デジタルパーマの乾かし方のコツは?これでゆるふわに!

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツをご紹介します。せっかくキレイにかけたデジタルパーマ、できるだけ長持ちさせたいですよね。そのためには、乾かし方のコツを掴むのが一番大切!しっかりカールを持続させるためには、寝る前のお手入れも大事です。さっそく勉強しましょう。

デジタルパーマの乾かし方のコツは?これでゆるふわに!のイメージ

目次

  1. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ・知ってますか?
  2. 乾かし方の解説の前に・・・そもそも「デジタルパーマ」ってナニ?
  3. デジタルパーマとパーマの違い(1)ロッドで熱を加える技術
  4. デジタルパーマとパーマの違い(2)へアスタイルの仕上がり
  5. 【デジタルパーマで作るヘアスタイル】
  6. 【パーマで作るヘアスタイル】
  7. 「デジタルパーマ」は、乾かし方が大切!
  8. 「デジタルパーマ」の、夜寝る前の乾かし方とは?
  9. 【鉄則!】「デジタルパーマ」の乾かし方
  10. 【豆知識】髪の自然乾燥はなぜいけないの?
  11. 自然乾燥のデメリット(1)頭皮に雑菌が繁殖しやすくなる
  12. 自然乾燥のデメリット(2)髪の臭いや頭皮のかゆみの原因になる
  13. 自然乾燥のデメリット(3)キューティクルが剥がれやすくなる
  14. 自然乾燥のデメリット(4)寝癖がつきやすくなる
  15. 自然乾燥のデメリット(5)薄毛の原因になる
  16. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツとは?
  17. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)強風・弱風・温風・冷風
  18. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)’【強・温風】
  19. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)’【弱・温風】
  20. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)’【冷風】
  21. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(2)トリートメント
  22. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(3)スタイリング
  23. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(3)’【しっかりカール】
  24. 「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(3)’【ゆるふわカール】
  25. まとめ:デジタルパーマの維持には、髪を労わる乾かし方が大切!

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ・知ってますか?

「デジタルパーマ」。どのヘアサロンでも、すっかり定番になったヘアスタイルメニューです。パーマをしている人なら誰でも聞いたことがあるはず。
でも、「デジタルパーマ」の乾かし方のコツを知っている人は、あまり多くないと思います。

「キレイにかけられたデジタルパーマのキープ方法がわからない!」
「デジタルパーマって、かけた後の乾かし方はどうするんだろう?」

こんな風に、デジタルパーマの基礎知識、その中でも「デジタルパーマの乾かし方」を知らないまま、デジタルパーマをかけてしまう人もいると思います。

そこで今回は、デジタルパーマの乾かし方のコツや、キープ方法を詳しくご紹介します。

乾かし方の解説の前に・・・そもそも「デジタルパーマ」ってナニ?

ではまず、本当の基礎知識から解説しましょう。
「デジタルパーマ」と「パーマ」の違いを知ってこそ、デジタルパーマの乾かし方のコツが掴めます。2つの違いをここで明確にしておきましょう。

デジタルパーマとパーマの違い(1)ロッドで熱を加える技術

「デジタルパーマ」とは、薬剤と熱のダブルパワーでカールしたヘアスタイルを作る技術です。デジタルパーマ専用の機械を使って、髪を巻くロッド(=円柱状の道具)の1本1本に熱を伝えます。

一方普通の「パーマ」は、薬剤の力だけでカールのヘアスタイルを作る技術のことです。パーマをかけるときに温める場合もありますが、デジタルパーマのようにロッドで直接熱を加えることはしません。

多くのヘアサロンでは、デジタルパーマとパーマに使う薬剤は同じです。薬剤を浸透させる過程の後、ロッドで熱を加えるか否かでデジタルパーマとパーマを区別しています。

デジタルパーマとパーマの違い(2)へアスタイルの仕上がり

デジタルパーマとパーマは、このようにほんの少しの技術の違いによって呼び名が変わります。しかし、出来上がるヘアスタイルの質感の違いはとても大きいため、ロングやボブのそれぞれに向いたパーマを見極める必要があります。
ヘアスタイルの仕上がりの観点から、デジタルパーマとパーマの違いを詳しく解説しましょう。

