ファスナーが壊れた・外れた時の直し方は?対処方法完全解説!

1度壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーを元に戻す直し方を紹介しています!壊れたり外れたりして使えなくなったファスナーは、鉛筆や洗剤、ペンチなどを使えば、再び使えるようになる可能性があります。最後まで諦めず色々な直し方を実践してみましょう♪

ファスナーが壊れた・外れた時の直し方は?対処方法完全解説!のイメージ

目次

  1. 壊れた&外れたファスナーの直し方とは
  2. 壊れた&外れたファスナーの直し方①構造を理解しよう
  3. 壊れた&外れたファスナーの直し方②鉛筆を使う
  4. 壊れた&外れたファスナーの直し方③洗剤を使う
  5. 壊れた&外れたファスナーの直し方④スライダーを取り外す
  6. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑤ペンチを使う
  7. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑥ペンチとスライダー
  8. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑦布を噛んでしまった場合
  9. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑧分厚い生地の場合
  10. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑨閉めたのに開いたファスナー
  11. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑩エレメントの構造を把握する
  12. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑪エレメントを取る
  13. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑫クリップを使う
  14. 壊れた&外れたファスナーの直し方⑬動画を見てみよう
  15. 壊れた&外れたファスナーの直し方を実践してみよう

壊れた&外れたファスナーの直し方とは

折角おしゃれな洋服や雑貨を買ったのに、ファスナーが壊れたり外れたりしてファスナーがずれた結果、閉まらない、使えなくなってしまった…なんて経験ありませんか。

何とか直そうとしても、1度壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーを元に戻すことは至難の技。泣く泣く新しい洋服を買うことに…という経験は誰にでもありますよね。

ですが、こういったファスナーが壊れたり外れたり、ずれたという悲しい経験を何度も繰り返し過ぎると、そもそも、もうファスナーが付いていない物を買うしかないのではないか…と考えてしまう方も多いかと思います。

ですが実は、壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーを見事に修復する直し方があるんです!

今回の記事では、そんな閉まらないずれたファスナーを直す、直し方のテクニックを余すところなくご紹介していきたいと思います♪

壊れた&外れたファスナーの直し方①構造を理解しよう

まずはファスナーという物が一体どのような構造になっているのかを理解するところから始めてみましょう♪

ファスナーの構造を知っているのと全く知らないのとでは、壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーが直るか直らないかの結果がまるで変わってきます!しっかり理解しましょう。

ファスナーの構造はこちらです。

・エレメント(務歯)…エレメントとは、ファスナーが実際に閉じている部分、噛み込んでいる部分です。

・スライダー…エレメントを閉じさせる為にスライドする、引っ張って手で持つ部分です。

・テープ…左右のエレメントの外側にそれぞれ作られている布部分です。ファスナー専用の布が多く、素材はポリエステル繊維の物が多いそうです。

まずはこの、エレメント、スライダー、テープの3種類の名称と関係を大まかに頭に入れておきましょう。

壊れた&外れたファスナーの直し方②鉛筆を使う

エレメント、スライダー、テープの3種類の名称と関係が何となく理解出来たら、次はこのエレメント、スライダー、テープをどのように変化させれば、壊れたり外れたりして閉まらないずれたファスナーを直すことが可能なのかを一緒に見ていきましょう。

最初は鉛筆を使った、壊れたり外れたりして閉まらないずれたファスナーを直す方法をご紹介します!

まずは、ずれたエレメント部分(ファスナーが実際に閉じている部分、噛み込んでいる部分)に、鉛筆を使って直接なぞっていきましょう。

エレメント部分を鉛筆でなぞる時のコツは、鉛筆の黒鉛を潤滑油替わりだと考えて、エレメントとエレメントの間に油分を差し込むような感じでなぞっていくといいでしょう。

この直し方でエレメントとスライダーが少しでも動いてくれれば、壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーが動くようになる可能性があります。

壊れた&外れたファスナーの直し方③洗剤を使う

鉛筆で、ずれたファスナーが元に戻らなかった場合は、洗剤を使用してみるのも手です!

洗剤は液体の石鹸でも代用出来ます。洗剤と石鹸は水と混ぜることで滑りが良くなるので、水と混ぜて、少し薄めて使用しましょう。

ティッシュなどの紙や布などに、水と混ぜた洗剤や石鹸を浸み込ませて、エレメントの部分に塗り込んで滑りを良くしていきます。

エレメントの部分の滑りが良くなると、スライダーが動きやすくなるので、壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーが、この直し方で元に戻るかもしれません。是非実践してみてください♪

壊れた&外れたファスナーの直し方④スライダーを取り外す

次のファスナーの直し方は、スライダー部分を取り外す方法をご紹介します。

もしもスライダー部分からエレメントの片側部分が完全に離れていて、全くスライダーに噛み込んでいない状態になってしまっていたら、是非この方法を試してみてください。

まずは、ファスナーの一番下の留め具部分を、ペンチなどを使って外します。

次に、ファスナーの部分からスライダーを取り外します。

スライダーがファスナーから完全に分離したら、ファスナーの下からゆっくりスライダーを入れ直してみましょう。

外した留め具部分は、スライダーとエレメントの部分が元通りに噛み込んだことを確認出来たら、再度ファスナーの下に留め具を付け直します。

これで壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーは元通りになる筈です!


◆関連記事:ファスナーつきトートが便利!

ファスナーつきトートバッグおすすめ人気ランキング23選!

壊れた&外れたファスナーの直し方⑤ペンチを使う

スライダーとエレメントの部分の間に大きな空間が出来てしまったが為に、ファスナーが壊れてしまったケースの場合には、ペンチを使った方法が、壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーを元に戻すのに適しています。

このケースの場合、ゴミや異物がスライダーとエレメントの部分の隙間に入り込んでいる可能性もありますので、そういった物が間に挟まっていないかを充分に確認しましょう。

異物があれば、爪楊枝や針などの細い棒状の物を使って異物を取ります。

異物がないことが確認出来たら、スライダーとエレメントの部分の間に出来た空間を、ペンチを使って引き締めて、空間を狭めます。

これで、スライダーとエレメントの部分の間に出来た大きな空間は無くなり、元のファスナーの形に戻る筈です!

壊れた&外れたファスナーの直し方⑥ペンチとスライダー

壊れたり外れたりして閉まらないずれたファスナーを何とか元に戻そうとする際に、スライダーを先に動かすべきなのか、ペンチを使うべきなのか迷いますよね。

ペンチを先に使うのに適した状況は、チャックを閉めた後に、エレメントの部分のチャックがスライダーと上手く噛み合っておらず、波打っている状態の時はペンチを先に使ってみましょう。

また、波打ってはいなくても、左右のエレメントの部分が上手く噛み合っていない状態というだけでも、先に試しにペンチを使用してみることをおすすめします。

ペンチの使用の注意点は、力を入れ過ぎずに程良い力加減で、エレメントの部分とスライダー部分の隙間を無くし、チャックを自然に噛み合わせていくことがポイントです。

壊れた&外れたファスナーの直し方⑦布を噛んでしまった場合

今まではファスナー自体が壊れてしまった場合の対処方法をご紹介してきましたが、次は少しだけ違った状況の場合の壊れた&外れたファスナーの直し方をご紹介します。

ファスナーに布が噛んでしまい、ファスナーが動かなくなってしまった…という嫌な状況は誰でも起こりうる状況ですよね。

ファスナーに布が噛んでしまった場合のおすすめの対処方法は、まず、ファスナーよりも先に、噛んでしまった布を引っ張って、スライダーやエレメントの部分のファスナーから、布を引き剥がしてみましょう。

布は無理に引っ張るよりも、ファスナーと同じ方向に、水平に引っ張ると布が離れていきやすいそうです。

引っ張るスピードも、無理やり速く引っ張るよりも、ゆっくり引っ張るといいそうです。

ゆっくり布を引っ張りながら、ファスナーを少しずつ動かしてみましょう。

壊れた&外れたファスナーの直し方⑧分厚い生地の場合

もしもファスナーに噛み込んでしまった布が、デニムなどの割と分厚めの生地だった場合は、こちらの方法がおすすめです。

まずは、エレメントやスライダーの部分のファスナーをドライヤーを使って温めていきます。ドライヤーを使ってファスナーを温めると、ファスナーが温かくなることで柔らかくなります。

次に、ピンセットや針、爪楊枝などの細い物を使って、分厚めの布とファスナーの間に入れることで、噛み込んでしまった生地を取り出しやすくなります。

ドライヤーを使ったファスナーに噛み込んでしまった布の分離方法は、便利ではあるのですが、同時に注意すべきポイントもあります。

ドライヤーでファスナー部分を温め過ぎると、火傷してしまったり、ファスナーが熱によって歪んでしまったりなどの危険もあります。気を付けましょう。

壊れたファスナーを直すだけでなく、布を引っ張るという工程が加わるので、1人ではなかなか難しいのが現状です。可能であれば布を引っ張る役割を、自分以外の誰かにお願いしてみることをおすすめします。

壊れた&外れたファスナーの直し方⑨閉めたのに開いたファスナー

スライダーを使ってエレメントの部分を噛み合わせて、ファスナーを閉じたつもりなのに、スライダーをくぐらせた筈のエレメントの部分が開いたままの状態になっているファスナーというのも、壊れたファスナーにはよくある現象ですよね。

そんな時の対処方法は、まず、ペンチを使ってスライダーを軽く挟んで、開いた空間を狭めてあげましょう。今までの対処方法にも何度かペンチが出てきましたが、ペンチは本当に使えるので、1つは持っておきましょう。

