恋と愛の違いとは?診断のポイントや違いがわかる名言を紹介!

恋と愛の違いについて紹介します。恋と愛の違いは、正しく理解した人でないと、非常に難しいものでしょう。愛だと思っていたのに恋だったなんてことも起こり得るものです。本当の愛とは一体何なのか、恋とはどう違うのか、明言などからも学んでいきましょう!

恋と愛の違いとは?診断のポイントや違いがわかる名言を紹介!のイメージ

目次

  1. 心理学で見る!恋と愛の違い
  2. 名言や格言から理解する!恋と愛の違い
  3. 男女別に見る恋と愛の違いとは?
  4. それは恋?愛?診断してみよう!
  5. 恋から愛へと格上げしたい場合には?
  6. 恋も愛も自分の感情を大切にしていこう!

心理学で見る!恋と愛の違い

心理学で見る恋と愛の違いについて紹介します。心理学では、感情的なものよりも、学術的なものに感じるため、愛とか恋とかは、心理学では語れないものもあるでしょう。

しかし、恋とは何か、愛とは何かという定義みたいなものがあると、理解するのに分かりやすい部分もあるので、心理学上の恋と愛について見ていきましょう!特に、恋と愛の違いが本気で分からないと思っている人は、心理学での恋と愛は分かりやすいので見ておいたほうがいいでしょう!

「恋」とは受け身のもの

心理学での恋とは、受け身のものと言われています。すなわち、恋をしたときは、「相手にも私を愛してほしい。」とか、「相手から何かアクションを起こしてほしい。」などのように、いつでも受け身なのです。

相手からの愛情が与えられることだけを考えています。しかし、自分も相手のことが好きなので、自分も相手に与えているものだと勘違いしてしまうのも、恋です。この勘違いがあるからこそ、恋と愛は分からなくなるのです。

「愛」とは与えてあげるもの

心理学上での愛とは、与えてあげるものです。つまりは、自分の愛情を相手に注ぎ、相手からの愛情は求めていないのが愛です。いわゆる、見返りなしに無償の気持ちで相手を愛することができるのが「愛」なのです。

愛はとても深いものです。見返りなしで愛情を与えるというのは、よっぽどのことです。しかし、心理学上の「愛」の意味は、正しいもので、まさに与えることが愛なのです。

名言や格言から理解する!恋と愛の違い

恋と愛の違いが分かる明言や格言を見ていきましょう。より恋と愛の違いについて触れることができます。おそらく、恋と愛の違いが分かっている人や、本物の愛に触れたことがある人は、誰でも名言を残すことができるのではないでしょうか?

愛とは、それぐらい人の心を豊かにするものでもあるのです。恋とは比べ物にならないほど、感情を育ててくれるものなのです。

愛する事に与えられることを期待してはいけない

名言1つめは、「愛する事に与えてもらうことを期待したらだめ。愛するって与えること、それがすべてよ。」です。キャサリン・ヘップバーンさんの名言です。

愛する事に与えてもらうことを期待したらだめ。愛するって与えること、それがすべてよ。

恋とは与えてもらうことを期待していること、愛とは与えることを意味していることをストレートに表現した言葉です。恋と愛の違いが分かる人だからこそ言える言葉でもあります。

恋は自分本位、愛は相手本位

2つめの名言は、「恋は自分本位なもの、愛は相手本位なもの。」という内容になります。美輪明宏さんの名言です。明確に恋と愛を分けている名言になります。

恋は自分本位なもの、愛は相手本位なもの。

恋には、自分目線で物事を考えてしまうところがあるため、自分勝手な気持ちが出てくるのです。しかし愛は相手目線で物事を考えることができるため、相手を理解することができるのです。まるで、そんな気持ちを短い言葉でまとめてくれたような名言です。

▼関連記事:自分本位ってどうゆう意味?

自分本位な人の特徴13選!

真の愛は相手を自由にすること

3つめの名言は、「真の愛は相手を自由にこそすれ、不自由にするものではない。」という内容になります。これは、渡辺和子さんの名言です。

真の愛は相手を自由にこそすれ、不自由にするものではない。

恋は押し付けること、愛は受け入れ信じることという意味が込められているように感じます。つまりは、相手を束縛して自分の気持ちを満足させるのは、愛ではないということです。

愛するとは相手の幸せと重ねること

4つめの名言は、「愛するとは自分の幸せを相手の幸せを重ねることである。」という内容になります。これは、ゴットフリート・ライプニッツさんの名言です。

愛するとは自分の幸せを相手の幸せを重ねることである。

自分の思い通りに行かせるのは愛ではありません。相手だけが幸せになるのも愛ではありません。共に幸せになるのが愛です。そこには、相手を思いやる心が必要なのだというのを感じさせてくれる名言です。

