パーマとカラーの順番は?どっちが先にすべき?間隔はどのくらい?

パーマとカラー、どっちが先の方がいいと聞いたことがありますか? カラーの方が先?パーマの方が先?同じ日にしていいものなの? 今回はそんなパーマとカラーはどっちが先なのかということや、ヘアケアの方法についてもご紹介します。

パーマとカラーの順番は?どっちが先にすべき?間隔はどのくらい?のイメージ

目次

  1. パーマとカラーどっちが先?
  2. 【パーマとカラー】パーマの順番が先
  3. 【パーマとカラー】同じ日にするのは×
  4. 【パーマとカラー】間隔はどのくらい?
  5. 【パーマとカラー】同時にするのがOKな場合もある
  6. 【パーマとカラー】リタッチなどは同じ日にOKな場合も
  7. 【パーマとカラー】同じ日にする場合にはどっちが先?
  8. パーマが先の場合
  9. カラーが先の場合
  10. 【パーマとカラー】ケアも大切
  11. 【パーマとカラー】ブラッシングはNG
  12. 【パーマとカラー】施術後のシャンプーは控える
  13. 【パーマとカラー】タオルドライをしっかりと
  14. 【おわりに】

パーマとカラーどっちが先?

好きなヘアスタイルが決まると、早くそのヘアスタイルにしたくてうずうずすることがあります。
可愛いパーマと旬のヘアカラーでなりたいヘアスタイルに早くしたいですよね。
しかし、パーマとカラーを同時にすると髪が痛むって聞いたことありませんか?

様々な液剤を髪の毛に付けるので、当然その分髪の毛は痛みやすくなってしまいます。
パーマとカラーは別の日にした方が髪の毛にとってはいいんですね。

もし同時にすると体調を崩してしまったり、ヘアスタイルが崩れやすくなったり髪が痛んだり…。
早くヘアスタイルを変えたいと思ってパーマとカラーを同じ日にしてしまうといいことがありません。
では、パーマとカラー、どっちが先の方がいいんでしょうか?

【パーマとカラー】パーマの順番が先

パーマとカラー、どちらもしたい場合には、パーマの順番を先にした方が良いといわれています。
というのも、カラーをした後にパーマをかけてしまうと、カラーが取れやすくなってしまうから。
パーマは物にもよりますが、強い液剤をかけるので、せっかく髪の毛に入れたカラーを剥いでしまうんですね。

せっかく綺麗に入ったカラーもパーマを後から入れたことでちょっと明るいカラーになっちゃったなんてことも…。
ヘアカラーはその人の印象を左右する大切な部分。せっかくならきれいに長持ちさせたいですよね。

確かに、パーマの順番をカラーよりも先にすることでパーマ液もカラー剤によって多少緩くなってしまいます。
その分パーマが取れやすくなってはしまいますが、カラー剤が取れてしまうよりも影響は少ないので、やはりパーマの順番を先にした方が良いでしょう。


◆関連記事:髪の毛を青色に染めたいあなたへ

髪色は青に染める!ブルー系ヘアカラーまとめ!【ブルーブラックなど】

【パーマとカラー】同じ日にするのは×

パーマとカラーの順番がわかっても、同じ日に同時に施術してもらうのは良くありません。
髪に相当な負担がかかり、切れ毛や枝毛など、髪が痛んでしまう原因になりやすいからです。
熱風を当てたり、きつい液剤を頭皮に着けたりすると当然のこと髪は痛むので、そのダメージを修復するためにもパーマとカラーは間隔を開けて施術してもらった方が良いんですね。

また、髪が痛むだけでなく、パーマとカラーを同時にすることよって身体へ影響が出る場合もあります。
気分が悪くなってしまったり、頭痛や吐き気がすることや頭皮にかゆみが出る事もあるんです。
また、パーマやカラーの際に使う医薬部外品は、2種類以上組み合わせて使うことが出来ないという法律にも違反するため、パーマとカラーを同じ日にすることはできるだけ避けた方がいいでしょう。

【パーマとカラー】間隔はどのくらい?

では、パーマとカラーをする間隔はどのくらい空けた方がいいのでしょうか。
大抵カラーがしっかりと髪に定着するまでに1週間ほどかかるといわれているため、1週間~2週間は間隔を空け他方が良いでしょう。
忙しくてそんなに間隔をあけている暇がない!という場合には、短くても3日は空けた方が良いです。

ただ、3日だとやはり間隔がとても短いのでカラーが抜けやすくなってしまったり、髪が痛んで枝毛や切れ毛などのリスクが高まってしまったりします。
パーマとカラーをする際にはできるだけ1週間以上間隔を空けた方が無難です。

【パーマとカラー】同時にするのがOKな場合もある

同時にしない方が良いと述べてきましたが、美容院などのお店のメニューを見るとパーマとカラーが一緒になっている施術メニューもありますよね。
ヘアスタイルをすぐに作れるのはありがたいけれど、これって本当に大丈夫なの?と思う方もいるかもしれません。
確かにパーマとカラーを同時にすることで髪への負担は大きくなりますが、同じ日にパーマとカラーをしても良い場合があります。

