妊娠14週目!お腹の大きさは?性別がエコーでわかる?流産に注意!

妊娠14週目に入りました!妊娠初期もそろそろ終わりの時期に入り、つわりが治まってきている人も少なくありません。体調が徐々に良くなってくるこの妊娠14週目の赤ちゃんやママの様子というのはどのような感じなのでしょうか?!気になるあれこれお伝えします!

妊娠14週目!お腹の大きさは?性別がエコーでわかる?流産に注意!のイメージ

目次

  1. 妊娠14週目!赤ちゃんは?!ママの体調はどんな感じ?!
  2. 妊娠14週目ってどんな時期に?!
  3. 妊娠14週目の赤ちゃんの様子はどんな感じ?!
  4. 【妊娠14週目の赤ちゃん①】大きさはどのくらい?!
  5. 【妊娠14週目の赤ちゃん②】胎動?!動きが活発に!
  6. 【妊娠14週目の赤ちゃん③】性別は?!生殖器が完成へと!
  7. 【妊娠14週目の赤ちゃん④】脳の発達が進む!
  8. 【妊娠14週目の赤ちゃん⑤】おっぱいを吸う練習をスタート!
  9. 妊娠14週目!ママはどんな感じ?!
  10. 【妊娠14週目のママの様子①】つわりが落ち着いてくる人も!
  11. 【妊娠14週目のママの様子②】食欲が旺盛になる人も!
  12. 【妊娠14週目のママの様子③】貧血になりやすくなる!
  13. 【妊娠14週目のママの様子④】お腹の大きさは?!
  14. 【妊娠14週目のママの様子⑤】お口のトラブルが起きやすい!
  15. 【妊娠14週目のママの様子⑥】鼻づまりが起きやすい!
  16. 【妊娠14週目のママの様子⑦】おりものが増える!
  17. 【妊娠14週目のママの様子⑧】むくみやすい!
  18. 【妊娠14週目のママの様子⑨】お腹に違和感が…
  19. 【妊娠14週目のママの様子⑩】頭痛に悩む人も?頭痛の原因は!
  20. 妊娠14週目のママの過ごし方は?どんな感じで?!
  21. 【妊娠14週目のママの過ごし方①】マタニティウエアを用意!
  22. 【妊娠14週目のママの過ごし方②】歯科検診と歯の治療を!
  23. 【妊娠14週目のママの過ごし方③】妊娠線予防を始めましょう!
  24. 【妊娠14週目のママの過ごし方④】水分補給を!
  25. 【妊娠14週目のママの過ごし方⑤】体重管理を始めよう!!
  26. 妊娠14週目に出血!!出血は流産の兆候?!
  27. 妊娠14週目の流産・切迫流産の原因は?!
  28. 【おわりに】妊娠14週目は体調がよくなってきても油断せずに!

妊娠14週目!赤ちゃんは?!ママの体調はどんな感じ?!

妊娠中で最も流産の危険性が高いといわれる、妊娠初期もいよいよ終わりに近づき、妊娠4ヵ月の第3週目の妊娠14週目に入りました。

つわりの終わりが見えてきた人も出てきて、1ヵ月ほど前に比べると、体調の方も安定してくる人が増えてくるのがこの時期です。

妊娠14週目の頃のお腹の赤ちゃんの発達の様子や、ママの体調などはどのような感じなのでしょうか。胎動などはそろそろ感じるのでしょうか?!

この記事では、妊娠14週目の気になるあれこれについてお伝えします。

brendanx187さんの投稿
25013544 1866742573348594 3443299878480904192 n

■参考記事:妊娠4ヶ月、注意点は?コチラも参照!

妊娠4ヶ月目の母体の症状!お腹の大きさは?腹痛に気をつけて!

妊娠14週目ってどんな時期に?!

妊娠14週目というのが、どんな時期になるのか最初に少し見ておきましょう。

妊娠14週目になると、子宮の中の赤ちゃんのベッドとなる胎盤が完成に近づいてくる時期になります。

胎盤が完成すると、お腹の赤ちゃんとママの体はへその緒を通してしっかりと繋がるようになり、完全に一心同体となるのです。

beautybyleeさんの投稿
23416447 1971371746452008 3112832720925884416 n

胎盤が完成に近づくことで、ママの体調は今までに比べると安定するようになりますが、今までにはなかった別の症状も出るようになってくるので、体調管理は引き続きしっかりと行う必要があります。

katietorwaltstyleさんの投稿
23161321 309018972911810 979766333245751296 n

妊娠14週目の赤ちゃんの様子はどんな感じ?!

