インナーバルコニーのメリット・デメリット9選!絶対あったほうがいい?

住まいを選ぶうえでインナーバルコニーは、特に人気が高くインナーテラスやガーデンルームと呼ばれることもあります。インナーバルコニーは、ただのベランダでなく、使い方によって様々な可能性を秘めています。インナーバルコニーのメリットやデメリットを詳しくご紹介します。

インナーバルコニーのメリット・デメリット9選!絶対あったほうがいい?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】インナーバルコニーとは?
  2. インナーバルコニーが人気のわけ
  3. インナーバルコニーの外観
  4. インナーバルコニーは延べ床面積に含まれる
  5. インナーバルコニーは実用的な間取り
  6. インナーバルコニーは日当たりが良い?
  7. インナーバルコニーとサンルームとの違い
  8. インナーバルコニーのメリット①屋内にある庭として使える
  9. インナーバルコニーのメリット②部屋として使える
  10. インナーバルコニーのメリット③天候に左右されない
  11. インナーバルコニーのメリット④2階がリビングの家に合う
  12. インナーバルコニーのメリット⑤空間に広がりができる
  13. インナーバルコニーのデメリット①バルコニーの2倍以上の費用
  14. インナーバルコニーのデメリット②配置によって部屋が暗くなる
  15. インナーバルコニーのデメリット③間取りに制約がある
  16. インナーバルコニーのデメリット④床面積に含まれて課税対象
  17. インナーバルコニーのリフォーム費用
  18. インナーバルコニーの窓
  19. インナーバルコニーの使い方①洗濯物干し
  20. インナーバルコニーの使い方②テーブルと椅子
  21. インナーバルコニーの使い方③ガーデニング
  22. インナーバルコニーの使い方④ソファでくつろぐ
  23. インナーバルコニーの使い方⑤バーベキュー
  24. インナーバルコニーの使い方⑥ペットの遊び場
  25. インナーバルコニーの使い方⑦段差を設けて別の空間に
  26. 【まとめ】インナーバルコニーは住まいの贅沢な空間

【はじめに】インナーバルコニーとは?

普通のバルコニーは屋根の付いていないベランダですが、インナーバルコニーは、屋根が付いた広いベランダのことです。普通のベランダは一般的に奥行が90cmと決まっていて、洗濯物や布団干しに余裕のあるスペースではありません。インナーバルコニーは、奥行きが90cm以上あり、使い勝手が良いため注目されています。インナーバルコニーのメリット、デメリットをご紹介します。

daiko_jutaku_kanikoboさんの投稿
23734050 164757580792869 9195342775338401792 n

インナーバルコニーが人気のわけ

バルコニーにも様々な種類がありますが、普通のバルコニーでも、外壁から飛び出したタイプや下から柱で支えるタイプがあります。また、1階の屋根の上に設置するルーフバルコニーもあります。また、サービスバルコニーと言って、奥行きが1m以下でエアコンの室外機を置いたり、ちょっとした物置用に利用するバルコニーもあります。

sanwa_kensetsuさんの投稿
18380842 1835258293463253 7516221935122907136 n

そして、今回ご紹介するインナーバルコニーは、家の一部をバルコニーとして設置する構造になっています。インナーバルコニーは、住まいの普通のバルコニーよりもスペースに余裕があり、洗濯物や布団干しが快適にでき、突然の雨などによって洗濯物が濡れてしまうこともありません。インナーバルコニーは何故人気が高いかと言うと、おしゃれな外観や使い方に多様性があるからです。

qumuq_coltdさんの投稿
20905344 128571721096719 7069481169527504896 n

インナーバルコニーは、住まいの一部の間取りとして設置されるため、屋外のはずなのに室内にいるような感覚で使うことができます。インナーバルコニーでは、ガーデニングをしたり、バーベキューをしたりして楽しむことができます。また、1つの部屋として利用することもでき、使い方によって可能性が広がります。

