パスタの名前・種類&おすすめ料理36選!特徴や美味しい食べ方を紹介!

パスタというと麺状の細長いものを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、本場・イタリアではその形状ごとに様々な種類があります。では、パスタにはどのような種類があるのでしょうか?その名前と共に、そのパスタと相性が良い料理についてご紹介します。

パスタの名前・種類&おすすめ料理36選!特徴や美味しい食べ方を紹介!のイメージ

目次

  1. パスタの種類は思った以上に多い?
  2. ロングパスタの種類や名前17選!おすすめ料理も!
  3. ショートパスタの種類や名前19選!おすすめ料理も!
  4. パスタを使って美味しい料理を作ろう!

パスタの種類は思った以上に多い?

パスタは日本でも非常に馴染み深い料理のひとつになっていますが、パスタの本場・イタリアでは、パスタにも様々な種類があります。パスタの形状によって、見栄えはもちろん味付けとの絡み方が大きく変わるので、料理に合わせてパスタ選びも非常に重要です。

では、パスタには実際どのような種類があるのでしょうか?今回は、パスタの種類についてご紹介していきます。パスタには大きく分けるとロングパスタとショートパスタの2種類があるので、それぞれに分けてパスタの種類をご覧ください!

ロングパスタの種類や名前17選!おすすめ料理も!

パスタと聞いて、まず麺状のロングパスタを思い浮かべる方が多いことでしょう。ここで、定番ながら、だからこそ使いやすくて奥深いロングパスタの種類についてご紹介していきます。

スパゲッティ

パスタ料理のことを「スパゲッティ」と呼ぶ方も日本では多いかもしれませんが、実は「スパゲッティ」もロングパスタの一種なんです。スパゲッティは直径およそ1.9mmのパスタで、実際に食べてみるとかなり食べ応えがあります。

特に、日本では洋食の定番として古くから食べられているナポリタンと相性が良い太めの麺なので、日本でも「スパゲッティ」という名前が浸透しているのかもしれません。この他にも、カルボナーラなどのクリーム系パスタと相性抜群です。

スパゲッティーニ

スパゲッティーニは直径1.5mmから1.7mmと、麺の太さではかなり平均的な太さです。普段スパゲッティだと思って自宅で使っているリーズナブルなパスタ麺も、実は厳密に言うと「スパゲッティーニ」に分類されるかもしれません。

スパゲッティーニは基本的にシンプルで具材の少ないパスタと相性が良く、ペペロンチーノやシンプルなチーズ、オリーブオイルを使ったパスタにおすすめです。シンプルだからこそ、食べ応えと味付けの風味が引き立ちます。

ヴェルミチェッリ

ヴェルミチェッリはイタリア語で「細長い虫」。一見名前はおどろおどろしいですが、実際のパスタとしてのヴェルミチェッリは一見普通で、太さは直径がおよそ2.1mmから2.2mmと、通常の形のロングパスタとしては比較的太めです。

その太い麺はクリーム系などとろみのあるパスタと絡みやすくソースをしっかりと持ち上げることができるので、ジェノベーゼやカルボナーラなどのパスタと相性抜群。また、煮込み料理に使われる場合も多いパスタです。

カッペリーニ

カッペリーニはロングパスタの中でもかなり細く、直径はおよそ0.9mmから1.1mmほど。イタリア語で「髪の毛」という意味から由来して名付けられています。細いパスタはさらっとした味付けの料理と相性が抜群。

ボンゴレビアンコやペペロンチーノなどのスパイスをたくさん使うパスタはもちろん、冷製パスタやスープパスタとも相性が良いです。麺が細い分、パスタの茹で時間を短縮できるのも嬉しいところですね。

カペッリ・ダンジェロ

カペリーニよりもさらに細いパスタがカペッリ・ダンジェロです。名前の由来は「天使の髪の毛」で、それに形容されるように非常に細いのが大きな特徴です。実際の太さはおよそ直径が0.7mmから0.9mm程度。

非常に細い麺なので、多くの場合は冷製パスタやスープパスタに使われます。夏の時期に非常に人気の高いカペッリ・ダンジェロを使った冷製パスタは日本でも非常に人気で、ゆずやわさびをはじめとした日本ならではのアレンジも豊富です。

パッパルデッレ

パッパルデッレはイタリア語で「食いしん坊」という意味があるパスタで、見た目は非常に太く、平べったいので「リボン」と表現されることも多いです。その太く、1本ずつでも非常に食べ応えがあるのがパッパルデッレの特徴です。

非常に太いロングパスタなのでとろみのあるソースとも絡みやすく、カルボナーラをはじめとしたクリーム系のパスタから、ボロネーゼやミートソースなどのひき肉を使ったパスタにも頻繁に使われています。

