前髪の巻き方は?コテでかわいい「前髪くるん」を作ろう!

巻き方やスタイリング方法によって第一印象を左右する前髪。巻きすぎてしまったりカクっと跡がついてしまったりなんて前髪とはもうサヨナラ!誰でも簡単にコテやアイロンで可愛い前髪が作れる巻き方をご紹介します。アレンジでいろんな表情に変化しちゃいましょう♪

前髪の巻き方は?コテでかわいい「前髪くるん」を作ろう!のイメージ

目次

  1. 前髪の巻き方!モテ前髪を作る時の大事なポイント
  2. 前髪を巻く定番アイテムは「コテ」! 
  3. ストレートアイロンやカーラーでも作れる!
  4. コテで作る!人気前髪くるんの巻き方
  5. アレンジ自在!長い前髪で作る人気の巻き方
  6. ショートカットと相性抜群!前髪の巻き方
  7. ボブミディムヘアに似合う前髪の巻き方
  8. ロングヘアにぴったりの前髪の巻き方
  9. コテで巻いた前髪を長持ちさせる方法
  10. いろいろな前髪で印象チェンジ♪

前髪の巻き方!モテ前髪を作る時の大事なポイント

前髪の巻き方は、ショートヘア、ボブミディムヘア、ロングヘアスタイルによって、似合う前髪が変わってきます。またスタイリングやアレンジ方法によっても、印象がガラリと変わるため重要なポイントとなります。

アレンジが多様にできる前髪や、流行りの前髪くるんスタイルなど、前髪の巻き方についてご紹介します。

ポイントは前髪にクセがついていない・乾いていること

前髪の巻き方で大事なポイントは、しっかりとブローしてから巻くことです。前髪が濡れていて、クセや分け目がついていると、上手に前髪を巻くことが難しくなります。

さらに前髪が濡れている状態で、コテやストレートアイロンを使用すると、髪が傷んでしまう恐れがあるので、乾かしてから巻くことがポイントです。

短い前髪の人やぱっつん前髪の人は、ボリュームが出ないように巻くことがポイントとなります。

また長い前髪の人はアレンジが自在にできるので、自分に似合った前髪を楽しむことができます。丁度良い長さの前髪の人は、斜めに流す前髪や前髪くるんなどの、ヘアスタイルにすることができます。

ヘアスタイルアイテムで定番のコテは、前髪を巻くときに便利なアイテムです。コテはヘアスタイルの長さによって、太さを変えることがポイントとなります。

前髪が短い人やぱっつんの人は、細いコテがおすすめです。前髪が長い人は、太いコテがおすすめです。前髪を巻くときには、コテが人気です。

コテの温度にも注意!

前髪を巻く時は、しっかりと乾いた髪でセットすることがポイントですが、ヘアスタイル全体がパサついていると、綺麗なヘアスタイルに見えにくいです。そのため前髪を含め、ヘアケアを行うと美しいヘアスタイルに見えます。

前髪を巻くときにコテやストレートアイロンを使用しますが、温度に注意が必要となります。高温で前髪を巻いてしまうと、ダメージを与えてしまうのは勿論ですが、きつくクセが付いてしまう場合があります。

やり直ししたい時に難しいクセが付いてしまうと、スタイリングに倍の時間がかかってしまう場合があります。

前髪を巻く定番アイテムは「コテ」! 

ヘアスタイルは、骨格や好みの髪型に合わせて自在に変えることができます。ヘアスタイルで第一印象が決まるとも言われていて、前髪は印象の大事なポイントとなります。

前髪の巻き方には様々な種類があり、コテやストレートアイロンなどの、ヘアアイテムによっても前髪が大きく変化します。

コテの種類

コテの種類には、19ミリメートル、26ミリメートル、32ミリメートル、38ミリメートルの太さがあります。

19ミリメートルの長さのコテは、髪が短い人や細いカールを作ることができます。26ミリメートルや32ミリメートルのコテは、髪が長い人におすすめです。38ミリメートルは、太いカールを作りたい人におすすめです。

また、ヘアスタイルの巻き方には、フォワード巻き、リバース巻き、平巻き、ミックス巻き、ワンカール巻きなどの巻き方があります。

前髪を巻く時におすすめのヘアスタイルは、ワンカール巻きが人気です。前髪が長いヘアスタイルや、前髪が短いヘアスタイルなど、前髪の長さによって巻き方を変えることができます。

