妊娠4ヶ月目の母体の症状!お腹の大きさは?腹痛に気をつけて!

妊娠4ヶ月に入り、安心しきっているママさんも多いのではないでしょうか。しかし、リラックスすることも大事ですが、油断してしまうのは厳禁です。妊娠4ヶ月目にも様々なことを注意しておく必要があるのです。いったいどのようなことに注意するべきなのでしょうか。

妊娠4ヶ月目の母体の症状!お腹の大きさは?腹痛に気をつけて!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】妊娠4ヶ月目に入り慣れてくる
  2. 妊娠4ヶ月!胎児の大きさは?
  3. 妊娠4ヶ月!胎盤が完成
  4. 妊娠4ヶ月!お腹の大きさは?
  5. 妊娠4ヶ月!胎動はある?
  6. 妊娠4ヶ月!エコーでダウン症がわかる?
  7. 妊娠4ヶ月!発生する母体の症状を知ろう
  8. 【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状①】頻尿
  9. 【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状②】腰痛
  10. 【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状③】便秘
  11. 【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状④】腹痛
  12. 【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状⑤】頭痛
  13. 【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状⑥】つわりがなくなる
  14. 妊娠4ヶ月!注意するべきことを知ろう
  15. 【妊娠4ヶ月!注意するべきこと①】虫歯に注意
  16. 【妊娠4ヶ月!注意するべきこと②】安定期でもリスクがある
  17. 【妊娠4ヶ月!注意するべきこと③】流産の危険がある腹痛
  18. 【妊娠4ヶ月!注意するべきこと④】貧血に注意
  19. 【妊娠4ヶ月!注意するべきこと⑤】規則正しい生活を
  20. 【まとめ】妊娠4ヶ月目は危険な時期ではないが

【はじめに】妊娠4ヶ月目に入り慣れてくる

すでに子供を産んだことのあるママさんは特にそのようなことはないかもしれませんが、初めての妊娠だというママさんはこの時期、油断してしまいがちです。妊娠した状態を4ヶ月経験したことで、気も緩むようになり、これまで守っていた注意点を守らなくなってしまう人もいます。

妊娠4ヶ月目というと、ちょうど安定期に入る時期です。体重もこれから段々と増加していくのですが、体重があまりにも増加すると、好き勝手に動けなくなってしまうため、まだ体重がそれほど増えていないこの時期に活動的になるママさんも多いです。

妊娠しているからといって、四六時中、部屋で安静にしていなければならないということはありません。しかし、赤ちゃんのことを考えれば、ある程度、まだおとなしくしておく必要があります。

しかし安定期に入るとどうしても動きたくなってしまうママさんが多いため、そのようなことが原因で流産してしまうママさんも存在するものです。そのため、妊娠4ヶ月目に入ったからといって、油断しないようにするということが大切です。

妊娠4ヶ月!胎児の大きさは?

妊娠4ヶ月目、胎児はどのくらいの体重になっているのか、気になるという人も多いでしょう。妊娠4ヶ月目とはいっても、その中で体重は変化しますし、個人差もあるため、一概にどうということはできませんが、平均でいえば30~100グラムの体重となります。

妊娠4ヶ月目の第1週あたりの体重は40グラム前後で、4週くらいになると100グラムに近い体重になっていくということです。ただ人によって差があるため、体重が少ないからといって、不安になる必要もありません。身長は15センチ程度となります。

胎児の体重は妊娠4ヶ月になり、安定期に入ってからぐんぐん増えていきます。当然、それに伴い、ママさんの体重も増えていくことになるでしょう。

胎児の体重はこの時点ではそれほど参考になりません。あまりにも体重が少ないということであれば問題ですが、この時期の体重はそれほどこれ以降の体重に関係することではないのです。体重が少なくても、大きな赤ちゃんが生まれることもあるため、心配し過ぎないようにしましょう。

妊娠4ヶ月!胎盤が完成

妊娠4ヶ月目になると、お腹の中の胎盤がほとんど完成することになります。胎盤が完成すると、胎児はしっかりとヘソの尾で、ママさんから送られてくる栄養を得ることができるようになるのです。

