アイラインがにじむ原因は?にじまない引き方を解説します!

気合を入れてメイクをしたのに気づいたらアイラインが滲んでパンダになっていた経験をした女性も多いのではないでしょうか? アイラインがにじむのには原因があり、正しく対処をすればにじむ悩みも解消されます。アイラインがにじむ悩みを解消する方法をご紹介します!

アイラインがにじむ原因は?にじまない引き方を解説します!のイメージ

目次

  1. アイラインがにじむ!どう対処したらよい?
  2. 【アイラインがにじむ原因①】皮脂や体液
  3. 【アイラインがにじむ原因②】摩擦
  4. 【アイラインがにじむ原因③】溶けやすい化粧品
  5. 一重の人や奥二重の人はアイラインがにじみやすい?
  6. 【アイライン】油とりをしっかりする【にじむ対処法】
  7. 【アイライン】コンシーラーでカバー【にじむ対処法】
  8. 【アイライン】ジェルを使う【にじむ対処法】
  9. 【アイライン】中央から目尻にラインを引く【にじむ対処法】
  10. 【アイライン】アイシャドウでコーティング【にじむ対処法】
  11. 【アイライン】仕上げにフェイスパウダー【にじむ対処法】
  12. アイラインは工夫をこらして上手に使いましょう!

アイラインがにじむ!どう対処したらよい?

朝、ばっちりと決めていったはずのアイラインが夕方には滲んでいてパンダになっていた!という経験がある女性は少なくないのではないでしょうか?

アイラインは実はテクニックのいるメイクで上手に使わないと、残念なことになってしまいがち。
アイラインビギナーさんは、アイラインがにじむ原因が何なのかを知っておくことや自分の目の形に合わせたアイラインを引くことが大切です。

この記事では、アイラインが滲む原因や対処方法をご紹介していきます。
さらに、にじまないメイクをするためにはどこのポイントにアイラインを引いたらよいのか等もご紹介します。

アイラインマスターになるために、アイラインがにじむ原因を知り、にじまない対処方法を取り入れてみましょう。

【アイラインがにじむ原因①】皮脂や体液

アイラインが滲む原因としてまずあげられるのは人の体から分泌される皮脂や体液です。
汗や涙なども含まれます。
そういった体から分泌される体液がアイラインを溶かしてしまい、さらに瞬きをすることで下まぶたへアイライナーがついてしまうのです。

特に一重の人や奥二重の人などは上まぶたと下まぶたが触れる面積が広いために、どうしても滲みやすくなってしまいます。

この後にご紹介しますが、アイラインがにじまないようにする為に、メイクでアイラインを引く時に工夫をする必要があるのです。

【アイラインがにじむ原因②】摩擦

アイラインがにじむ原因には、摩擦もあげられます。瞬きをした瞬間に上まぶたと下まぶたが擦れて摩擦がおき、アイラインがにじんでしまうのです。

さらに、手で目をこすったり痒さが生じハンカチなどで抑えてもほんのわずかですが摩擦が生じます。
こういった摩擦も、アイラインがにじむ原因の一つです。

しかし目元の摩擦を防ぐ、アイラインをにじまないようにするには手で擦らない以外に対処方法がないのが実情です。

そのため、出来るだけ摩擦を軽減させる為に目元の保湿を心がけたりメイク方法を変えたりする必要があるでしょう。

【アイラインがにじむ原因③】溶けやすい化粧品

次に、皮脂や水(体液)に弱いアイライナーを使っていてもにじむ原因となります。
溶けやすい化粧品を使っているとどれだけアイラインがにじまない対策をとっていてもあまり効果を得ることが出来ません。

使用するアイライナーもペンシルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプ等様々あります。

そして超高級のブランド品とまではいかなくても、それなりにシッカリとメイクができるものや品質が劣っていないものを使用しないと、せっかくお洒落の為にしているメイクのはずなのに、逆にみすぼらしくなってしまいます。

特に一重や奥二重の人は目の形上どうしてもにじむ条件が多くありますので、メイクアイテムも自分にあったものをこだわって使用するとよいでしょう。

一重の人や奥二重の人はアイラインがにじみやすい?

ここで要注意なのが、一重の人奥二重の人はどうしても皮膚が触れ合う範囲が広いためにアイラインが滲みやすくなります。

一重の人は奥二重や二重の人と違ってそもそも瞼の内側の脂肪が厚いために眼球周辺の筋肉とくっついておらず、目がパッチリ開きません。
そのため一重の人がアイラインを目頭から目尻までがっつりとべた塗してしまうと、下まぶたへアイライナーがついていまうのです。

さらに奥二重の人は瞼を持ち上げる筋肉がくっついてはいてもパッチリ二重の人ほど幅が広くないために、二重のラインが隠れてしまい一重のように見えます。
奥二重の人は一重の人以上に目の奥にアイライナーを閉じ込めてしまう為に滲みやすくなります。

そのため、一重や奥二重の人は普通のパッチリ二重の人以上にメイクテクニックを要するのです。

【アイライン】油とりをしっかりする【にじむ対処法】

それでは、アイラインがにじむというお悩みの方が出来る対策方法を5つのポイントに分けてご紹介しましょう。

まずは目の周辺の油をしっかりと取り除くことからスタートです。
上まぶただけではなく下まぶたも念入りに油の除去に努めてください。
皮脂でアイライナーが溶け出してにじまないようにするために丁寧に行うことがポイントです。
油とり紙を使ってもよいですし、めん棒で細部までしっかり取り除いても効果があります。