コテで失敗しない巻き方

コテで前髪を巻く巻き方は、くしやブラシで整えることがポイントとなります。分け目やクセが付いていると、綺麗に前髪を巻くことができなくなります。

前髪を斜めに流す方法は、前髪を流す方向とは逆の方向に前髪を整えます。前髪を左に流す時は右に整え、前髪を右に流す時は左に整えます。

コテで前髪を作る場合は、前髪の毛先部分を巻くと上手に仕上げることができます。根本から前髪を巻くとボリュームが出てしまうため、毛先を巻くことがポイントとなります。

前髪を内側に巻く場合は、前髪の毛先部分を手に取り、手首を内側に返すようにして巻くと、綺麗に前髪を巻くことができます。

コテで前髪をくるんとさせる際、同じ個所にコテを当てると、跡やクセが付いてしまい上手にくるんとできない場合があります。そのためコテで前髪をくるんとさせる場合は、跡やクセが付かないように手を止めないことがポイントとなります。

また前髪を流したい方は流す方向に回転させると、上手にくるんと前髪を作ることができます。

ストレートアイロンやカーラーでも作れる!

前髪をキレイに巻くためには、コテを使うのも良いですが、ほかにもストレートアイロンやカーラーを使用して巻く方法もあります。

コテだとやけどの心配があり、怖くて使えない…という方にもおすすめの方法です。

ストレートアイロンで作る前髪の巻き方

ストレートアイロンで前髪を作る時、時短で前髪を巻くことができます。ストレートアイロンはミニサイズのストレートアイロンもあるので、手軽に使用することが可能です。

ミニサイズのストレートアイロンは、旅行先や外出先にも持っていくことができるので、便利なヘアスタイルアイテムです。

ストレートアイロンで前髪を巻く時のポイントは、温度です。ストレートアイロンの温度は、100度前後がおすすめです。120度や140度で巻くと、髪が痛んでしまう恐れがあります。

また200度のストレートアイロンもあり、カールは長持ちしますが、その分髪にダメージを与えてしまう恐れがあります。

ストレートアイロンで前髪を巻く時は、コテのように角度をつけてしまうと、ゆるいカールではなく角度がついたカールになってしまいます。

そのためストレートアイロンで前髪を巻く時には、前髪を流す方向にゆっくりと引っ張り巻いていきます。前髪の根本からではなく、毛先部分を巻くことがポイントです。

カーラーで作る前髪の巻き方

カールドライヤーやカーラーを使って前髪を巻く時は、ドライヤーでしっかりクセを付けることがポイントとなります。

コテやストレートアイロンと違い、形を付ける方法となるので、前髪を流す方向に風をあてます。

前髪が長い方におすすめとなる方法です。短い髪型やぱっつんの方は、ボリュームが出てしまう場合があります。

カーラーを使用すると、前髪の巻き方が時短になり、アレンジも多様にすることができます。ヘアスタイル全体にも使用することができるので、おすすめのヘアスタイルアイテムとなります。

またカーラーは面倒なイメージがありますが、ピンで挟むタイプの簡単にできるカーラーもあるので人気です。

カールドライヤーで作る前髪の巻き方

カールドライヤーを持っている人は比較的に多いですが、使用していない人が多いヘアスタイルアイテムです。

カールドライヤーは、前髪全体を濡らし、真ん中、右、左、3点に分けて巻いていきます。

毛先をカールさせたい巻き方は、毛先部分と手に取り、流す方向にゆるくカールさせていく方法があります。

コテで作る!人気前髪くるんの巻き方

前髪くるんを作る方法はコテ、ストレートアイロン、カールドライヤー、カーラーの4種類。ストレートアイロン、カールドライヤー、カーラーで作る方法をご紹介しましたが、次は中でも一番おすすめしたいコテを使って前髪くるんを作る方法です。

