縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?同時でもいいの?

縮毛矯正をしている人は、カラーは別の日に施術をしていますか?できれば同時に縮毛矯正もカラーもしてしまいたいですよね。でも髪にとってはダメージが大きいのではないかと心配になる人もいると思います。今回は縮毛矯正とカラーはどっちを先にすべきかをまとめてみました。

縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?同時でもいいの?のイメージ

目次

  1. 縮毛矯正とカラー、どっちもしたい!
  2. 縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正とは
  3. 縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正の効果がある期間は?
  4. 縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正におすすめの髪型はある?
  5. 縮毛矯正とカラー、まずは縮毛矯正から
  6. 縮毛矯正とカラー、カラー剤の種類は?
  7. 縮毛矯正とカラー、同時にしても大丈夫?
  8. 縮毛矯正とリタッチカラーの場合
  9. 縮毛矯正とトーンダウンのカラーの場合
  10. 縮毛矯正とトーンアップカラーの場合
  11. 縮毛矯正とカラーがセットメニューになった美容室もある
  12. 縮毛矯正とカラー、セルフ施術は?
  13. 縮毛矯正とカラー、髪の傷み方は?
  14. 縮毛矯正とカラー、計画的に考えよう
  15. 縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?まとめ

縮毛矯正とカラー、どっちもしたい!

美容室に行ったら何度も来るのは面倒だから、ヘアスタイルとパーマとカラーの施術は同時にしたい、そんな人が多いのではないでしょうか。
髪のことを考えたら、パーマとカラーは別の日のほうがいいと聞くし、縮毛矯正とカラーも別の日がいいと言われますよね。
それでもどうしても同時にしたい、そんなわがままを言うことはできるのでしょうか。
やっぱり期間や間隔は開けなくてはいけないのでしょうか。
もし同時に施術ができるのであれば、どっちが先になるのでしょうか。

今回は、縮毛矯正とカラーを同じ日にするなら、順番はどっちを先にするべきかをまとめていきます。
縮毛矯正とカラーをすることで、髪にはどんなダメージがかかるのかも解説をするので、同じ日に施術をしてもらおうと思っている人は、どっちを先にするのか順番をぜひ参考にしてみてください。

縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正とは

縮毛矯正か、カラーかどっちが先かを考える前に、縮毛矯正についてまとめてみました。
縮毛矯正とは、簡単に言ってしまえば実効的に髪の毛を真っすぐにする施術のことをいいます。
真っすぐにするというと、ストレートパーマを思い浮かべる人も多いと思います。
ストレートパーマは、もともと真っすぐの髪の毛のヘアスタイルの人が、くるくるのパーマをかけたヘアスタイルにした後に、元の髪に戻すときに書けるパーマのことです。
ですから、地毛がくるくるくねくねしているヘアスタイルの人は、ストレートパーマをかけても、真っすぐのヘアスタイルになることはありません。

縮毛矯正では、くねくねとした髪に薬剤をつけることで、凹凸を溶かしていきます。
凹凸を溶かした状態で、高熱のアイロンで固定させます。
さらに、そのままをキープするように、別の薬剤で固めていきます。
縮毛矯正を行うと、縮毛矯正を行った髪は、半永久的にストレートの髪質を維持することができます。
そして、見た感じはさらさらで、ボリュームも抑えれていて、すごい美髪に見えるのです。

でも実際には、凹凸を溶かす時に使った薬剤で、キューティクルは痛み、さらにそこに高温のアイロンを押し当てることで、髪は大ダメージを受けています。
さらに髪が伸びてしまうと、伸びた部分は縮毛矯正をしていないため、伸びた部分はくねくねで、縮毛矯正をした部分は真っすぐストレート、という状態になってしまいます。

縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正の効果がある期間は?

それでは縮毛矯正かカラーかどっちが先かを考える前に、縮毛矯正の効果がある期間をみてみましょう。
先ほども書きましたが、縮毛矯正は縮毛矯正を施術した部分は半永久的にストレートのヘアスタイルです。
期間の間隔があいて髪が伸びてしまうと、伸びてきた部分がストレートでないために、縮毛矯正の威力がなくなったとかんじてしまいます。
ですから、縮毛矯正の効果がある期間は人によって差が生まれてしまいます。
髪の毛が伸びるのが早い人は、伸びるのが遅い人よりは、効果がある期間は短く感じるようです。

個人差はありますが、おおよそボブのヘアスタイルの人で3ヶ月毎の期間の間隔で縮毛矯正をかけるのがいいのではないかと言われています。
1シーズンの期間の間隔くらいですね。
その前の期間であっても、あまりにも髪の毛のクセが気になるようであれば縮毛矯正をしたほうがいいかもしれませんが、髪にダメージがかかることだけは理解をしておく必要がありそうです。

縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正におすすめの髪型はある?

