アイプチのやり方・コツ7選!失敗しないでキレイな二重に!

誰でも簡単に二重が手に入るアイプチ。でもやり方を間違えると二重が不自然になって失敗したり、アイプチが目立ってしまったり、意外と難しいですよね。そこでアイプチのやり方とコツをまとめてみました!アイプチで二重を綺麗に作るコツを覚えて、自然な二重を手に入れましょう。

アイプチのやり方・コツ7選!失敗しないでキレイな二重に!のイメージ

目次

  1. アイプチのやり方とコツを覚えて綺麗な二重に
  2. アイプチのやり方とコツ①まぶたの皮脂を拭き取る
  3. アイプチのやり方とコツ②二重のラインを決める
  4. アイプチのやり方とコツ③アイプチを塗る
  5. アイプチのやり方とコツ④二重を作る
  6. アイプチのやり方とコツ⑤二重を整える
  7. アイプチのやり方とコツ⑥メイクの順番
  8. アイプチのやり方とコツ⑦メイクのコツ
  9. アイプチをとるやり方とコツ
  10. 奥二重の人向けのアイプチのやり方とコツ
  11. 一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ①リーズナブルなアイプチ
  12. 一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ②折り込み式
  13. 一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ③キープ力重視
  14. 一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ④夜用アイプチ
  15. アイプチのやり方とコツをつかめば誰でも綺麗な二重に

アイプチのやり方とコツを覚えて綺麗な二重に

アイプチは整形せずに誰でも二重が手に入る魔法のアイテムです。一重の方はもちろん、奥二重の方もくっきり二重になれるんです。

ただし、アイプチによっては綺麗に二重を作るのが難しかったり、二重になっても不自然でアイプチバレバレなんてこともありますよね。

アイプチを失敗しないやり方って?

そこで今回はアイプチのやり方や失敗せず綺麗に二重を作るコツ、アイプチがバレないメイク方法やおすすめのアイプチなども紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

アイプチのやり方とコツ①まぶたの皮脂を拭き取る

それではまずはアイプチの基本的なやり方とコツを紹介します。のりの塗り方や、二重幅の作り方など、細かくコツを紹介するので、失敗してしまうという方や初心者の方は参考にしてみてください。

初めにクレンジングや化粧水をコットンなどに染み込ませて、まぶたの皮脂や汚れを拭き取ります。油分のある皮膚の上にそのままのりを塗ると、アイプチが取れやすくなってしまうため、まずはまぶたを綺麗にしておきましょう。

アイプチのやり方とコツ②二重のラインを決める

次にアイプチ付属品のプッシャーで二重のラインをつけていきます。プッシャーで癖付けしても二重のラインがすぐに消えてしまうという人は、アイシャドウで薄く目印をつけるといいですよ。

またラインの付け方は好みですが、二重の幅を広くし過ぎるのはおすすめしません。あまり二重の幅が広いと不自然な二重に見えますし、目をつむったとき完全に目が閉じないので、まばたきなどをすると半目になってしまいます。

バレない自然な二重にしたい場合は、まつ毛の生え際から大体5ミリくらいの末広型のラインを作るのがコツです。

アイプチのやり方とコツ③アイプチを塗る

続いて半目の状態で決めたラインにアイプチを塗っていきます。この時、二重ラインを中心に、その周りに半月型にのりを塗る感じで塗ってください。あまり塗りすぎると、綺麗な二重になりませんし乾くのに時間がかかるので、バレない自然な二重にするためには薄く均一に塗るのがコツです。

まぶたが分厚い一重の方や奥二重の方など、薄く塗ってもラインがしっかりつかないという方は、薄く塗って乾かす作業を2,3回ほど繰り返して、重ね塗りしましょう。

また目頭や眼尻には塗り広げないようにするのもコツです。のりを塗る幅が広いと皮膚が引っ張られて不自然になるので、目の真ん中あたりに細く塗るようにします。

アイプチのやり方とコツ④二重を作る

のりが透明になったら、プッシャーで二重にしたい部分を軽く添える程度に抑え、ゆっくりとまぶたを開けていきます。プッシャーがなければつまようじやヘアピンで代用しても構いません。もし理想の二重が出来てなければ、もう1度プッシャーを添えて二重のラインを確認しましょう。

