アイラインの引き方!奥二重・一重・二重のポイントは?【初心者OK】

アイラインの引き方は、一重や奥二重、二重によって違いがあります。 奥二重などのアイラインの綺麗な引き方を、初心者向けに解説します。 アイライナーは、ペンシル、ジェルやリキッドタイプアイライナーなどです。 初心者に優しいアイラインの引き方を解説します。

アイラインの引き方!奥二重・一重・二重のポイントは?【初心者OK】	のイメージ

目次

  1. 初心者のアイライナーの引き方15選 アイライナーを綺麗に描く
  2. 初心者のアイラインの引き方① 奥二重に良いアイライナー
  3. 初心者のアイラインの引き方② 奥二重もペンシルアイライナーで
  4. 初心者のアイラインの引き方③ リキッドアイライナーで奥二重も綺麗に
  5. 初心者のアイラインの引き方④ ジェルアイライナーで、奥二重も可愛く
  6. 初心者のアイラインの引き方⑤ 奥二重もたれ目に見せるアイライナー
  7. 初心者のアイラインの引き方⑥ 奥二重とヴィンテージメイク
  8. 初心者のアイラインの引き方⑦ 奥二重より一重のアイライナー
  9. 初心者のアイラインの引き方⑧ 奥二重のアイラインの滲み
  10. 初心者のアイラインの引き方⑨ 奥二重のアイライナーは長く
  11. 初心者のアイラインの引き方⑩ アイライナーで、奥二重を美目に!
  12. 初心者のアイラインの引き方⑪ 奥二重とキャットアイライン
  13. 初心者のアイラインの引き方⑫ アイライナーで奥二重もセクシーに
  14. 初心者のアイラインの引き方⑬ 奥二重をナチュラルメイクで!
  15. 初心者のアイラインの引き方⑭ 奥二重の自然なアイラインのポイント
  16. 初心者のアイラインの引き方⑮ 目元に安全なアイライナーの使い方!
  17. 初心者の一重のアイライナーの引き方のポイント
  18. 初心者の奥二重のアイライナーの引き方のポイント
  19. 初心者の二重のアイライナーの引き方のポイント
  20. 初心者のアイラインの引き方は、よくわかりましたか?

初心者のアイライナーの引き方15選 アイライナーを綺麗に描く

アイラインは、目の印象をとても美しく変えてくれますね。
アイメイクにこだわっている方も多くいるはずです。
アイライナーの基本的な引き方を、わかりやすく説明します。
一重や奥二重、一重のそれぞれのアイラインの引き方に注目します。

■関連記事:アイラインがにじむことで悩んでいる方はこちらもチェック!

アイラインがにじむ原因は?にじまない引き方を解説します!

初心者のアイラインの引き方① 奥二重に良いアイライナー

アイライナーを綺麗に引くためには、自分にとってメイクしやすいアイライナーの種類を知っておきましょう。
ペンシルアイライナーは、誰にとっても使いやすいベーシックなタイプです。
ペンシルアイライナーは、ナチュラルメイクに向いていて、ぼかしが上手くできます。
リキッドアイライナーは、筆タイプで滲みにくいので、目尻を上げて見せるラインが書きやすいです。
リキッドアイライナーは、細いラインが綺麗にかけます。

ジェルアイライナーは、難易度の高いアイライナーです。
ジェルアイライナーは、ペンシルアイライナーのようなソフトな感じがあり、リキッドアイライナーのような濃いラインが描けます。
ジェルアイライナーは、筆にジェルをつけてアイラインを引きます。
使いこなせば、アート的なものやモデル風アイメイクも、かっこよくできるでしょう。

初心者のためのアイライナーの引き方

アイライナーの引き方に、基本的な引き方があります。
初心者がアイライナーを引くときに、ラインがぶれたり滲んだりするでしょう。
初心者にとって、簡単なアイライナーの引き方はペンシルアイライナーを使うことです。
上瞼を引き上げて、ペンシルアイライナーでまつ毛とまつ毛の隙間を埋めます。
そして目頭から目尻にアイラインを引きます。
目尻から少し長めに、上にあげる感じでラインを横に引きます。
初心者にとって、ペンシルアイライナーがアイラインを最も書きやすいタイプです。
初心者は、ブラウンのアイライナーを使って、目元をソフトな印象になるように描きましょう。