いよいよ胎盤が完成に近づいてくる、妊娠14週目の頃のお腹の赤ちゃんの様子というのはいったいどのような感じなのでしょうか?!

今までにも、驚くべき成長を見せてくれているお腹の赤ちゃんですが、妊娠14週目の頃でも身体のいろいろなところが発達をして、びっくりするような変化を見せてくれています。

妊娠14週目の頃の中の赤ちゃんには、いったいどのような成長が見られるのか、ここからみていきましょう。

ichebessieさんの投稿
25007857 384682125287957 5751103243912478720 n

【妊娠14週目の赤ちゃん①】大きさはどのくらい?!

まず、妊娠14週目の頃の赤ちゃんの大きさというのはどのくらいまで大きくなっているものなのでしょうか。

妊娠14週目の頃のエコーにうつる赤ちゃんの身長は、およそcmから10cm、体重は25gから60gの間まで大きくなっています。

妊娠14週目の頃のお腹の赤ちゃんの大きさのイメージは、だいたい子供の頭ぐらいの大きさだといわれています。

christinahandbergさんの投稿
25017119 202119913689872 3737273497785729024 n

妊娠12週目までは、エコー検査は経膣エコーだったのが、妊娠13週目から妊娠14週目には、経腹エコーへと変わり、胎児の臓器や骨格がより詳細にエコー検査で見られるようになっていきます。

ママのお腹の大きさも膨らみが少しずつ目立ち始め、周囲の人にも妊娠しているということが、お腹の大きさからわかるようになり始める時期になります。

anaramosgutierrezさんの投稿
25014401 555156378154646 9024338454879666176 n

【妊娠14週目の赤ちゃん②】胎動?!動きが活発に!

妊娠14週目で胎動を感じたという人もいますが、まだほとんどの人は妊娠14週目では胎動を感じることはできません。

特に、初産婦さんの場合には、経産婦さんよりも胎動を感じにくいと言われているので、この時期にはまだ胎動を感じないという人の方が多いでしょう。

妊娠14週目で胎動を感じたという人がいても、胎動を感じられる人の方が少ないので、まだ胎動を感じていない人でも焦る必要はありません。

妊娠14週目の頃の赤ちゃんというのは、胎動は感じられなくてもママのお腹の中で活発に動き回るようになっています。

babenboots08さんの投稿
25011424 1990968557809628 3752185053006790656 n

まだ、胎動を感じなくても、お腹の中の赤ちゃんというのは、手足が活発に動きやすくなり、盛んに手足を動かしています。

また、羊水の中でくるくると回転したりして、元気よく動き回っているものです。

まだ、ママのお腹に胎動を伝えるほど強い力は赤ちゃんにはありませんが、胎動がなくてもエコー検査でタイミングが合えば、赤ちゃんが動く様子をエコーにとらえることも出来ます。

胎動がなくても次回のエコー検査をちょっと楽しみにしてみましょう!

805_dianaxpunkさんの投稿
24845902 875415115950355 2785449792271024128 n

【妊娠14週目の赤ちゃん③】性別は?!生殖器が完成へと!

お腹の大きさが大きくなってくるにつれ、赤ちゃんの性別が気になり始める人は少なくありませんよね。妊娠14週目の頃というのは、赤ちゃんの性別がもうわかる時期になるのでしょうか。

妊娠14週目の頃の性別というと、性別を表す生殖器がほぼ完成に近づき、外性器もほぼ完成します。

しかし、まだまだ赤ちゃんの体が小さすぎるために、エコーにはっきりと性別を示す、外性器が映ることは滅多になく、エコー検査で性別が判明する人ほとんどいません。

tahshenaさんの投稿
25012181 1145794382222907 2324071151065628672 n

また、偶然に性別を表すシンボルが映ったように見えたとしても、性別が見間違いである可能性も高いので、まだこの時期は病院の先生に質問しても、性別ははっきりと答えてくれないものです。

また、一度、エコー検査で告げられた性別が、妊娠後期になって変わることもままあります。性別が女の子だと告げられていたのに、生まれて来たら男の子だった、ということもないわけではありません!