この時急いでのりが乾ききっていない状態でプッシャーを当ててしまうと、仕上がりが汚くなって失敗してしまうので、きちんとのりが乾いて半透明になってから二重を作りましょう。どうしても早く乾かしたいときはドライヤーの冷風などを当てると早く乾かすことが出来ますよ。

アイプチのやり方とコツ⑤二重を整える

二重が出来たらプッシャーをゆっくり外し、目頭や目尻の二重ラインをプッシャーで押さえて形を整えていきます。もし失敗したり、やり直したい部分があれば、その部分だけ指ではがして、のりを塗り直して再度やり直しましょう。

理想的な二重が完成したら、あまり触らないようにしてください。粘着力が弱くなってアイプチが取れやすくなってしまいます。

コツを抑えながらやっても上手くいかないこともあるかと思いますが、とにかく練習あるのみなので、慣れるまでやり直しながらでもやってみてください。

アイプチのやり方とコツ⑥メイクの順番

メイクをするときアイプチはいつすればいいのか迷ったことはありませんか?メイクの順番次第ではバレやすくなったり、二重の線がぼやけたりします。アイプチがバレない自然なメイクをするにはいつアイプチをすればいいのか、チェックしてみましょう。

アイプチはとてもデリケートです。はがれやすく、上からアイシャドウをすると二重の部分に粉がたまったり色が濃くなったり、アイプチがめだちやすくなります。そのためアイプチがバレないようにメイクするには、メイク後にアイプチをするのがおすすめです。

ただしアイプチを失敗しやすい初心者やメイク後にアイプチをすると取れやすくなってしまうという方など、どうしてもメイク前にアイプチをしたいという方はファイバータイプのアイプチを使ってみましょう。
ファイバータイプのアイプチは粘着力が弱いので、メイク前に使わないととれてしまうのですが、アイプチの上からアイメイクをしても崩れないタイプが多いらしいです。あくまで参考程度ですが、試してみてください。

アイプチのやり方とコツ⑦メイクのコツ

アイプチがバレないようにするために、コスメやメイクの仕方を変えてみるのもおすすめです。特にアイシャドウはまぶたに塗るので、アイプチとの相性がとても重要になりますよね。例えばパウダータイプのアイシャドウを使った後、アイプチをするとすぐに取れてしまったり、気づいたらのりにアイシャドウの粉がついてアイプチが目立ってしまったりという失敗があります。

アイシャドウを塗ったらアイプチがはがれてしまうという方は、アイシャドウベースを使うのがおすすめです。アイシャドウを塗る前にアイシャドウベースを塗ることで、アイメイクを崩れにくくしてくれます。アイプチがはがれやすいという方は試してみてください。

また、クリームアイシャドウを使うのもおすすめです。アイプチが崩れにくい上、光るタイプのクリームアイシャドウを使えば、アイプチがバレないようにカモフラージュできます。

パウダータイプのアイシャドウを使う場合は、ブラシを使ってアイシャドウを付けていきましょう。ブラシの方が綺麗に仕上がりますし、二重のラインがよれることもありません。

またアイライナーを使う時は、リキッドタイプがおすすめです。ペンシルタイプのアイライナーはのりの部分に色がついてしまうことがあるので、肌になじむリキッドタイプを使いましょう。

■関連記事:アイメイクについて気になる方はこちらもチェック!

アイシャドウのプチプラおすすめ人気ランキングTOP11!
アイラインの引き方!奥二重・一重・二重のポイントは?【初心者OK】

アイプチをとるやり方とコツ

アイプチは乱暴にゴシゴシこすったり、無理やりはがそうとすると、かぶれや腫れの原因になってしまいます。まぶたのたるみや伸びにもつながるので、優しく落とす必要があります。いくつか方法があるので、チェックしてみましょう。

まずはコットンや柔らかいタオルをお湯に浸して、まぶたの上にのせます。しばらくまぶたにのせてふやかし、まぶたを拭き取ればアイプチがとれます。ただしこれだけでは落ちないアイプチの場合は、クレンジングをコットンに染み込ませて、先ほどと同じようにまぶたにしばらくのせてふやかしてから落としてみてください。

