オフィスカジュアルな靴の選び方!靴下の合わせ方も!【レディース】

女性のみなさんはオフィスカジュアルでどんな靴を履いていますか? 仕事をするとき、特にデスクワークなんかは履きやすい靴や軽い靴を利用したいですよね。 靴の軽さや履き心地は集中力にかかわります。 女性にお勧めのオフィスカジュアルな靴を紹介します!

オフィスカジュアルな靴の選び方!靴下の合わせ方も!【レディース】のイメージ

目次

  1. オフィスカジュアルとは
  2. オフィスカジュアルのマナー
  3. オフィスカジュアルで使える靴
  4. オフィスカジュアルな靴の色
  5. オフィスカジュアルの靴「パンプス」
  6. オフィスカジュアルの靴「スニーカー」
  7. オフィスカジュアルな靴「ローファー」
  8. オフィスカジュアルな靴「ショート丈ブーツ」
  9. オフィスカジュアルな靴「バレエシューズ」
  10. オフィスカジュアルな靴「レースアップシューズ」
  11. オフィスカジュアルな靴「おじ靴」
  12. オフィスカジュアルで避けたい靴
  13. むくんだ足
  14. オフィスカジュアルな靴に合わせる靴下
  15. オフィスカジュアルな靴に素足はNG
  16. オフィスカジュアルの靴に合わせた色
  17. オフィスカジュアルで好印象的な服装
  18. 差し色はパステルカラー
  19. 靴に合わせてガウチョパンツ
  20. どんな鞄がふさわしい?
  21. オフィスカジュアルな靴について

オフィスカジュアルとは


これからの時期。様々な会社へ入社していく新社会人の方々、会社が意向を変えて服装が変わった方々。会社で聞くオフィスカジュアルという言葉をどれだけ理解していますか?突然「明日からオフィスカジュアル」なんて言われたら困る人も多いんじゃないでしょうか。

社会に馴染みのない方にはもちろんわからないオフィスカジュアル。会社によってボーダーラインは異なるので、正解もあやふやです。女性の服はさまざまなパターンが展開しているので余計にわからないところですね。

スーツや制服ではない服装だということは知っていても、理解していないと品のない服装に見られてしまうこともあります。そんなことはもちろん避けたいですよね。人の第一印象は服装や清潔感などです。そういった第一印象を良くするためにも、オフィスカジュアルには気をつけたいものです。レディースの服はパンツ一つで印象が変わるのでコーディネートで失敗もしたくないものです。

今回はそんなオフィスカジュアルのマナーやコーディネート、特に重要で女性には悩みどころの足元について色々紹介していきます。

オフィスカジュアルのマナー

そもそもオフィスカジュアルとはオフィスで着るカジュアルな服装のことです。その定義は明確に定まっていません。女性には聞き慣れたオフィスカジュアルですが、男性はビジネスカジュアルの方が耳に馴染みがあるかもしれませんね。

そもそもオフィスカジュアルやビジネスカジュアルは女性と男性で大きく異なります。男性はスーツのように上下セットの素材を合わせた服装ではなく上下で素材や色味の異なるものをコーディネートする事でカジュアルに見せるというもの。

比べて女性のオフィスカジュアルはレディース用のスーツなどを基準にしたものではなく、清楚で落ち着きのある服装が求められています。

失敗をしやすいのがその職場にあったオフィスカジュアルのマナー本なんてものがないところですよね。例えばアパレル系やデザイン系勤務の人は少しくらい派手な服装も許される会社が多いです。レディースの可愛い短いスカートなんかを着こなすことでお客様への購買意欲を高めることもありますよね。

逆に営業やお客様への対応が業務に組み込まれている場合オフィスカジュアルでもきっちりとした服装が求められます。ジャケット必須であったり、シャツ着用が義務付けられていたり。なので初日は無難にシャツに黒のパンツスタイルで出向き、先輩方の服装をチェックすることが大切です。

オフィスカジュアルで使える靴


皆さん、靴にはどれだけ気を使いますか?