コテを使って前髪をくるんとカールさせるやり方は、初心者の人にもおすすめで、簡単に前髪をくるんとさせることができます。

コテは太めがおすすめ

太めのコテを使うとカールがかかりすぎず、緩やかにキレイにくるんと巻くことができます。

前髪くるんを作る時は目にかかるくらいの前髪や、目の下程の前髪の長さがおすすめとなっています。また前髪の量が多い人は、半分に分けて巻くと綺麗に巻くことができます。

モテ前髪の前髪くるんは、前髪が短い人やぱっつんの人は、上手に前髪くるんとカールがかからない場合があります。

オン眉前髪でも可能!!前髪の巻き方

オン眉の前髪やぱっつんの人は、前髪が短いため巻き方のアレンジが限られますが、個性が出せるおすすめの前髪です。

オン眉ヘアスタイルは、面長の方や丸顔の方に最適な前髪とされています。またオン眉の前髪はショートヘアスタイルや、ボブヘアスタイルにも、相性抜群の前髪となります。

短い前髪でもできる巻き方

短い前髪やぱっつんは、カジュアルで人気の前髪となっています。ショートカットやロングヘアスタイルなどにも最適な前髪となり、ナチュラルな印象があります。

またコテやストレートアイロンでも、巻くことができる前髪となり、カールドライヤーやカーラーでの巻き方は上級者向けとなります。

短い前髪は個性的な雰囲気があり、おしゃれなヘアスタイルとなります。短い前髪の人は内巻きに巻くことで、スタイリッシュな印象を与えます。

前髪の巻きたい部分を手に取り、毛先部分を軽くカールさせると、良いようです。短い前髪はストレートアイロンやコテで、巻くことがおすすめです。

オトナな雰囲気に!斜め流し前髪の巻き方

斜め前髪は、大人雰囲気の印象がある前髪の巻き方です。カジュアルなイメージがあるヘアスタイルですが、フォーマルな場にも合うので、迷った際におすすめです。

ストレートの前髪より斜めに流す前髪の方が、印象が良く、清潔感があります。斜め前髪は、男性女性共に好評の前髪となります。

斜め前髪を作る時は、コテがおすすめです。ストレートアイロンは扱いに慣れていないと、角ばった前髪になる場合があるためです。

コテを使う巻き方はカールさせたい前髪部分を持ち、流す方向とは逆に持ち毛先を軽く巻いていきます。またコテで斜め前髪を作る際は、太めのコテがおすすめです。

斜め前髪は、ぱっつん、前髪が長い人、ウザバングの人におすすめの巻き方となります。

自然な前髪スタイルとなり、評判が良いヘアスタイルとなります。前髪の毛量が多い人は前髪を上と下に分け、先に下の前髪を癖付けをしてから、上の前髪の癖付けをすると、上手に仕上げることができます。

韓国スタイルといえば!シースルー前髪の巻き方

シースルーバングは韓国で流行していて、日本のタレントや芸能人が取り入れたことから、日本でも人気になっているヘアスタイルです。

前髪を薄くしつつ束感のある前髪のことを言います。抜け感が人気のヘアスタイルとなっていて、学生から大人まで人気の前髪です。

シースルーバングにカットする時は失敗しやすい前髪カットなので、セルフカットではなく美容室に行くことが良いです。

ぱっつん前髪の方でシースルーバングに挑戦する人は、目にかかる程度に伸ばしてからカットすることをおすすめします。

またシースルーバングは全体のヘアスタイルが短い人や長い人でも、似合うヘアスタイルです。

前髪が薄いのでストレートアイロンやコテを使用する時は、低温で巻くことがおすすめです。

シースルーバングの巻き方は、内巻きがおすすめです。巻きたい前髪を手に取り、流す方向と逆の方向に流すと綺麗な前髪を作ることができます。また束感を出したい方は束ごとにとって巻きましょう。

カール感がかわいい♡くせ毛風の巻き方

前髪をセンター分けにして、分け目を中心に丸くカールさせる巻き方があります。個性的な印象があり、スタイリッシュな雰囲気がある前髪アレンジです。

きちんと前髪を流すのではなく、無造作感が人気のヘアスタイルとなります。前髪が短い方から長い前髪の方まで、できる前髪の巻き方です。

前髪をセンター分けにして、中央にカールさせる巻き方はコテでも作ることができます。

前髪を濡らしてブローしながら、センター分けにクセを付けます。クセを付けたら、コテで中央に向かって巻いていきます。温度を上げると強いカールになってしまうので、ふんわりさせたい人は温度を低く設定すると良いです。

■参考記事:セルフでも失敗しない!ぱっつん前髪の切り方はコチラ

ぱっつん前髪の切り方!セルフカットで簡単にイメチェンしちゃえ!

