干支の順番の意味や由来・理由は?十二支の覚え方・読み方も解説

スマホが普及し、年賀状を書く機会が減りました。同時に干支の順番や意味を知らない人も増えています。また、干支の漢字は実際の動物と一致せず、順番や意味も覚えづらいですね。そんな迷える子羊のために干支の順番を簡単に覚える方法を紹介します!

干支の順番の意味や由来・理由は?十二支の覚え方・読み方も解説のイメージ

目次

  1. 1干支の順番に由来や意味はあるの?
  2. 21.干支の由来と意味
  3. 3- 60で一つの順番を意味する
  4. 4- カレンダーの始まりと干支の順番
  5. 52.干支の順番に動物がつけられた理由と意味
  6. 6- 午から亥までの干支の順番や意味
  7. 73.干支争奪の大レース!?順番は?
  8. 8- 干支レースのスタートダッシュは牛がトップ!
  9. 9- 13番目の干支もいた?
  10. 104.十二支の動物の順番に意味はない?
  11. 115.干支の順番や意味は、どうやって決まったのか?
  12. 12- 地名に残る十二支とその意味
  13. 136.干支(えと)は正しい読み方ではない!?真の意味とは?
  14. 14- 十干と植物の意味や順番
  15. 15- 十二支と植物の意味や順番
  16. 167.干支の読み方と中国の習慣
  17. 17- 旧正月の中国は干支だらけ!?
  18. 188.干支と動物は関係ない!?
  19. 19- なんと干支の順番には陰陽五行も使われている!
  20. 209.簡単な干支の覚え方や順番
  21. 21- 明日のデートは午の刻ね!
  22. 2210.暮らしの中の干支と意味
  23. 23- 「草木も眠る丑三つ時」の意味とは!?
  24. 24まとめ

干支の順番に由来や意味はあるの?

干支(えと)。由来以前に読み方からして難しい干支ですが、順番や理由、読み方はどのように決まったのでしょうか?また、順番に由来や伝説はあるのでしょうか?
一見、法則がなさそうなものでも、由来を知り、理由づけして覚えると頭に入りやすくなります。ここでは、干支の由来や歴史を通して、簡単な覚え方や読み方を紹介していきます。また、暮らしの中に隠れている干支にも触れます。

1.干支の由来と意味

現代の暮らしから遡ること4千年。紀元前2697年頃に、中華の始祖・黄帝が天と地の気を探るよう命じました。つまり、五行の探求です。
何名かの学者が古代中国の夏王朝から商王朝に至る皇帝の名前に、「十天」が使用されていることを発見しました。

鄭文光が著した「中国天文学源流」によれば、十天は古代中国神話の「生十日」にあるとされています。そこには十進法の概念が記され、狩猟の時代に「十二地支」を元に「月は十と二、存在する」というところまで発展しました。殷や商の王朝の前に、すでに「十二辰(辰は日、月、星の意)」となっていたのです。したがって、鄭文光は「十二支は夏の時代の人々に由来する」と推測しました。

mira.mizrahiさんの投稿
21909796 2006804109555836 868625473117093888 n

■関連記事:意外と知らない物事の由来!こちらもチェック!

お月見2017年はいつ?十五夜の意味・由来や楽しみ方を解説!
ハロウィンの発祥の国はどこ?由来と起源を解説します!

- 60で一つの順番を意味する

陳遵イは、「中国天文史」において4千年前の夏の時代には、干支が作られたと記しています。
杜石然などは、「中国科学技術史稿」の編集において、夏の時代に、「十天暦法」が存在したと主張し、商王朝は夏王朝の「天干暦」に基づいて、「干支暦法」へと進化させたと記しています。
それは、「十天干」と「十二地支」を合わせた60を一つのサイクルとした暦法だったのです。現代の暮らしで使われる還暦(60歳)の由来でもあります。