stylehouse_taniueさんの投稿
14676782 1107471562662622 232405447800258560 n

インナーバルコニーの外観

住まいの新築を検討中の人は、建物から突き出たバルコニーにするか、屋根がついているインナーバルコニーにするのか外観で迷う人が多いようです。インナーバルコニーは、普通の突き出たバルコニーよりもスッキリとしたデザインの外観になるため、新しい住まいにはインナーバルコニーを採用しようという人も多いようです。

reox.0908さんの投稿
20986935 270872949983648 4212924624553377792 n

また、建物を正面から見た外観のことを「ファサードデザイン」と言います。注文住宅などで、ファサードデザインとして、特徴的なインナーバルコニーを外観のポイントにしている人も多いようです。また、バルコニーの手すりに使われるパネルもバリエーションが豊富で、おしゃれなパネルを使っている家も多く見られるようになりました。

sugano_kiさんの投稿
22430556 135676757161644 2743541747664551936 n

住まいを新築するに当たっては、バルコニーの外観デザインはとても重要です。また、インナーバルコニーは、住まいがおしゃれな外観になるだけでなく、プライバシー確保や防犯上も安心を確保できる外観になるという点でもメリットがあります。自分好みのインナーバルコニーにして、オリジナルの自分だけの住まいのデザインが可能になります。

インナーバルコニーは延べ床面積に含まれる

原則として、住まいの中で壁や柱があり、屋根を持つスペースは延べ床面積に含まれます。そのスペースは、物を保管したり、人がいつも滞在する可能性があるスペースなので床面積とみなされるのです。住まいの中で屋根付きで3方を壁で覆われている外観のインナーバルコニーも、延べ床面積に含まれます。延べ床面積に含まれるということは、後述の税金にも関わってきます。

koji_nomura_1974さんの投稿
21296669 1291795707597182 5648812082292850688 n

また、注意しなければならないのは、住まいに広いインナーバルコニーを作ったため、他の部屋や収納スペースの床面積が減ってしまったということがあります。インナーバルコニーと他の部屋の間取りをしっかりと考えなければなりません。

延床面積とは、各階の床面積の合計をいう。駐車場は延べ床面積の5分の1未満であれば、床面積に算入しなくてよいというル-ルがある。 建築物の面積は建物の外周で計算するのではなく、壁もしくは柱の中心で囲まれた部分で計算する。

maruo3171さんの投稿
22499744 327156024423879 4545146108745089024 n

インナーバルコニーは実用的な間取り

インナー バルコニーは、戸建てで生活していく上で、おしゃれな外観で実用的な間取りのひとつになります。余裕のある物干しスペースとして、洗濯物を人目にさらさずに干せることや、くつろぐスペースとしても活用することができます。主婦の家事や育児の負担を減らしてくれて、暮らしを豊かにしてくれます。

meguroarchitecturelaboratoryさんの投稿
23823296 171731343414227 4661389188157931520 n

例えば、ウォークインクローゼットとインナーバルコニーを隣同士にすると、インナーバルコニーで干した洗濯物をハンガーのまま、隣のクローゼットへかけることができ、主婦の家事動線が快適になります。また、同じフロアの全ての部屋の出入りが出来るインナーバルコニーがあると、窓から布団を出し入れができ、主婦には重労働な布団干しも楽になります。

haruroom18さんの投稿
18513856 311363099296465 6305832505375195136 n

最近、注文住宅では間取りの希望で特に多いのが、インナーバルコニーだそうです。戸建住宅では、特にベランダやバルコニーは、珍しい設備ではありません。だからこそ、自分の住まいではおしゃれな外観など、個性を出したいと考えている方も多くなっているようです。

373tsu_さんの投稿
21296826 115922929109220 6085318988793905152 n

インナーバルコニーは日当たりが良い?