ウォータプルーフのアイプチの場合は水に強いので、何をしても落ちないということもありますよね。そういうときは洗浄力の強いオイルタイプのクレンジングやポイントメイクリムーバーを使うのがおすすめです。これらをコットンに染み込ませてまぶたにのせ、時間を置いてから拭き取ってみましょう。それでもベタベタが気になる場合はもう1度繰り返してみてください。

ウォータープルーフのアイプチは水や汗に強く長時間持つので、とても優秀なアイプチですが、塗るのも落とすのもまぶたに負担がかかってしまいます。なるべくどうしても必要な時だけ使うようにしましょう。

奥二重の人向けのアイプチのやり方とコツ

奥二重は一重と違い、上手くアイプチが出来ないと悩む方が多いと思います。奥二重には元々二重線があるので、どこにアイプチを付ければいいのか分からないとか、目元の脂肪が多いためアイプチが上手く固定できないということもありますよね。そこで、奥二重のアイプチのやり方やコツをまとめてみました。

奥二重の方は、元々の二重のラインを生かした方がいいのか悩むところだと思いますが、二重に近い奥二重でなければ、元々の二重ラインを無視して構いません。元々の二重ラインを生かして二重を作ろうとすると、腫れぼったい二重になってしまいます。

アイプチで二重を作るときは、奥二重のラインより3~5ミリくらい上の位置を目安にアイプチで二重を作ると綺麗な二重になりますよ。

またアイプチを塗って乾かしたあと、プッシャーで二重ラインを作ると思いますが、その時上目遣いで鏡を見るようにすると、しっかりと二重のラインが定着しやすくなります。奥二重に限らず、二重が定着しづらい分厚い一重まぶたの方にもおすすめの方法です。

奥二重の方は一重の方よりも少しアイプチで二重を作りづらいですが、やり方やコツを覚えれば綺麗な二重まぶたを手に入れることが出来ます。奥二重の方におすすめのアイプチも紹介するので、自分に合ったアイプチを探してみてください。

一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ①リーズナブルなアイプチ

まだ慣れていない初心者の方は、失敗してもやり直しがきく練習用のものを買いたいという人も多いですよね。そんな時は、気軽にリーズナブルな価格で買えるアイプチがおすすめです。まだ慣れていない方やお手頃価格のアイプチがほしい方はチェックしてみましょう。

オペラ アイプチS
価格 780円

大体500円から700円くらいで買えるアイプチSは、一重でも奥二重でも誰でも簡単に二重になれる人気のアイプチです。乾きが早く、自然なバレない二重が作れる上、汗や水にも強いという特徴があります。またまぶたに優しいので、安全に使うことができますよ。

コージー本舗 アイトーク
価格 918円

アイトークは、30年以上長い間多くの人に親しまれているアイプチです。乾きが早く、バレない自然な二重にすることも出来ますし、粘着力があるので、長時間持ちます。のりが白から透明になるベーシックタイプは、塗る範囲が調節しやすく失敗しにくいので、初心者の方にもおすすめ。ハードタイプは、重い一重や奥二重の方におすすめです。量もたっぷりあるので練習用にも使えますよ。

エリザベス キューティ・キューティZ
価格:540円

とにかく安いアイプチがほしいという方はこちらのアイプチがおすすめ。速乾タイプでリーズナブルなので使いやすく、初心者の方でも安心して使えます。粘着力は低いので、失敗してもすぐにやり直せますが、キープ力はあまりありません。

一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ②折り込み式

続いては皮膚を折り込ませて二重を作る折り込み式のアイプチをまとめてみました。折り込み式のアイプチはまぶたをくっつけないので、目を閉じた時により自然な二重になります。使い方はコツがいりますが、バレない自然な仕上がりのアイプチが欲しい人におすすめです。

ローヤル化研 ローヤルアイムリピ
価格 6400円

ローヤルアイムリピはとても人気のアイプチで、少し高めですがその分キープ力も自然さも定評があります。非粘着タイプは使い方が難しいのですが、ローヤルアイムは丁寧な説明書がついているので初めて使う方も安心です。これより少し小さめのローヤルプチアイムは、お手頃価格で持ち運びにも便利なので、初めて使うならそちらもおすすめです。