初心者のアイラインの引き方② 奥二重もペンシルアイライナーで

ペンシルアイライナーは、とっても使いやすくて、簡単にぼかすこともできます。
初心者の方にもおすすめなアイライナーが、ペンシルタイプです。
ペンシルアイライナーで、ナチュラルアイメイクをしましょう。
ペンシルアイライナーでアイラインの引き方に慣れましょう。

ペンシルアイライナーで目尻の端から中間地点まで、アイラインを引きます。
それから、目頭から目尻までラインを描きます。
アイラインの太さを、見て確認します。
目尻からアイラインを長く引き上げるように描きます。
ラインを綺麗な線になるように、綿棒で調節します。

初心者のアイラインの引き方③ リキッドアイライナーで奥二重も綺麗に

リキッドアイライナーを使う、アイラインの引き方を説明します。
リキッドアイライナーは、筆ペンのような感じでアイラインを描きます。
綺麗なラインを引くことが、難しいです。
アイラインを引く手を、顔に置き揺れないように固定しておくと良いでしょう。

リキッドアイライナーで、最初にまつ毛の隙間に点を書くようにして、隙間を埋めるように描きます。
瞼を手で引き上げて、よく見て確認しながらすると上手くできます。
上からまつ毛のぎりぎりのラインに、アイラインを引きます。
目尻は、横に流す様に真っすぐ平行に引きます。
目尻から2~3cmを目安にして、目尻からラインを引きます。

リキッドアイライナーについて

リキッドアイライナーは、細くて鮮明にアイラインを引けます。
リキッドタイプなので、にじまないで上手にアイラインを引けます。
リキッドアイライナーは、一度描くと消えないので、手直しができません。
初心者は、使わない方が良いでしょう。
リキッドアイライナーは、極細の0.1mmのタイプもあります。

初心者のアイラインの引き方④ ジェルアイライナーで、奥二重も可愛く

ジェルアイライナーを使うことは、難しそうですね。
ペンタイプのジェルアイライナーも販売されています。
ジェルアイライナーは、ペンシルやリキッドの良いポイントを兼ねているので、使い慣れると綺麗なアイラインを描けます。
ジェルアイライナーでアイラインを描くことは、慣れると意外に簡単に感じられるでしょう。

まず、ジェルアイライナーのジェルを、筆につけます。
タップリ筆にジェルを付けたら、余分なジェルを取り除いて整えます。
まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように、アイラインをスッと引きます。
綺麗なアイラインが引けるでしょう。

初心者のアイラインの引き方⑤ 奥二重もたれ目に見せるアイライナー

目尻が下がったたれ目アイラインの描き方を説明します。
つり目で厳しいイメージの目つきの方に、おすすめです。
たれ目メイクで、可愛いイメージを演出できます。
たれ目風のアイラインは、ソフトな印象を与えます。

たれ目に見せるアイラインは、ブラックのアイライナーで太目に目尻までアイラインを引きます。
目尻のキワから下げるようにアイラインを下に向かって引きます。
短めで3mmほど、目尻からアイランを引き延ばします。
ブラウンのアイライナーを使ったら、目尻は1cmくらいの長さにして、目尻から下へ長めに引きます。
上品でエレガントな印象になります。

たれ目のアイメイクは、インラインがポイント

たれ目に見せるためのアイラインは、ブラウンカラーを使って優しい印象にします。
たれ目アイメイクで重要なのは、アイラインの前にインラインを引くことです。
インラインとは、アイラインの中に引くラインです。
まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、インラインを引きます。
たれ目メイクは、目を大きく見せることが大切なポイントです。
たれ目メイクで必要なことは、ジリサンをアイライナーで埋めることです。
ジリサンとは、目尻の上と下の間にある三角形の部分です。
たれ目メイクでは、必ずジリサンをアイライナーで埋めなくてはいけません。

初心者のアイラインの引き方⑥ 奥二重とヴィンテージメイク

ヴィンテージアイラインは、今流行のアイラインです。
目尻をキュッと引き上げた、キャットアイラインに似ている、お洒落なアイラインです。
ヴィンテージアイラインで、美目になりましょう。
ヴィンテージアイラインは、ラインの下を角に塗りつぶすのがポイントです。

ブラックのジェルアイライナーで、目頭から目尻までアイラインを引きます。
目尻のラインを5mm引き延ばします。
下瞼のカールに沿って、目尻のラインを下から上へ引きます。
上のラインと下のラインを、自然に繋げます。
長く引いている目尻のラインの下にラインが重なるように引きます。

初心者のアイラインの引き方⑦ 奥二重より一重のアイライナー

一重瞼に向いているアイライナーは、リキッドアイライナーです。
ラインが細く太く描けるからです。
ウォータープルーフのアイライナーなど、リキッドアイライナーは様々な種類があります。
ブラウンやブラックなど、ベーシックなカラーを持っておくと便利です。

一重のアイラインの引き方は、簡単です。
一重を大きな瞳に見せるために、ブラックのアイライナーでまつ毛の根元を埋めます。
アイラインの引き方は、まず、まつ毛とまつ毛の間をアイライナーで埋めます。
その時に、瞼を指で引き上げて、目頭から中央へ、目尻から中央へを少しずつアイライナーを動かしながら描きます。
アイラインを均等の太さにするために、綿棒で調節します。
一重瞼の目尻のアイランは、5mm~7mmと長めに引きます。
アイラインが乾く前に、綿棒でなぞって肌にアイラインを密着させます。
アイラインを微調整しながら、太くします。

一重のアイラインの引き方

一重のアイラインの引き方を、分かりやすく動画で紹介しているものがあったので、載せておきますね。
文章だけではイメージがつかみにくい場合は、こちらの動画を是非参考にしてみてください。

初心者のアイラインの引き方⑧ 奥二重のアイラインの滲み

一重瞼や奥二重瞼のアイメイクで、アイライナーが滲み、パンダ目になる事があります。
アイラインの滲みを防ぐために、メイク前に目元をサラサラの状態にしましょう。
メイク前に目元の油分を、ティッシュでふきとるか、フェイスパウダーを付けます。
アイメイクの順番は、アイライナーを引く前に、アイシャドウでメイクします。
アイライナーを引いた後に、アイシャドウを付けるとアイラインの滲みを防げます。

一重瞼のアイラインの引き方は、ブラックのアイラインを太目に引くと、目がぱっちりしているように見えます。
一重の魅了を引き出せるのは、目尻を長めに描くことが、ポイントですね。
一重瞼は、アイメイク次第で美しくなります。
アイメイクにこだわりたいときは、アイライナーの色々なカラーを試してみてください。

初心者のアイラインの引き方⑨ 奥二重のアイライナーは長く

奥二重の人は、アイランを描くことは難しいと感じるでしょう。
奥二重は、瞼のキワに細くラインを引くことで魅力的な目になります。
まつ毛の隙間を埋めると、目元が大きく見えます。
奥二重の人は、瞼の重なりをつぶさないようにアイランを引くことが大事です。

奥二重のアイラインの描き方は、まず上瞼を指で持ち上げながら、上のラインのまつ毛の隙間を埋めます。
目尻は、上げないで下げ気味にします。
目尻3分の1から下のラインを引きます。
上のラインを同じように、目尻3分の1から引きます。

奥二重のアイラインの描き方

奥二重のアイラインの引き方の動画も、分かりやすいものがありましたので、ご紹介しておきますね!

アイラインは慣れるまでは大変ですが、動画を参考に、挑戦してみてくださいね。

初心者のアイラインの引き方⑩ アイライナーで、奥二重を美目に!

二重は、くっきりしたラインが魅力的な大きな瞳です。
ブラウンのアイライナーを使うと、ナチュラルなイメージになります。
二重は、大きな目なのでアイラインは、インサイドラインがポイントになります。
二重は、派手なアイメイクも似合いますね。
奥二重も同様にくっきりしたアイラインが似合います。

二重のアイラインは、上瞼を引っ張りながら、粘膜を埋める感じにインサイドラインを引きます。
そして、目尻は少し下げる感じに引き、長めに描きます。
下のラインは引かないで、目尻のあたりをぼかして、仕上げます。
二重瞼の方は下のラインを引くと、インパクトが強くなります。

リキッドアイライナーで綺麗なラインを描くコツ

まつ毛の根元ぎりぎりのところを、目頭から黒目のところまでラインを引きます。
リキッドタイプは、細いラインを書く事ができるので、インラインを入れるようにアイラインを描きます。
目尻のラインはとても長く引きます。
リキッドアイライナーは、ラインを描きやすいのでブラウンを1本持っていると便利です。

初心者のアイラインの引き方⑪ 奥二重とキャットアイライン

アイラインの引き方で、知られているのがキャットアイに見せるアイラインです。
キャットアイラインのポイントは、目尻をキュッと引き上げていることです。
キャットアイラインは、たれ目を可愛く見せてくれます。
また、キャットアイラインでフェイスラインを引き締めて見せる効果があります。