住まいのインナーバルコニーを、せっかく日当たりが良いと言われる南向きに設置したのに、実際は日当たりが悪く、洗濯物が生乾きで困ったという人もいるようです。しかし、日当たりが良ければ光が確実に入るというわけではありません。いくら南に太陽があって日当たりが良い場所でも、バルコニーの屋根で遮られてしまい、暗くなってしまうのです。

meguroarchitecturelaboratoryさんの投稿
23823665 197778610790816 3508909386577739776 n

バルコニーの日当たりを良くしたい場合は、設置する場所を西または東側にするのが理想です。住まいでは、反射した光をどれだけ室内に取り入れて日当たりを良くするかがポイントです。また、インナーバルコニーを設置する場所と、隣接する部屋の位置は日当たりを考えるうえでとても重要です。外観を重視し過ぎて、日当たりが悪く失敗だったという事もあるようです。

インナーバルコニーとサンルームとの違い

住まいの中でのサンルームの役割としては、洗濯物を干す場所のほか、雨、花粉対策にもメリットがあると言われています。できるだけ自然光を多く取り入れて日当たりをよくするために、ガラス張りにした部屋にしたりします。リフォームの定番であり、建物に後から取り付ける家庭も多いようで、パネル等で簡単に取り付けられる構造です。

sunroomaichi2017さんの投稿
24254380 1483011968476468 3960735968977223680 n

日当たりが良いサンルームでも、外から丸見えだったり、汚れや傷が付きやすく掃除が大変なようです。また、外観があまりおしゃれではないという声もあります。しかし、最近は機能性だけではなく、外観もデザイン性の高いサンルームもあるようです。インナーバルコニーは、外観がおしゃれで、住まいのプライベートもしっかり守られている感じがします。

インナーバルコニーのメリット①屋内にある庭として使える

インナーバルコニーは、ちょっとした屋外スペースとしてお庭感覚で使えるため、お父さんが日曜大工をしたり、子どもが工作したり、家の中でやると汚れてしまうことも快適にできます。また、家庭菜園やガーデニングも楽しめます。床を人工芝にして、ゴルフのパターの練習をしたり、スポーツや筋トレのスペースとしてもおすすめです。

minituredaksさんの投稿
22794460 124855208192797 2622881934337900544 n

また、夏にはインナーバルコニーで子供をビニールプールに入れたり、子供の遊び場としても何かと活用度が大きいです。室内なので、目が離せない小さい子供でも安心して外遊び感覚で遊ばせることが出来ます。インナーバルコニーに蛇口や排水溝、電源を設置することもポイントです。電源があればスマホの充電や、寒い時期に電気ストーブも使えます。

インナーバルコニーのメリット②部屋として使える

インナーバルコニーは、家の内部の1部屋として使うことが可能です。夏にはインナーバルコニーをダイニング代わりにして、食事をすることもできます。

__tommoko__さんの投稿
20347272 105862243433528 791721558241443840 n

ただし、バルコニーの床は防水加工されているため、床に何かを敷く場合には、加工を妨げないように接着剤を使わない方法を選ぶことがおすすめです。床に敷くジョイント式のパネルは種類が豊富で、調整用の小さいタイルも販売されています。自分好みのインナーバルコニーを、手軽に作ることが可能です。

■参考記事:インナーバルコニーで1人の時間を楽しもう!コチラも参照

家でできる楽しいこと35選!1人でできる暇つぶし・趣味!
暇な時にする遊び35選!家で1人や2人で暇な時の暇つぶしはこれ!

インナーバルコニーのメリット③天候に左右されない

インナーバルコニーは、屋根があるので、天候に左右されずに洗濯物が干せます。また、雨風がしのげるため、物を置いて、びしょ濡れになるという心配もありません。特に共働きの世帯では、仕事に行っている間に雨に降られても洗濯物の心配がありません。

nomura_koumutenさんの投稿
19120609 1984692611760955 7848327244744228864 n

また、日当たりがよくても屋根があるため、洗濯物を干す主婦にとっては紫外線対策にもなり、直射日光を気にしなくて良いメリットもあります。

インナーバルコニーのメリット④2階がリビングの家に合う

最近は2階にリビングがある家が多いですが、インナーバルコニーは特に2階にリビングがある家におすすめです。2階のリビングの近くにインナーバルコニーがある間取りだと、インナーバルコニーの日当たり加減では、リビングが広く見えますし、使い道も多く使用頻度も増えるようです。

ietate_officialさんの投稿
15877424 1709509512712673 5369810048966983680 n

1階にリビングがある間取りの家では、2階にインナーバルコニーを設置しても洗濯物を干す用途にしか使われない傾向にあるようです。1階にリビングがある家で、インナーバルコニーをつくる場合は、インナーバルコニーをどのように使うのかを明確にしておいた方が良いかも知れません。

インナーバルコニーのメリット⑤空間に広がりができる

昔は土間が解放感のある家を演出していましたが、インナーバルコニーで空間に広がりを持たせることができます。インナーテラスは、広さが2~3畳の空間に造られることが多く、通常のベランダよりも面積が広いため、この空間が部屋全体に広がりも持たせてくれます。

373tsu_さんの投稿
21371842 116600482394495 3486863654454820864 n

また、2階にリビングある場合は、リビングダイニングの隣にインナーバルコニーを設けると、日当たり加減で外と中が自然につながったように感覚になり、空間に広がりが生まれます。

373tsu_さんの投稿
21372050 1738004066501667 6001356750433812480 n

インナーバルコニーのデメリット①バルコニーの2倍以上の費用

戸建てのバルコニーは、特殊な工事を必要とする場所なので、建物価格を上げてしまう1つの要因になっているようです。特に、インナーバルコニーは、普通のバルコニーと同じ面積でも費用が2倍以上高くなるデメリットがあります。

hughouse_gifutonoさんの投稿
17881928 782800888551485 4071467205189959680 n

その費用の大半はバルコニーの下に部屋があるため、敷かなければならない断熱材と屋根の工事費用です。また、インナーバルコニーが広ければ広くなるほど、設置費用が高くなりますので注意が必要です。

crie_styleさんの投稿
24177430 1481658775222532 4637989076752924672 n

また、インナーバルコニーをどう設置するかによって、建物全体の間取りも大きく変わります。実際に住んだ時をイメージして、人の動線やデメリットも良く考えたうえで、間取りを決めることが大切です。

suzukuri.officialさんの投稿
29093117 1766851596707462 5074774829710704640 n

インナーバルコニーのデメリット②配置によって部屋が暗くなる

インナーバルコニーは、屋根によって光が遮られてしまい日当たりが悪くなる場合があります。また、インナーバルコニーを設置する場所によっても、部屋が暗くなってしまうデメリットもあるので、注意が必要です。

m_m_house923さんの投稿
22500125 735319746651415 1704396649738010624 n

そのため、天窓を設置したりしますが、かえって隣接する部屋が暗くなってしまうこともあります。インナーバルコニーを付ける前に、必ず他の部屋の日当たりに影響が出ないかどうかを考える必要があります。

m___phomeさんの投稿
20184549 1940502066163528 6193576607311986688 n

インナーバルコニーのデメリット③間取りに制約がある

インナーバルコニーは、屋根があるため屋根の柱や壁が必要になり、間取りに制約があることがデメリットです。最初の設計で失敗してしまうと、全体の間取りが変わってしまい、理想のインナーバルコニーではなくなってしまうデメリットがあります。

インナーバルコニーは、間取りを取るのが難しく、インナーバルコニーがあることによって、建物全体の間取りに影響を及ぼします。実際に住んだ時の人の動線やデメリットをよく考えて、間取りをイメージすることが大切です。