- カレンダーの始まりと干支の順番

三国時代末期(西暦260年頃)には、各国の歴史家によって収集、蓄積された「世本」の由来によると、「暦を作り、甲子とする」とあります。
また、「尚書正義」には「黄帝(中国歴代皇帝の一人)に仕えた二人の大臣が、これより「甲子暦法」を採用し、60日で甲子を一周させる」としました。

_yar1k_さんの投稿
21910910 176312696263916 3959617735587004416 n

どうやら干支の由来は、三国時代末期に作られたと考えられ、五行を採用し、占い機を作り、甲乙を日にちとして暮らし始めたのです。
そして、子丑(十二支)を月の名として、天を日にちに、地を月に用い、陰と陽に分けました。

saggettbakesさんの投稿
21980887 151904538739474 828203959641440256 n

2.干支の順番に動物がつけられた理由と意味

十二支のレースをご存知の方も多いですが、中国・清朝の劉献「広陽雑記」と李長卿の「松霞館贅言」によれば、時刻を元にした覚え方を記しています。
「子」がどうして鼠かと言うと、夜が明けるのを子と言い、気が開いていない状態です。鼠は虫を食べます。そこで、夜が明ける前を待たなければなりません。よって、子は鼠と言うのです。
そして「丑」は地を表します。牛は地面のものを食べるので丑は牛となりました。

人は「寅」から生まれます。生殺与奪を握っています。殺人者である虎もまた寅であり、畏れる動物です。若い虎も怖ろしいものです。故に寅は虎なのです。
そして「卯」は、日の出の頃を指します。太陽とは切っても切れない間柄なのです。また、太陽には兎の精霊が宿っています。そのため、卯は兎なのです。
「辰」は3月の卦(け)です。龍の群れが雨を降らせます。だから、辰は龍なのです。
「巳」は4月の卦です。草が生い茂るところに蛇は住みます。また、巳の刻(朝方)に蛇は道へは出ないという理由から、蛇となります。

brando.belloさんの投稿
21910831 1951346351755417 5224607186193219584 n

- 午から亥までの干支の順番や意味

「午」は陰と陽を表します。馬が健康でなければ、その地を離れることはできません。ゆえに午は馬なのです。
「羊」は未の刻(7時から8時ごろ)に草をはみます。そのため、未は羊なのです。
「申」の刻に日が沈むと猿が鳴きます。また手を伸ばして、威嚇し、混乱してしまうので、申は猿となります。

kacapln1wurryさんの投稿
11257765 903959769650410 1155518787 n

「酉」の刻は月が出る頃です。月の満ち欠けに金鶏の精霊が宿ります。そのため、酉は鶏となります。
「戌」の刻。戌は歯がないことを表します。犬に鋭い歯はありません。犬は食べ物を噛み砕くことができません。それは餓死することを意味します。ゆえに戌は犬となります。
「亥」の刻。豚(猪)は食べること以外は考えていないので、亥は豚(猪)となります。

こうして、暮らしで覚えやすいように工夫が施されたのです。

nerdbirderさんの投稿
21879600 1677091888990664 6180546329370951680 n

3.干支争奪の大レース!?順番は?

日本で干支の順番を争った大レースが行われました。レースの内容は次の通りです。
ある日、神様が干支、つまり12の動物から成る十二支を作ろうと考えました。そこで、レースを実施し、元旦に自分のところ(神様)に到着した順番に「干支」に任命し、人間界の暮らしで普及させることにしました。
まさに動物の名誉をかけたレースだったのです。

ikukosenagaさんの投稿
12501714 747817102016581 239044109 n

- 干支レースのスタートダッシュは牛がトップ!

それを聞いた牛は足が遅いため、夜明け前からレースに参戦し、なんとか12番以内に入ろうとしました。狡猾な鼠は疲れ切ったところに牛が前方をゆっくり歩いているのを見て、背中に飛び乗りました。
虎は嘘か本当か知らないが、本当ならば虎の名を汚すことになるので、早く出かけました。
兎は他の動物が休んでいる間も、飛び続けました。
龍は鶏から角を奪って、逃げています。

xpertagramさんの投稿
21911342 1700193123348956 943261228648628224 n

蛇は龍の後を追い、馬と羊が続きます。犬猿の仲と呼ばれる猿の後には鶏が仲裁に入ります。
猪はまっすぐにしか進めません。一番に着いたのに神様の所で曲がらずにまっすぐ行ってしまいました。

ig.horseさんの投稿
21909190 1767118200249976 7884238445558628352 n

- 13番目の干支もいた?