キャットアイラインの引き方は、最初にまつ毛とまつ毛の間を埋めながら目頭から目尻までラインを引きます。
そして、目尻に向かってアイラインを太くなるように描きます。
目尻から5㎜~8㎜の長さがあるようにアイラインを引きます。
目尻のアイラインは、下瞼の目尻の延長線を描くように書きます。

初心者のアイラインの引き方⑫ アイライナーで奥二重もセクシーに

切れ長な目に見せるアイラインは、一重や奥二重の人におすすめです。
切れ長な目に見せるアイラインで、大人の女性の魅力がアップします。
切れ長な目ラインを描くときは、上のラインをリキッドアイライナーで、下のラインをペンシルライナーで描くと綺麗に引けます。

切れ長の目のラインは、目頭から目のラインに沿って、目尻までラインを入れます。
目尻のラインを3mm~5mmくらいの長さで引き上げるように描きます。
下からのラインは、目の3分の1から目尻に引き、目尻から少し引き上げるようにラインを書きます。
上からのラインと下からのラインが重なるように引きます。

初心者のアイラインの引き方⑬ 奥二重をナチュラルメイクで!

パウダーアイライナーは、アイシャドウのような粉末状のアイライナーです。
パウダーアイライナーは、自然にアイライナーを描くことができます。
パウダーアイライナーは、ペンタイプになっているから初心者も上手にアイラインを引けます。
パウダーアイライナーで、ナチュラルなアイメイクに仕上げられます。

パウダーアイライナーは、アイシャドウと合わせて、ぼかした感じにラインを引きます。
パウダーアイライナーで、アイラインを太く描き、一重や奥二重をエレガントなイメージにしてみましょう。
ブラウンやブラックを使い分けて、ぼかしたラインをアイメイクに取り入れてくださいね。
パウダーアイライナーは、ベーシックなアイラインの引き方で書くといいです。

ジェルタイプのペンシルアイライナー    

初心者にとって、ペンシルアイライナー以外のリキッドやパウダー、ジェルアイライナーを使うことは難しいです。
ジェルタイプのペンシルアイライナーもあるので、初心者におすすめです。
たれ目メイクをしたいと思う初心者もいるはずです。
リキッドアイライナーを使うと、綺麗にたれ目メイクができますね。
初心者がたれ目メイクをするなら、まず基本のアイラインの引き方をマスターしましょう。
たれ目メイクは、ジリサンやまつ毛の間を埋めるなど、難しいステップがあります。
たれ目メイクをする前に、アイライナーの使い方に慣れるべきです。
ジェルペンシルアイライナーなら、初心者でもたれ目メイクを上手に仕上げられるかもしれませんね。
ジェルペンシルアイライナーのペン先を丸くすると、まつ毛の隙間やジリサンを埋めやすいです。

初心者のアイラインの引き方⑭ 奥二重の自然なアイラインのポイント

ナチュラルメイクを普段している女性が多くいますね。
ナチュラルなアイメイクに、アイランの引き方も重要なポイントになります。
アイラインを自然に綺麗に引くには、ペンシルアイライナーでまつ毛とまつ毛の隙間を埋めることが大切です。
そして、瞼の内側にインラインを引くことも重要です。

リキッドアイライナーには、太い、細い、極細などペンのサイズがあります。
キャットアイは極細で書くと、アイラインを目尻から上に向かって引きやすいです。
初心者は、柔らかなペンシルタイプが使いやすいはずです。
筆にジェルアイライナーを付けるときは、つけすぎに気を付けてください。
ジェルアイライナーでは、くっきりしたラインを描きます。
アイライナーのインラインは、ドライアイや眼の病気に注意して、メイクを頑張りたい時だけにインラインを引きましょう。

アイラインをナチュラルに見せる

アイラインをナチュラルに見せるには、ブラックよりもブラウンのアイライナーを選びます。
ブラウンはソフトな印象で、アイラインを引くと、目元が優しいイメージになります。
アイラインをブラウンで引くことで、ライトな感覚のメイクになるでしょう。
ブラウンのアイラインは、目もとを美しく見せてくれます。
ブラウンのアイライナーを引くだけで、顔のイメージが可愛く変わります。

初心者のアイラインの引き方⑮ 目元に安全なアイライナーの使い方!