ペンチでスライダーを挟むと、左右のエレメントが正しく噛み合うようになります。

今回の場合も、スライダーを閉め過ぎて、動きを固くしてしまわないように注意しましょう。

壊れた&外れたファスナーの直し方⑩エレメントの構造を把握する

スライダーをくぐらせた筈のエレメントの部分が開いたままの状態になっているファスナーの直し方はまだあります。

こちらはエレメントに着目したファスナーの直し方です。

まず、エレメントの構造は、左右のギザギザのパーツが噛み込むことで、ファスナーが閉まるという仕組みになっています。

もしもこのエレメントのギザギザ部分が、どれか1つでも曲がっていたり壊れていたら、それだけでファスナーは動かなくなってしまいますよね。

その可能性を考えて、目視でエレメントのギザギザ部分が曲がっていたり壊れていないかをチェックし、異常があればペンチを使ってエレメントの形を修正してみましょう。

細くて細かいエレメントのファスナーの場合は、繊細なエレメントが壊れてしまう可能性があり危険なので、出来ればこの方法は大きめのエレメントのファスナーの際に使用するようにしましょう。

壊れた&外れたファスナーの直し方⑪エレメントを取る

エレメントの構造を理解した上で、エレメントのギザギザ部分が曲がっていたり壊れていたのを見つけて、尚且つその破損部分がペンチだけではもうどうしようもない状態の壊れ方だった場合は、もういっそのこと、そのエレメントのギザギザ部分の1部を切り捨ててしまおう…という大胆な考えのファスナーの直し方もあります。

この方法は好き嫌いが別れそうな気がしますが、もしもこの後1日どうしても、このファスナーの付いた服で出かけなければならないという場合は、この方法を試してみるのもいいかもしれません。

エレメントのギザギザ部分の1部をペンチで取り除いたら、スライダーを外して、再度スライダーを入れ直してファスナーが動くかをチェックしましょう。

壊れた&外れたファスナーの直し方⑫クリップを使う

壊れた&外れたファスナーの直し方には、クリップを使用した方法もあります。

このクリップを使った対処方法は、スライダー部分が壊れて動かなくなってしまった場合にオススメの方法です。

まず、スライダーの穴の開いた輪の中にクリップを通します。

次に、潤滑油替わりの水で薄めた洗剤や液体の石鹸を使用して、少しずつスライダーを下げていきます。

クリップと水で薄めた洗剤や液体の石鹸があれば、動かなくなってしまったスライダーを動かせる可能性も0ではありません!

壊れた&外れたファスナーの直し方⑬動画を見てみよう

色々と文字だけで壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーを直す方法をご紹介してきましたが、いまいちピンとこない…という方も勿論いらっしゃるかと思います。

そんな時は、動画で実際に壊れた&外れたファスナーの直し方を実践している画像を見て、自分のファスナーが壊れてしまった場合に役立ててみましょう。

上記の動画は、わっぴーさんの、【修理】閉まらなくなったチャックを直してみた、というYouTubeの動画です。壊れてしまった財布のファスナーの直し方を、文字と動画で分かりやすく解説してくださっているので、是非チェックしてみましょう♪

この財布のファスナーは、スライダーをくぐらせた筈のエレメントの部分が開いたままの状態になっているファスナーのようです。

エレメントのギザギザ部分が削れているとファスナーが閉まらないので、わっぴーさんの動画でもペンチを使用していますね。先端の曲がったラジオペンチを1本使用しています。

ラジオペンチでスライダーを挟んで絞るだけで、少しですがスライダーの動きが良くなります。

次に、ファスナーを閉じた状態で、もう1度ラジオペンチでスライダーを閉めて、財布の内側のスライダー部分もラジオペンチで閉めます。

動画を見ると、これで財布のファスナーは綺麗に直っていました!ファスナーが壊れても諦めず、あらゆる方法を試してみるのもいいかもしれませんね♪

壊れた&外れたファスナーの直し方を実践してみよう

いかがだったでしょうか。壊れたり外れたりして閉まらない、ずれたファスナーは、1度壊れてしまったら最後、もう2度と元には戻らないのでは…と、泣く泣く捨てることを選んでいた方は、是非この鉛筆や洗剤、ペンチなどを使った、壊れたファスナーを直す裏ワザを使ってみてください!

エレメント、スライダー、テープの仕組みが少しでも理解出来た貴方なら、きっと直せるファスナーもある筈!めげずに挑戦してみましょう♪

もっとファスナーについて知りたいアナタはこちらもチェック

ファスナーの種類と使い分けを解説!選び方は?
ファスナーポーチ(裏付き)の作り方!簡単にできちゃう!
ファスナーの付け方・縫い方!キレイにつける5つのコツとは?

関連するまとめ

sora
sora

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