オペラ アイプチリキッドテープN
価格:1200円

非粘着式の中ではお手頃価格のアイプチです。比較的テカリが少なく、メイクをすればよりバレない自然な二重になります。またウォータープルーフタイプなので、汗や水に強くキープ力もあります。落とすときもお湯やコットンで簡単に取れてくれるので、失敗してもすぐやり直し出来ますよ。

一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ③キープ力重視

続いてはキープ力に定評のあるアイプチをまとめてみました。1日中付けていたい人や、汗をかきやすい人、スポーツをする人などにおすすめです。

アイビューティーフィクサー ウォータープルーフ
価格:1296円

アイビューティーフィクサーはウォータープルーフなので汗や水に強く、重い一重でも奥二重でも自然なくっきり二重になれると人気のアイプチです。一日中付けても落ちないキープ力がありますが、落とすときはクレンジングと洗顔でダブル洗顔する必要があり、簡単には落ちないのである程度アイプチに慣れた方におすすめです。

アイトーク ウォータープルーフ
価格:3800円

最強クラスの接着力を誇ると言われるアイトークのウォータープルーフです。朝から夜までしっかり二重をキープしてくれて、海やプールで遊んでも簡単には落ちません。強力なアイプチはまぶたがかぶれるんじゃないかと心配になりますが、保湿成分が配合されているので敏感肌の方も安心して使うことが出来ます。

ガールズメーカー エタニティラインα
価格:1296円

とても強力なアイプチで、重い一重まぶたでも奥二重でも誰でもパッチリバレない自然な二重になれます。1日中付けても、温泉やプールに入っても落ちないので、粘着力でいえば一番かもしれません。ただし強力過ぎて落とすのが大変なのと、付けるとヒリヒリするという方もいるので、まぶたが弱い人にはあまりおすすめ出来ません。

一重にも奥二重にもおすすめのアイプチ④夜用アイプチ

最後は寝る前につける夜用のアイプチを紹介します。夜用アイプチは二重の癖付けをするためのもので、日中アイプチをつけなくても自然に二重が出来ているという方もいます。毎日コツコツ夜用アイプチを付けて、念願の二重を手に入れましょう。

シェモア メジカライナーナイト&ハード
価格:1505円

メジカライナーはプッシャーを使わずに、ヘラ状の先端からのりの液を出して二重ラインに塗って乾かすだけで簡単に二重になるアイプチです。強力なのでまぶたが厚い一重でも奥二重でも綺麗に二重が作れます。夜寝る前にさっと塗るだけなのでとても楽で、癖付けもしやすいと思います。ただ液の出すぎでムラが出来たりして、慣れるまで少し難しいかもしれませんが、少々失敗しても水クレンジングなどで拭くだけですぐに取れるので、初心者でも使いやすいですよ。

Stree Trend ナイトアイボーテ
価格:2980円

多くの雑誌に取り上げられた、夜用アイプチの先駆けでもあるナイトアイボーテ。朝まで取れない高い接着力があり、まぶたのむくみや荒れ、伸びも予防する美容成分が配合されているので安心して使うことが出来ます。二重の癖付け効果には個人差があるようですが、とても人気が高いので試してみる価値はありそうです。

二重記念美
価格:2980円

二重記念美はモデルさんも使用しているという、粘着力の高い夜用アイプチです。豊富なビタミンや浸透力の高いヒアルロン酸が含まれているため、まぶたのうるおいを保ち、ハリのある目元が手に入ります。こちらも個人差があるようですが、お湯でさっと落とせるので使いやすいと思います。

アイプチのやり方とコツをつかめば誰でも綺麗な二重に

アイプチはやり方とコツさえつかめば、奥二重でも重い一重でも誰でも二重が手に入ります。慣れないうちは失敗してしまっても、練習しながらコツをつかんでいきましょう。

ただアイプチには個人差があり、肌に合わないものもありますし、効果が感じられないものもあります。様々なアイプチがあるので、自分に合ったアイプチを探してみてください。

ぱっちりな目を手に入れよう!こちらもチェック!

アイプチとアイシャドウの順番は?メイクでアイプチをより綺麗に!
オロナインで涙袋や二重は作れる?やり方と危険性を解説
アイラインを目尻だけにするとデカ目に?引き方を解説します!
丸目メイクのやり方解説!まんまるおめめで可愛くなろう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