アレンジ自在!長い前髪で作る人気の巻き方

長い前髪はかきあげヘアスタイルや斜め前髪など、アレンジが自由にできるヘアスタイルです。ロングヘアスタイルは、大人な雰囲気の印象があります。

長い前髪を巻くときは、カーラー、カールドライヤー、ストレートアイロン、コテなど使用することができます。またドライヤーを使用することもポイントです。

巻き方のポイント

長い前髪はドライヤーを使用すると癖や跡がつき、巻きやすくなります。

ストレートアイロンで前髪を巻く巻き方のポイントは、角度をつけるとゆるいカールにならず、角ばった前髪になってしまいます。

そのため長い前髪をストレートアイロンで巻く際は、あまり角度をつけずに巻くことがポイントとなります。

品がある雰囲気に!かきあげ前髪

髪が長い人におすすめな前髪かきあげスタイルは、簡単に作ることができます。まず前髪の根本部分を濡らし、ドライヤーで下から上に、クセをつけるように乾かしていきます。

そしてコテで、前髪部分を巻いていきます。前髪を巻く際、毛先を巻いてしまうとレトロ感のあるヘアスタイルと、なってしまうので注意が必要です。

前髪かきあげスタイルは、コテで巻くと綺麗に前髪を流すことができます。前髪かきあげスタイルを長持ちさせたい人は、ヘアスプレーやワックスを付けると長持ちします。

またドライヤーでクセをつけることがポイントとなり、直毛の人や軟毛の人はクセをしっかりつけると、かきあげスタイルが持続します。

■参考記事:かきあげ前髪といえば篠原涼子!コチラもチェック

篠原涼子の髪型!前髪やボブ・ショートの作り方とオーダー方法解説!

うざバングはアレンジの幅が広い!

伸ばしかけの前髪は、ウザバングと呼ばれ、丁度目にかかる長さから鼻辺りの長さのことを言います。

ウザバングは前髪を斜めに流すことや、かきあげスタイルなど、アレンジの仕方が多様にあるヘアスタイルです。小顔効果もあり、スタイリッシュな雰囲気があるヘアスタイルです。

斜めに流す前髪や、前髪くるんスタイルにもできるので、セットし易い前髪となります。セットしていないと、邪魔に思うことが多いようですが、短い前髪やぱっつん前髪よりセットの幅が広がります。

ウザバングはアレンジが自在にできる前髪ですが、中でも人気のアレンジ方法はゆるふわカールです。

ゆるふわカールは、コテ、ストレートアイロン、カーラーなどのヘアスタイルアイテムを使って作ることができます。

ゆるふわカールの巻き方は、前髪を数束に分けて、流す方向に毛先部分を軽く巻いていきます。

ウザバングの巻き方のポイントはコテの場合、細いコテではなく、太いコテを使うことがポイントとなります。

細いコテを使用するとカールが小さくなり、ゆるいカールではなくなってしまいます。

また前髪を束に分けることもポイントとなり、前髪の量が多い人は束感を強めることをおすすめします。

■参考記事:前髪を早く伸ばしたい!という方はコチラをチェック

前髪を早く伸ばす方法!早く伸ばすコツ9選解説!

ショートカットと相性抜群!前髪の巻き方

ショートカットヘアスタイルと相性が良い前髪は、ぱっつんスタイルです。ぱっつんスタイルはクールな印象がありつつ、愛嬌がある前髪となります。

学生から大人まで人気の前髪です。ぱっつんスタイルは、前髪の長さにもよりますが、斜めに流したり、少しカールさせたり、アレンジができる前髪です。

コテが便利

ショートカットヘアスタイルの前髪を巻く時は、コテがおすすめのアイテムとなります。カーラーやカールドライヤーだとカールが大きくなってしまい、ショートカットヘアと前髪のバランスが合わなくなってしまう場合があります。

またストレートアイロンでも、前髪を上手に巻くことができます。

アレンジが多様

ショートカットスタイルの前髪は、全体のヘアスタイルの長さに合わせた前髪がおすすめです。

ボーイッシュな印象があり、活発な雰囲気があります。カラーを落ち着いた色にすることで、できる女性の雰囲気になります。

ヘアスタイルの長さに合わせた前髪は、耳にかけたり、かきあげスタイルにしたりアレンジが多様にあります。

ボブミディムヘアに似合う前髪の巻き方

ボブミディムヘアは、女性らしい印象がある髪型となります。ボブミディムヘアの前髪は、ぱっつんスタイルや、長い前髪など、全体のヘアスタイルと前髪のバランスがとれる前髪が人気となっています。