【デジタルパーマで作るヘアスタイル】

デジタルパーマで作るカールのヘアスタイルは、髪を乾かした後に一番カールが出やすくなります。そのため、コテで巻いたようなヘアスタイルになれて、スタイリングも簡単です。
少し前に使われていたデジタルパーマの薬剤は、少し固めのヘアスタイルになってしまうのが難点でした。しかし、デジタルパーマの技術が発達し、弱酸性の薬剤が使われるようになった今は、より「ゆるふわ」なヘアスタイルが作れるようになりました。
ダメージも最小限に抑えられるため、デジタルパーマはとても注目されています。

つまりデジタルパーマは、「ゆるふわなへアスタイルを作るのにオススメ!」ということです。そのため、ショートへアの人よりも、ボブやロングヘアの女性から支持を得ています。
今も様々なデジタルパーマの薬剤が開発途中ですから、今後も質感の進化が見込まれます。デジタルパーマのオーダーは増え続けることでしょう。

【パーマで作るヘアスタイル】

パーマは、デジタルパーマと比べて「細かなウェーブやカールのヘアスタイル」にすることができます。根元から立ち上げるような、部分的なパーマもキレイに仕上げることができます。
ツヤ感・束感を出した繊細なボブのヘアスタイルにオススメです。

また、パーマで面白いのは「乾かし方でパーマの表情が変わること!」です。デジタルパーマは、乾かし方のコツさえ掴めばスタイリングは比較的簡単ですが、パーマの場合、乾かし方一つでヘアスタイルがガラッと変わります。
髪の毛をしっかり伸ばす乾かし方をすれば、くせ毛っぽいヘアスタイルに。
半渇きのままヘアムースでスタイリングすれば、しっかりしたカールを付けることが出来ます。

このように、普通のパーマは「繊細なデザインのヘアスタイル」を作ることに特化しています。ロングヘアの女性よりも、ベリーショートのメンズスタイルや、ショート・ボブのように細かいカールのヘアスタイルを作るにオススメです。

「デジタルパーマ」は、乾かし方が大切!

このように、「ゆるふわ」なヘアスタイルが得意なデジタルパーマをかけたあとは、乾かし方とお手入れがとても重要になります。乾かし方のポイントとコツを掴めば、忙しい朝も簡単にヘアスタイルを決められるようになり、デジタルパーマの持ちも格段に良くなります。せっかくキレイにかけたデジタルパーマ、できるかぎり長持ちさせたいですよね。

夜、寝る前にするべき秘密のメソッドも公開。デジタルパーマの特徴を活かすお手入れ方法と乾かし方で、可愛いヘアスタイルを維持しましょう!

「デジタルパーマ」の、夜寝る前の乾かし方とは?

寝る前のお手入れを間違ってしまうと、デジタルパーマをかけた髪はすぐにダメージを受けてしまいます。デジタルパーマの持ちが悪くなる原因にもなるので、寝る前のお手入れのメソッドはとっても大事!
寝る前のお手入れ・乾かし方のポイントは、大きくわけて2つあります。

(1)寝る前に髪の毛を洗った後、すぐに乾かす
(2)洗い流さないタイプのトリートメントをつける

この2つを抑えて、デジタルパーマの乾かし方をマスターしましょう。

【鉄則!】「デジタルパーマ」の乾かし方

夜、お風呂から上がって寝る前に、何十分も髪を放置していませんか?そんな自然乾燥に任せる乾かし方は、絶対にNGです!ロングの人はドライヤーを使うのが当たり前ですが、ショートやボブの人になると、時々ドライヤーを使わずに100%自然乾燥するという話もちらほら・・・これでは、ダメージヘアまっしぐらです!

実は、髪の毛は濡れている状態が一番ダメージを受けやすいのです。デジタルパーマの持ちを良くしたければ、「夜、寝る前のお風呂から上がったらすぐに髪を乾かすこと」を徹底しましょう。
また、洗い流さないトリートメントをつけてから乾かせば、ドライヤーの熱によるダメージや髪の絡みを防止してくれます。サロン帰りのデジタルパーマの仕上がりを維持するため、トリートメントにも気を配りましょう。

【豆知識】髪の自然乾燥はなぜいけないの?

「ドライヤーの強力な熱は髪に悪そう」
「ボブスタイルだから自然に乾いちゃう」
「ロングのヘアスタイルだと面倒くさいし・・・」
このような理由で、髪の毛を自然乾燥している人、いませんか?