最後に牛の背中から飛び降りて、一位を取ったのは狡猾な鼠でした。
一方、鼠に間違った日付を教えられて、翌日にスタートしたのは猫です。惜しくも順位は13番目でした。
ゴールしてから、理由に気づいた猫は鼠を追いかけましわます。

こうして、現代の暮らしで使われる「鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪」の順番となったのです。
日本の暮らしに密着した猫が入っていないのは、何とも残念だったのでしょう。日本人は、13番めの干支として、レースに登場させたのです。

catsfollowersさんの投稿
21910620 2025584954330958 2236639133181149184 n

4.十二支の動物の順番に意味はない?

「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」と「鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪」の漢字が全く違うことからも分かるように、十二支の動物や読み方に意味や理由はありません。

もともと「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」という方位や時刻が暮らしで使われ、覚えやすいように動物の読み方を後から加えたのです。
そのため、動物の読み方には、あまり意味や理由がないのです。あえて言うのならば、干支というマスコットを作って、覚え方を容易にし、普段の暮らしで使いやすくしたところでしょうか。

torakitchen2さんの投稿
21911299 501735993494551 8823954878784077824 n

5.干支の順番や意味は、どうやって決まったのか?

古代中国では時刻に十二支が使われたことから、時間を根拠にして、動物の順番の覚え方を学びました。
また、日本では神様が決めるというストーリー(十二支のレース)を作り、そこに動物の特徴をよく捕らえた展開にすることで覚え方を簡単にしました。
日本の十二支レースをきっかけに十二支の順番に興味を持ったという人もいることでしょう。

freedom_uncleさんの投稿
21910102 2017666828520106 2260835617422180352 n

- 地名に残る十二支とその意味

日本の地名にも十二支と関連したものが残っています。暮らしの中で溶け込んでいるので、気づかない方も多いことでしょう。
高校球児の暮らしに密接した「甲子園」は、球場が出来た年が「甲子(きのえね)」の年だったことを理由に、名付けられました。
東京の地名にある「辰巳(たつみ)」は、江戸城(皇居)から見て辰巳の方角(南東)に位置しています。
十二支は動物の読み方や覚え方よりも、方角や暦の理由づけの方がずっと有意義なのです。

doremin_73さんの投稿
21910580 1970546166535639 2931696181773860864 n

6.干支(えと)は正しい読み方ではない!?真の意味とは?

干支は「十干十二支(じっかんじゅうにし)」の「干」と「支」の字だけを抜いて、省略した呼称です。
つまり、正確に「えと」と言うと十干十二支を指します。
古代中国では動物の他にも、暮らしに身近な植物に十干十二支を当てはめています。

- 十干と植物の意味や順番

天干地支は樹木を意味します。そのため、元の字に暮らしに身近な植物を当てはめて覚え方を簡単にしたのです。
「干」は植物を表します。

clausdalbyさんの投稿
21980542 126326624757938 4280358235325595648 n

甲:植物のように土が肥え、陽の中に陰を包む。
乙:草が生まれ、葉は柔らかく曲がる。
丙:太陽のように赤々と燃え、炎は光のごとく光、すべてのものを燃やし、極めて明るい。
丁:草木が生長し、人のように丈夫に成長する。
戊:草木が生い茂り、繁栄のシンボルとなる。