ちなみに、縮毛矯正をする人にはおすすめのヘアスタイルがあります。
それはロングのヘアスタイルです。
ショートカットのヘアスタイルは、縮毛矯正には比較的向いていないと言われています。
ショートのヘアスタイルは、ロングのヘアスタイルの人よりも美容室へ行く期間の間隔が短いですよね。
それは、ちょっとでも伸びるとヘアスタイルの乱れが目立ってくるからです。
縮毛矯正でもそれは同じで、ショートのヘアスタイルの場合は、ちょっと伸びただけでも縮毛矯正をしていない部分が目立ってしまうのです。

ロングのヘアスタイルの場合は、髪の根本が伸びてきても、そこまで縮毛矯正をしていないことが目立たないようです。
ロングのヘアスタイルの髪の重みで、ある程度は引っ張られるからだと言われています。
そのため、ロングのヘアスタイルのほうが、縮毛矯正のために美容室に行く回数を減らすことができて、期間の間隔を多めにとれます。
縮毛矯正かカラーか、どっちが先か考える回数も減りますね。
髪にもお財布にも優しいですよ。

縮毛矯正とカラー、まずは縮毛矯正から

では縮毛矯正とカラーを期間の間隔を開けずに同じ日に施術したい場合は、順番はどっちが先に施術を始めたほうがいいのでしょうか。
髪質や美容室の考え方での違いはあるようですが多くの場合、どっちが先かとなったら、順番としては縮毛矯正から施術は始めるようです。

カラーの後の順番で縮毛矯正をすると、カラーの色が落ちてしまったり、思っていた色よりも明るくなってしまう可能性がある、というのが1番の原因です。
美容室によって使っている薬剤に多少の違いがありますが、カラーにつかう2剤と言われる薬剤と、縮毛矯正で使う薬剤の2剤がよく似た成分であることが多いのが、カラーの色に影響を与えてしまう原因のようです。
そのためにどっちが先の順番かといえば、まず縮毛矯正から施術は始めます。


◆関連記事:どっちにするべき!?

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?縮毛矯正とは何なの?

縮毛矯正とカラー、カラー剤の種類は?

一般的によく使われるのは、アルカリ性のヘアカラーです。
髪の中にあるメラニンを壊しながら、色を入れていくタイプのカラー剤です。
アルカリ性のカラーは色持ちがいいのも特徴です。

髪の表面だけに色を付ける、ヘアマニキュアも良く使われるカラー剤です。
アルカリ性のカラーよりは髪へのダメージは少ないですが、表面に色を付けるだけなので、色落ちしやすい特徴があります。
また、黒い髪の上から色をのせるだけなので、ハイトーンのカラーにすることができません。

縮毛矯正とカラー、同時にしても大丈夫?

縮毛矯正とカラーは期間の間隔を開けずに、同時に施術をしても大丈夫なのでしょうか?
正直に言えば、縮毛矯正からカラーの順番であっても同じ日に間隔を開けずに施術をすることはおすすめできません。
おすすめできない理由は3つあります。
おすすめできない理由の1つは、実は同日に間隔を開けずに施術は厳密にいうと薬事法で禁止されているからです。
薬事法では、人体に影響を与えるような強い薬剤の同時使用は禁止されています。
ですから、縮毛矯正とカラーを同時に行う場合、美容室のほうで薬液を選んで施術をしてくれています。
そうすると、強い薬剤を選べないということになるので、縮毛矯正かカラー、どちらかが言葉が悪いですが中途半端な薬剤を使用している、ということになります。

おすすめできない理由の2つ目は、時間がかかることです。
縮毛矯正のおすすめのヘアスタイルであるロングのヘアスタイルの場合、縮毛矯正の後の順番でカラーの施術をしたとして、4~5時間はかかることを覚悟しておかなくてはいけません。
10時に美容室にはいったとしたら、14時か15時まで拘束されるわけです。
美容室のスタッフさんも大変ですよね。

おすすめできない理由の3つ目は、弱い薬液を使うとはいっても、やはり髪へのダメージは大きいという点です。
どんなにケアをしても、順番を意識しても、施術中は髪を痛めています。
本来ならば縮毛矯正をして、ある程度髪のキューティクルが回復したあとでカラーをやるほうが、髪にとっての負担も少なくすみます。
それでも同日に縮毛矯正とカラーをする場合は、どっちが先の施術かといえば、縮毛矯正になるようです。

縮毛矯正とリタッチカラーの場合

縮毛矯正とカラーを間隔を開けずに同時にやる場合は、カラーには3つのタイプがあることを覚えておきましょう。
一番髪によいのは、縮毛矯正とリタッチカラーです。

リタッチカラーとは、伸びた部分だけ染めるタイプのカラーです。
カラーの時間も短く済みますし、カラーをしない部分も出てくるので、髪へのダメージを最小限に抑えることができます。
伸びた部分だけ気になる、という人であれば縮毛矯正とリタッチカラーがおすすめです。


◆関連記事:縮毛矯正って時間がかかりますよね・・・

縮毛矯正に時間はどのくらいかかる?暇なときしかいけない?