タッリアテッレ

タッリアテッレは平たい麺のような形をしていて、近年日本のイタリアンなどで注目が高まっている「生パスタ」の形状に近いと言えます。幅や太さは厳密には決まっていませんが、多くのものがおよそ5mmから10mm程度のもの。

また、製麺機で作るのではなくうどんやそばのように包丁で切って作られるのも特徴ですね。かなり太めのパスタなのできのこパスタやミートソースなど、麺と絡めて食べる具材が多く入っている料理と相性が良いです。

フェットチーネ

フェットチーネ、と聞くと近年日本ではまずお菓子が思い浮かばれるかもしれませんが、元々は平べったく太めなロングパスタの形状から来ています。かなり幅広で、厚みもあるので非常にかみごたえや弾力が強いのが最大の特徴です。

基本的にはカルボナーラやたらこクリームパスタをはじめとした、クリーム系のパスタソースとからみやすく、またお腹にも溜まりやすいです。サーモンやひき肉を具材としたパスタもおすすめです。

ツィーテ

ツィーテは中央に穴が空いた、まるで細長いマカロニのような形状をしたパスタです。イタリア語ではツィーテですが、英語圏では「ロングマカロニ」とも呼ばれています。中に空洞が入っているのでスープのダシが絡みやすいのが良いところ。

スープパスタや具材のダシがたっぷりと出るパスタと相性が良いですね。太さは穴が空いている分太めで直径5mmから8mmほど。クリームパスタはもちろん、煮込み料理やグラタンの具材として使われることも多いです。

ブカティーニ

ブカティーニは直径5mmから6mm程度とロングパスタとしては非常に太く、中央に穴が空いていています。見方によっては「カットする前のマカロニ」のように思うかもしれませんが、実はこのままの状態で食べます。

特にローマを中心に人気の高いパスタで、スープパスタや甲殻類、貝を使ったパスタと相性が良いです。太いので具材やソースと絡みやすく、また具材から出たダシがしっかりとパスタの中に入り込んでくれるのが特徴です。

リングイーネ

リングイーネは平べったい形状をしたロングパスタで、太さ3mm、厚み1mm程度のものが多いです。日本で言うときしめんのような食感があり、かなりもちもちしていて食べ応えがあるのが良いところですね。

ひき肉系のパスタなど特に具材と絡めて美味しく食べることができるパスタと相性が良いのもその特徴です。なのでミートソースパスタやジェノベーゼと相性抜群。しっかりソースと絡めて食べられます。

ラザニェッテ・リッチェ

ラザニェッテ・リッチェは平麺のような見た目をしているパスタですが、麺の両サイドが波状になっていて、イタリア語の「縮れ」が語源になっています。麺の幅はおよそ10mmから15mm程度のものが主流です。

通常の平たい形のロングパスタよりもさらにとろみのあるパスタソースと絡みやすいので、ボロネーゼなどに採用されることも多いロングパスタです。乾麺の状態ではまっすぐと細長く、見た目も非常に特徴的です。

ラザーニェ

ラザーニェはその名の通り、ラザニアなどにも使われることが多いパスタです。ロングパスタと言うと通常麺のような形を想像する方が多いですが、ラザーニェについてはまるで板のように、長方形の形状をしているのが特徴。

製麺機が必要なく、パスタ生地を作って延ばすだけで完成するのでイタリアでは家庭でパスタから作られることも多いです。調理後にナイフとフォークで切りながら食べるので、具材を乗せたり、包んだりしながら食べられるパスタです。

パッサテッリ

パッサテッリはロングパスタとしては比較的短めのパスタですが、大きな特徴が、イタリアを代表とするチーズ、パルミジャーノを使っているところです。基本的にはスープパスタに使われることが多く、一見かりんとうのような見た目をしています。

キタッラ

キタッラはイタリア語で「ギター」を意味するパスタです。ラザーニャのような長方形型の麺を、「キタッラ」と呼ばれる装置を使って、細く平べったいロングパスタに加工しています。実はひとつのパスタから出来上がっても、同じ太さになることがないのが特徴です。

キタッラと呼ばれる装置には無数の糸が張られていて、その糸を使ってパスタをカットするします。もともとは、装置が由来になって「ギター」を意味するキタッラが名付けられました。

ビーゴリ

ビーゴリは一見ブカティーニのような空洞の空いたパスタですが、ひとつの生地を専用の機械で押し出すようにして作るので、1本の非常に長いパスタが出来上がります。また、現在は小麦粉が中心ですが、古来ではそば粉とアヒルの卵が使われていたとも言われています。

ピッツォッケリ

ピッツォッケリは現在もそば粉を使って作られている非常に珍しいロングパスタです。基本的には平めんのように薄く、平べったい形状にカットされ、そば粉を使っているのでロングパスタでありながら比較的短めなのもその特徴です。

ショートパスタの種類や名前19選!おすすめ料理も!