エコー検査での性別を確定のは、出産するまで不確定要素があるのが現実です。

性別によってベビー用品をそろえたいと思っている人も少なくないでしょうが、出産まではまだまだ時間があります。

赤ちゃんの性別はもう少し後のお楽しみに取っておいてもいいのではないでしょうか?!

lauren_cash98さんの投稿
25014753 138193176894019 8572565860219092992 n

【妊娠14週目の赤ちゃん④】脳の発達が進む!

妊娠14週目の頃になると、エコーではよくわかりませんが、赤ちゃんの脳の発達がさらに進んでいきます。

妊娠14週目の頃の赤ちゃんの脳は、特に間脳や大脳系に発達が見られて機能し始めます。

間脳や大脳系は本能や喜怒哀楽をつかさどる部位になり、赤ちゃんはお腹の中で起こる変化を敏感に感じ取れるようになってきます。

_amberlouuさんの投稿
25015644 238092623395931 402416398158004224 n

ママがうれしかったり、ストレスを受けたときのお腹の中の微妙な変化もこの頃の赤ちゃんはすでに感じ取れるようになっているので、ママはストレスを感じないように、できるだけゆったりとした気分で過ごせるように生活を工夫したいものですね。

また、すでにこの時期の赤ちゃんというのは、大きな音にびっくりするようになってきています。

赤ちゃんを驚かせるような大音量には気をつけるようにしましょう。

amanda_n_arochaさんの投稿
25006864 2049480661952060 1547687015527481344 n

【妊娠14週目の赤ちゃん⑤】おっぱいを吸う練習をスタート!

妊娠14週目の頃の赤ちゃんには、まだエコーで見ても指しゃぶりを始める様子は見られませんが、おっぱいを吸う練習を実はお腹の中で始めているのです。

生まれたばかりの赤ちゃんでも、ママのおっぱいをちゃんと吸うことができるのは、赤ちゃんが持って生まれる原始反射の1つである、吸啜反射というのを持って生まれるからです。

この吸綴反射というのは、口の中に入ってきたものを、反射的に強く吸い込むことなのですが、妊娠14週目の頃になると、すでに口で物を吸い込む練習を始めているのです。

xtonia1996xさんの投稿
24332314 785503728300332 3069931447952343040 n

妊娠14週目!ママはどんな感じ?!

妊娠14週目というと、まだ胎動は感じられないものの、少しずつお腹の大きさも目立ち始めて、今までよりもより妊婦らしい姿になってきましたよね。またエコーにうつる赤ちゃんの姿を見て、よりママになる実感を日々感じている人も少なくないでしょう!

この妊娠14週目のママの様子や体調というのは、どのようなものなのでしょうか。

ここからは、妊娠14週目のママの様子や体調についていろいろと見ていきましょう。

josephine_nustarさんの投稿
25018777 202156053688743 8448029362166431744 n

【妊娠14週目のママの様子①】つわりが落ち着いてくる人も!

妊娠14週目の頃にはつわりが完全に終わらなくても、徐々につわりのひどい症状が落ち着いてくる人も出てきます。

胎盤が完成に近づいてきたことで、体調も安定するようになり、つわりが起きにくくなったり、胃のむかつきや吐き気といったつわり特有の症状も軽減される人も増えてきました。

しかし、中には、最もつわりがきついと言われる妊娠6週目から7週目の頃と全く変わらないつわりの症状に苦しんでいる人も少なくありません。

つわりの症状がどのよう出て、つわりがいつまで続くのかというのは、個人差が大きいものです。

raynowadayさんの投稿
25005989 324050218108298 2818567198463754240 n

つわりが軽くなる人は多いのですが、出産までつわりが続いてしまう人もいるので、この時期につわりがほとんど軽くならない、という人がいてもおかしくはありません。

しかし、そろそろ赤ちゃんが大きくなり始める時期に入ってくるので、あまりつわりによって食べられないと低体重児の危険性も出てきます。

つわりがあまりひどい場合には、妊婦健診の時に相談してみることをお勧めします。

miss_carnellさんの投稿
25012079 2184604911553484 5247648534685024256 n

【妊娠14週目のママの様子②】食欲が旺盛になる人も!

