高圧的な態度の人の心理9選!対処の仕方も教えます!

あなたの周りには高圧的な態度の人はいるでしょうか。もしかしたらあなたが高圧的な態度をとってしまってはいないでしょうか。高圧的な態度の人は、どうして高圧的な態度をとってしまうのでしょうか。今回は高圧的な態度の人の心理と、高圧的な態度の人への対処法を紹介します。

高圧的な態度の人の心理9選!対処の仕方も教えます!のイメージ

目次

  1. 高圧的な態度の人は実は臆病?
  2. 高圧的と威圧的の違いは?
  3. 高圧的な態度の人の心理①弱い自分を見られたくない
  4. 高圧的な態度の人の心理②バカにされたくない
  5. 高圧的な態度の人の心理③虚栄心が強い
  6. 高圧的な態度の人の心理④他人を従わせたい
  7. 高圧的な態度の人の心理⑤上下関係を気にする
  8. 高圧的な態度の人の心理⑥否定されたくない
  9. 高圧的な態度の人の心理⑦困ることを隠そうとしている
  10. 高圧的な態度の人の心理⑧裏切られた経験がある
  11. 高圧的な態度の人の心理⑨心に余裕がない
  12. 高圧的な態度の人の対処方法◎反抗的にならない
  13. 高圧的な態度の人の対処方法◎受け流す
  14. 高圧的な態度の人の対処方法◎一旦受け入れる
  15. 高圧的な態度の人の対処方法◎態度で示す
  16. 高圧的な態度の人の対処方法◎とりあえず褒める
  17. 高圧的な態度の人の対処方法◎鈍感になる
  18. 高圧的な態度の人の対処方法◎好きな人になる
  19. 高圧的な態度の人の対処方法◎付き合いをやめる
  20. 高圧的な態度の人の攻撃対象から外れよう

高圧的な態度の人は実は臆病?

人間関係を良好に保っていくというのは大変ですよね。学校の友達や、バイト仲間、会社の同僚や上司に、ママ友など、人が築かなくてはいけない人間関係はとても多いものです。そんな人間関係では、高圧的な態度をとってくる人には、どうやって対応いしたらいいか悩んでしまうこともあります。

あなたはそんな高圧的な人にはなっていないでしょうか。あなたが高圧的な態度をとる人や、高圧的な態度をとるような上司にならないように、高圧的な態度の人の態度や心理をまとめていきます。

高圧的な人が高圧的な態度をとってしまう原因としては、自分自身を大きくみせたいからというものが一番強くあるようです。

例えば大きな声で怒鳴るような話し方をしたり、ドンと音を立ててすわったり、バタバタと足音を立てて歩いたりするのも、自分の「大きさ」をアピールしたいから出てしまう態度のようです。

高圧的な態度をとる人は、意外と臆病なのかもしれませんね。後半では高圧的な態度をとる人への対処法も紹介していきます。上司などに高圧的な態度をとる人がいたら、ぜひ参考にしてください。

高圧的と威圧的の違いは?

高圧的な態度と同じような言葉に、威圧的という言葉があります。高圧的と威圧的というのは、ほとんど同じ意味を持っていて、同義語として使われることが多い意味の言葉になっています。

高圧的というのは、その人の持っている雰囲気で周りの人を抑え込もうとしているような部分があります。意識的というよりは、無意識に周りの人に強い態度をとってしまう人という意味になるようです。

威圧的という意味は、あきらかに相手を服従させようとしたりする意味があるようです。高圧的な態度は無意識のモノなので、誰にでもできるという態度ではありませんが、威圧的な態度は威圧的に接したいと思えば誰にでもできる態度という意味にもなりそうです。

辞書などで調べてみると高圧的よりも威圧的のほうが攻撃的である、という意味を含ませているものもあります。

高圧的な態度の人の心理①弱い自分を見られたくない

高圧的な態度の人の心理には、周りの人に自分の弱い部分を見られたくないという意味があることがあります。高圧的な人は、自分の弱さを知っているという意味もありますね。

自分の外見や経験、実力に自信がなかったり、容姿や学歴などのコンプレックスがある人が、高圧的な態度をとってしまうことがあるようです。

自分が周りの人よりも劣っているかもしれないと自分で思い込んでしまっているのですね。その思い込みにより、周りの人に高圧的な態度をとってしまうのです。

弱い自分を見せたくないから高圧的な態度をとってしまうのは、年齢は高いけれど経験の少ない上司などにもみられるようです。周りの人に自分の弱さをみられないように、必死で強い自分を演じているのですね。

高圧的な態度の人の心理②バカにされたくない

高圧的な態度をとってしまうのは、周りの人からバカにされたくないという心理から、強い態度をとってしまうという人もすくなくありません。周りの人からバカにされたくない、見下されたくないという思いがとても強い人であるという意味にもなります。

まわりの人からバカにされないようにするために、相手よりも大きな声で話したり、相手よりも強い言葉を使ってしまったりするのです。

高圧的な態度の人が、周りの人の話を遮って話をさせないという行為も、自分の弱い部分を指摘されたり、自分の意見をバカにされないようにするために、相手の言葉を遮って自分の話をしてしまうようです。

バカにされたくない、見下されたくないという心理は、プライドが高い人であるようにも感じますが、バカにされたり見下されることで、自分が傷つくことがないようにしているようです。

高圧的な態度の人の心理③虚栄心が強い

虚栄心とは、簡単にいえば「見栄」のことです。高圧的な態度の人は、今の自分に満足ができないという人です。自分はもっとできる人間だ、もっと強い人間なのだと思っています。

しかし自分が思い描くような役職や地位になることができなかったり、自分に実力がないという場合、それを認めることができないでいるのです。

自分は周りの人よりも秀でていて、周りの人を自分が引っ張っていかなくてはいけないと思い込んでいるところがあるので、役職などがない分、言動や態度で周りの人を引っ張っていこうという心理が働いてしまいます。

上司でもなく役職も無い人が、誰かを思い通りに動かすのは難しいですよね。誰かを引っ張っていこうとしたときには、自分よりも態度が弱そうな人を選んで言うことを聞かせようとしてしまうようです。

高圧的な態度の人の心理④他人を従わせたい

高圧的な態度の人は、もともと誰かの上に立ちたいという心理の人が多いという特徴があります。上司になるなど、人の上に立つことが好きな高圧的な態度の人は、周りの人が自分の意見に従ったり、ついてきてくれるという状況に優越感を感じるという心理があります。

一度優越感を感じる経験をしてしまうと、周りの人を従わせたいという欲求がクセになってしまいます。

高圧的な態度の人が上司であったり、人望のある人で、人を引っ張っていく能力があれば自然に周りには人が集まるものです。

しかし高圧的な態度だけで周りの人を従わせよう、抑えつけようとしてしまう人の場合は、そのうち孤立してしまいます。高圧的な態度の人の多くは、孤立してしまうパターンになります。それは周りの人のことではなく、自分のことだけを考えてしまっているからなのです。

高圧的な態度の人の心理⑤上下関係を気にする

高圧的な態度に人は、どちらかというと体育会系の考え方をする人が多いようです。先輩後輩や、上司部下の関係をとても大切にするという意味です。

自分が部下であれば、上司の意見は絶対だと考えています。そのため上司に高圧的な態度をとることはありません。そのかわり自分よりも弱い立場の人間に高圧的な態度をとってしまいます。

上下関係を大切にして高圧的な態度をとるという人は、周りの人からみると力のある人には高圧的な態度はとらない人だという意味にうつります。

そんなところも高圧的な態度の人が嫌われてしまう理由になるのかもしれません。高圧的な態度の人からすれば、それぞれの立場をしっかりと理解させたいという心理から、上司と部下に対しての対応を変えているようです。