靴は足元だからそんなに見ないだろうと思う方もいるかもしれませんが、靴というのは実はとても重要なものなんです。休日の靴はどのようなものを履きますか?暗くて地味目な色のもの、と思う方も多いかもしれません。

ですが鞄に合わせた色を意識していない限り靴はできるだけ明るい色のものを履くといいですよ。靴はあまり目立たないようでいて、潜在意識に植えつけられるものです。赤い靴を履いてなんだか嬉しい気分になったり、周りに明るい人だと思わせることができるのです。

第一印象を良くしたい時なんかは明るい靴が断然お勧め!明るい色は女性の表情も一気に美しく見せます!

そう考えると会社でもどんな靴を履くか色々悩みどころですよね。出会い頭に軽くお辞儀をしただけでも目に入る靴。どんなに仕事ができる人でも、汚れてヨレヨレにくたびれた靴を履いていたら印象は良くありません。だからといって、派手な色の靴は勿論NG。

「それじゃあ、オフィスカジュアルではどんな靴を履くべきなの?」
「どんな靴ならいいの?」

そう思いますよね。先輩の靴を見て学ぶことも大切ですがそれだけじゃあわからないことも多いでしょう!オフィスカジュアルで履いていい靴……。会社にもよりますがたくさんの種類があります。どんな色のどんな靴がいいのでしょう。いろいろ考えてみましょう。

オフィスカジュアルな靴の色

オフィスカジュアルに履きたい靴は様々ですが、色はブラックだけではありません。女性の足元を飾る靴。レディース用の靴の中でさまざまな色がありますよね。その中でもオフィスカジュアルに違和感なく溶け込む色。

勿論基本のブラック。エナメルの艶めいた黒から革の鈍い光を放つブラックもオフィスカジュアルにはぴったりです。

そしてブラウン。明るすぎるブラウンは浮ついて見えてしまうのであまり良くありませんが、少し濃いブラウンやキャラメル色はフェミニンな服装からシックなコーディネートまでよく似合います。

さらに白やベージュはフェミニンさをよく際立ててくれます。ふんわりと丸い形の靴じゃなくてもどこか女の子らしさを忘れさせない可愛いレディース向けの色合いですね。

会社が許しているのであれば、ネイビーやえんじ色なども人気です。少しの差し色でガラリと変わる印象なので、その色に合わせた鞄などを持ちたいですね。また、光が強すぎる素材よりはまっどな素材のほうがおすすめです。

オフィスカジュアルの靴「パンプス」

オフィスで履くのには一番定番なのがパンプスですよね。足の甲が大きく露見した締め紐のないレディースのヒール靴のことです。元は海外の舞踏用だったこの靴はおしゃれでありながらベーシックな形が品を保っています。

ハイヒールとはヒールの高い靴の総称なので、パンプスもハイヒールの一つです。よく、ハイヒールという名前で売られているパンプスもあるのでチェックしてみてくださいね。

そしてオフィスカジュアルで履くパンプスは、基本3センチから5センチの高さのヒールのものにしましょう。あまりヒールがなさすぎてもこだわったおしゃれに見えてしまうので、少しは高さがあるものを履くのがマナーです。

怪我などが原因でヒールが履けない場合は、靴の先に注目してください。少し尖った形のものだとぺったんこな靴でもオフィスカジュアルに相応しいものに見えるそうですよ。また、どうしても足に負担がかかるときは、インソールを工夫してみてください。土踏まずやつま先などに合わせたインソールに変えただけでア氏への負担が一気に減ります。

たとえずっと座っていても、足は疲れてむくむのでいろいろ気をつけてみてください。

オフィスカジュアルの靴「スニーカー」

カジュアルな靴の代表といえばスニーカー。昔から馴染み深く、スポーツ用のものからおしゃれ目的なものまでさまざま存在していますよね。とくに紺バースが人気で、ハイカットなスニーカーはさまざまな年代の女性に愛されているんじゃないでしょうか。そんなスニーカー。履き心地も勿論良いのですが、企業によってはNGなところも存在しています。