栄養を受けとることができれば、胎児は急激に成長をすることになります。だからこそ、胎盤がしっかりと完成するまでの体重はそれほど気にする必要がないのです。ここからは一気に成長するため、胎盤が完成するまではとにかく待つということが大切です。

胎盤が完成すると、基礎体温も下がることになります。これまでの時期は体がだるかったり、熱っぽかったりという症状を感じていた人も多いでしょう。

しかし胎盤が完成することで、体調も回復することになるため、妊娠4ヶ月目からはだいぶ過ごしやすくなるものです。つわりもこの時期に治まるようになります。


◆関連記事:妊娠初期はここに注意!

妊娠初期の仕事上の注意点!休むときや辞めたいときは?

妊娠4ヶ月!お腹の大きさは?

妊娠4ヶ月目は胎盤が完成し、胎児が成長していく時期ですので、この時期になると徐々にお腹も膨らんでくるようになります。

ただ、お腹が急激に膨らんでくるのは、妊娠4ヶ月目の終わりから5ヶ月目くらいからです。この時期になると、少しお腹がふっくらしてくるような状態になるため、周りの人にも妊娠していることがわかるようになることも多くなってきます。

つまり、妊娠4ヶ月目はお腹が小さい最後の月ということです。エコーで見ても胎児はまだ小さいですが、数ヶ月でエコーで見た胎児は見違えるほど大きくなります。

お腹が小さく、体調も良くなる時期ですので、ママさんはとにかく無理をしないということが大切です。まだ生まれたわけではないため、体に無理がかかるようなことは、出産後の楽しみとしてまだ我慢しておきましょう。

妊娠4ヶ月!胎動はある?

妊娠4ヶ月目になると、胎動があるのかどうか気になるという人も多いでしょう。胎動はいわゆる胎児の動くことにより、お腹が動くことです。胎動を感じると、より赤ちゃんの存在を強く感じるため、多くのママさんは胎動を楽しみにしています。

妊娠4ヶ月目には、早い人であれば、胎動を感じることができます。この時期の胎動は少しわかり辛いのですが、お腹の中の一部がくるくる動いているような胎動を感じる人もいるのです。

ただ、胎動は妊娠5ヶ月目を超えてから感じる人がほとんどです。そのため、妊娠4ヶ月目では胎動を感じることができないという人がほとんどでしょう。この時期に胎動を感じなくても特に問題はないため、安心しておきましょう。

胎動を早く感じたいからといって、お腹に刺激を与えるようなことは絶対にしないようにしましょう。胎動は焦らなくても、そのうち感じることができます。胎動を目的に妊娠しているわけではないため、とにかく胎動を感じたくても、焦らないということが大切です。

妊娠4ヶ月!エコーでダウン症がわかる?

妊娠4ヶ月目は胎動を感じる人がいたり、つわりが終わったりと、胎児の成長が急激に進む時期です。この時期になると、もしも胎児がダウン症を持っていたら、それを判別することもできます。ただし、エコーで100%は判別することはできません。

胎動を感じるほど大きくなった胎児は、エコーによってその姿をある程度、確認することができます。そしてエコーを行えば、ダウン症の可能性を見抜くことはできるものです。エコーをした時の心臓や指、首の後ろの外観、動き方などでエコーでもある程度、判断することができます。

しかしエコーでは確定することまではできません。実際にエコーではその疑いがあっても、産まれてきたらダウン症ではなかったということもありますし、その逆もあります。

エコーでは100%確定できないため、確定するためには羊水検査を行う必要があります。ただ、羊水検査はエコーと違って、妊娠4ヶ月目で行うことは少ないです。7ヶ月目くらいで行うのが一般的ですので、エコーでダウン症の疑いが発覚してから、確定診断をもらうまでは、少し時間があいてしまうことになります。