高圧的な態度の人の心理⑥否定されたくない

高圧的な態度をとる人は、どこかで自分の弱さを知っている人です。自分の弱さを知っているからこそ、その弱い部分を誰にも知られたくないという心理が働きます。

話し方が強い人や、やたらと大きな声で話すような人は、自分の考えを否定されたり訂正されるのが怖くて高圧的な態度をとってしまうという場合もあります。

多くの人が自分の考えを否定されたくないと思っているものですが、高圧的な態度の人はその心理が特に大きい人だと言えるでしょう。

自分の考えや意見を否定されたときに、自分がそれにたいしてしっかりとした理論で反論ができないことを知っているのです。

言い返されたり否定をされることで、自分が傷つけられるのが嫌だという心理から否定ができない強い言葉を選んでいます。また反論できない自分を周りの人にみられることで、恥をかかされたくないという心理も働くようです。

高圧的な態度の人の心理⑦困ることを隠そうとしている

上司から「これ至急で」なんて頼まれた仕事をよく見てみたら、一度上司が書類をつくっていて、間違いだらけのものだった、なんてことはないでしょうか。「至急でって、あなたのミスじゃない?」と心では思っても、上司だから言い返せないということもあるかもしれませんね。

高圧的な態度の人には、自分のミスを注意されたり、指摘をされるのが嫌で高圧的な態度をとって隠そうとする心理が働きます。

高圧的な態度をとることで、「何か文句があるのか」「質問をしてくるな」「ミスを指摘するな」という意味を相手に押しつけようとしているのです。

「ともかく、そんなことはしていないと言っているだろう」というのも、高圧的な態度をとる人の口癖の特徴でもあります。理由はしっかりと説明はできないけれど、自分は悪くないという心理を持っているのが、高圧的な態度の人なのです。

高圧的な態度の人の心理⑧裏切られた経験がある

高圧的な態度の人には、相手のことを信じることができないという心理から、相手を抑えつけるような強い口調を使う人もいます。周りの人を信用できずに疑ってしまうのは、過去に信用していた人から裏切られた経験があるのかもしれません。

裏切られるだけではなく、高圧的な態度の人が恥ずかしい思いをしたりプライドを傷つけられたという意味での経験をしたのであれば、それを思い出してさらに強い口調になっているかもしれませんね。

周りの人を信じることができないので、周りの人の意見を聞こうという気持ちがありません。周りの人を疑っているので、自分の意見を押しとおそうとしてしまうのです。

こんな人が上司だったら困りますよね。周りの人が認める誠実な人であったとしても、高圧的な態度の人はこんなに誠実な人がいるわけはないと疑って、攻撃対象になってしまう可能性もあります。

高圧的な態度の人の心理⑨心に余裕がない

高圧的な態度の人の心理には、心に余裕がないという特徴があります。高圧的な態度の人が、高圧的な態度をとってしまうのは、心に余裕がないからです。

自分のコンプレックスや、自分に対して劣等感を感じてしまうのは、どこかで誰かと自分を比べてしまっているからでしょう。

仕事が忙しすぎたり、ライバルが多かったりすることで、プライベートを充実させることができていないのかもしれません。また金銭的な余裕がなく、生活に余裕がない場合も、心の余裕がない状態につながっていきます。

ポジティブな考え方よりも、ネガティブな考え方をしてしまう人は注意をしなくてはいけないかもしれませんね。上司などの目上の人の話はしっかり聞けるのに、部下の話には耳を傾けないという人も、心に余裕がないのかもしれません。

高圧的な態度の人の対処方法◎反抗的にならない

高圧的な態度の人の心理についてまとめてきましたが、高圧的な態度の人と付き合わなくてはいけないという場合には、どういう対処をしていけばいいのでしょうか。

高圧的な態度の人と円滑な関係にしていきたいときには、反抗的にならないという対処がいいでしょう。高圧的な態度の人は、自分の意見に否定的な人には攻撃をしてくる特徴があります。

