リキッドファンデーションに下地は使う?おすすめの商品も紹介!

リキッドファンデーションと化粧下地って何が違うんだろうと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。そもそもリキッドファンデーションを使うときに化粧下地って必要なの?今回はリキッドファンデーションを使うときは下地がいるのかなしでもいいのかをまとめていきます。

リキッドファンデーションに下地は使う?おすすめの商品も紹介!のイメージ

目次

  1. 下地なしでOK?リキッドファンデーションとは
  2. リキッドファンデーションに下地は使うべき?
  3. リキッドファンデーションの下地を選ぶポイント
  4. 選ぶポイント◎肌に負担の少ない成分
  5. 選ぶポイント◎美容・保湿成分
  6. 選ぶポイント◎毛穴の凹凸を滑らかに
  7. リキッドファンデーションは下地なしでOK?キレイの準備
  8. リキッドファンデーションは下地なしでOK?スキンケア方法
  9. リキッドファンデーション塗り方・使い方は?
  10. スポンジで塗る
  11. 濃いシミにはコンシーラー
  12. 仕上げにはフェイスパウダー
  13. おすすめのリキッドファンデーション◎エスティ ローダー
  14. おすすめのリキッドファンデーション◎ ケイト
  15. おすすめのリキッドファンデーション◎レブロン
  16. おすすめのリキッドファンデーション◎RMK
  17. おすすめのリキッドファンデーション◎ディオール
  18. まとめ

下地なしでOK?リキッドファンデーションとは

リキッドファンデーションとはファンデーションの種類の1つです。

よく聞くファンデーションはパウダーファンデーションといって、コンパクトに入っていてパフなどで塗っていくものですが、リキッドファンデーションはクリームになっているので、使い方が簡単だと言われています。

リキッドファンデーションを薄く塗ればナチュラルメイクに、少し重ねて塗ればしっかりメイクに、と使い分けることができます。さらにパウダーファンデーションを重ねると、マットな肌感のメイクにも仕上げることができます。

リキッドファンデーションのメリット

リキッドタイプには油分が多く含まれているので、お肌の乾燥が気になるという人には、リキッドファンデーションの油分で、外気による乾燥を防いでくれる効果が期待できておすすめです。

乾燥する季節や、エアコンの効いた部屋にいることが多い人にはリキッドファンデーションはおすすめなんですね。さらにリキッドファンデーションは、クリームなので伸びが良く、お肌にしっかりと密着してくれます。

リキッドファンデーションがお肌に密着することで、シミやそばかすなどを自然にカバーしてくれます。

リキッドファンデーションのデメリット

リキッドファンデーションのデメリットは、油分が多く、お肌への密着度が高いので、メイク落としは薬剤が強いクレンジングが必要であることです。

どうしてもメイク落としでお肌にダメージを与えてしまうのが、リキッドファンデーションのデメリットです。お肌が弱い人や、敏感肌の人には、あまりおすすめできないかもしれませんね。

パウダーファンデーションと同じくらいに、リキッドファンデーションを使う人が増えてきたので、お肌に負担をかけないリキッドファンデーションや、敏感肌の人用のリキッドファンデーションなどの商品も出てきたようです。

あなたのお肌の状態や、どんなメイクに仕上げたいのかを考えてリキッドファンデーションを選ぶことができると良さそうですね。

リキッドファンデーションに下地は使うべき?

下地とは、ここでは化粧下地のことを言います。化粧下地とは、スキンケアの後、メイクの前に使用するもので、化粧下地や下地クリームともよばれているものです。

クリームタイプやリキッドタイプの下地があり、少量を顔に薄く伸ばす必要があります。化粧下地の役割は、パウダーファンデーションをお肌に密着させてメイクのもちをよくすることです。

化粧下地が必要だと言われているのは、お肌の表面の毛穴などの凹凸を目立たなくして、滑らかな表面にすることでパウダーファンデーションをお肌により密着させるためです。

さらに化粧下地には、紫外線や乾燥からお肌を守る効果や、毛穴の余分な油分を抑えるという効果も期待できるようです。

リキッドファンデーションでは、メイク落としのときに強めのメイク落としを使う必要がありましたが、化粧下地の場合には、メイクを落としやすくお肌を痛めないというメリットもあります。

化粧下地のこれらの効果で、メイクをキレイにキープしていてくれるのですが、化粧下地を使う一番おすすめの部分は、お肌の保護作用があるという点です。

スキンケアの化粧水や乳液の直後にパウダーファンデーションを塗ってしまうと、メイクが毛穴の奥に入り込んでしまうことがあります。

この毛穴の奥に入り込んだメイクを落とすのが大変なのです。化粧下地は、メイク落としで落としやすくつくられているので、化粧下地をパウダーファンデーションの前に塗って、毛穴を埋めておくことでメイクを落としやすくして、お肌を保護しているのです。

