縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?同時でもいいの?

縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?同時でもいいの?

縮毛矯正をしている人は、カラーは別の日に施術をしていますか?できれば同時に縮毛矯正もカラーもしてしまいたいですよね。でも髪にとってはダメージが大きいのではないかと心配になる人もいると思います。今回は縮毛矯正とカラーはどっちを先にすべきかをまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.縮毛矯正とカラー、どっちもしたい!
  2. 2.縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正とは
  3. 3.縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正の効果がある期間は?
  4. 4.縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正におすすめの髪型はある?
  5. 5.縮毛矯正とカラー、まずは縮毛矯正から
  6. 6.縮毛矯正とカラー、カラー剤の種類は?
  7. 7.縮毛矯正とカラー、同時にしても大丈夫?
  8. 8.縮毛矯正とリタッチカラーの場合
  9. 9.縮毛矯正とトーンダウンのカラーの場合
  10. 10.縮毛矯正とトーンアップカラーの場合
  11. 11.縮毛矯正とカラーがセットメニューになった美容室もある
  12. 12.縮毛矯正とカラー、セルフ施術は?
  13. 13.縮毛矯正とカラー、髪の傷み方は?
  14. 14.縮毛矯正とカラー、計画的に考えよう
  15. 15.縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?まとめ

縮毛矯正とカラー、どっちもしたい!

美容室に行ったら何度も来るのは面倒だから、ヘアスタイルとパーマとカラーの施術は同時にしたい、そんな人が多いのではないでしょうか。
髪のことを考えたら、パーマとカラーは別の日のほうがいいと聞くし、縮毛矯正とカラーも別の日がいいと言われますよね。
それでもどうしても同時にしたい、そんなわがままを言うことはできるのでしょうか。
やっぱり期間や間隔は開けなくてはいけないのでしょうか。
もし同時に施術ができるのであれば、どっちが先になるのでしょうか。

今回は、縮毛矯正とカラーを同じ日にするなら、順番はどっちを先にするべきかをまとめていきます。
縮毛矯正とカラーをすることで、髪にはどんなダメージがかかるのかも解説をするので、同じ日に施術をしてもらおうと思っている人は、どっちを先にするのか順番をぜひ参考にしてみてください。

縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正とは

縮毛矯正か、カラーかどっちが先かを考える前に、縮毛矯正についてまとめてみました。
縮毛矯正とは、簡単に言ってしまえば実効的に髪の毛を真っすぐにする施術のことをいいます。
真っすぐにするというと、ストレートパーマを思い浮かべる人も多いと思います。
ストレートパーマは、もともと真っすぐの髪の毛のヘアスタイルの人が、くるくるのパーマをかけたヘアスタイルにした後に、元の髪に戻すときに書けるパーマのことです。
ですから、地毛がくるくるくねくねしているヘアスタイルの人は、ストレートパーマをかけても、真っすぐのヘアスタイルになることはありません。

縮毛矯正では、くねくねとした髪に薬剤をつけることで、凹凸を溶かしていきます。
凹凸を溶かした状態で、高熱のアイロンで固定させます。
さらに、そのままをキープするように、別の薬剤で固めていきます。
縮毛矯正を行うと、縮毛矯正を行った髪は、半永久的にストレートの髪質を維持することができます。
そして、見た感じはさらさらで、ボリュームも抑えれていて、すごい美髪に見えるのです。

でも実際には、凹凸を溶かす時に使った薬剤で、キューティクルは痛み、さらにそこに高温のアイロンを押し当てることで、髪は大ダメージを受けています。
さらに髪が伸びてしまうと、伸びた部分は縮毛矯正をしていないため、伸びた部分はくねくねで、縮毛矯正をした部分は真っすぐストレート、という状態になってしまいます。

縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正の効果がある期間は?

それでは縮毛矯正かカラーかどっちが先かを考える前に、縮毛矯正の効果がある期間をみてみましょう。
先ほども書きましたが、縮毛矯正は縮毛矯正を施術した部分は半永久的にストレートのヘアスタイルです。
期間の間隔があいて髪が伸びてしまうと、伸びてきた部分がストレートでないために、縮毛矯正の威力がなくなったとかんじてしまいます。
ですから、縮毛矯正の効果がある期間は人によって差が生まれてしまいます。
髪の毛が伸びるのが早い人は、伸びるのが遅い人よりは、効果がある期間は短く感じるようです。

個人差はありますが、おおよそボブのヘアスタイルの人で3ヶ月毎の期間の間隔で縮毛矯正をかけるのがいいのではないかと言われています。
1シーズンの期間の間隔くらいですね。
その前の期間であっても、あまりにも髪の毛のクセが気になるようであれば縮毛矯正をしたほうがいいかもしれませんが、髪にダメージがかかることだけは理解をしておく必要がありそうです。

縮毛矯正とカラーをする前に、縮毛矯正におすすめの髪型はある?

ちなみに、縮毛矯正をする人にはおすすめのヘアスタイルがあります。
それはロングのヘアスタイルです。
ショートカットのヘアスタイルは、縮毛矯正には比較的向いていないと言われています。
ショートのヘアスタイルは、ロングのヘアスタイルの人よりも美容室へ行く期間の間隔が短いですよね。
それは、ちょっとでも伸びるとヘアスタイルの乱れが目立ってくるからです。
縮毛矯正でもそれは同じで、ショートのヘアスタイルの場合は、ちょっと伸びただけでも縮毛矯正をしていない部分が目立ってしまうのです。

次のページ

縮毛矯正とカラー、まずは縮毛矯正から

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely