奥二重のためのアイプチのやり方!奥二重から二重にするのは簡単?

奥二重のためのアイプチのやり方!奥二重から二重にするのは簡単?

一重と二重の中間である奥二重は良いとこ取りのようにも見えますが、正面を向いた時にはっきりと線が見えず、アイプチでよりくっきりとした線を出す人もいますが、案外苦戦している人も多いようです。今回は奥二重がアイプチを使って二重にするやり方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.奥二重は損しがち…
  2. 2.奥二重の救世主アイプチ
  3. 3.奥二重はアイプチを使うと二重に
  4. 4.アイプチを使って奥二重から二重にできない人多発
  5. 5.整形級の二重にするために線をよく見よう
  6. 6.奥二重におすすめのアイプチのやり方①線を取る
  7. 7.奥二重におすすめのアイプチのやり方②アイプチを塗る
  8. 8.奥二重におすすめのアイプチのやり方③薄く塗る
  9. 9.奥二重におすすめのアイプチのやり方④二重幅を取りすぎない
  10. 10.奥二重におすすめのアイプチのやり方⑤線に棒を押し込む
  11. 11.奥二重はアイプチ以外でも二重が可能
  12. 12.アイプチに負けない絆創膏の貼り方①カットする
  13. 13.アイプチに負けない絆創膏の貼り方②目頭に沿う
  14. 14.奥二重がアイプチだけで足りない場合はメザイクを使う
  15. 15.アイプチで奥二重を綺麗な二重にできる技
  16. 16.奥二重がアイプチで三重になってしまった場合は?
  17. 17.奥二重にアイプチを使う時は清潔に!
  18. 18.奥二重にアイプチは見極めが成功するカギ
  19. 19.奥二重を二重にするには睡眠時にも
  20. 20.アイプチで重たい奥二重を綺麗な二重にしてみよう!

奥二重は損しがち…

一重と二重の中間の位置にいる奥二重は一重よりは良いと思う人も多いでしょう。真っ直ぐと正面を見た時に線がはっきりと見える訳ではありませんが、一重の人から見たら元の線があるだけ羨ましいと感じます。

しかし、奥二重の当事者たちにとっては一重でもなければくっきりとした線のある綺麗な二重でもない瞼はどうにかして二重にしたいものです。

奥二重は下を向いていたり、瞼が広く見えるような角度で見れば十分に美しい二重のように見えますが、目を上に向ける姿勢などを取るとせっかくの線が残念なことに隠れてしまいます。

そのため、奥二重の人は最も手軽で簡単、そして安心に行えるアイプチを使って二重にしようと試みます。美容に敏感な現代では女性だけではなく男性も二重を理想としているため、二重を完璧に仕上げることは永遠の課題なのです。

そして女性と同じくらい美意識の強い男性は現代向けのお人形さんのような女性に心惹かれます。一重の女性も奥二重の女性も十分に美を感じられる対象ですが、世の中の美という対象は完璧な作りでないといけないという段階にまで到達している状態です。

そのため、女性は男性から認められるため、そして自分自身が納得できるまで美を追求し、体全体を美しくキープしようとしています。

奥二重の救世主アイプチ

奥二重にとって最も扱いやすい二重グッズと言えばアイプチです。アイプチは専用の接着剤を付属の細長い棒を使って線の位置を固定させます。

アイプチは瞼の上に接着剤をある程度塗り、乾き始めてきたら棒を用いて理想とする線に入れていくため、初心者にもおすすめの簡単な方法になります。

メイクを日頃から行う女性にとってもアイプチはその上からそのままメイクを行うことができるため、多くの人に重宝されている美容アイテムです。昔から存在しているアイプチは使い方次第で良い方向にも悪い方向にも向かいます。

そのため、コツを掴めば整形したような二重になることができますが、一歩間違えれば三重になってしまったりと大惨事です。

二重は綺麗でもさすがに三重までいってしまうと女性らしさも感じられなくなってしまうので、三重になってしまう原因や三重になった際の対処の仕方も後ほど触れていきます。

◆関連記事:アイプチのコツが知りたい方へ

アイプチのやり方・コツ7選!失敗しないでキレイな二重に! | Lovely[ラブリー]のイメージ
アイプチのやり方・コツ7選!失敗しないでキレイな二重に! | Lovely[ラブリー]
誰でも簡単に二重が手に入るアイプチ。でもやり方を間違えると二重が不自然になって失敗したり、アイプチが目立ってしまったり、意外と難しいですよね。そこでアイプチのやり方とコツをまとめてみました!アイプチで二重を綺麗に作るコツを覚えて、自然な二重を手に入れましょう。

奥二重はアイプチを使うと二重に


楽天総合1位★FUTAE M&Nアイプチ 簡単二重 奥二重 ヘルシーライフ

奥二重の人にとって理想としている形はやはり二重です。綺麗な二重になることができればメイクもより楽しくなりますし、奥二重用のメイクを施す必要もなくなります。

奥二重の人は正面を向いた時に瞼が隠れてしまうため、メイク方法も一重や二重の人とは異なるやり方をしています。

メイク方法の中にはそれぞれ一重の人向きや二重向きのメイク、そして奥二重向きのメイクなど数多くのメイク方法が存在しますが、メイクだけで二重にしようと思ってもテクニックと高度な技、そして粗を隠すことができる器用さが重要となります。

難易度が高いため中々メイクだけで二重にするという奥二重の人も少ないでしょう。誰でも簡単に、そしてプロの技術や知識などもいらないアイプチは奥二重の救世主的存在となっているのです。

アイプチを使って奥二重から二重にできない人多発

はっきりとしない瞼である奥二重が重宝しているアイプチですが、購入して初めから完璧に仕上がるはずがありません。

実際にアイプチを使ったことがある人ならご存じかと思いますが、アイプチの接着剤は瞼に乗せるとドロドロとして上手く棒が瞼に入らないことがあります。

そのため、アイプチを使い始めて日が浅い人などはアイプチができないと嘆く人もいるほどです。できないアイプチを何度やってもストレスを感じてしまいますから、できないをできるに持っていく必要があると言えるでしょう。

また、塗布したアイプチを多少乾かしてから棒で固定させていくやり方を行ったとしても、アイプチの接着剤が瞼と瞼同士でくっ付いてしまい、仕上がりがいかにもおかしく見えてしまうことも多々あります。アイプチは全ての人に上手に扱えるという訳ではなく、反対に苦戦する人が多発しています。

中々上手く仕上がらないアイプチにイライラしながらもなんとか修正を試みる人もいますが、一度失敗したアイプチは再度上手に固定しようとしても理想とする仕上がりになることは少ないため、一旦瞼に付着したアイプチを落としてから実践した方が効率的でおすすめです。

それでも普通のアイプチで二重にできない方へ

アイプチやテープを使った二重ではなく、自然な二重を寝ているだけで簡単に作れるドリーミンアイリッチのようなアイテムがおすすめです。

頑張っても二重が安定しない、そもそもアイプチで心が折れたという方も試してみてください。

「ドリーミンアイリッチ」の公式サイトはこちら

整形級の二重にするために線をよく見よう

アイプチを日頃から使っている人の中には本当にアイプチを使っているのか分からないほど整形級で綺麗な二重に仕上がっている人もいます。

そんな人はアイプチを扱うのが上手で、自分の瞼に合ったアイプチの使い方をしていると言えます。アイプチは人と全く同じやり方では上手く仕上げられない場合もあり、できないと感じる要因です。一人の奥二重の瞼に合ったアイプチのやり方でも、また別の違う人には合わないということもしばしばです。

これだけ見ると本当に試す価値があるのか不安要素いっぱいのアイプチですが、使いこなせるようになれるレベルまで上り詰めることができればそれこそ簡単に整形並の二重をゲットすることができます。

そのため、奥二重の人がアイプチを使う場合、元の線を意識して幅を取っていくことが整形級の二重に繋がります。奥二重の人の瞼はただでさえ元の線がある状態ですから、また新たに線を確保していくことは大変です。元の線があるとそこばかりに目が行ってしまい、どの程度元の線から離せば良いのか混乱してしまいます。

元の線がある分、言い換えると一重の人よりもまた違う角度で幅を取っていかなければいけないため、奥二重は奥二重なりの二重にするための苦労があります。

次のページ

奥二重におすすめのアイプチのやり方①線を取る

関連記事

人気の記事