メザイクのやり方・コツ!おすすめの商品は?これできれいな二重に!

最近では当たり前になってきたメザイクですが、実はメザイクのやり方は簡単そうに見えて難しくメザイクのやり方を習得するまでは何度も失敗しがち。今回はメザイクのやり方とコツおすすめするメザイクの商品もご紹介します。おすすめのメザイクでやり方とコツを習得しませんか?

メザイクのやり方・コツ!おすすめの商品は?これできれいな二重に!のイメージ

目次

  1. アイプチよりおすすめ!メザイクって?
  2. おすすめするメザイク・アイテープ商品はこちら
  3. メザイクは難しいイメージ?やり方とコツ
  4. しつこい一重・奥二重におすすめするメザイクのコツとやり方
  5. メザイク×メイクで最強の二重に!
  6. メザイクはおすすめ!やり方とコツを覚えて練習!

アイプチよりおすすめ!メザイクって?

最近よく耳にするメザイク。アイプチ・アイテープ・メザイクと種類は様々ですがでは一体メザイクとはどのようなもののことを言うのでしょうか?

まずはその違いについて見ていきたいと思います。

アイプチとは?

アイプチはひと昔に流行った「まぶたに塗るのり」のことで、二重にするために使用していた方も多いのではないでしょうか?アイプチは二重幅にしたいまぶた部分にのりを塗布しスティックでまぶたを押し上げ自分の理想とする幅に広げることができるアイテムです。

しかしアイプチの欠点として
・アイプチはすぐとれる
・まぶたを閉じると不自然な目元になる
・メイクをしてもアイシャドウの粉がたまる

など様々な欠点がありうまく使用しないと不自然な目元になってしまうのがアイプチです。しかしアイプチで一重が二重になった方、奥二重もパッチリ二重になったという方もいるため二重にするには抜群の商品といえます。

アイテープとは?

アイテープとは二重にしたいラインに沿ってまぶたの上にアイテープを貼り二重を作るアイテムのことです。

ちょっと前のアイテープはあまり良いイメージがありませんでした。
・アイテープが透明で光る
・メイクで隠れない
・あからさまにアイテープをしているのがわかる

などといった印象があるアイテープですが最近では肌の色に合わせたものや、透明でも光りにくいマットのものなど様々な種類が販売されています。またアイテープは一重の方でも奥二重の方でも簡単に二重にすることができる商品です。

メザイクって?

メザイクはアイテープと似ていますが、細いストレッチファイバーで自分が理想とする二重幅に合わせてファイバーを押し込むことによってパッチリ二重にすることができるアイテムです。

しかしメザイクは使い方が難しくコツを掴むまで使えなかったり使いにくかったりすることもあげられます。

メザイクがアイプチ・アイテープと違ってよい点は・・
・使いにくいがコツをつかめれば簡単に二重幅ができる。
・メイクのとき二重幅がばれにくい
・アイシャドウで隠すことができる
・メザイクの太さやファイバーの強さでしっかりくいこませられる

などといった点があげられます。今回はそんなメザイクについてご紹介していきたいと思います。


■参考記事:アイプチのやり方についてはコチラも参照!

アイプチのやり方・コツ7選!失敗しないでキレイな二重に!
奥二重のためのアイプチのやり方!奥二重から二重にするのは簡単?

【メザイクをおすすめする理由】①仕上がりがキレイ

メザイクはナチュラルに一重を二重にすることができるアイテム。そのためうまく使うことができれば綺麗な仕上がりとなりメザイクをしていることがばれることはありません。

先ほど述べたようにメザイクは細いファイバーでできていることから、まぶたにしっかりくいこませることによって自然な二重幅にすることができるのです。

アイプチ・アイテープではできなかったナチュラルな目元ができることによって最近では人気となっている商品です。

【メザイクをおすすめする理由】②メイクでうまく隠せる

メザイクはメイクをしたときにもナチュラルに隠すことができます。

特にアイシャドウをしたときがポイントとなります。アイプチやアイテープだとアイシャドウをした時にも「しっかりついている感」を隠すことができませんでしたが、細いファイバーのメザイクだと目立つことなくアイシャドウでナチュラルに隠すことができるのです。