929net.homeさんの投稿
18950022 1753018421656350 2355985708717441024 n

インナーバルコニーのデメリット④床面積に含まれて課税対象

インナーバルコニーのデメリットとして、固定資産税がかかることが挙げられます。インナーバルコニーの床面積は、延べ床面積に含まれるため、固定資産税の対象となります。

daiko_jutaku_kanikoboさんの投稿
23734050 164757580792869 9195342775338401792 n

インナーバルコニーが床面積に含まれる条件として「バルコニー奥行きが2mを超える部分は床面積の対象となる」「手すりの高さが天井高さの半分以上あり、天井高さが2.2m未満の場合はバルコニー全体が床面積に入る」「バルコニーが屋内的用途に使用されていると床面積の対象になる」のなどがあります。ほとんどのインナーバルコニーが床面積に該当するようです。

m6bmwさんの投稿
12331698 905668832850041 643935851 n

固定資産税の計算には固定資産税評価額が用いられます。家の評価は基本的に、家の床面積と材料の質で決まります。特に延べ床面積は、評価に大きな影響があるので、床面積の抑制が固定資産税額の抑制になります。

m_meeismartさんの投稿
24174734 351609645301674 4248496033325121536 n

インナーバルコニーのリフォーム費用

普通のバルコニーの2倍以上の費用がかかると言われているインナーバルコニーですが、今あるバルコニーをインナーバルコニーにする場合、リフォーム代は1坪当たり45~50万円前後です。

__tommoko__さんの投稿
19932921 262462100825408 1911103972471472128 n

また、洗濯物を干すスペースや、ガーデニングをするためのスペースを、室内の外に確保したい場合は、部屋の一部を利用してリフォームすることも可能です。大きな窓があれば、そこに間仕切りの壁を設置して、インナーバルコニーにできます。施工費は1坪当たり25万円前後になります。

インナーバルコニーのリフォーム例としては、2階の洋室をウォークインクローゼットとインナーバルコニーに改装し、インナーバルコニーに物干し器具を設置したりします。よくある事例としては、リビングの一角にインナーバルコニーを設置したり、リビングと隣接する和室をリビングと一緒にして、少ないスペースをインナーバルコニーにするといったリフォームです。

oucicci2017さんの投稿
22070670 507456462945588 4208529502915002368 n

インナーバルコニーの窓

インナーバルコニーは外観がおしゃれなだけでなく、バルコニー壁をくりぬいて窓をフラットな形にするとおしゃれになります。まるで額縁のようになり、外の緑や景色が絵画のような見えて、自然と共存しているような感覚になります。また部屋側の窓は、大きな透明ガラスにすると、部屋と一体感のある空間にできます。

また、インナーバルコニーを設置しようとすると、どうしても開口が大きくなりお部屋が寒くなってしまうというデメリットがあります。その場合は、二重サッシにすることで断熱性がアップします。

syhome2017さんの投稿
21879189 1501470946584841 8380670836012482560 n

インナーバルコニーの使い方①洗濯物干し

インナーバルコニーの使い方として、1番に考えられるのは何と言っても洗濯物干しでしょう。戸建てで洗濯機と洗濯物を干す場所が離れていると、重たい洗濯物を持って階段を上ったりしなければならない主婦は大変です。インナーバルコニーの横に洗濯機がある間取りだと、洗濯機を回した後、すぐにインナーバルコニーに洗濯物を干すことができ、主婦の家事の負担を軽減できます。

chocota____mさんの投稿
20180865 1916016525332110 6058881613956120576 n

また、インナーバルコニーの間取りに余裕があれば、布団が何枚も干せますし、雨が降っても奥まで影響することがありません。インナーバルコニーは、健康的に外干しし放題なので、外観もそれほど気にする必要がないこともメリットと言えます。

インナーバルコニーの使い方②テーブルと椅子

インナーバルコニーに何を置こうかと考えた時に、まず始めに椅子をテーブルを考えます。天気の良い日に好きな飲み物を持って、インナーバルコニーの椅子に座って、贅沢な時間を過ごすことができそうです。

casa_mikaさんの投稿
23824511 1452382311542694 7665131380442923008 n

椅子はガーデンチェアが手軽で良いかも知れません。また、ガーデンファニチャーなど庭園用のテーブルやベンチなどの家具にも様々な素材があり、自分好みの個性的な空間を造ることができます。