つわりが治まってくるにつれて、食欲が増してくるママも少なくありません。

赤ちゃんも大きくなり始める時期で、栄養やカロリーがある程度必要になる時期に入り始めてはいますが、食欲に任せて食べたい物を食べていると、すぐにカロリーオーバーになり、体重が増えすぎてしまいます。

arryellさんの投稿
25007871 376662162761907 4644735409518018560 n

妊娠中に体重オーバーになってしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の原因となったり、分娩時に産道に脂肪が付きすぎてしまい、赤ちゃんの通り道が狭くなることで難産になりやすくなったりします。

臨月になってから体重や脂肪を落とすことははっきり言って無理なので、この時期から適切な体重コントロールを行うようにしましょう。

krolnutriさんの投稿
25007419 1943986249254114 4046037275060994048 n

【妊娠14週目のママの様子③】貧血になりやすくなる!

胎盤がしっかりとしてきて、完成に近づくことで、胎盤に血液が集中するようになるのがこの時期になります。

そのために、ママの全身の血液が足りなくなってしまい、この時期に貧血になりやすくなってしまうママも少なくありません。

胎盤の完成や、赤ちゃんの成長に合わせて、ママの体の中の血液も沢山作られるようになりますが、血液量の増加に比べて、鉄分の補給が間に合わないこともよくあります。

asa.min.aoさんの投稿
24274590 136288953756986 2241625624571543552 n

妊娠中のサプリメントの使用というのは慎重になるべきですが、鉄分補給のサプリメントに関しては、妊娠中でも特に問題がありません。

食事での鉄分補給が間に合わない時には、鉄分補給のサプリメントを利用するなどして、貧血対策をしっかりと行うようにしましょう。

vanillanuts0227さんの投稿
25011462 135645910434288 8543025251250864128 n

【妊娠14週目のママの様子④】お腹の大きさは?!

少しずつお腹の大きさも目立ち始めるのが、この妊娠14週目の頃ですが、この頃のお腹の大きさは実際にどのくらいのお腹の大きさになっているものなのでしょうか?!

妊娠14週目の頃になると、お腹の大きさの目安になる子宮底長を測り始める産婦人科も増えてきます。

妊娠14週目の頃の子宮底長は、約12cmから15cmほどとなっています。

ソフトボールの直径が約10cm弱、一番小さなハンドボールの直径が15cmなので、妊娠14週目の頃の子宮の大きさというのは、ソフトボールとハンドボールの中間ぐらいの大きさだと考えればイメージしやすいでしょうか。

liefdevoortweeさんの投稿
24838223 171262296808564 2299901695053791232 n

ソフトボールよりも少し大きめのゴムボールが1つ、お腹の中に入っているような感じになるのが妊娠14週目の頃のお腹の大きさと言えるでしょう。

今まではほとんど目立たなかったお腹の大きさも、子宮の大きさがこのくらいの大きさになると、いよいよ目立ち始めます。

お腹の大きさに合わせた服装を選ぶのもこの時期には大切になってきますね!

rosyfinolさんの投稿
24845578 524160851275615 2075025007095840768 n

【妊娠14週目のママの様子⑤】お口のトラブルが起きやすい!

妊娠14週目の頃には、歯周病などのお口のトラブルが出やすくなる時期にもなります。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、お口の中の雑菌が増える傾向にあり、その結果、歯肉炎や歯周病が起きやすくなる時期になります。

特に、妊娠初期にはつわりによる吐き気がひどくて、頻繁に吐き戻していたものや酸性が強い胃酸が歯にこびりついたりして、虫歯菌や雑菌が繁殖しやすい時期になります。

お口のケアを気をつけるとともに、歯科検診なのもこの時期に受けておくことをお勧めします。

dh_aykwdさんの投稿
25007429 150842792355593 1033512441591365632 n

【妊娠14週目のママの様子⑥】鼻づまりが起きやすい!

妊娠14週目の頃のママに起こりやすいトラブルには、妊娠性鼻炎があります。

これは、風邪でも花粉症などのアレルギーでもないのに、鼻づまりが起きやすくなってしまう鼻炎の症状になります。

原因は、妊娠したことで女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増えたことになります。

プロゲステロンの影響で、鼻の粘膜の血流が良くなると、粘膜が腫れてしまい、鼻づまりが起きてしまうのです。

jilllai1986さんの投稿
22071065 163340854248125 7316152458575609856 n


アレルギーなど持っていない人は、妊娠中に急に花粉症などを発症してしまったのではないかと慌ててしまう人もいますが、妊娠性鼻炎は妊娠中の特有の症状なので特に心配はありません。

あまり鼻づまりが辛い時には、加湿器やマスクを活用したり、産婦人科や耳鼻科で相談するようにしましょう。

s.by.cottonさんの投稿
18722091 143188866226752 1982139175314391040 n

【妊娠14週目のママの様子⑦】おりものが増える!