おすすめするメザイク・アイテープ商品はこちら

おすすめするメザイク・アイテープの商品をみていきましょう。大人気の「MEZAIKU」はもちろんですが、最近では100円ショップでもメザイク、メザイクにとても近いテープなどが販売されています。様々な商品があるので自分に合った商品を見つける参考にしてみてください。

メザイク フリーファイバー

mezaik Free fiver【メザイク フリーファイバー】

価格 1,296円

mezaik Free fiver【メザイク フリーファイバー】

ここでは使いやすいメザイクを紹介していきます。初心者さんでも使いやすいメザイクの商品・値段を載せていきます。

自分に合うメザイクは使用してみないとわからないので合う商品に出会えるまで探し続けるのが理想の二重にするポイントです。

・MEZAIKU フリーファイバー
・60本入り/1296円

有名なメザイクはこちらの商品になります。60本入っているので失敗しても安心できる容量です。そしてしっかりまぶたにつくので取れにくくしっかりとした商品です。

メザイク プティ

mezaik petitふたえリキッド
mezaik petitふたえリキッド

ふたえの幅を広げたい!しっかりしたふたえが欲しい!重たいひとえをふたえにしたい!そんなあなたにおすすめなのが「mezaik petitふたえリキッド」。

ウォータープルーフのハードタイプなので、夏の汗をかく季節にも安心して使えます。約80回分とコスパ面でも◎の商品で、ふんわりパンケーキの香りが優しく癒してくれます。

・mezaik petitふたえリキッド
・約80回分 788円

グッとくいこむ!ふたえ極細テープ(DAISO)

・グッとくいこむ!ふたえ極細テープ(DAISO)
・40本/108円

DAISOのふたえ極細テープです。引っ張ると少しのびるのでまぶたにしっかりくいこませることができます。

108円でコスパもよくしっかりつくのが人気の理由です。ただしMEZAIKUよりも装着感が軽いので重たい一重・奥二重の方は二重になりにくい場合もあります。

・のびーるアイテープ(DAISO)
・64本/108円

こちらもDAISOの商品です。透明でのびるのでまぶたにしっかりくいこませることができる商品です。アイテープが好きな方にはこちらの商品がおすすめです。

メザイクは難しいイメージ?やり方とコツ

メイクやアイシャドウでナチュラルに隠すことができるメザイク。とても人気商品でメザイクに挑戦したい、または挑戦してみたいといった方もいるのではないでしょうか。しかしメザイクは「使いこなすことができるのか?」と思う商品でもあります。

ではメザイクはどのように使えばうまく使いこなすことができるのでしょうか?メザイクをうまく使うポイントをしっかりおさえておけばメザイクは難しくはないのです!

①二重にしたい幅を決める

メザイクを使用するコツとして、二重にしたい幅をしっかりと決めます。最初は難しいメザイクですが慣れてくると簡単に貼りつけることができます。

二重にしたい幅を決める時はナチュラルに見える二重幅にすることがポイントです。

【メザイクで失敗するやり方】二重の幅を広げすぎる

メザイクで失敗する例として二重の幅を広げすぎるということがあげられます。二重の幅を広げすぎると不自然な目元になってしまいます。

また一重・奥二重の場合、最初から理想とする二重幅にしてしまうと、うまくつけられないことがあり剥がれてくることがあります。少しずつクセをつけて二重幅を広げていくと自分の理想とする二重幅を作ることができます。

②まぶたの油分をしっかりオフ

メザイクをする時にはまぶたについている油分をしっかりオフすることがポイントとなります。油分をしっかり取り除くことによってメザイクが長持ちし長時間つけておくことができます。

油分をしっかり取り除くことと水分をしっかり取り除くことを忘れないようにしましょう。化粧水・乳液をしたあとも優しくティッシュでふき取るとメザイクをうまくつけることができます。

【メザイクで失敗しないコツ】アイシャドウの上からはつけない

メザイクがうまくつけられないという方の中には「アイシャドウ後にメザイクをつける」という方がいます。アイシャドウをしてしまうとまぶたにくっつきにくくなりメザイクのもちが悪くなってしまいます。

アイシャドウやその他のメイク商品に含まれている油分によってメザイクがつきにくくなってしまうことからメザイクを使用するのは下地・日焼け止めを塗る前が一番良いでしょう。

③ファイバーをまぶたに押しつける

メザイクをうまくつけるコツとしてファイバーをまぶたに押し付けることがポイントとなります。

ファイバーは引っ張りすぎるとちぎれてしまうため引っ張る力加減を調整することも必要となります。まぶたに押し付ける時はしっかり押し込むようにくっつけることが一番大切です。

【メザイクで失敗するやり方】ファイバーを伸ばしていない

メザイクがうまくつけられない理由としてファイバーをしっかりと伸ばしていないことがよくあります。

伸ばしすぎるとちぎれてしまいますが、伸ばさない状態でファイバーを押し当ててもまぶたの重みで一重幅や奥二重幅に戻ってしまいます。ファイバーをしっかりと伸ばした状態でまぶたに貼りつけるよう意識をしてみましょう。

【メザイクで失敗しないコツ】まぶたにしっかり押し当てる

メザイクをつけてもすぐ取れてしまう原因としてまぶたにしっかり押し当てられていないことがあります。

一重・奥二重の場合、理想とする二重幅にするにはまぶたを押し込む力を必要とします。そのためファイバーをしっかりと引っ張りながらまぶたの上にファイバーを押し当てくいこませるイメージで貼りつけることがポイントとなります。

④メザイクを貼る順番を決める

メザイクをうまくつけるコツとしてメザイクを貼る順番をしっかり決めていくことが大切なポイントとなります。

メザイクを貼る順番を間違ってしまうと先ほど述べたようにうまくつかないことがあります。ではメザイクをうまく貼りつけるコツとは一体?

【メザイクで失敗しないコツ】中央から貼りつけていく

メザイクは中央から貼りつけていくと失敗することがありません。「中央→目頭→目尻」の順番で貼りつけていきましょう。この時もメザイクは伸ばしたままたるみのないように貼りつけていくことがポイントとなります。

メザイクを切る時ですが、目頭・目尻共にメザイクが長すぎるとメイクやアイシャドウでうまく隠れない場合もあるため目頭・目尻ともに3ミリくらい離した部分で切るとキレイでナチュラルな仕上がりとなります。

【メザイクで失敗するやり方】ベタベタ触りすぎている

メザイクを使用する時はファイバー部分をベタベタ触らないように気をつけましょう。ファイバーの部分はテープとなっているためベタベタ触ってしまうと粘着力が低下してしまいます。

使わない端を触るのは問題ありませんが使用する部分は触らないよう気をつけるとメザイクをうまく使用することができます。

しつこい一重・奥二重におすすめするメザイクのコツとやり方

メザイクを使用してもなかなか二重にならない・・・、そんなこともよくあります。もともとパッチリ二重の方が二重幅を広げることは難しくありませんが、一重・奥二重の場合キレイな二重にするのに時間がかかったり、まぶたの重みによっても二重幅を作るのが難しいこともあります。

そんな一重・奥二重の方がうまくパッチリ二重にするプラスアルファーなメザイクの使用方法をお伝えしていきます。

①アイプチとメザイクを併用する

一重・奥二重の場合メザイクを使用してもうまく二重にならない。そんなことはありませんか?そんな時はアイプチとメザイクを併用すると一重・奥二重の場合しっかり定着することができます。

【使用方法】
①ノリタイプのアイプチを理想とする二重ラインにひきます。
②アイプチのノリが少し乾いてきたらメザイクファイバーをのせます。
③しっかりくいこませてクセをつけるようにします。

アイプチとメザイクを併用するとしっかりとつきやすいです。

【おすすめする理由】強度がアップする!