一方で、パスタにはショートパスタと呼ばれるものもあります。日本人にとってあまり家庭料理としてはメジャーではないショートパスタは、一見するとマカロニと間違えてしまいそうですが、それらにも様々な魅力や美味しいソースがあります。

ここで、美味しいショートパスタの種類ごとの特徴についてご紹介していきます。

マッケローニ

マッケローニ、と言うとあまり馴染みがないかもしれませんが、イタリア語がなまって「マカロニ」とも呼ばれています。円柱状のパスタで直径は3mmから5mm程度。日本ではサラダに使われることも多いですが、れっきとしたショートパスタの一種です。

もちろんサラダやグラタンなどに入れても美味しいマッケローニですが、トマトソースやクリームソースとも相性が良いので、お弁当の具材に悩んだら、パスタソースを絡めてみるのも良いかもしれません。

リガトーニ

リガトーニは表面に細かくまっすぐな筋が無数に刻まれた円柱状のパスタです。細長いパスタに対して垂直に切れ込みが入っているのが特徴で、イタリア語で「筋」という意味があります。

直径はおよそ8mmから15mmとかなり太めですが、麺自体はかなり薄く、中央に大きな空洞が空いているので火が通りやすく、またソースが非常に絡みやすいのでボロネーゼやカルボナーラなどのパスタと相性が良いです。

マニケ

マニケは一見リガトーニと非常に見た目が似ていますが、太さが20mmから30mmとかなり太く、同時に短めにカットされているのが特徴です。空洞部分がさらに大きいので、具材やパスタソースをパスタで包んで食べるような形になります。

その形状から、ボロネーゼなどのパスタに使われることはもちろん、中に野菜などを詰めた煮込み料理や焼き料理にアレンジされることも多いです。見た目もおしゃれなので、それらのショートパスタのアレンジに活用してみるのも良いでしょう。

ペンネ

日本では一見マカロニと間違えられそうなペンネは、大きな筒状のショートパスタです。名前の由来はイタリア語で「ペン」。まるでペン先のように、斜めにカットされていて中が空洞になっているのが大きな特徴です。

必ず表面にまっすぐの筋が無数に刻まれていて、とろみのあるパスタソースと相性抜群。ペンネを使ったパスタの定番として、アラビアータも非常に有名ですが、その他にも特にトマト系など辛味のあるソースと相性が良いです。

コンキリェ

コンキリェはイタリア語で「貝がら」という意味があり、名前の通りまるで貝殻のような形状をしています。表面部分に細かな筋が入っていて、その筋がさらに貝がらとしてのリアリティが出ていますね。

大きさについてはおよそ10mmから20mmと非常に多彩ですが、貝がらの中は空洞なので、そこにしっかりとパスタソースが絡みやすいのが大きな特徴です。トマトパスタなどにはもちろん、スープパスタや煮込み系の料理にも使われています。

ファルファッレ

ショートパスタとしてファルファッレは非常に有名で、蝶やリボンのような形をしています。両はしをギザギザにカットした長方形の小型のパスタの中央をしっかりと繋げて作られており、その見た目の可愛らしさで知っている方も多いでしょう。

ファルファッレはイタリア語で「蝶」を意味する言葉で、噛む場所によって厚みが違うので食感が楽しいのも良いところ。シンプルなトマトソースはもちろん、ペペロンチーノとも相性が良い万能ショートパスタとして知られています。

フジッリ

フジッリはまるでネジのような螺旋状の形をしたパスタで、名前の由来はイタリア語で糸を紡ぐための「紡錘」です。本物の紡錘のような見た目をしているのが特徴で、日本でもマカロニサラダとして使われていることでしょう。

特にとろみのあるソースが螺旋部分にしっかりとからみやすいので、マヨネーズを使ったパスタや冷製パスタ、たっぷりの野菜を混ぜたサラダパスタなど、食感のアクセントとしても引き立つメニューに仕上げられることが多いです。

スピラーレ

スピラーレは一見フジッリと見た目が非常に似ていますが、異なるのはその大きさ。スピラーレの方がさらに小さく、イタリア語では「螺旋状」という意味があります。ですが、本場イタリアでも現在フジッリとスピラーレの境界線は曖昧です。