理由は簡単で「カジュアルすぎる」からです。カジュアルすぎることは企業であまり受け入れられていないのです。なのでジーンズがダメという企業は大半がダメであろうスニーカー。もし会社で大丈夫と言われたら気をつけたいところは靴紐です。

落ち着いた色のスニーカーに合わせた靴紐は何色だろうと、汚れがないことを確認しましょう。靴は思っているよりも汚れるものです。布である靴紐はなおさら。靴紐が解けて踏んだ跡があったりすると途端にだらしない格好に見えてしまいます。カジュアルすぎる格好をするときはせめてだらしなく見えないように気をつけましょう。

オフィスカジュアルな靴「ローファー」

履くことは許されているけどあまり履く人がいないのがローファーです。高校生の時などに履いている人がいませんでしたか?ヒールの高さもさまざまで少し光沢のある可愛い靴ですよね。

ですがオフィスカジュアルな服に合わせるにはどこか難しいのがローファーです。少し扱いを間違えるだけで一気にセンスが問われてしまいます。白や黒の靴下と合わせるといいかもしれませんが、靴下がNGでタイツやストッキングを求める会社も多い世の中。ローファーをうまく履きこなすときは、全体のコーディネートをよく確認してみてください。

オフィスカジュアルな靴「ショート丈ブーツ」

冬場はパンプスにタイツじゃ寒いという人も少なくないでしょう。だからと言ってモコモコなブーツやロングブーツは外聞がよくありません。そんな時に少しでもあったかく、オフィスカジュアルにぴったりな靴がショート丈ブーツです。

女性は子宮があることで体が冷え込みやすいので、少しでもあったかい格好をしたいですよね。くるぶしまであるブーツを履くだけで寒さはだいぶ違います。

さらにショート丈ブーツは控えめなデザインが多く、派手になりすぎないので会社でも許されていることが多いんです。さらに大人しく見せるために、ヒールは太めのものを探しましょう。

オフィスカジュアルな靴「バレエシューズ」

ヒールに慣れてない。会社はヒールじゃなくてもいいと聞いた。そんな人にぴったりなのがバレエシューズです。ぺったんこな靴底でありながら品を保ち、オフィスカジュアルでも受け入れやすいデザインです。

カラーバリエーションもデザインも豊富なので、シックな色を選びましょう。デザインも派手過ぎないものを選びましょうね。色違いで二足以上持っておくと、靴も傷みにくくなりますしいろんな服に合わせやすくなります。

ヒールが高いと疲れてしまう人にはぴったりな靴ですよね。フェミニンなコーディネートにも、シックなコーディネートにも是非履いてみてください。


◆関連記事:オフィスカジュアルに最適なブランドはどこ?

オフィスカジュアルはユニクロで!おしゃれなコーデを紹介!
オフィスカジュアルレディースブランド45選【20代・30代】

オフィスカジュアルな靴「レースアップシューズ」


レースアップシューズという靴を知っていますか?レースアップシューズとは、紐で編み上げた靴のことです。足の甲や踵、側面など紐の位置は様々で、レディースのレースアップシューズは足首などの脚線美を際立たせるシルエットが多いです。

そんなレースアップシューズもオフィスカジュアルでは人気のコーディネート。そこまで重た過ぎず、しっかりとした見た目なのでパンツスタイルによく似合います。レディースといってもあまり派手すぎたり可愛すぎたりしない気楽にはけるデザインが人気の秘訣かもしれませんね。

レースアップシューズは靴底の高さもそこそこあるのでカジュアルすぎず、堅苦しすぎないのでオフィスカジュアルにはぴったりです!

