性格の不一致で離婚はできる?慰謝料や手続きを解説します!

性格が合わなくて離婚をしたいと考えている人もいるかもしれません。性格が合わないことを性格の不一致といいますが、性格以外の合わないことも性格の不一致と言うようです。どんな性格の不一致が離婚の原因になっているのでしょう。また性格の不一致で離婚はできるのでしょうか。

性格の不一致で離婚はできる?慰謝料や手続きを解説します!のイメージ

目次

  1. 性格の不一致で離婚?どれくらいの夫婦が離婚しているの?
  2. 性格の不一致で離婚できる?性格の不一致とは
  3. 性格の不一致で離婚?法律的にOK?
  4. 性格の不一致で離婚するには◎あなたの気持ちを確認する
  5. 性格の不一致で離婚するには◎離婚の条件交渉を考える
  6. 性格の不一致で離婚するには◎別居する
  7. 性格の不一致で離婚できる場合◎夫婦関係が極度に悪化
  8. 性格の不一致で離婚できる場合◎協議離婚・調停離婚
  9. 性格の不一致で離婚できる場合◎性格の不一致以外の理由もある
  10. 性格の不一致で離婚できない場合◎妻が調停するとき
  11. 性格の不一致で離婚◎慰謝料は請求できる?
  12. 性格の不一致で離婚◎財産分与はある?
  13. 性格の不一致で離婚◎親権はどうなる?
  14. 性格の不一致で離婚◎手続き方法は?
  15. 性格の不一致で離婚◎弁護士に相談をするべき?
  16. 性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎少し距離をとる
  17. 性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎環境を変える
  18. 性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎共感できるもの
  19. 性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎相手を認める
  20. 性格の不一致で離婚するときにはよく考えて

性格の不一致で離婚?どれくらいの夫婦が離婚しているの?

日本での離婚原因で最も多いのが「性格の不一致」だと言われています。性格の不一致で離婚している夫婦は、離婚の手続きをしている夫婦のおよそ半数を占めています。

ちなみに離婚原因の2位が不倫や浮気となっています。不倫や浮気よりも、性格の不一致が離婚原因となる大きな要因であることがわかりますね。

性格の不一致で離婚できる?性格の不一致とは

性格の不一致というのは、なんとなくイメージがわきますが、具体的に例えばどういう意味なのでしょうか。ただ性格が合わないということが、性格の不一致ということになるのでしょうか。

性格の不一致というのは、性格が合わないことはもちろん、夫婦が生活をしていく中であわないことの全般を指しています。

例えば、相手のお金の使い方が自分とはあわないときも、性格の不一致といいます。相手の食事の仕方や、お風呂の入り方、洗濯の仕方など、あなたが相手とあわないと感じる全てのことに対して性格の不一致という言葉が使われるようです。

そういう日々の積み重ねでストレスがたまるような性格の不一致を感じているときには、離婚の手続きに繋がる場合もあるようです。

性格の不一致で離婚?法律的にOK?

性格の不一致というのは、離婚の原因になるようです。しかしびっくりすることに、性格の不一致というのは、法律上では離婚の原因としては認めらえていないのです。

法律で認められている離婚原因は、不倫や浮気、生活費を入れない、3年以上生死がわからない、回復できるかわからない精神病にかかっている、婚姻関係を継続できない重大な理由がある、という5点になっています。

性格の不一致は、婚姻関係を継続できない重大な理由になるのではないかと思う人もいるかもしれません。実際に、性格の不一致が理由で婚姻関係が継続できない場合もあるかもしれません。

しかし性格の不一致は、2人が協力することで解決ができる事由だと現状では考えられているのです。婚姻関係を継続できないというのは、例えば相手が暴力をふるうということなどが考えられているようです。

裁判になったら離婚できないことも

性格の不一致が法律で決められている離婚の理由ではないことから、夫婦のどちらか一方が性格の不一致を訴えて離婚の裁判を起こしても、どちらかが離婚したくないと言えば離婚原因として認められないこともあります。