愛は自由の子

5つめの名言は、「愛は自由の子なのであり、決して支配の子ではない。」という内容のものです。これは、エーリッヒ・フロムさんの名言です。

愛は自由の子なのであり、決して支配の子ではない。

人を好きになると不安な気持ちから相手を束縛します。しかしそれは、愛ではありません。愛とは、相手を自由にすることです。相手を自由にするということは、相手を最大限に信用することだということが伝わってくる名言です。

長続きするたった一つの愛は片想い

6つめの名言は、「長続きするたった一つの愛は片想い」という内容のものです、これは、ウディ・アレンさんの名言です。この名言は「どうゆう意味?」と戸惑う人もいるでしょう。しかし、これこそが究極の愛を意味しています。

長続きするたった一つの愛は片想い

恋は相手にも気持ちを求めてしまうものです。しかし愛は自分が相手を思う気持ちを大事にしているのです。片想いが続けられるのは思いやりがあるからです。例え両想いになっても、相手に片想いをする気持ちを忘れないのが愛なのです。

男女別に見る恋と愛の違いとは?

男女別に見る恋と愛の違いについて見ていきましょう。恋とは受け身、愛とは与えるものという心理学上の意味があっても、男性と女性とでは、恋と愛の受け取り方が若干違うところがあります。

これも面白いもので、男性の脳と心、女性の脳と心が違うものだということが分かるでしょう。ここに違いがあるということは、やはり愛とは求めるものではないということが分かるでしょう。

違いを理解して、与えるのが愛です。では、さっそく、男女別に恋と愛の違いを見ていきましょう!

男性は時間軸で分けていることが多い

男性が考える恋とは、カップルになる前のことを意味し、愛とはカップルになった後のことを意味します。また、今を考えるのが恋で、未来を考えるのが愛というのも男性の考えです。このように、男性が考える恋と愛の違いは、時間軸で分けられているものが多いのです。

カップルになる前が恋ということは、相手の気持ちが分からないのが恋です。そしてカップルになった後が愛となると、両想いになっているのが愛です。

さらに、今が恋というのは、今しか考えられない相手との恋愛は恋ということでしょう。そして、結婚やその先の未来を考えられる相手との恋愛は愛ということなのです。男性の考えはシンプルで分かりやすいものです。

女性は感情の持ち方で分けていることが多い

続いて、女性が考える恋と愛の違いを見ていきましょう。女性は、恋を胸が弾むものと思い、愛を心が落ち着くものと思っています。また、自分の欲望だけで進むのが恋であり、相手の気持ちを優先にするのが愛という考えもあります。

女性は男性と違って、気持ちや感情の面で、恋と愛を分けているのが分かります。女性のほうが、心理的要素が大きいため、恋と愛の境界線が男性に比べるとあやふやに感じるでしょう。

しかし、女性にとっては、恋や愛に時間はあまり重要ではありません。出会ったばかりの恋愛でも、そこにどんな感情を持っているかのほうが重要なのです。

それは恋?愛?診断してみよう!

あなたが持っている恋愛感情は恋でしょか?それとも愛でしょうか?恋なのか愛なのか分からないという人は、自分の気持ちを診断してみましょう!愛だとはっきり断言できる人も是非、診断をしてみませんか?

自分の感情が本当に愛なら、それが自信になります。しかし、恋だった場合は、相手を愛するなら自分が変わらないといけません。恋人との関係をより良いものにするためにも、自分の恋愛感情をチェックしてみましょう!

診断①相手の嫌なところも受け入れられるか

診断1つめは、「相手の嫌なところも受け入れられるか」です。あなたは、相手に対して、「ここが嫌だな。」と思う部分がありますか?もしあるなら、それでも好きでい続ける自信がありますか?

もし、嫌なところを治してほしい!と相手に要求するならば、それは愛ではありません。愛は、嫌なところをひっくるめて好きになることが愛です。相手の嫌なところに注目するのは自分の価値観を押し付けている証拠です。

愛とは与えるものです。相手の嫌なところにも愛情を注ぐのが愛です。相手の嫌なところを受け入れ、「あの人らしいな。」と思えるぐらいの心の余裕が愛には必要になります。

診断②相手に見返りを求めずにいられるか

診断2つめは、「相手に見返りを求めずにいられるか」です。あなたは、自分が相手にした事に対して、「同じことを返してほしい。」とか、「お礼ぐらい言ってほしい。」という気持ちを持っていませんか?もし持っていたら愛ではありません。

こんな風に見返りを求めるのは、自分が「してあげた」という気持ちを持っているからです。何度も言いますが、愛は与えるものです。「してあげた」と押し付けるものではありません。押し付けるから見返りが欲しくなるのです。

相手のことを思って、純粋な気持ちで相手のために何かをしたときは、相手からの見返りよりも、相手の喜ぶ顔を見て嬉しくなり、満足できるのが愛です。愛は自分の感情よりも、相手の感情を重視しているのです。

▼関連記事:見返りを求めない人になるには?

見返りを求めない人の特徴9選と見返りを求めない人になる方法!