瞳や眼の周辺の皮膚は、とっても繊細です。
綺麗なアイラインを引いて、アイメイクに力を入れたい気持ちはわかりますが、アイラインに気を取られて目元を傷つけてはいけません。
眼が病気になっている時は、アイメイクのし過ぎに注意しましょう。
アイメイク専用のクレンジングで、綺麗にアイメイクを落とすことも大切なことです。

アイラインを引くときは、目を傷つけないように気を配りましょう。
アイラインは、目頭、目尻、まつ毛の隙間などにラインを引くので、鋭い注意が必要です。
アイライナーで目をつかないように、素早くメイクしましょう。
ラメ入りのアイライナーを使う時は、ラメが目に入ると傷つくかもしれません。
アイラインやアイシャドウのメイクは、目元や目の調子が悪い時は避けるべきです。

初心者の一重のアイライナーの引き方のポイント

一重にアイラインを引くときは、横長に見えるように、目尻からのラインを5mm~7mmと長く引きます。
そして、瞼を閉じたときに、アイラインがわかるくらいアイラインを太く描くことがポイントです。
最後のポイントは、まつ毛の隙間を綺麗に埋めることです。
一重は、目が小さく見えるので目元をくっきりしたアイラインで、目を大きく見せるアイメイクが人気です。

一重のアイラインは、ブラウンのアイライナーがおすすめです。
アイラインは、目頭から目尻にかけて横長に引き、目尻から数ミリ長く引くと綺麗な目元になります。
細いアイライナーを使うと、一重の場合は瞼でアイライナーが隠れるので、太いアイラインを描く必要があります。
初心者でも、ブラウンのペンシルアイライナーを使うと、上手くアイラインを引くことができるでしょう。

初心者の奥二重のアイライナーの引き方のポイント

奥二重は、目頭からアイラインを引かないで、黒目のあたりから目尻にかけてアイラインを引きます。
そうすると、目元がはっきりして大きな目に見えて、好印象になります。
奥二重は、太いアイラインを引くと瞼が腫れぼったく見えてマイナスなイメージになります。
奥二重は、アイラインを細く入れることがポイントです。
アイラインを奥二重に太く入れると、目が小さく見えてしまいます。

奥二重をパッチリした目に見せたい場合は、黒目から目尻にかけてスッと細く横長にアイラインを入れます。
まつ毛の隙間を埋めることも大事なポイントです。
奥二重は、太いアイランだと二重の部分が埋まってしまうので、目が小さく見えます。
奥二重で綺麗なアイメイクにするには、横長にアイラインを入れて、下のラインは目尻から数ミリ長く引いて、上のラインと重ねてくださいね。

初心者の二重のアイライナーの引き方のポイント

二重のアイラインは、柔らかな印象に見せるために、グレーかブラウンを選びます。
二重の場合は、リキッドやジェル以外のペンシルタイプを選びます。
アイラインを引くときは、極細でまつ毛の隙間を埋めるか目尻だけに引きます。
瞼を閉じて、まつ毛の隙間に隠れアイラインを引くだけでOKです。
二重は、アイラインが必要ないと思われがちですが、目尻にラインを入れることでナチュラメイクになり、目元がカッコよくなります。

二重の人が、リキッドやジェルアイライナーを使う時は、目尻だけにラインを入れます。
二重の人は、アイメイクで目力が付きます。
二重のアイメイクにアイライナーを使わない人に、目尻のアイラインをおすすめします。
二重の人も、まつ毛の隙間を埋めるだけで、目元の印象が変わるはずです。
お洒落でモードなアイメイクを楽しんでください。

二重のアイラインの描き方

二重の人向けのアイラインの引き方も、分かりやすい動画がありましたので、こちらに載せておきます。

初心者の方でもナチュラルなアイラインが引けるように、参考にしてくださいね。

初心者のアイラインの引き方は、よくわかりましたか?

一重や奥二重、二重のアイラインは、様々なラインの引き方がありますね。
一重や奥二重は、アイラインを引いて目元をパッチリさせます。
二重は、目尻だけにアイラインを引くだけで、クールなアイメイクができます。
アイライナーを使ったことがない人も、アイラインの引き方をマスターしてください。
アイライナーで目元のイメージがアップして、素敵になるでしょう。

もっとアイメイクについて知りたいあなたへ!

アイグロスの使い方とおすすめ!プチプラでも優秀!【2018】
アイプチとアイシャドウの順番は?メイクでアイプチをより綺麗に!
オロナインで涙袋や二重は作れる?やり方と危険性を解説
丸目メイクのやり方解説!まんまるおめめで可愛くなろう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