あなたがどんなに性格の不一致を訴えても、相手がそうではないと言ってしまえばそれは性格の不一致とは認められないこともあります。

性格の不一致は、意味が幅広いということもあり、法律的に線を引くのも難しい事由だとも言えそうですね。

性格の不一致で離婚するには◎あなたの気持ちを確認する

法律では離婚の理由として認められないけれど、どうしても離婚をしたいと思ったときには、離婚の手続きをするために必要なことを考えていかなくてはいけません。

まず最初に考えなくてはいけないのが、あなたが本当に離婚をしたいのか離婚したくないのかということです。例えばパートナーと喧嘩をしてしまったから、一時的に離婚をしてやると考えているだけではないでしょうか。

勢いで離婚を決めてしまうのはよくありません。あなたの中で、離婚に迷いがあるのであれば、今は離婚をするべきときではないのかもしれません。例えばしっかりとパートナーと話し合うことで、離婚をしなくてもよい場合もあります。

もうずっと離婚したいと考えていて、何度も自分の気持ちと向き合ってきたけれど、どうしてももう夫婦生活を続けていくことができないと、本気で考えたのであれば、離婚の手続きをするための準備をしていく必要があります。

離婚をするときには、夫婦で話し合うことで円満に離婚をするという方法と、弁護士を入れて離婚をするという方法があります。できれば円満に2人で話し合うことができればいいですよね。

性格の不一致で離婚するには◎離婚の条件交渉を考える

あなたがもしも働いていない状態なら、離婚後の生活を考える必要があります。離婚してから考えればいいと思っているなら、少し考えが甘いです。

あなたが1人なのか、子供がいるのかによっても、例えば生活費のことや学費のことなどお金のことも問題になります。もちろん住む場所も考えなくてはいけません。

どちらにしても、離婚後のお金について考える必要が出てくるのです。

あなたに子供がいて、親権をとるつもりなら、親にも相談したほうがいい場合もあります。離婚するときに、できるかぎりお金に関して有利な条件で話ができるように、あなたなりに準備をしておくことも大切になるかもしれません。

そのためには、例えばお金の相場を調べるということも必要になってくるかもしれませんね。

性格の不一致で離婚するには◎別居する

先ほど性格の不一致は、法律上では離婚の原因にはならないと書きましたが、別居は長期間続くことで離婚の原因になります。

もしもあなたの離婚したいという気持ちが本物で、パートナーが離婚の手続きに応じてくれないという場合には、別居するという方法もあるようです。別居を長期間続ければ、裁判でも離婚が認められやすくなります。

別居している間のお金はどうしたらいいのかわからないという人もいるかもしれません。あなたが働いている場合は、もしかしたらあなたの力で、お金はなんとかなるかもしれませんね。

しかし法律的なことを言えば、離婚の手続きをしないで婚姻関係が続いている以上、生活費は支払う義務が生じています。別居をしていてもパートナーに費用を請求することはできるようです。

■関連記事:別居婚について気になる方はこちらもチェック!

別居婚のメリット・デメリット!うまくいくための方法11選

性格の不一致で離婚できる場合◎夫婦関係が極度に悪化

性格の不一致というのは、法律上では離婚の原因としては認められていません。それでは性格の不一致で離婚ができる場合というのは、どんな場合なのでしょうか。

性格の不一致で離婚ができるのは、夫婦関係が極度に悪化している状態の場合です。そもそも実際の離婚原因で一番多いのが、性格の不一致なのです。性格の不一致があることで、夫婦関係が悪化して、破綻してしまうというケースがないわけではありません。


性格の不一致が原因というよりは、夫婦関係が破綻してしまったという原因で離婚が認められることがあるようです。

夫婦関係が破綻するというのは、例えば別居もその1つの例になります。別々の生活を始めてしまい、接点もなくなってしまえば、もうそれは夫婦とは言えません。戸籍上でだけ繋がっていることになってしまいます。