leafnoteさんの投稿
21980424 931949800279720 6780172159584043008 n

己:起き上がり、万物を生み出し、規律を創る。
庚:さらに、秋が終わり、春を待つ。
辛:金の味は辛く、物こそ味がある。辛い者も、新しい者もすべてが生まれ変わり、新しくなる。
壬:妊も、陽の気が蓄えられ、すべてのものが受粉する。
癸:揆も、すべてのものが閉じられ、受粉が続き、発芽する。

kay_hashimotoさんの投稿
21980198 511786475833033 2271408126097883136 n

- 十二支と植物の意味や順番

「支」は木を表します。

子:繁殖し、陽の気が萌え、誕生する。
丑:寒さで屈折する。
寅:冷たい土の中で、草木が曲がり、春を迎えて、地面から這い出る。
卯:生い茂り、太陽の方角を向き、栄養を蓄える。
辰:震え、伸び、すべてのものを揺るがし、陽気に支えられて、中ほどまで生長する。
巳:陽気は続き、ほぼ生長しきる。

sky7yksさんの投稿
21980778 485814098440653 1774918745722978304 n

午:最大にまで生長し、陰と陽が交わり、陽気に満ち、新たな命を生み出す。
未:日中は陰り、太陽も顔を見せない。
申:体を伸ばし、すべてのものは同じになる。
酉:すべてのものが熟す。
戌:すべてのものが燃え尽きる。
亥:すべてのものが蓄えられ、殻にこもる。

miafmyさんの投稿
21984767 288265371652782 8337515279500181504 n

7.干支の読み方と中国の習慣

暮らしに息づく干支の読み方ですが、子は「ね」、丑は「うし」、寅は「とら」、卯は「う」、辰は「たつ」、巳は「み」、午は「うま」、未は「ひつじ」、申は「さる」、酉は「とり」、戌は「いぬ」、亥は「い」です。
通常の読みと違うので、覚え方にも工夫が必要です。

- 旧正月の中国は干支だらけ!?

これは、十二支ができた中国も同じで動物と十二支の読み方は一致しません。しかし、日本と違い年齢を干支で判断する習慣があり、年齢を聞かないで生まれの干支を聞いて、判断します。
例えば、中国人のおばさんに「あんた何年(なにどし)だい?」と聞かれたとします。仮に、自分が丑(うし)年で、おばさんも同じ丑年だったとすると同い年か12歳ずつ違うので、おおよそ検討がつきます。
いくら年をごまかしても、12歳違えば明らかに違います。そのため、中国人は自分の干支はみな言えます。

emily_travellingさんの投稿
21910580 176205096285716 2594905384955150336 n

また、旧正月になると暮らしに欠かせないスーパーに、干支の飾りが大々的に飾られ、お祭り気分で盛り上がるので、来年の干支も自然と覚えます。
中国はクリスマスはお祝いしないので、12月から2月にかけて干支が町のあちこちで見られるようになります。このように中国では暮らしの中に干支が溶け込んでいるのです。

y.haeyongeeさんの投稿
21879693 219584835241299 4869756378312343552 n

8.干支と動物は関係ない!?

干支歴とグレゴリオ暦は別々の歴法です。
干支歴は、甲子歴とも呼ばれ、中国の人々にとって特別な存在であり、古代中国の知恵の結晶でもあります。何千年にも渡って、この暦法が使われ、太陽の通り道である黄道と日を元に作られました。

立春を元旦とし、一周すると1年となります。
現代の旧暦は干支暦法を拝借し、正月の元旦を始まりとしています。「中国古代暦法」にも立春を年の初めとすることが書かれています。

chihiro_citronさんの投稿
21984961 231570810706987 8694724045901398016 n

- なんと干支の順番には陰陽五行も使われている!