確かに、髪の毛の自然乾燥はドライヤーを使う手間が省けますし、電気代の節約にもなります。特にロングへアスタイルの人は、100%自然乾燥まではしなくても、お風呂から出たあとに髪を少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使う、ということが多いかもしれません。

しかし、自然乾燥は多くのデメリットを抱えています。一つ一つ挙げてみましょう。

自然乾燥のデメリット(1)頭皮に雑菌が繁殖しやすくなる

髪の毛には常在菌が潜んでいます。この菌は、濡れた状態だと最も繁殖しやすくなるため、自然乾燥中の頭皮は格好の住処になります。
また、寝る前のシャンプー後、自然乾燥のままで眠ろうとすると、当然枕と濡れた髪が接触する形になります。すると、枕に接触している部分の髪の温度が上昇し、更に菌が繁殖する原因になります。
ショートやボブだからと言っても、自然乾燥はやはりNGです!

自然乾燥のデメリット(2)髪の臭いや頭皮のかゆみの原因になる

(1)でも解説したとおり、自然乾燥によって増殖する頭皮の雑菌は、髪の臭いやかゆみの原因になります。自然乾燥を続けることによって、慢性的な頭皮トラブルを抱えてしまう危険性が有るのです。

自然乾燥のデメリット(3)キューティクルが剥がれやすくなる

自然乾燥しようとして髪を濡らしたままでいると、髪表面のキューティクルが開いた状態になります。キューティクルは、キレイなヘアスタイルの維持に欠かせない組織です。開いたままのキューティクルは剥がれやすく、髪の毛の痛みの原因になります。
「自然乾燥している時間」=「キューティクルが開いている時間」なので、この時間が長ければ長いほど、髪は傷みを増していきます。ショートやボブの人はもちろん、ロングヘアの人は特に気をつけたいですね。

自然乾燥のデメリット(4)寝癖がつきやすくなる

髪の毛には、たんぱく質が「水素結合」して成り立っています。この水素結合は、髪の毛が乾いたときに形成されるため、ヘアスタイルを決める大切な仕組みです。
したがって、寝る前に自然乾燥をした髪の毛は、枕との摩擦でぐちゃぐちゃになりながら水素結合するため、寝癖がつきやすくなります。
寝る前のドライヤーの手間を省いたつもりが、翌朝のヘアスタイルを直すために多くの時間を割くことになる・・・本末転倒とはこのことですね。

自然乾燥のデメリット(5)薄毛の原因になる

自然乾燥をすると、髪が濡れたままの状態が続き、頭皮が冷え切って血行が悪くなります。頭皮の血行が良くないと、発毛は促進されません。自然乾燥が、薄毛の原因になってしまうことも有るのです。
「今はまだ若いから・・・」と油断して自然乾燥していると、後々取り返しのつかないことになるかもしれませんよ!


◆関連記事:自然乾燥にメリットはある?

髪を自然乾燥させるメリット・デメリット!ドライヤーとどっちがいい?

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツとは?

デジタルパーマの乾かし方において、寝る前のお手入れが非常に重要なことがわかりました。では次に、肝心の乾かし方のコツをご紹介しましょう。
デジタルパーマの髪は、ただ乾かせば良いというものではありません。持ちを良くしたり、ヘアスタイルを決めやすくするためのコツが必要なのです。
キレイに仕上がったボブやロングのデジタルパーマを維持するためにも、乾かし方には充分注意しましょう。

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)強風・弱風・温風・冷風

ドライヤーについている、温風と冷風の機能。ちゃんと使い分けられている人は少ないかもしれません。実は、デジタルパーマ後の髪は、温風と冷風の使い分けによって格段に乾かしやすくなります。
具体的な乾かし方をご紹介しましょう。

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)’【強・温風】

ドライヤーの強風は、髪を乾かす一番始めに活用します。髪の根元を強めの力でこすりながら、髪の毛全体に風を送り込むような乾かし方をしましょう。すると、髪が乾くスピードが断然速くなります。
「自然乾燥のデメリット」の項でもお話したとおり、髪が濡れている時間を短縮すればするほど、髪のダメージは減っていきます。強力な風で一気に髪の水気を取り去りましょう。

また、温風で髪の毛を乾かすときは、根元、襟足、後頭部などの乾きづらい部分から始めましょう。毛先ばかりを温風で乾かすとダメージの元になります。

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)’【弱・温風】

強風を当てて髪の毛が8割くらい乾いたら、毛先のデジタルパーマを乾かすために弱風に切り替えましょう。強風のままでデジタルパーマの毛先を乾かすと、せっかくのカールが飛んでしまう場合があります。
デジタルパーマ初心者の人は、ヘアスタイルを維持するためにも弱風で毛先を整えましょう。