なぜアイプチとメザイクを併用するのをおすすめするかと言うと、一緒に併用した方がまぶたにファイバーをのせたとき跳ね返りが少なくなるからです。

一重・奥二重の場合、最初からファイバーがうまくつかないことがあるので最初はアイプチとメザイクの併用をすることで理想の二重幅を作りやすくなります。

②つけま用ののりをつける

アイプチと似ていますが、つけま用のノリを併用するの時はまぶたに直接つけま用のノリを塗るのではなく、メザイクのファイバーにノリをつけてからまぶたにつけていく方法となります。

【使用方法】
①メザイクのファイバーを引っ張る。
②でてきたファイバーにつけま用のノリをつける。
③透明になってきたらまぶたにメザイクをのせる。

【おすすめする理由】粘着力がアップする!

メザイクに直接つけま用のノリをつけることによって粘着力がアップします。

アイプチでは理想とするラインに塗ってからメザイクをするため少しノリがはみだしたり、オーバーに塗ってしまう、なんてこともありますが、直接メザイクにつけま用のノリをつけることによってオーバーになることを防げるだけではなく自然にメザイクをつけることができます。

アイラッシュシリーズの商品はつけま用ノリとして人気ですが、つけまをしっかりキープしてくれる粘着性があるため、メザイクで使用する時も強度の強い粘着力でキープしてくれます。

アイラッシュにも様々な種類がありますが、一重・奥二重でメザイクの跳ね返りが強い方はつけま用のノリも強い方がよいでしょう。

メザイク×メイクで最強の二重に!

メザイクだけでは完ぺきとは言えません。その上にメイクをして完成!最強の二重はメザイク×メイクで手に入れましょう。

これまでのコンプレックスが、嘘のように払しょくされます。あなたの笑顔が更に輝くこと間違いなしです。

メザイクがダメならメイクで二重を作る

メザイクを使用してもなかなか理想の二重にならない・・・。そんな一重・奥二重の方はメザイクがダメならメイクで二重を作る方法もあります。メイク道具1つで二重に見えるメイク技を動画でチェック!

メザイクをした後のメイクのポイントは?

ではメザイクをした後はどのようにメイクをすると綺麗に仕上がるのでしょうか?

一重・奥二重の方がパッチリ二重にした時違和感のあるメイクにならない方法を見ていきましょう。メザイク後のメイク方法をチェックして失敗のない目元にしたいですね。

【メザイクを綺麗に見せるコツ】メザイクを丁寧に切る

メザイクをつけた後はメザイクを丁寧に切るのが大切なポイントとなります。メザイクを切る前にそっと目をあけて二重の幅でメザイクが隠れるラインでメザイクを切るようにします。

まばたきをしない状態で二重になった目を見た時、メザイクがはみ出て見える位置で切ってしまうとメザイクをしていることがばれてしまうため見えるか見えないかギリギリの位置で切るとばれにくいです。

【メザイクを綺麗に隠すやり方】アイシャドウで丁寧にカバー

メザイクを切った後はアイシャドウで綺麗にカバーしましょう。

メザイクの上からアイシャドウを丁寧にぬることでメザイクのてかりが消え自然な目元にすることができます。グラデーションを作るとよりわかりにくい目元を作ることができるでしょう。

メザイクはおすすめ!やり方とコツを覚えて練習!

メザイクは一重・奥二重の方はもちろんもともと二重で二重幅を広げたい方にもおすすめの商品です。

メザイク初心者さんには最初難しく使いにくい商品ですが慣れるとアイプチよりメザイクの方がとても楽に使うことができメイクの際仕上がりもとてもキレイです。

メザイクは練習が必要ですが沢山練習し自分に合ったメザイクを見つけることで理想の二重幅を手にいれることができる素敵な商品です。

もっとアイメイクについてみてみる?

アイプチとアイシャドウの順番は?メイクでアイプチをより綺麗に!
ダブルラインメイク!引き方・書き方を一重、二重別に解説します!
ダブルラインフェイカー(KATE)で整形級メイク!使い方教えます!
一重まぶたのアイシャドウおすすめ15選!塗り方や人気のメーカーは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