パンプスなどの可愛すぎる靴に抵抗がある人にお勧めです。また、中に短い靴下をはいておくと疲れることも少ないので、さまざまな工夫をしrてみてくださいね。

オフィスカジュアルな靴「おじ靴」


そして今オフィスカジュアルとして人気な靴が「おじ靴」です。

おじ靴とは、男性靴に似せてデザインされたレディース靴の総称です。おじ柄と呼ばれたチェック柄のズボンなどがいつまでも人気があるようにどこかシックなデザインはコーディネートに取り入れるにはステキなアイテムなんですね。

先程紹介したローファーもおじ靴の一つですが、他にも様々なものがあります。革で作られた重厚で、丸みを帯びた靴は重たすぎず柔らかな印象を与えてくれます。

おじ靴にはシンプルでありながらこだわった靴が多くあるので、コーディネートに取り入れて見てください。

オフィスカジュアルで避けたい靴


そんなオフィスカジュアルに適していない靴ももちろんあります。

例えばつま先の見えてしまう靴。ナースシューズやサンダルなど。つま先が見えてしまうとカジュアルすぎるように見えてしまうので避けたい靴です。

また、パンプスなどのレディースシューズは出来るだけカツカツと大きな足音がならない靴を選びましょう。

むくんだ足

ずっと座っていると、足が疲れてむくんでしまうことはありませんか?女性にとっては足がむくんでしまうことは本当に避けたいですよね。それでも、仕事をしていると気がついたらパンパンにむくんでいる足……。

朝は余裕で履けたパンプスがキツイ。でも緩めのパンプスは疲れるから履きたくない。そんなことはありませんか?

そもそも足がなぜむくむのかというと、心臓から遠い位置が足だからです。人の体は心臓がポンプの役割を果たし、全身の余分な水分を動かしています。ですが心臓から遠い足には自然と水分がたまってしまい、むくんでしまうことがあるんです。

そこでおすすめなのがインソールです。土踏まずを刺激することで血行が良くなり、むくみが引くことがあるんです。なのでインソールで土踏まず部分が持ち上がっている靴を選ぶことで、むくみが改善されることもありますよ!

オフィスカジュアルな靴に合わせる靴下


「じゃあ靴下はどんなものがいいの?」
「最近はいろんな靴下が流行ってるけど、何色がいいとかあるの?」

素朴な疑問ですが、常識だと思われてここまで細かく教えてくれる人は少ないです。オフィスカジュアルに合わせた靴下。それは「タイツ」や「ストッキング」です。

オフィスカジュアルな靴のコーディネートといえばパンプスにストッキングですよね。肌色のストッキングは大人の女性というイメージを醸し出す女性らしいアイテムです。最近ではパンプスやおじ靴などに靴下を合わせるおしゃれがありますよね。シンプルに白色の靴下ならゆるい企業で許されることもありますが、基本はNGな会社が多いです。

なので基本的には靴下ではなくストッキングなどを履くいうことをよく覚えておきましょう。どうしてもっ靴下を履かなくてはいけネイ事情があるときはベリーショートソックスをお勧めします。この靴下うあはパンプスなどのア氏の鉱が露出した靴でも見えにくい短い靴下です。なので怪我をした時などのストッキングの下に一枚はいておくといいかもしれませんね。

最近は暖かい裏起毛のタイツなども増えてます。そういったもので冬は寒さをしのぐのが良さそうです。あまりもこもこしていると靴がはけないこともあるのでご注意を!

オフィスカジュアルな靴に素足はNG

でも肌色のストッキングなら、素足でも……。なんて考えたことがある人は多いんじゃないでしょうか。

どうして肌色のストッキングを着用することがマナーなのでしょうか。大きな理由は臭いです。

ストッキングは薄くても布ですから、足の匂いなどを軽減させています。ですがストッキングを履かずに素足でいることで、蒸れ易くなり、その匂いがダイレクトに広がってしまうのです。

オフィスカジュアルの靴に合わせた色


オフィスカジュアルでナチュラルなこなれ感を出したいときは、靴下やタイツと靴の色を合わせるのがおすすめです。

靴下やタイツと靴の色を合わせることで、女性らしい足元を演出することができます。レディース用の靴は細身のデザインが多いので、そう行った靴と合わせるとさらに効果的です!