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(1)’【冷風】

冷風は、デジタルパーマの乾かし方の最後の仕上げに使います。髪の毛の性質上、デジタルパーマのカールは髪が乾燥して冷えたときに固定されます。
乾燥が9割終わった段階で冷風に切り替え、毛先のデジタルパーマを持ち上げながら冷風を当てるようにしましょう。すると、デジタルパーマ特有の弾力が出て、弾むようなヘアスタイルを作り出せます。同時にデジタルパーマの持ちも良くなるので、一石二鳥です!

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(2)トリートメント

デジタルパーマの乾かし方のメソッドには、洗い流さないトリートメントの存在が欠かせません。髪の毛をドライヤーで乾かす前にトリートメントを付けることによって、髪をドライヤーの熱から守ってくれます。
また、髪を乾かしすぎることによる乾燥も防ぐ役割があるので、デジタルパーマ後の髪にはトリートメントが必須です。

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(3)スタイリング

デジタルパーマは、髪を乾燥させたときにカールが出やすいパーマです。スタイリングのしやすさが利点の一つですが、それにもコツが必要です。
(1)ショートやボブで、しっかりカールを出したいとき
(2)ロングのゆるふわカールにしたいとき
この2タイプで、乾かし方は微妙に異なります。順番に詳しく解説しましょう。

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(3)’【しっかりカール】

しっかりしたデジタルパーマのカールを出したい、ショートやボブの人におすすめの乾かし方です。もちろん、ロングヘアの毛先だけをしっかりカールさせたい人にもおすすめ。
髪の毛を優しく労わりながら、カールを持続させる乾かし方をマスターしましょう。

(1)髪の毛を濡らした後、毛先にトリートメントをつける
髪の毛の毛先にトリートメントをつけることによって、ドライヤーの熱から髪を守り、ツヤ感やまとまりをアップさせます。

(2)髪の毛の8割が乾くまで、根元を中心に乾かしていく
このとき、頭皮を軽い力で擦るようにしながら、上から下へドライヤーを当てていくのがコツです。ドライヤーの風は、上から斜め45°をキープするとベスト!

(3)髪の毛を2つに分けて、カールをつけつつ乾かす
髪の毛を2つに分けたら、外側から内側へ向かってクルクル螺旋状にカールをつけながら風を当てます。このとき、手の平の上に髪の毛を納めるようにするのがコツです。
特に強くカールを付けたいショート・ボブの人は、髪が乾いたらすぐに冷風へ切り替えましょう。

(4)仕上げ用のトリートメントをつけて完成!
あとは好みのトリートメントやワックスを使って、揉み解すようにスタイリングすれば完成です!

「デジタルパーマ」の乾かし方のコツ(3)’【ゆるふわカール】

(1)髪の毛を濡らして、毛先にトリートメントをつける
(2)髪の毛の8割が乾くまで、根元を中心に乾かしていく
ここまでは、【しっかりカール】の手順と同じです。

(3)髪の毛を握るように持ち上げて乾かす
ここが大きなポイントです。ボブやロングヘアでゆるふわな雰囲気を出したいのなら、髪の毛を巻かないままドライヤーの熱を当てましょう。ワックスをもみこむ時のような手つきで、髪の毛を握って持ち上げるようにします。そのままドライヤーの風を当てましょう。

(4)仕上げのトリートメントをつけて完成!
この時も、髪をクシャッとほぐしながら仕上げをすれば、ゆるふわなボブ・ロングへアスタイルの完成です。

まとめ:デジタルパーマの維持には、髪を労わる乾かし方が大切!

ここまで、デジタルパーマの乾かし方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
デジタルパーマを長持ちさせるコツは、頭皮の健康にもつながります。髪を労わりながらドライヤーを使って、トリートメントで仕上げ。これがデジタルパーマをキレイに保つポイントです。

デジタルパーマを楽しむため、まずは乾かし方をマスターしましょう!

もっと「デジタルパーマ」についての情報が知りたいアナタへ!

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?縮毛矯正とは何なの?
コスメパーマとは?デジタルパーマとの違いは?もちはどうなの?
デジタルパーマとパーマの違いとは?どっちがおすすめ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