妊娠中のママを悩ませる症状の中には、おりものが増えることがあります。

妊娠して、ホルモンバランスが変化すると、おりものが増えるのが普通です。

透明や白、淡いクリーム色のサラサラした感じのおりものが大量に出るのは心配いりませんが、局部のかぶれの原因にもなるので、通気性のよい下着を身に付けたり、おりものシートをこまめに替えるなどして、清潔に保つようにしましょう。

おりものの色や臭いに変化があった時には、お腹の赤ちゃんや子宮の中や膣の中に何か異変が起こった可能性があります。

妊婦健診の時期ではなくても、一度受診することをお勧めします。

yu0517yuさんの投稿
24174995 148226809140545 1710720550994706432 n

【妊娠14週目のママの様子⑧】むくみやすい!

妊娠すると、むくみに悩むママが少なくありませんが、妊娠14週目の頃には、さらにむくみがひどくなっていく人が増えていきます。

妊娠中にむくみを感じる人は、全妊婦さんの6割から7割にも及ぶと言われています。

むくみは妊娠高血圧症候群の症状の1つにもなりますが、妊娠高血圧症候群ではなくても、妊娠中は出産時の大量出血に備えて、血液が増えたり、血液を大量に作るために体の中に水分を溜め込みがちになります。

305_familyさんの投稿
25012277 1759266324369149 3090982890851270656 n

そのために、体がむくみがちになるのは自然なことです。

体がむくむからと言って、水分を取らなくなる人もいますが、水分を取らないと、脱水症状を起こしてしまう上に、血液がドロドロになりさらにむくみがひどくなる原因になる場合があります。

ストレッチやウォーキングなどの適度な運動をして、身体の中の血行を良くするとともに、お風呂にしっかりと浸かったり、暖かい格好をして体を冷やさないように気をつけましょう。

erubusakureさんの投稿
25007701 1931158516909439 2999223702006005760 n

【妊娠14週目のママの様子⑨】お腹に違和感が…

妊娠14週目になると、腹痛とまでは行かないまでも、お腹に今までに感じたことがなかった違和感を感じるようになる人もいます。

今までの妊娠初期には、下痢や便秘が原因の腹痛を感じてきた人も少なくないでしょうが、下痢や便秘を原因とする腹痛とはまた違う感じで、腹痛とは言えないような微妙なお腹の異変を感じることがあります。

下腹の腹痛が激しい時には、流産の兆候の場合もありますが、そこまで激しい腹痛が起こるというわけでもありません。

妊娠14週目の頃に、腹痛とまでは言えないお腹の違和感を感じるのは、子宮が大きくなり始めることで、子宮を支えている靭帯が引っ張られることで感じる違和感になります。

jaclynrobertssさんの投稿
25017777 196452064246383 1898146275182772224 n

まだ、胎動やお腹の張りを感じるほどはお腹の赤ちゃんも子宮も大きくはなっていませんが、お腹の大きさはこの時期になると大きくなり始めるために、お腹の中でのバランスが微妙に変化してきます。

このときに、靭帯が引っ張られるようになるので、お腹に違和感を感じやすいのです。

激しい腹痛などにならなければ特に心配するものではありません。

sheenamcginnさんの投稿
25008337 1005569506247914 4312840437330083840 n

【妊娠14週目のママの様子⑩】頭痛に悩む人も?頭痛の原因は!

妊娠14週目の頃になると、風邪をひいているわけでもなく、偏頭痛を起こしているわけでもないのに、原因不明の頭痛に悩む人もいます。

妊娠14週目の頃に頭痛が起こるのは自然なことなのですが、この頃におこりやすい頭痛というのはどうしてなのでしょうか?いったい頭痛にはどのような原因があるのでしょうか。