インナーバルコニーの使い方③ガーデニング

インナーバルコニーの使い方で、ガーデニングが目的で設置したという人も多いでしょう。インナーバルコニーはベランダよりも広くて、直射日光の当たりにくいため、植物を育てるためには良い環境です。自分好みに棚をレイアウトしたり、壁に植物をはわせたりして楽しむ使い方ができます。

maison.kooさんの投稿
15306046 322464971472198 1622114520979734528 n

しかし、インナーバルコニーでガーデニングをする場合は、水漏れや排水口が詰まったりしないように管理する必要があります。

インナーバルコニーの使い方④ソファでくつろぐ

インナーバルコニーを1つの部屋として利用する使い方もできるので、ソファをおいてゆったりとくつろげる空間を作ることができます。ラグを敷いておけば、リビングから素足でインナーバルコニーに行けます。

373tsu_さんの投稿
21295063 129577611000103 4333894083547234304 n

また、インナーバルコニーの両端に金具をつけて、ハンモックを吊り下げればお天気の良い日に、読書やゆらゆらお昼寝もできます。また、ハンモックの金具に洗濯用ロープを結べば、即席の物干しスペースに早変わりします。

インナーバルコニーの使い方⑤バーベキュー

広いインナーバルコニーの使い方として、家族や友達を呼んでバーベキューを楽しむことができます。せっかく予定していたのに、雨で中止!という残念なことにもなりません。

mymayu145さんの投稿
19534963 374694796266383 7894102671177547776 n

人数が多くても、すぐ隣がリビングの場合は心配ありません。また、床に天然木ウッドデッキを使用すると、腐食しないようにメンテナンスが必要になりますが、最近人気の樹脂製のウッドデッキを使用すれば、お手入れが楽になります。

■参考記事:家で焼肉♡注意点やレシピはコチラをチェック!

家焼肉の心得!煙の対策やおいしいレシピなど徹底解説!

インナーバルコニーの使い方⑥ペットの遊び場

犬を飼う場合、大型犬だと室内飼いが難しいですが、インナーテラスを使用してぺットの遊び場としても利用できます。室内飼いでありがちなダニや臭いも解消できるため、ペットにも快適な環境になります。

po_to_do_tv55さんの投稿
17267889 1855718914679446 353796307510362112 n

インナーバルコニーをペットの遊び場にして、アクティブな空間として使用している人が多く、愛犬の足の負担を少しでも軽減したり、愛犬がより過ごしやすい環境にしようと、リフォームを決意する人もいるようです。

uni_and_tunaさんの投稿
22280211 489319628090953 6850634860466274304 n

インナーバルコニーの使い方⑦段差を設けて別の空間に

インナーバルコニーと隣接する部屋を、バリアフリーにする使い方もありますが、一段高くしたり床の高さを変えた使い方で、まったく別の空間を造ることができます。

haruroom18さんの投稿
18444273 155220028348810 680300838043779072 n

また、インナーバルコニーとの段差がちょうど良いベンチのような高さになる場合もあります。インナーバルコニー側を高くした場合と低くした場合では、バルコニー側から部屋を見た時も逆の場合も少し印象が変わります。

base_plus_さんの投稿
23101312 129218221111674 2050654460715204608 n

【まとめ】インナーバルコニーは住まいの贅沢な空間

インナーバルコニーのメリットとデメリットをご紹介しました。様々な使い方をされているインナーバルコニーは、ただの屋根付きのベランダではなく、バルコニーを使う人によって、無限の可能性を持っています。インナーバルコニーを設置する時には、屋根の形や隣接する部屋の広さ、窓の位置なども慎重に考えて、後悔しない工事をしたいものですね!

arex_homeさんの投稿
15877411 1430351300597804 7664955875194306560 n

快適な住まいについてもっと情報を知りたいアナタに!

同棲におすすめの間取り・部屋の広さ!2DKがカップルにはベスト?
【風水の間取り】良い間取りと悪い間取りは?玄関やリビングなど
玄関の観葉植物おすすめ21選!風水効果抜群!

関連するまとめ

K2449和田美喜代
K2449和田美喜代

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