化粧下地には、乾燥肌の人にもおすすめの保湿成分がたっぷりと入ったものもあるので、お肌にあわせて選ぶこともできます。

リキッドファンデーションの下地を選ぶポイント

リキッドファンデーションと化粧下地のことが少し伝わったでしょうか。化粧下地には、メイクの仕上がりを良くしたり、お肌の保湿をしてくれたり、パウダーファンデーションを毛穴に残さないという働きがあります。

化粧下地のこれらの働きで、お肌のダメージを防いで、お肌そのものをキレイにしてくれたり、メイクのノリを良くしてくれたりしているのですね。こうやってみると、少し手間はかかっても化粧下地を使うことはおすすめです。

それでもやっぱり、朝のメイク時間の短縮のためにも、化粧下地なしでメイクをしたいという人には、化粧下地と同じような働きをしてくれるリキッドファンデーションを選ぶ必要があるでしょう。

化粧下地の効果のないリキッドファンデーションを、化粧下地なしで使うと、お肌に大きなダメージを与えることにもなってしまいます。お肌のためにも、化粧下地いらずのおすすめのリキッドファンデーションを選ぶようにしましょう。

選ぶポイント◎肌に負担の少ない成分

リキッドファンデーションの下地を選ぶ際は、肌に負担の少ない成分のものにしましょう。では、肌に負担の少ない成分とは、いったいどんな成分なのでしょうか?

リキッドファンデーションに含まれている成分には、紫外線を反射し、肌の凸凹をカバーする「酸化チタン」や、紫外線対策や防腐性に優れている「酸化亜鉛」、お肌に光沢やツヤを与えてくれる顔料の「マイカ」、顔料の「酸化鉄」や、保湿成分の「アセチルヒアルロン酸Na」などがあります。

おすすめの成分は保湿成分や、肌荒れ防止の「パンテノール」や「ヒドロキシプロリン」なども配合されていると安心ですね。

肌に負担がすくなければリキッドファンデーションは下地なしでOK?

お肌は、外からの刺激から自分を守るために栄養分などの成分を吸収しやすい部分だと言われています。お肌からの吸収率は、口から摂取するよりもずっと高いと言われています。

1日中お肌につけている、リキッドファンデーションに何が配合されているのかを考えて選ぶというのはとても必要だということがわかりますよね。

これはリキッドファンデーションに限らず、スキンケア用品やメイク用品全般に言えることです。一度どんな成分が入っているのかを確認してみるのも、お肌には必要かもしれません。

選ぶポイント◎美容・保湿成分

最近のリキッドファンデーションや、パウダーファンデーションの中にも、女性に嬉しい美容や保湿成分が配合されているファンデーションが多いのです。

リキッドファンデーションの付け心地の良さやリキッドファンデーションを塗った時の軽さはもちろん、お肌の乾燥を防いでくれたり、余分な皮脂の分泌も抑えてくれるので、乾燥肌の人にもオイリーな肌の人にもおすすめなのです。

保湿成分が入っていればリキッドファンデーションは下地なしでOK?

リキッドファンデーションの中に配合されている、セラミドやヒアルロン酸が配合されているリキッドファンデーションは、お肌を保湿してくれるのでおすすめです。

これらの成分は保湿をしてくれるだけでなく、リキッドファンデーションの付け心地も軽くしてくれるのです。お肌にハリを与えてくれるコラーゲンが配合されているリキッドファンデーションを使うのもおすすめです。

コラーゲンはお肌のすぐ下にある成分ですが、年齢とともにコラーゲンは生成されにくくなっていきます。成分をぐっと吸収するお肌からコラーゲンを補ってあげることで、お肌のハリツヤを保つことができます。

さらにお肌の美容のために、コラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体が配合されているリキッドファンデーションを使うのもおすすめです。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを効率よくコラーゲンをつくるところまで届けるために必要な働きがあります。

ビタミンC誘導体にはお肌の酸化を防ぐという効果もあるので、お肌の老化を遅らせてくれるという効果も期待できます。これらの成分は、リキッドファンデーションはもちろん、パウダーファンデーションを使う場合でも確認しておく必要があります。

選ぶポイント◎毛穴の凹凸を滑らかに

リキッドファンデーションに配合されている特殊なパウダーには、光を上手に反射させることで、お肌の凹凸以外の色ムラやクスミまでカバーしてくれるのですが、凹凸をカバーしたい人は、下地のカバー力にも注目してみて下さい。

凹凸がカバーできたらリキッドファンデーションは下地なしでOK?

化粧下地には、お肌の凹凸をカバーするという点でメイクに必要だと考えられています。このお肌の凹凸をリキッドファンデーションでカバーすることができれば、化粧下地は必要ないともいえますよね。

化粧下地なしでもメイクの仕上がりをキレイにするリキッドファンデーションには、光をつかってお肌をキレイに魅せるという特殊なパウダーが配合されていることが多いのだそうです。

リキッドファンデーションに配合されている、この特殊なパウダーが、毛穴やシワに入ることでお肌の凹凸をカバーしてくれる効果があるのだそうです。

化粧下地を塗る必要なく、リキッドファンデーションだけでも、ナチュラルなメイクを仕上げることもできそうですね。


▼関連記事:早速おすすめファンデーションを試してみよう!

【プレゼント】総額9500円相当の「MAISON LEXIA」コスメが10名様に当たる♡

リキッドファンデーションは下地なしでOK?キレイの準備

リキッドファンデーションを使う場合は、必ずしも化粧下地は必要ないということがわかりましたが、メイクをキレイに仕上げていくためには準備も必要です。

リキッドファンデーションを使う場合も、パウダーファンデーションを使う場合でも、ファンデーションをキレイに保つ場合には、事前のスキンケアを正しく行うという必要があります。

リキッドファンデーションを塗る前につける、化粧水や乳液は、それぞれがしっかりとお肌に馴染むように使っていくことが大切です。

お肌の状態にあわせて、皮脂の分泌が多い人は乳液やクリームをつけすぎないことも必要です。乾燥が気になる人は、しっかりと保湿ケアをすることも大切です。

皮脂が多いかも、と感じたときにはティッシュなどをお肌に軽くあてて油分をとっておくことも必要です。お肌の皮脂が多すぎると、リキッドファンデーションのゆぶんと混ざって、メイクのノリが悪くなってしまいます。

リキッドファンデーションは下地なしでOK?スキンケア方法

リキッドファンデーションを塗る前には、スキンケアでのお肌の準備は大切です。
簡単にスキンケア方法についてまとめておきます。
このスキンケアをしっかりとしておくことで、メイクの仕上がりをキレイにして、長い時間キープすることもできますよ。
パウダーファンデーションを使う場合でも、しっかりめのスキンケアをすることが必要です。

まずは化粧水でしっかりとお肌に水分と潤いを与えてあげましょう。その後は美容液でお肌の保湿をして、お肌の環境を整えてあげましょう。

美容液としておすすめなのは、保湿成分や美容成分が配合されているものを選ぶと良さそうです。この美容液を使うことで、お肌の乾燥を防いで、1日中キメの整ったお肌をつくってくれます。

美容液や乳液を塗った後は、お肌にしっかりと馴染むまで、少し時間を空けるとリキッドファンデーションのノリがよくなります。パウダーファンデーションを使う場合にも、あまりにもお肌がしっとりとしている時は、馴染むまで時間を置いたほうが良さそうです。


▼関連記事はこちら!

BBクリームの正しい使い方・塗り方!下地なしでもいい?順番は?
崩れない下地の塗り方と選び方!おすすめ11選も紹介します!

リキッドファンデーション塗り方・使い方は?

お肌の準備ができたら、リキッドファンデーションを塗っていきましょう。リキッドファンデーションを塗る前には、余分な皮脂がお肌に残っていないかを確認しておくと、キレイに仕上げることができます。

リキッドファンデーションを塗る場合は、化粧下地を塗った場合も化粧下地なしの場合も、薄く塗ることがおすすめです。

リキッドファンデーションの使用量の目安は、パール1粒大で、手のひらになじませた後、体温で温めながら顔に塗っていきます。

塗っていくときには、内側から外側に向かって塗っていきます。薄く塗った方がキレイに仕上がりますが、あまりにも少ない量を無理に伸ばそうとすると、お肌をこすってダメージを与えています。

リキッドファンデーションの上からパウダーファンデーションを塗る場合も、厚塗り感がでないように薄く塗ることが大切です。

スポンジで塗る

リキッドファンデーションを塗っていくときには、スポンジを使うという方法もあります。パウダーファンデーションと同じようにスポンジをつかうことで、リキッドファンデーションをよりキレイにお肌に馴染ませることができます。

リキッドファンデーションを顔の5点、おでことほっぺ、鼻、あごにのせます。指やスポンジを使って、内側から外側へフェイスラインに沿って伸ばしていきます。

リキッドファンデーションを伸ばした後は、スポンジでお肌を軽くぽんぽんと叩きこむように抑えることで、リキッドファンデーションをお肌に馴染ませていきます。こうやって馴染ませることで、目立つ毛穴をカバーすることもできます。

口周りや小鼻には、スポンジを使ってリキッドファンデーションを馴染ませると、凹凸のないキレイな仕上がりにすることができます。

パウダーファンデーションを使う場合、化粧下地も同じようにスポンジで馴染ませておくとさらに毛穴を隠すことができそうです。

濃いシミにはコンシーラー

リキッドファンデーションをメイクで使ったときに、シミやクマが上手に隠れないという場合もあると思います。こんな時には、リキッドファンデーションを厚く塗るのではなく、気になる部分はコンシーラーでカバーするようにしましょう。

リキッドファンデーションを重ねてしまうと、その部分だけメイクが厚塗りになってしまいます。シミやクマなどはお肌の色とは違うので、シミやクマのない部分に塗ったリキッドファンデーションと同じ色のリキッドファンデーションを塗っても上手にカバーできないことがあります。

ワントーン高めのコンシーラーでシミやクマを隠して、その上からリキッドファンデーションを塗ることで、シミやクマのない部分のお肌のカラーと合わせていきましょう。

リキッドファンデーションを塗る前に、カラーコントロールをしておいた方が、厚塗りにならずにナチュラルなメイクにすることができます。

リキッドファンデーションで十分にお肌のトラブルをカバーできると考えている人も多いようですが、ファンデーションだけでは解消できないトラブルもあります。

例えばシミやくすみ、クマです。シミとくすみとクマでは、そのカバーしたい部分の色が変わってきます。クマなどの濃い色になってしまっているお肌に、リキッドファンデーションを塗っても、隠したい部分を目立たせてしまうことになります。

そんな時に利用できるのが、コンシーラーです。コンシーラーは、パウダーファンデーションを使うときにも使うとおすすめです。部分用ファンデーションとも呼ばれているそうです。

コンシーラーは、クマやシミなどでその部分のお肌の色のトーンを明るくしたいときに、部分的に上手に使いましょう。

仕上げにはフェイスパウダー

リキッドファンデーションを塗った後、パウダーファンデーションを使わない場合でも、フェイスパウダーを軽くのせることをおすすめします。

フェイスパウダーを軽くのせることで、質感を良くして、メイク崩れも防いでくれる効果があります。メイク崩れ防止とはいえ、あまりパウダーを塗ってしまうとせっかくのリキッドファンデーションのツヤ感がなくなってしまうので、適量のフェイスパウダーをのせることが大切です。

フェイスパウダーをのせたら、両手で顔を抑えるようにして、メイクをお肌に馴染ませましょう。リキッドファンデーションがしっかりとお肌に馴染んでから、アイメイクやチークをすると、メイクのモチが良くなります。

お出かけなどで、長時間メイク直しができない場合などには実践してみてくださいね。
ちょっとしたポイントを押さえておくだけで、ぐっとメイクのもちが良くなりますよ。

おすすめのリキッドファンデーション◎エスティ ローダー

化粧下地なしで使えるおすすめのリキッドファンデーションはエスティー ローダーの「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」です。

カラーバリエーションは10色とあなたのお肌のカラーに合わせて選ぶことができます。
メイクを15時間程度もキープしてくれるのも嬉しいですよね。

おすすめのリキッドファンデーション◎ ケイト

ケイトの「シークレットスキンメイカーゼロ」も化粧下地なしで毛穴の凹凸をカバーしてくれるおすすめのリキッドファンデーションです。カラーバリエーションは6色です。

おすすめのリキッドファンデーション◎レブロン

化粧下地なしでOKのリキッドファンデーションはレブロンの「カラーステイ メイクアップ」もおすすめです。オイルフリーなのに潤う嬉しいリキッドファンデーションです。

おすすめのリキッドファンデーション◎RMK

RMKの「リクイドファンデーション」も化粧下地なしで使えるリキッドファンデーションです。カラーバリエーションは9色です。保湿成分が配合されているので、滑らかなお肌をキープしてくれます。

おすすめのリキッドファンデーション◎ディオール

化粧下地なしで使える、おすすめのリキッドファンデーションは、ディオールの「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド」があります。美容成分がたっぷりと配合されていて、メイクのもちが長いのも魅力です。

まとめ

今回はリキッドファンデーションは化粧下地なしでもいいかどうかをまとめてみました。結果的には、化粧下地なしでもリキッドファンデーションのみのメイクでも大丈夫のようです。

朝はちょっとでも長く寝ていたいという人も多いので、メイク時間が少なくすむのはありがたいですよね。化粧下地なしでリキッドファンデーションのみでベースが完成するのであれば、女性の強い味方になりそうです。

しかしリキッドファンデーションのみで、化粧下地を使わない場合には、リキッドファンデーションに配合されている成分にも注意が必要です。

お肌のダメージを軽減してくれる成分が配合されたリキッドファンデーションを選ぶようにしましょう。

年代別おすすめ下地はこちら

化粧下地ランキング!20代におすすめの13選を紹介します!
30代におすすめの化粧下地ランキング13選!口コミで大人気!
40代におすすめ化粧下地人気ランキング13選!毛穴カバーにおすすめ
【化粧下地】崩れない最強13選とメイク術!プチプラからデパコスまで!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