無駄にトラブルを大きくするのが嫌だと思ったときには、自分の意見が違うものであったとしても、反抗的にならずに、いることが大切です。

反抗的な態度をとらなければ、無理に同意をしたり、変にちやほやするような対処をする必要はありません。面倒だと思ったのであれば、遠巻きで見ているという対処方法もある意味では有効になります。

高圧的な態度の人の対処方法◎受け流す

高圧的な態度の人への対処方法には、相手の意見に賛成も否定もしないで受け流すという方法もあります。高圧的な態度の人に、あなたが感情的につっかかった態度をとっても、相手を怒らせるだけで何の意味もありません。

高圧的な態度の人の言動を受け流してしまうことで、相手も言いたいことだけ言って満足をしてくれる場合もあります。

高圧的な人の意見に賛同して気に入られたり、否定して嫌われたりという対処がめんどうだと思う人には、どちらの態度もとらないで、受け流してしまうという対処法もおすすめです。

ポイントは反抗的な否定はしないけれど、相手を持ち上げるような肯定もしないということです。とくに高圧的な上司には、あまり持ち上げすぎると何かと話しをふられて面倒な関係になってしまうので注意が必要です。

高圧的な態度の人の対処方法◎一旦受け入れる

高圧的な態度の人への対処には、反抗的にならないということがあります。反抗的にならないために、一旦相手の意見を受け入れるという方法もあります。

例えば高圧的な上司に「この仕事を1日で仕上げるように」という指示をされたとします。「そんなの無理です」と否定をしてしまうと、高圧的な上司の逆鱗に触れてしまいます。

「わかりました。今日中に仕上げるようにします。しかし今日中にこの仕事となると、もしかしたらミスがでてしまうかもしれません。明日中では遅いですか?」と一旦意見を受け入れつつも、提案をするという形をとると、高圧的な上司も考えてくれるかもしれません。

高圧的な上司に意見をうかがうという姿勢をとっているので、高圧的な上司の逆鱗に触れることもないのです。

高圧的な態度の人の対処方法◎態度で示す

高圧的な態度の人へは、態度で示すという対処法もあります。高圧的な態度の人は、自分が誰かを抑えつけておけるということに、大きな優越感を感じる特徴があります。

あなたが心の中で高圧的な態度の人を尊敬しているか尊敬していないかは別として、態度として「あなたのことを尊敬している」「あなたの考えに従います」という態度を示してしまうという意味の方法になります。

周りの人からみれば、あまり良い対応だとは思われないかもしれませんが、不要なトラブルを避ける方法としては一番手っ取り早い方法になります。

しかしあなたが高圧的な態度の人を尊敬していない場合には、あなたにとってストレスのたまる対処法になるかもしれません。

高圧的な態度の人の対処方法◎とりあえず褒める

高圧的な態度の人は、自分にコンプレックスを抱えているという人が多い特徴があります。そんな高圧的な態度の人には、とりあえず褒めるという対処法もあります。

周りの人から嫌われているような高圧的な態度の人も、よくよく見ると良いところがあるのではないでしょうか。その点をみつけて褒めてあげましょう。

高圧的な態度の人は、普段からあまり褒められることが少ない人でもあります。そんな人は褒められたり、自分のことを認めてもらえることで、嬉しいと感じるものですよね。

この対処法は自分の上司だけではなく、自分の部下に高圧的な態度をとってしまう人がいるときにも使える対処法です。自分のことをしっかりと見てくれる人がいるというだけで、高圧的な態度が少し緩まるかもしれません。

高圧的な態度の人の対処方法◎鈍感になる

最初にも書いたように、高圧的な態度というのは、どちらかというと無意識にとってしまう態度になるので、意識をして直していくのが難しい態度になります。周りの人からその高圧的な態度を治した方がいいと注意をされたとしても、その人が態度をあらためるのは難しいかもしれません。