前髪くるんスタイルもおすすめで、アレンジができるようにカットする人も少なくありません。

ボブミディムヘアの前髪

ボブミディムヘアの前髪は、斜めに流す前髪がおすすめです。

斜めに流す前髪の巻き方は、前髪を上と下の束に分けます。下の束を持ち毛先部分を、流す方向とは逆の方向に軽く巻いていきます。上の束も同様に巻きます。最後にくしやブラシで形を整えます。

長時間カールを持たせたい人は、ヘアスプレーをすると良いです。

大人雰囲気な印象

ボブミディムヘアは、大人雰囲気な印象があり、艶っぽい雰囲気があります。そのためウザバング前髪も、相性抜群となります。

ウザバングは抜け感がある前髪なので、全体のヘアスタイルに似合った前髪を作ることができます。ウザバングとボブミディムヘアは、バランスがとれるヘアスタイルです。

ロングヘアにぴったりの前髪の巻き方

ロングヘアにぴったりの前髪は、定番のかきあげスタイルです。

ロングヘアとかきあげスタイルは、バランスが良く大人雰囲気の印象があります。またロングヘアでぱっつんの前髪も、相性が良いヘアスタイルとなります。

ロングヘアスタイルでウザバング前髪は、重い印象になってしまう場合があります。

かきあげスタイルはコテがおすすめ

ロングヘアスタイルと相性抜群のかきあげスタイルを作る時は、コテとドライヤーがおすすめです。

かきあげスタイルの巻き方は、髪を濡らした状態からドライヤーで下から上へ髪を乾かしていきます。クセをつけるように乾かすのがポイントとなります。コテは毛先部分ではなく、毛先より少し上部分を巻くと綺麗に仕上がります。

ぱっつんスタイル

ロングヘアスタイルとかきあげスタイルの他に、ぱっつんスタイルも相性抜群のヘアスタイルとなります。

ぱっつん前髪は、前髪くるんスタイルや斜めに流す前髪にすることができるので、アレンジの幅があります。またぱっつんスタイルは寝る前などに、カーラーでクセを付けておくと、準備の時短になります。

コテで巻いた前髪を長持ちさせる方法

コテやストレートアイロンで巻いた前髪も、時間が経つと巻きが取れていたり、キープできていない場合があります。

特に湿気が多い日や雨の日などは、キープできない場合が多いです。髪の毛の毛質が直毛の人は、巻いてもしばらくすると巻きが取れてしまう場合があり、気候に問わず元々の毛質でキープできない人もいます。

専用のスタイリング剤を使う

巻いた前髪を長持ちさせたい人は、スタイリング剤を付けることをおすすめします。巻き髪専用のスタイリング剤があり、前髪を巻く前につけると、巻き髪をキープしてくれる役割があります。スタイリング剤によっては、ダメージヘアを修復してくれるスタイリング剤や、香り付きのスタイリング剤などがあります。

巻く前や熱を冷ましてからヘアスプレー

スタイリング剤を使ってもしばらくすると巻きが取れてしまう人は、巻く前に軽くヘアスプレーをすると長持ち効果があります。

またコテやストレートアイロンを使って前髪を巻いている人は、巻き終わって直ぐスプレーするのではなく、冷ましてからスプレーをすると、カールが取れにくい巻き髪になります。

いろいろな前髪で印象チェンジ♪

前髪の巻き方は、第一印象を決める大事なポイントの一つとなります。ショートカットスタイルやロングヘアスタイルでも似合う前髪があり、ヘアアレンジが多様にできるヘアスタイルもあります。

前髪の巻き方や、コテを使用して作るかわいい前髪くるんスタイルなど、是非参考にしてみてください。

前髪についてもっと知りたいアナタへ!

前髪をカーラーで可愛く!マジックカーラーで簡単アレンジ♡
黒髪ボブの前髪なしスタイルが可愛い!【必見】
オン眉アシメの前髪をボブ・ショートからロングまで紹介!切り方も!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