縮毛矯正とトーンダウンのカラーの場合

縮毛矯正と、トーンダウンのカラーであれば、一緒に施術がしやすいようです。
トーンダウンのカラーのほうが、使用する薬剤を調整しやすいというのが一番の理由です。
髪の痛み具合にもよりますが、縮毛矯正と同時にカラーをするのであれば、トーンダウンのカラーがおすすめです。

縮毛矯正とトーンアップカラーの場合

おすすめできないのが、縮毛矯正とトーンアップのカラーです。
髪の毛の色を明るくするには、強めの薬剤を使う必要がでてきます。
そうなるとどうしても髪へのダメージを避けることができません。
トリートメントを併用することで、多少のダメージ軽減にはなりますが、やはりおすすめできるものではありません。
施術前から髪のダメージが気になる人や、髪がぱさぱさしている人は、美容室のスタッフさんからやめたほうがいいとアドバイスをされることもあると思います。
美容室のスタッフさんと、しっかりと相談をした上でカラーの明るさを決める必要があると思います。

縮毛矯正とカラーがセットメニューになった美容室もある

美容室によっては、縮毛矯正とカラーをセットにしてメニューになっているところもあります。
縮毛矯正からカラーという順番で、間隔を開けずに同時に施術をしてくれる美容室です。
どっちが先かと言われれば、やはり縮毛矯正を先にやるようです。
そういう美容室では、縮毛矯正とカラーを同時にするお客様が多いのだと思います。
お客様が多いということは、縮毛矯正とカラーの同時施術に慣れている可能性があります。
より安心して、相談をしたり施術を任せることができるかもしれませんね。

縮毛矯正とカラーがセットメニューになっている場合は、プラスでトリートメントのメニューがあるかどうかも確認をすると良さそうです。
何度も書くように、縮毛矯正とカラーの同時施術は髪へのダメージがとても大きいものです。
たとえセットメニューがあっても、そのメニューの順番にトリートメントがプラスされていないような美容室は、ちょっと危険かもしれません。

縮毛矯正とカラー、セルフ施術は?

市販の縮毛矯正剤もありますが、自分で縮毛矯正剤で縮毛矯正をした後に、カラーをするのはとても危険です。
縮毛矯正自体、とても高い技術のいる施術になります。

その施術をセルフで行った後に、カラーまで自分でやるというのは、髪には大ダメージを与えてしまう可能性があります。
時間もかかりますし、費用もかかってしまいますが、プロの美容室のスタッフさんにお任せしたほうが安心です。

縮毛矯正とカラー、髪の傷み方は?

しつこいですが、縮毛矯正とカラーの同時施術は、髪に大ダメージを与えて、痛めています。
それは縮毛矯正やカラーの薬剤に、アルカリの成分が配合されているからです。
このアルカリがあることで、髪が真っすぐになったり、色が中までしっかりと入るのですが、問題はキューティクルを壊してしまうところにあります。

髪のキューティクルを守って、なんてフレーズを耳にすることがあると思いますが、縮毛矯正やカラーでは全然キューティクルは守られていません。
無理やり壊すことで、施術を行っていくので、施術後の髪はボロボロなのです。

だからこそ、施術後にはしっかりとしたトリートメントをしてもらう必要があります。
美容室から帰った次の日からも、トリートメントを使ったホームケアをしっかりとしてあげる必要があります。

縮毛矯正とカラー、計画的に考えよう

それほど髪を痛めてしまうなら、縮毛矯正とカラー、2回に分けて美容室に行こうと思ったなら、計画的に美容室に行けるように考えましょう。
アルカリによってダメージを受けたキューティクルは、1週間ほどで元の状態に戻るそうです。

ですから、順番としては縮毛矯正をした1週間後以降にカラーのために美容室に行く計画をたてるようにしてください。
2回にわかるので、縮毛矯正の得意な美容室と、カラーの得意な美容室と分けて通うという方法もありますね。
あなたにあった美容室を選んでください。

縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?まとめ

今回は、縮毛矯正とカラーを同時に行う場合には、どっちが先にすべきかをまとめてみました。
縮毛矯正もカラーも、髪にはとてもダメージを与えてしまうようですね。
美容室に行くのは、1回にしたいところですが、あまりにも髪にダメージがある時には、2回に分けて施術をしてもらうというのも選択肢に入れておいても良さそうです。
モテ美髪になれるように、ぴったりの美容室を探してくださいね。

もっと縮毛矯正について詳しく知りたいあなたへ

縮毛矯正で前髪をきれいに!失敗しないコツを解説!
縮毛矯正でもショートボブを楽しめる!自然で可愛いシルエット♡
縮毛矯正の頻度の理想を解説!【髪の長さ別】

関連するまとめ

鈴子
鈴子
涼しくなりました。新しい家族が増えました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