天干地支は、22の記号を複雑に組み合わせ、規則性があります。それは自然の法則に時(時間)と空(方位)とを用い、「陰」と「陽」を合わせることで効果を発揮しています。中国干支歴法には陰陽五行の考え方と、自然界の法則が含まれているのです。
なお、暮らしで使われた中国の「干支暦法」は、主に干支年法、干支月法、干支日法、干支時法の4つの部分で構成されています。

9.簡単な干支の覚え方や順番

何の理由もなく、頭ごなし十二支や読み方を覚えようとしてもなかなか覚えられません。覚え方にはコツがあります。
覚え方は、十二支のレースや時刻に当てはめるのがいいでしょう。

簡単な覚え方は時計の文字盤の内側に平仮名で「ね」、「うし」、「とら」、「う」、「たつ」、「み」、「うま」、「ひつじ」、「さる」、「とり」、「いぬ」、「い」と書いてしまうのです。このとき数字は隠してはいけません。理由は時間が分からなくなるからです。
「ね」が12時で、「うし」は1時です。このように時計回りに書いていくと11時が「い」になります。

45wayraysさんの投稿
21910716 177113539526249 6014209654815457280 n

- 明日のデートは午の刻ね!

次に、一ヶ月ぐらいして、今は「うまの刻」だなと、数字を見て言えるぐらいになったら、漢字を加えます。漢字は数字の上に貼ります。理由は十二支の位置で時刻を覚えているからです。もはや、数字は不要です。

nousagi3さんの投稿
13167442 1594729877507223 1306327361 n

もともと書いてあった平仮名はそのままにします。
すると「うま」という平仮名を見て、時刻が分かると同時に「午」という漢字が「うま」という読みであることも同時に覚えられます。一石二鳥の覚え方です。
ただし、彼氏との会話で「明日は、午の刻にデートね。」と言わないようにしましょう。

mame_hakujiさんの投稿
21911315 1177878435689024 9201546782583029760 n

10.暮らしの中の干支と意味

よく苦手な取引先と会うときに、あそこは「鬼門」だなと言う言葉を聞いたことはないでしょうか?
実はこれも十二支と関係しているのです。ここで言う鬼門とは「苦手」とか「やっかいな」という意味があります。

junko_bodyluxさんの投稿
15535195 1835627913384234 1927484926198808576 n

しかし、実際の鬼門とは北東の方角を意味します。平安時代に暮らした日本人は方角を十二支で表していました。北東は艮(うしとら)の方角と表現します。ちょうど丑(うし)と寅(とら)の間にあったので、「うしとら」の方角と呼ばれました。
では、なぜ鬼門となったのでしょうか?

4k.hd.wlpprsさんの投稿
22069316 356034598151398 1239973130122821632 n

答えは鬼の特徴を思い浮かべれば分かります。牛の角を生やし、虎皮のパンツをはいていたのが、鬼だったのです。これが理由です。
そのため、艮の方角は「鬼門」とされました。
こうした覚え方をすると一生忘れません。

pan_rie3さんの投稿
21827827 118228645510983 7977855727450456064 n

- 「草木も眠る丑三つ時」の意味とは!?

また、非常に静かな時間帯である午前2時ごろを「草木も眠る丑三つ時」と言います。それは、午前2時ごろが丑の刻だったという理由からです。
やや古い表現にはなりますが、こうして暮らしの中にも十二支は浸透しているのです。

まとめ

古代中国の由来に始まり、日本での十二支の浸透の仕方や理由、簡単な十二支の覚え方を紹介しました。中には学術的でむずかしい箇所もありますが、必要な記事だけを読んで、暮らしに役立ててもらえれば、それで十分です。何も全て覚える必要はありません。十二支の順番の覚え方もコツをつかめば、あっという間です。
興味のある方は中国の歴史や暮らしと絡めて、探るといいかもしれませんね。

もっと占いについて知りたいあなたへ!

十二支(干支)の相性・性格!【干支占い】
酉年生まれの性格の特徴!相性がいい干支は?【干支占い】
動物占いでペガサスの性格・特徴・恋愛相性は?【動物キャラ】
動物占いでトラの性格・特徴・恋愛相性解説!【動物キャラ】

関連するまとめ

youyi8282
youyi8282
こんにちは!恋愛ライターのyouyi8282です。最近、デスクワークばかりで体重が気になっています。おすすめのダイエット方法があれば教えて下さいね。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