それは、パーマまたはカラーに使っている液剤のどちらかが医薬部外品でない場合です。
薬事法という法律では医薬部外品を2種類以上混ぜてはいけないとなっていますが、医薬部外品と化粧品を混ぜて使ってはいけないという法律はありません。
パーマとカラーのどちらか、またはどちらもが化粧品の場合には、パーマとカラーを同時に行うことが出来ます。

しかし、やはり髪への影響を考えると同時に施術するのは避けた方が良いでしょう。

【パーマとカラー】リタッチなどは同じ日にOKな場合も

リタッチや前髪のみパーマを当てる場合には、同じ日にしてもOKです。
というのも、リタッチなどはある特定の部分だけ染めるので、髪全体への負担がかからず、実質パーマとカラーを同時に行う箇所が無いんですね。
ですから、髪の根本だけリタッチしてもらって、そのリタッチしたところとは別に毛先だけパーマを当ててもらうということは可能です。
髪への負担も最小限に抑えられますし、順番も考えずにすむので楽ちんでいいですね。

【パーマとカラー】同じ日にする場合にはどっちが先?

ここまでパーマとカラーは同じ日にしない方が良いということや、パーマとカラーはをする順番のことをご紹介してきましたが、どうしても同じ日にしたいということもあると思います。
仕事などが忙しくてなかなか時間が取れなかったり、どうしても早くヘアスタイルを決めてしまいたかったり…。

そんな風にどうしても同じ日にパーマとカラーをしてしまいたい時ってありますよね。
実はそうした時はパーマが先でもいいですし、カラーが先でも良いんです。
ただ、どっちが先かによってヘアスタイルに変化があります。


◆関連記事:美容院の適正頻度が知りたい!

美容院の頻度の適正は?髪型やカラーで違ってくる?【女性必見】

パーマが先の場合

もしパーマを先にかけた場合、もちろんパーマ液がしみ込んでいない状態でカラー剤を髪の毛に入れるので、パーマの持ちは悪くなってしまいます。
しかし、パーマ剤の方がちょっと強めに入れることが出来るので、多少緩くなってもカラーが明るくなりやすいよりもマシという方はパーマを先に当てた方が良いでしょう。

カラーが先の場合

もしカラーを先に入れた場合には今度はカラーが取れやすくなってしまいます。
カラー剤がしっかり安定して髪の毛に入るためには最低でも1週間はかかる所を同じ日にしてしまっているので当然ですよね。
しかし、カラーを先にするとパーマが落ちにくいのでかなり髪の毛が硬くてなかなかパーマが入らない、すぐに落ちてしまうなんて人はこっちの方がおすすめです。

しかし、やはりパーマとカラーを別の日にするに越したことは無いでしょう。

【パーマとカラー】ケアも大切

ここまでパーマとカラーを入れる際のことについてご紹介してきましたが、もちろん綺麗な髪を保つためにはパーマとカラーをした後のヘアケアがとても大切です。
パーマもカラーもかなり髪の毛に負担をかけてしまうもの。
どっちが先でもヘアケアをしっかり行っていないと髪を痛めてしまいます。
ここからは、パーマやカラー後の正しいヘアケア方法についてご紹介します。

【パーマとカラー】ブラッシングはNG

パーマ後は特にブラッシングをしすぎるのは避けましょう。
ブラッシングをしないのは気になるとは思いますが、パーマをした髪の毛を引っ張ってブラッシングするとパーマが取れやすくなってしまいます。
これはパーマとカラーのどっちが先でも同じです。
パーマをした後の髪のお手入れは手ぐし程度に済ませてあまり髪を引っ張らないように意識しましょう。

【パーマとカラー】施術後のシャンプーは控える

パーマやカラーの施術をした日には、帰ってからシャンプーをしないようにしましょう。
というのも、やはりまだ液剤がしっかりと髪に浸透していないからです。
シャンプーをするとまだ浸透していない液剤が流れてしまい、せっかく入れたカラーが落ちやすくなり、またパーマも取れやすくなってしまいます。
施術後の夜はシャンプーを控え、出来るだけお湯で流すだけにとどめましょう。
しっかりとお湯ですすぐだけでも頭皮の汚れはほとんど落ちるので、1日シャンプーをしなくても頭皮が汚くなる心配はありません。

【パーマとカラー】タオルドライをしっかりと

パーマやカラーは熱に弱く、特にシャンプーをした髪を乾かす際には色落ちしやすくなったり、パーマが緩くなったりしがちです。
ドライヤーの温風でカラーやパーマが取れてしまわないように、タオルドライはしっかりと行いましょう。
また、髪の毛を乾かす際には引っ張ったりブラッシングをしないように気を付けることでパーマを長持ちさせることが出来ます。

【おわりに】

以上「パーマとカラーの順番は?どっちが先にすべき?間隔はどのくらい?」でした。
パーマの方が先にした方がカラーが抜けにくいため、綺麗なヘアスタイルを保つことが出来そうです。
ヘアケアも忘れないですると、より綺麗な美しいヘアスタイルになれそうですよ。

もっとカラーについて知りたいアナタはこちらもチェック

自分に似合う髪色・ヘアカラーを診断!パーソナルカラー診断をしよう!
髪の染め方!市販ヘアカラーで上手に自分で染める方法・コツ!
自分に似合う髪色・ヘアカラーを診断!パーソナルカラー診断をしよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