性格の不一致で離婚できる場合◎協議離婚・調停離婚

相手が離婚の手続きに応じなければ裁判をしなくてはいけないと考える人が多いと思います。もちろん裁判で離婚をすることもできるのですが、性格の不一致で離婚をしたいと考えている人は、協議離婚や調停離婚という方法で、離婚の話を進めることもできます。

裁判は、裁判官が判決を下すものになりますが、協議離婚などの場合は、お互いが話し合って納得をした上で、離婚をするという方法です。

2人で話し合いをすると、感情的になってしまったり、言い合いが子供の様になってしまい話し合いが進まないという場合に、第三者を入れることで冷静に話し合いをしましょうというのが、そもそもの役割となっています。

協議離婚や調停離婚については、また後程詳しくまとめていきます。

性格の不一致で離婚できる場合◎性格の不一致以外の理由もある

性格の不一致で離婚をしたいと思っていても、パートナーが離婚したくないというときには、法律上では離婚が認められることが少ないかもしれません。

しかし性格の不一致以外にも理由があって、プラスで性格の不一致があるという場合には、離婚の原因として認められることがあります。

例えば性格の不一致を感じているときには、パートナー以外の人に目がいってしまうこともありますよね。そんな不倫や浮気をしているということがわかれば、離婚したくないと言っても、離婚の原因になることもあります。

パートナーが不倫や浮気をしているという場合は、慰謝料も請求することができるので、弁護士に相談をしたほうがいいかもしれませんね。

性格の不一致で離婚できない場合◎妻が調停するとき

性格の不一致では離婚できない場合もあります。最初に書いたように、性格の不一致は法律上では離婚の原因にはなりません。

パートナーが婚姻生活を続けるために必要な生活費を、遅れることなくしっかりと支払っていて、不倫も浮気もしていないのに、生活費をもらっている(働いていない)妻が、生活の不一致が原因で離婚調停を起こした場合、離婚は認められないという例が多いようです。

生活費がしっかりと入ってきていて、相手の不貞行為もないという場合は、夫婦関係が破綻しているとは考えにくいというのが、裁判所の判断になってしまうからです。

性格の不一致で離婚したい場合に、相手が離婚したくないと言ったときには、少し手続きが面倒になることもあるようです。

性格の不一致で離婚◎慰謝料は請求できる?

性格の不一致で離婚をするというのは大変になりそうですが、もっと大変なのは、離婚ができるとわかった後です。

離婚ができることがわかったら、まず心配になるのがお金のことだと思います。できれば慰謝料を請求したいですよね。生活があるので、きれいごとを言っている場合ではありません。

例えば不倫や浮気などで離婚をしたときには、慰謝料を請求することができます。では性格の不一致で離婚をしたときは、相手に慰謝料を請求することはできるのでしょうか。

慰謝料というのは、いわゆる精神的なダメージへの損害賠償という考え方になります。離婚原因を作った人に、損害賠償を求めるという意味で慰謝料は請求します。

今回の場合性格の不一致で離婚をするので、精神的な損害賠償である慰謝料は認められない場合が多いようです。

性格の不一致はどちらも悪い

あなたが性格の不一致を訴えていて、相手は離婚したくないと言っている場合であっても、性格の不一致は双方が悪いという考え方になります。どちらが悪いというわけではないので、慰謝料は請求できない、そもそも慰謝料を払うという前提がないという判断をされるのです。

ただし相手が、性格の不一致を原因に不倫や浮気をしていたという場合は慰謝料の請求が可能になります。

慰謝料の請求に関しては、難しいところもあるので、慰謝料が絡んできたときには弁護士を依頼することを考えるといいかもしれませんね。

性格の不一致で離婚◎財産分与はある?