基本的にはフジッリと同じ扱いで購入、調理することができるパスタとして考えて良いでしょう。こちらも同じく、サラダパスタやスープパスタの具材として使われています。

カッペレッティ

カッペレッティは長方形の薄い板状のパスタをくるくると丸めて、それをさらに円形にまとめた形状をしたパスタです。名前の由来はイタリア語で「小さな帽子」。確かにその形状は可愛らしい小さな帽子にも見えます。

中に何も入っていないものもありますが、市販されているものの多くはカッペレッティの中に野菜などが練りこまれており、食感も楽しめます。スープパスタや煮込み料理の具材として使われるのが主流のパスタでもあります。

カヴァタッピ

カヴァタッピはイタリア語で「栓抜き」と言う意味があるショートパスタです。筒状ので表面に筋の刻まれた、一見マカロニのような見た目ですがU字に曲がっているのが大きな特徴で、サイズも非常に小さいです。

中が空洞になっているのでトマトソースやジェノベーゼなど味が濃いソースとも絡みやすく、見た目も非常に可愛らしいです。また、小さめのサイズなのでサラダパスタの具材として使われることも多いです。

ルマコーニ

ルマコーニはカヴァタッピと見た目が非常に似ていますが、比較的カーブが緩やかで、さらに大きめの形状をしているのが特徴です。語源はイタリア語で「カタツムリ」。まさにかたつむりのような可愛らしい形状をしています。

中が空洞なのでとろみのあるソースと絡みやすく、トマトソースやクリームソースはもちろん、マヨネーズを使ったサラダパスタなどにも相性抜群です。

ルオーテ

ルオーテはまるで車輪のような見た目をしたパスタで、非常に見た目も可愛らしいです。その特徴的な形状から中にミックスベジタブルを詰めてサラダパスタとしてアレンジされることも多いです。

一見するとお子さん用などに作られたメーカー製のパスタだと思い込んでいる方も多いかもしれませんが、実はこちらもイタリアの伝統的なショートパスタの一種なんですよ。

セミーニ

セミーにはイタリア語で「種子」から由来するパスタで、その名の通り、まるで植物の種子のように細長い形状をしています。非常に小さいので、イタリアではリゾットなどのように、お米の代用として使われることが多いショートパスタです。

リゾー二

リゾー二はイタリア語で「米」。基本的にはセミー二と形状も変わらず、その違いや境界線も曖昧ですが、「米」が由来しているので比較的小さいサイズのものに名付けられることが多いです。

日本ではリゾットと言うと本物の米を使うのが主流ですが、イタリアではリゾットに米の代わりにこのリゾーニが使われることも珍しくありません。

オレッキエッテ

オレッキエッテは円形のパスタに小さなくぼみのようなものが作られた形状をしています。語源はイタリア語で「小さな耳」。確かに、小さな赤ちゃんの耳のようにも見える形をしています。

実はオレッキエッテは明確にブロッコリーと相性が良いという定説があり、ブロッコリーを使ったパスタに使われることが多いです。

ラビオリ

ラビオリはまるで切手のように長方形で、全ての面にギザギザのカットが入っているのが特徴のパスタです。日本ではそのパスタの名前としてではなく、ラビオリを使った料理のことを「ラビオリ」と指すことが多いですね。

2枚のラビオリの間にひき肉などの具材を入れて煮込むなど、餃子のような扱われ方をしています。

ニョッキ

ニョッキは日本語でも非常に有名なパスタです。まるで芋虫のように筋の入った楕円形をした形をしていて、主にトマトなどを使った煮込み料理などに使われます。かなり厚みがあるのでしっかりと火を通す必要があるので、調理の際は気をつけましょう。

ガルガネッリ

ガルガネッリは四角形にカットされたパスタを、細長い棒にくるくると巻きつけるようにして作るパスタで、形状としては通常のマカロニに近いですが、斜めに巻いているので食べる場所によって厚みが異なり、食感も楽しいパスタです。

エルボ

エルボはイタリア語で「ひじ」という意味のあるパスタで、一見カヴァタッピなどとも非常に似ています。肘の関節のように曲がっていることがその特徴で、基本的にはサラダパスタとして使われることが多いショートパスタです。

パスタを使って美味しい料理を作ろう!

今回はパスタの種類ごとの特徴と、そのパスタと相性が良いソースについてご紹介してきました。パスタにはそれぞれに特徴があり、それらを使い分けることによって家庭でのパスタがより美味しくなります。ぜひあなた好みの美味しいパスタを探してみてくださいね。

パスタをもっと美味しく♪

業務スーパーのパスタ人気ランキング20選♡アレンジレシピも!
冷凍パスタランキングTOP26!スーパーやコンビニで買える商品を紹介♡
市販パスタソース人気ランキングTOP23|美味しい&アレンジ豊富!
コストコパスタはガロファロとバリラどっちがおすすめ?感想を調査!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