さらにメイクをした後でも、油脂でにじまない対策を講じる為に下まぶたは出来るだけこまめに油とり紙で油を取り除いておくと良いでしょう。

油とり紙で下まぶたの油脂を取り除いたあとにフェイスパウダーでカバーしておくことも忘れないで下さい。
すると、よりにじまない状態が持続します。

【アイライン】コンシーラーでカバー【にじむ対処法】

次に出来るアイラインの対策は、コンシーラーを下まぶたの周辺にしっかりと塗る事です。
下まぶたをコーティングすることでにじむのを防ぐことが出来ます。

コンシーラーは化粧崩れを防いでくれますので、アイライナーが溶け出して下まぶたに付着するのを防いでくれますし、コンシーラーは皮脂に強いので皮膚をコンシーラーでコーティングしておくことで、下まぶたをにじまない状態のままキープしてくれます。

コンシーラーのつけ方は、通常のコンシーラーのつけ方同様に頬骨の上にぽんぽんとポイントでのせていき、さらに下まぶたの際にもトントンと優しく載せていくことがコツです。

左右にごしごしとこするようにしてしまうと、摩擦で肌も痛みますし、コンシーラーで作るコーティングも薄くなりムラもできてしまいます。
そのため、できるだけ指の腹でトントンとのせていくとよいでしょう。

【アイライン】ジェルを使う【にじむ対処法】

アイライナーには滲みやすいペンシルや、ラインが引きにくいリキッドを使うのではなくジェルタイプのアイライナーを使うと良いでしょう。

一重や二重の人がペンシルを使うと広範囲に滲んでしまう可能性もありますので、使用する際は要注意です。
さらに、ジェルのアイライナーを使うと、ソフトなラインからしっかりとしたコックリメイクまではっきりと書けますし、色の濃淡も描きやすいのでメリハリのついたアイラインを引くことが出来ます。

【アイライン】中央から目尻にラインを引く【にじむ対処法】

次にアイラインが滲まないようにする対策として出来るだけ目頭の方にはアイラインを引かないということ。

一重や奥二重の人は特に目頭が見えにくいという特徴もありますので目頭に重きを置くよりも目尻にアクセントを加えたほうがより映えるメイクになるでしょう。

目の中央から書き始めて目尻に向かってアクセントを加えていきます。
たれ目の印象にしたい時は目尻の際の少し前で止めましょう。後ろまで流してしまうと滲む可能性が高くなります。
また、後ろを少し跳ねさせてキャットラインを作るとアクセントが付きます。

どうしても目頭にアイラインを引きたい人はぼんやりとペンシルで薄くラインを引くのがお勧めです。
但しがっつり書いてしまうと本末転倒になりますので、目頭にほんのり乗せる程度でとどめておきましょう。

【アイライン】アイシャドウでコーティング【にじむ対処法】

次にアイラインを書いた上から、アイシャドウを乗せてコーティングをするとよいでしょう。
アイシャドウがアイラインを引き締めてくれるので滲まないようにストッパーの役割をはたしてくれます。

一重や奥二重の人にオススメなのが暗い色のアイシャドウではなく、やや明るめの色をチョイスする事。

今年はゴールドカラーも流行していますのでブラウンなどで重めの目元にするよりも、どちらかと言えば明るい色をチョイスして目元や目尻のアクセントとして色づけをしてもよいでしょう。

どうしても一重の人や奥二重の人はアイラインがにじむことを恐れたりその時の流行なども相まって重めの色をチョイスしがちですが、明るいカラーをポイント的に加えるだけでもずっと軽やかな目元になるのです。

■関連記事:アイメイクについて気になる方はこちらもチェック!

アイプチとアイシャドウの順番は?メイクでアイプチをより綺麗に!
丸目メイクのやり方解説!まんまるおめめで可愛くなろう!

【アイライン】仕上げにフェイスパウダー【にじむ対処法】

アイラインを綺麗に引いてにじまないようにするために仕上げにも出来ることがあります。
それは、仕上げにフェイスパウダーを塗布する事。
フェイスパウダーを塗布すると皮脂を吸着してくれるのでファンデーションなどはもちろんのこと、アイメイクやアイラインが皮脂でにじむ、よれるということが無くなります。

そのためアイラインが滲むのも防いでくれるので、その都度油とり紙などと合わせて使うと良いでしょう。

フェイスパウダーはパフなどで顔全体につけた後に、ブラシなどで適宜落とすとより効果的です。
様々な物事と同じように、メイクも「塩梅」を大切にしましょう。

アイラインは工夫をこらして上手に使いましょう!

いかがでしたでしょうか。アイライナーが皮脂で落ちてパンダ目になってしまうというのは女性がメイクをする上でも大きな悩み。

さらに一重や奥二重の人はなおの事気になる部分です。
滲まないように工夫を加えて丁寧にメイクをするだけでも大分改善されますので、是非滲まないアイメイクを楽しんでいきましょう!

もっとメイクについて知りたいあなたへ!

アンニュイメイクのやり方は?儚げ美人になる方法解説!
ハーフ顔メイクのやり方!カラコンやアイシャドウ・眉毛で外人風に!
ハイライトの入れ方・使い方のススメ!メイクテクでツヤ肌・小顔に!
透明感はメイクで作れる!ベースメイクがピュア肌演出のポイント!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