オフィスカジュアルで好印象的な服装


さらに靴だけではありません。オフィスカジュアルで好印象を与えるのは全体のコーディネートが大切ですよね。

例えば、パンプスにもおじ靴にも合う上着は沢山ありますがその中でも一枚は持っておきたいのがジャケット。柔らかい素材が多い中で一枚ジャケットを羽織ると引き締まった印象を与えてくれます。

襟付きの黒いジャケットはどんな靴にも合うので会社に一枚置いておいても便利ですね。

またシャツは淡い色違いを合わせて数枚あると便利です。桜色のシャツを合わせるだけで普段のコーディネートが一気に華やかになりますよ。

差し色はパステルカラー

どうしても白や黒などの単調な服になりがちなオフィスカジュアル。なにか差し色をいれたいですよね。

そんな時におすすめなのがパステルカラーです。淡い色合いは女性の女性らしさを引き立ててくれますよね。さらにパステルカラーはオフィスでも悪目立ちしない控えめな色です。

春なら羽織るジャケットが白やパステルカラーでも十分可愛いですよね。夏などの暑い時期はふんわりと揺れるスカートが涼しげでいいかもしれません。

靴に合わせてガウチョパンツ


おじ靴やローファーを履きたいけどどうしても似合うコーディネートが思いつかない。そんな時はガウチョパンツなんてどうでしょう。

オフィスカジュアルに履いて行っていいの?という声もおおいのですが、実はガウチョパンツは結構社会に認められたスタイルです。ゆるいスタイルのガウチョパンツはゴツメの靴がよく似合います。レディースに拘らなくてもオシャレはできるってステキですよね。

どんな鞄がふさわしい?


そして大切な女性のおしゃれのキーアイテムは鞄です。靴と靴下の色を合わせるのも素敵だと言いましたが、そこにプラスすることでさらに印象が良くなります。

男性はベルトと靴の色を。女性は鞄と靴の色を合わせるのがおしゃれの基本です。なのでもしオフィスカジュアルに慣れてきたらそこも意識してみましょう。黒や茶お色などの色はレディースの可愛いデザインの鞄が見つかりやすいですよね。さらに春にはワントーン明るい色のファッションも。高いブランド物の鞄はあまり印象が良くないので、使いやすい、ほどほどの鞄を使うことも大切です。

鞄も靴も靴下も!買うときは手元の服などとよく合わせてから購入しましょう!

オフィスカジュアルな靴について


いかがでしたか?オフィスカジュアルにぴったりなレディースコーディネートは見つかりましたか?

自分の個性を出しながらも会社に馴染む服装を選ぶのは大変ですよね。今まで制服で縛られてきた個性を少し出すというのは意外と疲れるものです。それでも、膝丈のスカートや淡い色の服を集めていくのはなんだかわくわくしませんか?お気に入りの靴に合う靴下や、チークに合った色の靴。靴下や靴に合わせた鞄……。お気に入りのコーディネートで彩られた世界はきっと働くことを楽しくさせてくれます。

レディースの服はさまざまなものがあります。靴は派手なものの方が多かったり。それでも、会社ではその職場に合った格好が大切。事務の仕事などは清楚な服がやっぱりどこか女性らしさを思わせてくれますよね。レディースの服を扱うファッション系ならカラフルでその靴や服を際立たせたものがいいです。さまざまな靴下や靴を合わせて色んなコーディネートを楽しんでくださいね。

もっとオフィスでの身だしなみについて知りたい方はこちら

オフィスカジュアル特集女性編!パンツスタイルがおすすめ?
オフィスメイクのやり方は?アイシャドウのコツやおすすめコスメ紹介!
オフィスネイルのデザインまとめ!シンプルで短い爪にも似合う!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