性格の不一致で離婚をした場合、財産分与はどうなるのでしょうか。財産分与に関しては、基本的には夫婦で半分にするということになっているようです。

夫婦になってからの共通の財産とみなされるもの、例えばマイホームや、車、貯金など、夫婦になってから2人で作ってきたものに関しては、財産分与をしてもらうことができます。

ただし話し合いの中で、あなたが財産はいらないからともかく離婚をして欲しい、というようなことを言ったのであれば、財産は受け取れないこともあります。

後でしまったと後悔しないように、しっかりと考えて発言をするようにしてください。

性格の不一致で離婚◎親権はどうなる?

性格の不一致で離婚をしたとき、あなたに子供がいるのであれば、親権はどうなるのでしょうか。離婚を言い出した方が不利になってしまうのでしょうか。

親権に関して、離婚を言い出した方が不利になるということはありません。逆に有利になるものでもありません。

親権に関しては、あなたが離婚したいという側でも離婚したくないという側でも不利にも有利にもなりませんが、ただ子供の将来に関して無関心である場合には、不利になります。

例えばあなたは、子供のことをどれくらい知っているでしょうか。子供が将来成長していくために、どれくらいお金がいるか調べた事はあるでしょうか。

あなたは、あなただけで子供を育てていく経済力や精神力はあるでしょうか。一人で無理な時には、誰か助けてくれる人はそばにいるでしょうか。

子供を育てるための環境を判断材料に、親権がどちらにいくのかは変わってくるようです。

性格の不一致で離婚◎手続き方法は?

性格の不一致で離婚をするときには、まずは夫婦2人で話し合うというのが基本になります。ここでは離婚をする方法と手続きについて、「協議離婚」「離婚調停」「離婚裁判」について紹介をしていきます。

協議離婚

夫婦2人で話し合った結果、円満に離婚ができることになった場合には、「協議離婚届」の手続きをしていくことになります。

協議離婚で離婚をする場合の手続き方法は、まず役所で「協議離婚届」をもらってきます。いわゆる普通の離婚届です。緑色の文字でプリントされている用紙のことですね。

お互いが協議離婚届にサインをして、2人でもしくはどちらかが役所に提出をすれば、離婚をすることができます。

離婚調停

2人で話しあったけれど結論が出ない場合、離婚したいという方と離婚したくない方で意見が平行線になってしまってどうにもならないという場合には、離婚調停の手続きをすることになります。

離婚調停の手続きは家庭裁判所で行います。家庭裁判所では、裁判官ではなく、調停委員と呼ばれる人が2人の間に入って話を進めてくれます。

夫婦が向き合って話をする必要がないので、冷静に話をすることができます。調停委員はお互いの話を聞いて、提案をしてくれます。

その提案に合意をすることで、調停調書が作成されます。その調停調書を役所に提出すれば、離婚の手続きが完了するのです。

離婚裁判

家庭裁判所の離婚調停でも話がまとまらない、離婚したくないという意見が変わらないという場合には、離婚裁判の手続きをしていくことになります。

ここで注意をしなくてはいけないのが、性格の不一致は法律的には離婚原因にはならないということです。もしも性格の不一致だけが原因で離婚を考えていて、離婚裁判にまで行ったときには、裁判になることなく、棄却されてしまう場合もあります。裁判では離婚できないかもしれないということです。

最初にも書いたように、離婚裁判をするときには、性格の不一致以外にも離婚する原因がなくては裁判をすることすらできません。どちらかが離婚したくないと言えば、それで終わりです。

裁判にできる内容としては、相手が不倫や浮気をしている場合や、夫婦関係が破綻しているという場合です。どうしても離婚がしたい、離婚裁判を起こしたいという場合には、弁護士に相談をしてみるといいかもしれませんね。

性格の不一致で離婚◎弁護士に相談をするべき?

