広報ってどんな仕事?未経験から転職する方法や給料も現役広報OLが詳しくご紹介します!

広報ってどんな仕事?未経験から転職する方法や給料も現役広報OLが詳しくご紹介します!

みなさんは「広報」と聞いてどのようなイメージを持ちますか?「マスコミ対応」「企業の顔」「さまざまなアイデアを生み出すクリエイティブな部署」などなど、どちらかというと華やかな仕事が想像されるようです。この記事では、制作会社の営業から広報に転職した私が、日々の仕事や必要なスキルについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.広報の仕事内容ってどんな感じ?
  2. 2.広報とPRの仕事の違い
  3. 3.広報の給料や年収は?ボーナスはある?
  4. 4.未経験から広報に転職したい人が身に付けたいスキル
  5. 5.広報で仕事をするときに会社を選ぶポイント
  6. 6.広報の仕事に向いている人とは?
  7. 7.広報に転職するときのおすすめ転職サイト3選
  8. 8.まとめ

企業が属している業界イメージは?業界内ポジションは?製品やサービスの優位性は?など、企業がなぜ広報を行いたいのか、仮説を立てるように情報収集するのも良いでしょう。

社会には、広く知られていないだけで非常に良い会社も多くあります。裏を返せば、認知度に対して労働環境や製品、サービスの質が見合わない企業もあります。企業は何を発信したいのか、どのようなイメージを与えたいのかをイメージしながら企業研究を行ってみてください。しっくりこなければ、その企業はミスマッチかもしれません。

ポイント③ 求められているスキルを把握する

広報に限ったことではありませんが、企業が何を自分に求めているのかを把握することは重要です。「広報物の制作」と一言で言っても、自社印刷を前提に撮影やデザイン、DTPスキルまで期待している企業もあれば、他部署社員やカメラマン、デザイナー等を含めた社内外折衝スキルを重視する企業もあります。

WEB媒体/紙媒体担当、社内広報/社外広報担当など、担当制の企業もあるでしょう。求人データ、面接、転職コンサルタントなどを通して、互いにミスマッチにならない転職活動を行いましょう。

広報の仕事に向いている人とは?

Photo byddalki3003

社外からの問い合わせや要望に迅速に対応することが求められる広報のお仕事。広報と働くにはコミュニケーション力はもちろん、企画力や情報収集力など、さまざまなスキルが必要といえそうですね。

ここでは、広報に向いている人にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

コミュニケーション能力が高い

広報は社内の人と連携しながら、自社や商品の告知をする仕事。マスコミ対応やプレスリリースの作成、社外向けの説明会なども担当します。そのため、コミュニケーション能力が高く、人と会うのが好きな人は広報にピッタリです。自分の強みを理解しており、それを上手にPRできる人も向いています。

広報に転職するときのおすすめ転職サイト3選

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/work-1024x684.jpg

出典 Unsplash

企業研究やスケジュール調整、面接対策など、転職活動は心身ともに負担がかかるものです。空き時間を上手に使いながら、無理のない転職活動をおすすめします。

doda

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/doda.png

転職サイトの定番。求人数が多く、様々な業界・職種が網羅されています。求人情報はもちろん、転職に挑戦・成功した人のエピソード、失敗談を含めたノウハウなども閲覧可能。コンサルタントとLINEで連絡をとれるので、気軽に相談できます。

doda 公式サイト

マスメディアン

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/massmedeian-1024x487.png

宣伝・広告・クリエイティブ系職種に強い転職サイト。クリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行する「宣伝会議」のグループ会社が運営しているため、一般転職サイトでは求人数が少ない広報・宣伝・マーケティング関連の募集も多く掲載されています。

マスメディアン 公式サイト

シンフォニード

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/Symphoneed-e1600936663631-1024x572.png

次のページ

まとめ

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely