キャップの似合わない男性必見!顔のタイプ別おすすめと選び方!

キャップの似合わない男性必見!顔のタイプ別おすすめと選び方!

キャップなんて「自分には似合わない」と諦めていませんか?実は、顔のタイプ別におすすめキャップと選び方があるんです。キャップが似合わないと思っている男性だけでなく女性も同じ!自分の顔や髪型に合ったキャップを探してみましょう!

記事の目次

  1. 1.キャップが似合わない?顔のタイプ・髪型別に選び方を知ろう!
  2. 2.似合わない?キャップの種類を知ろう!
  3. 3.似合わないなんてウソ!顔タイプ別キャップの選び方
  4. 4.髪型別キャップの被り方
  5. 5.似合わないキャップは卒業!顔や髪型に合わせて着こなそう!

キャップが似合わない?顔のタイプ・髪型別に選び方を知ろう!

メンズ帽子ファッションで大きな役割を果たすキャップですが、「自分には似合わない」と思っている男性は多いものです。

なぜ似合わないと思ってしまうかと言うと、単純に帽子ファッションに慣れていない、自分に合った帽子のサイズを知らないといったことが原因として挙げられます。

帽子を被る時には、自分の顔や髪型に合った帽子をチョイスするのが一番です。

おしゃれにキャップを着こなしたい。そんな男性たちの声に応えるべく、今回は帽子の種類の中でもキャップに焦点を当て、顔のタイプや髪型別に合うメンズキャップの選び方や被り方をお伝えしていきます。

シーズン問わず活躍するキャップを着こなして、おしゃれメンズとしてデビューしちゃいましょう!

似合わない?キャップの種類を知ろう!

自分に合う、おしゃれなキャップを選ぶのには、まず種類を知らなければいけません。それぞれの特徴を知れば知る程、自分に合うキャップと出会える可能性が高まりますよ。

どのキャップが似合うか似合わないを判断できるように、それぞれのキャップの紹介をしていきます!

【ベースボールキャップ】

キャップと言えば、スポーツで着用されることが多い帽子ですが、その代表例がベースボールキャップです。

ベースボールキャップはその名の通り、野球の帽子としておなじみで、子供から大人まで、またメンズだけでなくレディースにも、世界中で人気のある帽子のひとつ。

丸いトップに、前にツバがあるタイプのキャップです。

ベースボールキャップは、1860年頃にアメリカのブルックリン・エクセルシオールズが被ったことを発端に、1900年頃に大流行しました。当時は「ブルックリンスタイル」と呼ばれていました。

今でこそファッション性の高い帽子ですが、当時は野球選手が太陽光から目を保護するために作られた、機能性重視の帽子でした。

日本でも野球人気が高まるにつれて普及し、特に1970~1980年代には野球男子が多く被っていました。

【マリンキャップ】

キャップの中でも少しフォーマル感のあるマリンキャップ。元々はフランスの水兵や漁師が被っていた帽子で、ツバは前に出て、トップは平らなのが特徴です。

警察官や学生帽のような制服要素の強いキャップですが、レディースもメンズもボーダーシャツなどといっしょにコーディネートすることで、ふんわりとした雰囲気を出すことができます。

トップが平らなので、浅めに被るのがポイントです。ジャケットや厚めのコートなど、ボリュームのあるファッションスタイルにも合いやすいですね。

形の似ている帽子に「キャスケット」がありますが、これは狩猟用のハンチング帽から生まれた帽子です。

トップが丸みを帯びたタイプが多いことが、マリンキャップとの違いとして挙げられます。

◆関連記事:キャップの洗い方でお困りならこちら!

キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます! | Lovely[ラブリー]のイメージ
キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます! | Lovely[ラブリー]
キャップは汚れても縮んだり、型崩れする可能性があるので洗濯機では洗えません。また、手洗いによる洗い方でもキャップを痛める可能性があります。では、キャップはどのような洗い方をすれば良いのでしょうか?また、キャップを洗濯機で洗う方法はないのでしょうか?

【ワークキャップ】

1900年代初頭、アメリカの鉄道作業員の帽子が元になって生まれたのがワークキャップです。

ワークキャップは前にツバがついており、トップが平らで比較的浅めに作られたカジュアル向けのキャップです。シンプルなコットンキャップを指すこともあります。

鉄道作業員の帽子として使われていたものが、次第にエンジニアキャップと呼ばれるようになり、現在は「働く人の帽子」という意味で、ワークキャップと呼ばれるようになりました。

一説では、ファミコンのスーパーマリオブラザーズのマリオが被っていた帽子は、おそらくワークキャップであろうと囁かれています。

以前はトップにボリュームのあるシルエットのワークキャップが多かったですが、現在は浅めの円筒形に作られているものがほとんどです。

【ランニングキャップ】

今、夏場のランニングやジョギングで、日よけや日焼け止めとして人気の高まっているのがランニングキャップです。

雨や日差し、紫外線から目を守ってくれるランニングキャップは、プロアマ問わずランナーにとっては必需品。折りたたんでポケットに入れやすいよう、浅めのつくりになっているのが特徴です。

走る季節や時間帯によって、ランニングキャップの選び方にはポイントがあります。

夏はあまり熱を吸収しない白っぽい色、素材はナイロンやポリエステルなどの速乾性のある化学繊維で、UVカット加工されているランニングキャップがおすすめです。

冬はどちらかと言うと、保温性のある、ニット帽のランニングキャップがおすすめです。夜に走るのであれば、リフレクターつきのランニングキャップが安全です。

似合わないなんてウソ!顔タイプ別キャップの選び方

次のページ

【丸顔】トップの丸いキャップ

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely