり、そしてカラーリングやパーマで傷んだあらゆる原因のダメージにも適しているトリートメントです。La Sanaのトリートメントは洗い流さないタイプなので、入浴後のドライヤーをかける前に塗布して寝れば寝ている間にも髪のダメージを修復してくれます。

また、事前のビビリ毛予防にも役立ってくれるトリートメントです。

②おすすめトリートメントでビビリ毛を修復【Cell Pure】

酷いビビリ毛を一刻も早く何とかしたいという人におすすめのトリートメントがCell Pureです。このトリートメントがおすすめの理由は、美容皮膚科医と世界に並ぶトップ美容師が監修したことで自宅でも本格的で最上級の自宅ヘアケアが行える点にあります。

トリートメントの種類が多くて何を選んだら良いのか分からないという人や、使うトリートメントは本当に良いものを使いたいという人に非常におすすめです。髪の主成分となっているケラチンを含み、コラーゲンとヒアルロン酸なども高配合されていることで最悪まで傷んだ髪にも潤いを与えてくれるおすすめのトリートメントです。

もちろん敏感肌の人でも使えるので頭皮トラブルが頻繁に起きやすい人にも安心して使えるおすすめのアイテムです。

③おすすめトリートメントでビビリ毛を修復【AHILIDA】

おすすめトリートメントで最後にご紹介するのはビビリ毛などの多大な髪のダメージを負っている人が絶対に見逃せないAHILIDAです。このおすすめトリートメントの中に配合されている成分はあの保湿効果の高いことで有名なローヤルゼリーエキス。

かなり傷んだ髪の毛にも潤いをしっかり届け、浸透させるおすすめのトリートメントです。今まで使用していたトリートメントからAHILIDAに変えたという人はやはり違いがはっきりと実感できた人も多く、AHILIDAを使ってから艶、コシと共に蘇ったと口にする人も多いです。硬い剛毛な毛は一度ダメージを負うとしつこく美髪を阻害してきますが、そんな頑固な髪質でお悩みの人にもこのトリートメントはおすすめです。

髪に塗り込んだあとの質感が誰でも分かるほどしっとりと滑らかになるため、もちろんビビリ毛で悩んでいる人にもおすすめのトリートメントです。

ビビリ毛に負けない強い髪はあなたの手で作ろう!

ビビリ毛の原因や予防、そして修復法などをおすすめトリートメントともにご紹介しました。髪は昔から言われているように女性の命であり、女という面を象徴する部分です。髪が綺麗な女性は美しいものですから、ビビリ毛にならない対策を講じながら素敵なヘアスタイルを楽しんでいきましょう!

もっと髪の毛について知りたいあなたはこちら

ブリーチした髪の毛にもパーマはかけられる!髪へのダメージは?
髪の毛をすくメリット・デメリットは?髪の毛のすき方も!【自分で】
髪の手入れの方法!毎日のケアで髪がツヤツヤに!【美髪】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