その人が変わるのをじっと待つという対処法もありますが、一番簡単なのはあなた自身がかわってしまうことですよね。

高圧的な態度の人への対処法として一番良い方法は、あなたが鈍感になることです。高圧的な態度の人のことをいちいちストレスに感じていたら、精神的にも疲れてしまうでしょう。

また高圧的なことを言ってるなとか、また言われてしまったと、深く考えないようにすることで、あなたの心も随分と楽になることができるはずです。

高圧的な態度の人の対処方法◎好きな人になる

高圧的な態度の人の対処法には、あなたが高圧的な態度の人の好意的に感じるタイプになるという方法もあります。

本当は高圧的な態度の人よりも、役職などで偉くなるというのもいい方法なのですが、それも時間がかかってしまいますよね。

高圧的な人は周りの人を信じることが苦手です。しかし自分が好意的に感じる人は、全面的に味方になってくれるという特徴もあります。

高圧的な態度をとる人は、自分のことを褒めてくれる人や持ち上げてくれる人が少ないので、あなたが褒めてくれる人や持ち上げてくれる人になることで、高圧的な態度をとる人から好意的に感じる相手とみられることができます。

上司が高圧的な態度をとる人であれば、この対処法が手っ取り早いかもしれませんね。

高圧的な態度の人の対処方法◎付き合いをやめる

高圧的な態度をとる人に関わっていると、ストレスが溜まってしまうものですよね。強い口調や態度はあなたを追い詰めてしまうこともあるかもしれません。

会社の上司や同僚であれば、付き合いをやめることは難しいかもしれませんが、あなたの生活の中で必ず付き合わなくてはいけないという相手ではないのなら、付き合いをやめるという対処方法もあります。

会社の上司や同僚の場合は、あなたが精神的に追い詰められているというときには、上司の上司や人事部、総務部へ相談をすることもおすすめです。大きい会社であれば、部署替えなども考慮してもらうといいでしょう。

高圧的な人の言葉が、ただキツイ言葉を使うというだけではなく、あなたを傷つけるような言葉を使っているのであれば、パワハラやモラハラにあたる場合もあります。

心が疲れ切ってしまう前に、誰かに相談をするようにしましょう。


◆関連記事:もっと性格について知りたいあなたはこちらもチェック

うざい上司の特徴9選と対処法7選!
上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?

高圧的な態度の人の攻撃対象から外れよう

今回は高圧的な態度の人の心理と対処方法についてまとめてみました。高圧的な人というのは、ときにあなたを精神的に追い詰めることがあります。

高圧的な人は自分より弱いと思う相手をみつけると、自分のストレスをその人にぶつけてきたり、必要以上に攻撃をする場合もあります。

自分に反抗的な人も、同じように攻撃をしてくることがあります。高圧的な人があなたの上司である場合には、他の人よりも多い仕事量を押し付けてきたり、ミスをすべてあなたのせいにするなんてことをしてくることもあるかもしれません。

高圧的な人は、精神的に憶病な人です。あなたが自分に反抗しないように、どこまでもつぶしにかかってくるでしょう。

そんな高圧的な人と円滑な関係でいるためには、高圧的な人の攻撃対象にならないようにすることも大切です。

あなたが心身ともに健康でいられるように、周りの高圧的な人の攻撃を避けていきましょう。

人間関係の対処法を探したい人はコチラも!

パワハラ上司へ仕返し!効果的な復讐方法を紹介します!
嫌いな上司の特徴と対処法11選!
上司が嫌いで辞めたいときの対処法11選!【必見】

関連するまとめ

関連するキーワード

鈴子
鈴子
Lovelyで主に記事を書かせていただいています。 最近減量に成功しました!夏よこい!! よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