離婚をするときには、必ず弁護士に相談をするべきなのでしょうか。夫婦2人で話し合う協議離婚の場合は、必ずしも弁護士をたてる必要はありません。

しかし、離婚調停をすると決まったときに、弁護士に相談をするという人がほとんどのようです。

弁護士に依頼すれば、あなたに有利になるように離婚の話を進めてくれるかもしれません。しかし、あなたの希望通りの離婚ができたとしても、希望通りの離婚ができなかったとしても、あなたは弁護士費用を払う必要があります。

弁護士費用については、弁護士によって異なります。平均的な弁護士費用として公開されているのは、着手金と報酬金でおよそ80万円程度です。決して安い金額ではありませんよね。

性格の不一致で離婚をする場合には、慰謝料を請求することもできません。じっくりと考えて弁護士をお願いするかどうかは決める必要がありそうです。

性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎少し距離をとる

パートナーとの性格の不一致を感じているけれど、離婚したくないという人もいるでしょう。なんとか離婚しなくてもいい方法がないか考えている人のために、ここからは性格の不一致があるときの対処法を紹介させていただきます。

離婚したくないときに、最初に試して欲しいのが、少し距離をとるという方法です。これは別居を勧めているわけではありません。

性格の不一致というのは広い意味がありますが、基本的にはあなたが嫌いな相手の部分だと考えることができます。

相手の嫌いな部分が見えてしまうのは、あなたが相手と近くにいすぎることが原因かもしれません。嫌なところが目につくのであれば、見ないようにしていきましょう。

例えば相手の食事の仕方が合わないのであれば、食事の時間をずらしてみるというのも1つの方法かもしれません。

まずはそうやって、少し距離をおいて気持ちを落ち着かせてみてください。

性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎環境を変える

性格の不一致を感じるけれど離婚したくないと考えたときには、環境を変えてみるという方法もあります。環境を変えるというのも、大きく変える必要はありません。

あなたが相手と合わないと思っているのは、実はあなたがあまり相手のことを知らないからかもしれません。

例えば夫婦で一緒に旅行に出かけてみるのはどうでしょうか。いつもとは違う環境に出かけてみることで、パートナーの見方が変わるかもしれません。

性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎共感できるもの

性格の不一致、だけど離婚したくないのであれば、一緒に共感できるものを探してみるという方法もおすすめです。

あなたが相手と合わないと思っているのは、相手と考え方が違うと感じているからかもしれません。しかし付き合っているときは、同じものを見て、同じようなことを感じることができていたのではないでしょうか。

付き合っていたころのように、同じ映画を観てみたり、同じ音楽を聞いてみてはいかがでしょうか。2人でもっと話す時間をつくることも大切かもしれませんね。

性格の不一致で離婚をしたくないときの対処法◎相手を認める

性格の不一致を感じても離婚したくないというときには、相手を認めてあげることも大切です。

あなたが相手と性格が合わないと感じるのはどんなところでしょうか。細かいところかもしれませんし、気が強いところかもしれません。それはあなたにはない部分なのではないでしょうか。

考え方を変えれば、あなたに無いものを持っているパートナーとは、とてもスゴイ存在なのではないでしょうか。自分とは違う考え方を持っているからと言って、それをただ否定するのはよくありません。

よく言われることですが、夫婦はそもそも他人です。他人が一緒に生活をしていくのですから、お互いの違うところを認めてあげるということも大切になってくるのではないでしょうか。

性格の不一致で離婚するときにはよく考えて

今回は性格の不一致で離婚はできるのかどうかを紹介させていただきました。結論を言えば、2人で話し合うことでの離婚はできそうですが、どちらかが離婚したくないと言ってしまえば、裁判での離婚は難しいようです。

また慰謝料も請求することはできません。性格の不一致で離婚したいと考えたときには、そんなデメリットがあることも理解しておく必要がありそうです。

離婚についてもっと情報を知りたいアナタに!

離婚したい理由ランキング!なんで離婚したいの?
離婚の原因ランキング!夫婦が別れる理由で一番多いのはこれ!
離婚の準備はこれで完璧!準備期間にすべきこと7選
離婚後の生活が不安?幸せになるための7つのコツ!
離婚を後悔する理由11選!どんな場合に後悔することが多いの?

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