つわりが終わりかける人が多い妊娠4か月から5か月頃には、実はつわりの代わりに頭痛に悩む人が増えてきます。

この時期に頭痛が増える原因は胎盤が完成することになります。

胎盤が完成すると、ママの体の中のホルモンバランスが大きく変化することが頭痛の原因となっているのです。

mrs_sampson_さんの投稿
25015996 601438896693339 6125447065808928768 n


妊娠初期にはhCGというホルモンが大量に分泌されていましたが、胎盤の完成に伴ってこのホルモンの分泌量が急激に減ります。

hCGの減少に伴って、黄体ホルモンの分泌も減っていき、高温期が終了します。この体の変化が起こるときに、頭痛などの体調の変化も起こりやすくなるのです。

つわりの苦しみが終わったら、次は頭痛が起きやすくなった、というのはちょっと辛いものですね。

この時期の頭痛は、妊婦さんには自然に起こる問題のないものですが、頭痛があまりひどいと生活に支障をきたすこともあります。

頭痛で悩むことがあれば、妊婦健診の時にお医者さんに相談して妊娠中でも飲める頭痛薬を処方してもらうようにしましょう。

scientificsoundsさんの投稿
25014585 1944496769150163 1065311816810233856 n

妊娠14週目のママの過ごし方は?どんな感じで?!

妊娠14週目の頃のママの様子や気になる様々な症状について理解できたところで、次はこの時期のママの過ごし方についてみていきましょう。

妊娠14週目の頃のママというのは、いったいどんなことに気をつけて過ごしたら良いのでしょうか?!

xeniakaszasさんの投稿
25012336 1911002768913354 3521243244161662976 n

【妊娠14週目のママの過ごし方①】マタニティウエアを用意!

妊娠14週目の頃になったら、お腹の大きさも変わってきます。今までマタニティウェアを着用していなかった人も、マタニティウェアやマタニティ専用の下着を着用するようにしましょう。

今までは、妊娠前から1サイズか2サイズ大きめの洋服を着ていれば大丈夫でしたが、そろそろ、お腹の大きさも膨らみ始めます。

virina_officialさんの投稿
22157228 1534056913317450 2933449898525196288 n


お腹の大きさが大きくなってくるのに、通常の洋服や下着だと、どうしてもお腹の大きさを締め付けるようになってしまいます。

お腹の大きさに余裕を持たせることができる、マタニティ専用の洋服や下着を使うことで、お腹の赤ちゃんも伸び伸びと成長出来ますよ。

bms_jpさんの投稿
21820386 2013970272167645 8791570043688189952 n

■参考記事:似合うマタニティ服を探そう♪コチラも参照!

マタニティワンピースおしゃれなおすすめ13選!妊婦さん必見!
マタニティ服はバースデイで!ウェアや下着が超充実してる!

【妊娠14週目のママの過ごし方②】歯科検診と歯の治療を!

妊娠14週目の頃になったら、歯科検診を受けて、歯の治療を済ませてしまうようにしましょう。

妊娠中は、歯のトラブルを起こしやすいものです。

つわりも一段落して、まだお腹の大きさもそれほどではないこの時期というのは、歯の治療をしてしまうのに最も適した時期になります。

ぜひ一度歯医者さんで歯の点検をしてもらい、治療するべきところがあったら治療してもらいましょう。

takahashi_2338さんの投稿
25009282 1780672075290505 8100882385584783360 n

【妊娠14週目のママの過ごし方③】妊娠線予防を始めましょう!

お腹の大きさがふっくらとしてくるこの時期には、妊娠線予防を始めることをお勧めします。

まだまだ妊娠線が本格的に増えてくるのは、先の話になりますが、妊娠線が増える時期に、一気に妊娠線が増えるか、妊娠線が出来ずに済んだり、対策をしていない人よりも少なくて済んだりするかどうかというのは、それまでに対策をきちんと行っていたかどうかにかかってきます。

kiyakeanusmommy2519さんの投稿
1389521 1408044059427270 1603301817 n

毎日を風呂上りに妊娠線が出来やすいお腹周りや、二の腕やふくらはぎに、こまめに妊娠線予防クリームや、保湿効果が高いんワセリンやニベアクリームを塗りこむことで、妊娠線を予防したり、軽減することができます。

ぜひこの時期から妊娠線予防対策に取り組んでいきましょう!

krod1187さんの投稿
10608064 1460959100836538 771027448 n

■参考記事:妊娠線予防クリームのおすすめは?コチラもチェック!

妊娠線予防クリームおすすめランキングTOP11!【人気抜群】

【妊娠14週目のママの過ごし方④】水分補給を!

妊娠4週目には、胎盤が完成に近づくことから、体の中の血液量が一気に増えて、必要な水分の量が今までよりもさらに増えてきます。

そのために、こまめに水分補給をすることが大切なっていきます。

充分な水分を補給することは、むくみの予防にもなります。

この時期に必要な水分は、1日に1.5Lから2Lだと言われています。

適度な水分補給を心がけるようにしましょう。

estheprolabo_officialさんの投稿
24332232 320401675111109 2254100928313425920 n

【妊娠14週目のママの過ごし方⑤】体重管理を始めよう!!