妊娠4ヶ月!発生する母体の症状を知ろう

妊娠4ヶ月目にはエコーで胎児の成長を実感できるほど、胎児は成長しますが、その分、母体には様々な変化が訪れます。エコーで成長がわかるくらいですので、その成長の影響が母体にも発生するのです。

妊娠4ヶ月目の変化はこれまでとは違う症状も出てくるものですので、事前にそのことを把握しておき、対策を行うということが大切です。人によって出てくる症状が違うことも多いのですが、ある程度は共通しているため、妊娠4ヶ月目を迎えるママさんは、しっかりとその症状を理解しておく必要があります。

エコーで胎児の成長を見たときは、そのエコー画像を持って帰るほど嬉しいものですが、成長した分、様々な苦労も増えることになります。

また、逆に楽になることもあるため、この時期、どのような変化が体に訪れるのが、しっかりと確認しておきましょう。ではさっそく、妊娠4ヶ月目に発生する母体の症状を紹介していきたいと思います。

【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状①】頻尿

妊娠4ヶ月目に発生する母体の症状としては、頻尿というものがあります。

妊娠初期にも発生することがありますが、この時期になると、胎児が成長することで膀胱を圧迫し、さらに頻尿になってしまうことがあります。夜中に何度もトイレに行ったり、くしゃみで尿が漏れてしまったりすることもあるのです。

あまりにもトイレが近くなるため、排尿を我慢してしまう人もいますが、そのようなことはしないようにしましょう。膀胱炎になってしまうと、妊娠しながらの治療になるため、かなり大変です。

頻尿で困っており、漏れてしまうこともあるという場合は、尿漏れパッドを使用しましょう。こうすることで、くしゃみで不意におしっこが出てしまった時、困らないようになります。

【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状②】腰痛

妊娠4ヶ月目には腰痛になってしまう女性もいます。腰痛は日常生活にも大きな影響を与えるため、大きな問題の一つです。

妊娠4ヶ月目になると、胎児が成長し、背骨を押しのけてしまうことになります。背骨は赤ちゃんを包むように湾曲するのですが、これが原因で腰痛になってしまうことがあるのです。ただ、腰痛になるのは、もっと胎児が大きくなった時が多いです。妊娠4ヶ月目で腰痛になる人は、元々腰痛を持っていたという人が多いといわれています。

腰痛になると、動くのが億劫になったり面倒臭くなるため、日常生活が変わってしまう人もいます。妊娠4ヶ月目でそこまでひどい腰痛になることはないため、もっと腰痛がひどくなることも考え、ダラダラした生活を送らないように注意しましょう。

腰痛は腰痛をサポートするベルトなどを使用することで、痛みを軽減できます。妊娠4ヶ月目の腰痛で使用する人はあまりいませんが、腰痛があまりにもひどいようでしたら、腰痛ベルトの使用も考えていてください。

【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状③】便秘

妊娠4ヶ月になると、腰痛がひどくなっていくものですが、逆に便秘は改善されていくものです。腰痛と便秘が入れ替わりになるというのが、一般的な症状なのですが、ただ、妊娠4ヶ月目になっても便秘が改善されない人もいます。

便秘が長続きしてしまう人は、元から便秘だったという人がほとんどです。そのような人は、妊娠4ヶ月目を過ぎても、便秘が解消されず、腹痛などを伴うこともあるため、注意が必要です。

便秘が妊娠初期に発生するのは、ホルモンバランスと自律神経の働きが変わることが原因の一つです。しかし元から便秘の人は、これ以外のことが原因である場合があるため、ホルモンバランスと自律神経の働きが安定してきても、便秘になってしまうというわけです。

ただでさえきついことが多い妊娠中に、便秘になったり、腹痛がしたりすると、さらに妊娠生活がきつくなってしまいます。充分に注意しておきましょう。


◆関連記事:便秘解消法はこちら!

妊婦の便秘解消法とは?妊娠初期になりやすい原因は?妊娠中の女性必見

【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状④】腹痛

妊娠4ヶ月で腹痛が発生することもあります。この腹痛は、特に心配がない腹痛と、すぐに病院に行くべき腹痛があるため、注意しておきましょう。ここでは特に心配のない腹痛について紹介していき、病院に行くべき腹痛については、後ほど紹介していきます。

特に心配のない腹痛としては、便秘から発生する腹痛や、お腹の張りを痛いと感じる腹痛、プロスタグランジンの作用による腹痛です。

プロスタグランジンとは、子宮内膜から分泌される物質です。生理通の原因にもなる物質ですので、分泌される量が多いと、かなり強い痛みを感じることもあります。

プロスタグランジンが原因の腹痛は生理痛の痛みに似ています。そのため、特に出血などがないということであれば心配はありませんが、一度腹痛がした時には病院で診てもらいましょう。それでその腹痛がプロスタグランジンによる腹痛だと覚えてください。

【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状⑤】頭痛

妊娠4ヶ月目の症状としては、頭痛が発生することもあります。この時に発生する頭痛はかなりの痛みが発生する人もいるため、注意しておきましょう。

妊娠4ヶ月で頭痛が発生するのは、ホルモンの分泌量が変化するためです。特につわりの終わりかけに頭痛が発生する人が多いです。ただ、つわりが終わると同時、もしくは数日で頭痛が治まることが多いため、それほど心配する必要はない頭痛となっています。

妊娠中の頭痛は薬を使用することができないため、厄介です。ただ、医師が処方してくれた頭痛薬であれば、飲んでも問題はありません。頭痛があまりにもひどい人は、医師に相談してみましょう。

頭痛はストレスで発生することもあります。ストレスによる頭痛の場合、数日で終わらず、長引くこともあるため、注意しておきましょう。また、生活習慣が原因で頭痛になる場合もあります。

【妊娠4ヶ月!発生する母体の症状⑥】つわりがなくなる

頭痛や腰痛が発生したりと妊娠4ヶ月目は大変なものですが、つわりがなくなるという良い変化もあります。

つわりが終わりかけに頭痛がすることもあるため、ある意味その頭痛がつわりが終了するサインとなることも多いです。

もちろん、違う原因の頭痛もありますが、つわりの症状がひどい人にとって、この話は朗報でしょう。

ただし、必ずしもつわりは妊娠4ヶ月目に終わるとは限りません。長い人は、5ヶ月目までつわりが続くこともあります。

妊娠4ヶ月!注意するべきことを知ろう

妊娠4ヶ月目に出てくる症状について紹介してきましたが、安定期に入る時期とはいえ、妊娠4ヶ月目には注意しておかなければならないこともたくさんあります。

もしもこのような注意点を無視してしまうと、最悪の場合、流産してしまう可能性もあります。大切に育んできた命を流産してしまうというのは、想像もしたくないことでしょう。そのため、このような悲しい思いをしないためにも、注意点をしっかりと守るということが大切なのです。

流産しないために注意しておくべきことには、様々な注意点がありますが、これらは全て大事なことです。複数の注意点を守るのは大変ですが、流産しないために大事なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

ではさっそく、流産しないため、妊娠4ヶ月目の妊婦が注意しておくべきことを紹介していきます。

【妊娠4ヶ月!注意するべきこと①】虫歯に注意

妊娠4ヶ月目に注意するべきことは、虫歯です。

虫歯があることで流産するということはありませんが、出産中に虫歯があると、歯の痛みを感じながら出産をしなければならないため、かなり大変です。また、妊娠後期になると、簡単に歯医者にもいけなくなるため、ストレスを抱えながら、妊娠後期を過ごさなければならなくなります。

妊娠4ヶ月目は安定期に入る時期ですので、この時に虫歯を治療しておくのがベストです。ただ、妊娠4ヶ月目だから行けというわけではなく、安定期に入ってから行くべき、という話ですので、勘違いしないようにしましょう。

妊娠するとホルモンバランスが崩れる関係で虫歯ができやすくなります。妊娠前は虫歯がなかった人でも、妊娠初期で虫歯ができている可能性もあるため、確認のためにも、一度歯医者さんに行くようにしましょう。

【妊娠4ヶ月!注意するべきこと②】安定期でもリスクがある

妊娠4ヶ月目に注意しておくべきこととしては、安定期に入っても、流産する可能性があるという認識を持つということも大事です。

安定期というと、ある程度のことをしても流産などしない、と考える人がいます。そして、妊娠初期のストレスを解消するために、旅行に行ったりする人もいるのです。

確かに、妊娠初期に比べれば、安定期に流産をする可能性は低くなります。しかし、それでも流産する可能性はあるものです。当然、激しい運動をしてしまえば、流産のリスクは上がりますし、実際に流産した人もいます。

安定期でもお腹に圧力がかかったり、体を冷やしたり、ストレスが溜まりすぎると、流産をしてしまうことがあるものです。流産をしてしまえば、やり直すことができないため、安定期だからといって気を抜かないようにしましょう。

【妊娠4ヶ月!注意するべきこと③】流産の危険がある腹痛

妊娠4ヶ月目の注意点としては、流産の可能性がある腹痛に注意するというものもあります。

先に流産する可能性が低い腹痛を紹介しましたが、今回は流産する可能性がある腹痛を紹介します。
流産する可能性のある腹痛は、ズキズキと痛みがする場合や痛みがひどくなっていく場合などです。

そしてこれに伴い、出血があった場合、流産している可能性がさらに高くなります。出血は妊娠中、よくあることですが、腹痛を伴う出血の場合は要注意です。いつもの出血だと思って見逃さないようにしましょう。

出血をして胎児に危険があっても、病院で治療することで、なんとかなる場合もあります。とにかく出血を伴う腹痛があった場合、すぐに病院に行くことが大切です。出血を確認したら、救急車を呼んでも良いでしょう。とにかく早く治療しましょう。

【妊娠4ヶ月!注意するべきこと④】貧血に注意

出血にも注意が必要ですが、妊娠4ヶ月目は貧血にも注意しておかなければなりません。

妊娠4ヶ月目には、貧血が起こりやすくなることもあります。貧血で意識が薄れ、お腹をぶつけて出血してしまえば、流産してしまう可能性もあるでしょう。

貧血は鉄分不足が多くの場合で原因となります。そのため、このような出血をして流産しないためにも、栄養管理をしっかりとしておくということが大切になってくるのです。

出血を伴う腹痛は、お腹が強い圧力を受けたときにも発生します。出血をしたということで、パニックになってしまう人もいるのですが、大切なのは早く病院に行くことです。冷静に、といっても難しいかもしれませんが、出血したから流産した、というわけでもないため、落ち着いて救急車を呼びましょう。

【妊娠4ヶ月!注意するべきこと⑤】規則正しい生活を

出血を伴う腹痛が妊娠4ヶ月目には一番注意しておかなければなりませんが、規則正しい生活を送るということも大切なことです。

ストレスや栄養不足、睡眠不足などは、お腹の中に赤ちゃんに悪い影響を与えてしまいます。安定期だからといって、思わず脂っこいものばかりを食べてしまうような人もいますが、しっかりと栄養バランスの整った食事をするようにしましょう。

出血を伴う腹痛が、このようなことが原因で起こることは少ないですが、間接的な原因になることはあります。

出産するまではとにかく油断をしないということが大切です。

【まとめ】妊娠4ヶ月目は危険な時期ではないが

妊娠4ヶ月目に関する情報を様々紹介してきましたが、基本的には安定期に入る時期ですので、全体を通してみれば、妊娠4ヶ月目はそれほど危険な時期ではありません。とはいえ、油断は禁物ですので、安心し過ぎないように注意しておきましょう。

もっと妊娠に関する情報を知りたいアナタへ!

妊娠11ヶ月(40週〜)で出産する人もいるの?
妊娠初期に出血!鮮血なら少量でも要注意!原因と対処法は?
妊娠初期の胸の張りはいつから?胸の張りがない・なくなる場合も?

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