診断③相手を信用し離れることができるか

診断3つめは、相手を信用し離れることができるかです。あなたは、相手にピッタリくっつき、どこにいくにも相手と一緒になっていませんか?相手と離れると、相手が何をしているのかと不安になっていませんか?

その気持ちがあるうちは、愛ではありません。相手を全く信用していないから不安になるのです。相手を完全に信用し、相手のしたいことを自由にさせてあげるのが愛です。

相手のことを心から信用していれば、不安も心配も出てきません。そのため、安心して相手から離れることができるのです。相手にとっても、「信用してくれている!」という気持ちが強くなるので、相手からも愛される人になれるでしょう。

診断④相手への気持ちがどんどん増えているか

診断4つめは、「相手への気持ちがどんどん増えているか」です。これは、長年付き合ったカップルだと良く分かるものです。長年一緒にいることで、相手への気持ちが慣れになっていませんか?

愛とは、一緒にいればいるほどに増していくものです。終わりがありません。「あの時がピークに好きだった。」ではなく、「今日がピークに好き」、「明日になったら明日がピークになる。」というのが愛です。

そのため、相手の顔を思い出すだけで幸せになり、愛しくなるのが愛なのです。消えてしまったり、薄れてしまうのは恋です。

診断⑤相手を追及する心があるかないか

診断5つめは、「相手を追及する心があるかないか」です。例えば、1日連絡が取れない日があったとしたら、あなたは相手に対して「何をしているの?」「どうして連絡してくれないの?」と詰め寄りますか?そして連絡があったら、「何やってたのよ!」と怒鳴りますか?

それとも、連絡が取れなくても「忙しいんだろう。」と思って相手を信じて相手からの連絡を待ちますか?そして相手から連絡があったとき、特に何も言わず普通どおりに接しますか?

これは、前者が恋で後者が愛です。愛とは相手を追及しないことです。なぜなら信じているからです。恋は自分の心配をしているのです。「浮気されているのでは?」と余計なことを考えるからこそ追求してしまうのです。

診断⑥相手に対してブレない気持ちが持てるか

診断6つめは、「相手に対してブレない気持ちが持てるか」です。例えば、相手とちょっとぶつかってしまったとします。意見が違うことももちろんあるので、多少ぶつかることもあるでしょう。

しかしそんなときに、「もういい!こんな人!」と思うのか、ぶつかっても「愛してるから気持ちが全くブレない」と思うのかで、自分の気持ちが恋なのか、愛なのかを判断することができます。

また、ちょっと素敵な人がいたときに、目移りしそうになったら完全に恋です。しかし、素敵な人だと分かっても、自分の恋人が1番と思えるなら愛です。愛は絶対にブレないのです。

恋から愛へと格上げしたい場合には?

恋から愛へと格上げしたいと思っている場合は、1人ではできません。パートナーと一緒に協力していくことが大事です。なぜなら、パートナーのことを信じることができるかは、パートナーの日頃の行いにもかかってくるからです。

お互いの気持ちを恋から愛に変化させるには、たっぷり時間をかけて、お互いを知ることです。人には見せない自分をお互いにだけ見せ合いましょう。深く相手を知ることで、沢山の愛情を育むことができます。

恋から愛に変化するのは、長期戦だと思ってください。思いやりを持ち、自分の気持ちを押し付けないこと、相手を尊重することが自然とできるようになったら、愛が芽生えてきている証拠でしょう。

恋も愛も自分の感情を大切にしていこう!

恋と愛の違いについて紹介しました。恋と愛の違いを見ていると、恋がまるで悪いものに感じるかもしれません。しかし、そうではありません。恋をしないと、愛までたどり着くことができないからです。

恋とは、愛を知るスタート地点です。恋があっての愛なので、恋も大事にしましょう。そして恋をしたなら、是非その恋を愛に変えてください。愛は、不安や心配の次元にあるものではありません。

あなたを本当の意味で安心させてくれて、幸せな気持ちを与えてくれるのが愛です。愛を知れば、怖いものなんて何もないと思えるほど強い自分にもなれるでしょう!

もっと愛について知りたいあなたへ!

▼関連記事:本物の愛を確かめる方法がもっと知りたい!

本当の愛とは穏やかで優しいもの。本当の愛を確かめる方法35選

▼関連記事:愛することの本当の意味とは?

愛することとは?人を愛することの本当の意味を解説します!

▼関連記事:恋に恋するって愛していないってこと?

恋に恋してる人の特徴9選!あなたは本物の恋をできていないかも?

▼関連記事:愛の意味を掘り下げよう!

「愛」の意味とは何か?愛と恋と好きとの違い&名言まとめ【哲学】
mii.3310
mii.3310
こんにちは!ネイリスト歴9年目、日々の接客の中で、色んな方と恋愛トークをしています! 記事を通して、1人でも多くの方の悩みに寄り添えたらと思います!

新着一覧

最近公開されたまとめ