つわりも終わりに近づき、食欲が戻ってくる人も少なくないこの時期には、ぜひ体重管理を始めることをお勧めします。

つわりの時期に食べられなかった反動で、食べたいものを食べたいだけ食べ過ぎてしまうと、すぐに体重オーバーになってしまいます。

妊娠中の体重オーバーは、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、分娩時の難産の原因となるので絶対に避けたほうがいいです。

coachmay_momof3さんの投稿
25021721 197913920773130 1307488173474971648 n

かといって、太り過ぎることを嫌って体重コントロールを厳密にやりすぎてしまうと、知的障害や発達障害の原因になると言われている低体重児になってしまう可能性もあります。

必要なカロリーと栄養を、しっかりと適切に摂取することが、お腹の赤ちゃんが健全に発達して、ママの健康も守るために大切になります。

おやつはローカロリーな寒天やこんにゃくを活用したものにして、栄養バランスのとれた食事で、必要なカロリーはしっかりと取れるように、体重コントロールをしっかりと行っていきましょう!

arryellさんの投稿
24845862 152826198682413 6834648519744159744 n

妊娠14週目に出血!!出血は流産の兆候?!

妊娠中の出血で、一番心配しなければならないのは、流産や切迫流産ですよね。

妊娠14週目の頃に出血をした場合は、流産や切迫流産の可能性はどのくらいあるのでしょうか。

胎盤が完成に近づく妊娠14週目の頃になると、胎盤が子宮内膜から剥がれかかり、出血が見られることがあります。

これは、安静を保つことですぐに治るものなので、体に無理をかけなければ、流産の危険性はありません。

yuri.t13さんの投稿
24845807 853568158161269 6058765237522268160 n

激しい出血があったり、腹痛を伴う出血、出血がなくても、下痢や便秘などの腹痛が起こる原因がないのに、腹痛が激しくなっていく時などは、流産の兆候の可能性もあります。

この時期に出血や腹痛が見られた場合には、流産の兆候なのか、流産の可能性は低いのかどうか、素人判断は危険です。

出血や腹痛が見られた場合にはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

aki1024nさんの投稿
25021902 160268191397452 6348596021567684608 n

妊娠14週目の流産・切迫流産の原因は?!

まだ妊娠4ヵ月目に当たる妊娠14週目というのは、妊娠初期に当たります。

しかし、妊娠12週目からの流産は、妊娠22週目まで後期流産と呼ばれます。

妊娠11週目までの初期流産は赤ちゃんの染色体異常が原因による流産でママには責任がないものだと言われています。

しかし、妊娠12週目からの後期流産の原因は母体の側にあると言われています。

ママが無理をし過ぎると、お腹の赤ちゃんが子宮の中にとどまりきれなくなってしまうこともあります。

album_m_k_kさんの投稿
24845192 150312612358978 7679285827418980352 n


絶対に妊娠中は無理をしないように気を付けましょう!

腹痛や出血があっても、切迫流産でとどまっていれば、妊娠を継続できる可能性もあります。

切迫流産の処置は早ければ早いほど赤ちゃんが助かる可能性が高くなります。

腹痛や出血があった時には、すぐに病院へ連絡するようにしましょう。

haaaaaaaa.nnaさんの投稿
25009747 157979911596922 158455542711320576 n

【おわりに】妊娠14週目は体調がよくなってきても油断せずに!

ここまで、妊娠14週目のあれこれについて見てきましたがいかがでしたか。

妊娠14週目に入ると、体調が良くなってくる人も少なくありません。

流産の可能性も、ママに比べるとぐっと低くなっていきますが、それでも流産の可能性が全くないわけではありません。

体調が良くなり、食欲も戻ってきて動きやすくなったからとはいえ、無理を過ぎることは厳禁です。

あまり神経質になり過ぎることもよくありませんが、体調管理には気をつけて、変な腹痛などを感じた時にはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

inaya_lolaさんの投稿
25014931 1966406943620155 8801381625892962304 n

妊娠中の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊婦のダイエット!妊娠中に痩せる方法まとめ!【おすすめ】
妊婦はインフルエンザ予防接種を受けるべき?【妊娠中】

関連するまとめ

yukky777
yukky777
読者の方が知りたいと思う情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