転職をするときの軸とは?求めるものは転職前に決めよう

転職をするときの軸とは?求めるものは転職前に決めよう

ライフイベントに合わせて、転職を考えている女性の方も多いのではないでしょうか?ですが、転職は時間や費用、心身的な負担がかかるもの。そんなとき、選ぶときの基準となる「軸」を決めておけば、転職活動がスムーズに進むはず。この記事では、転職で役立つ軸の作り方や参考にしたいポイントをお伝えします!

記事の目次

  1. 1.転職に大切なのは「軸」
  2. 2.転職をしたいと思った理由をピックアップ
  3. 3.転職の軸の作り方
  4. 4.参考にしたい転職の軸になる条件
  5. 5.転職の軸が定まらないときは具体的に書き出す
  6. 6.まとめ

転職に大切なのは「軸」

フリー写真素材ぱくたそ

就職や転職活動で、「軸」という言葉を耳にすることがありますよね。軸とは、企業先を選ぶときに重視する条件や希望のことです。雇用形態や業務内容、給与面、企業の経営方針など、軸となるポイントは人によってさまざま。学生時代の就活のとき、社会人経験がないこともあって何となく漠然としたイメージで決めていたという方も多いのではないでしょうか。

ですが、転職活動では今まで働いてきたという経験があります。採用担当者もそれを前提として選考を進めるので、「なぜこの企業で働きたいのか」「何を重視するのか」という軸を具体的に決めておく必要があるのです。

効率よく、軸のブレない転職をするためには、転職活動をする前に「自分が転職によって手に入れたいもの」を予めしっかり決めておくことが重要になります。転職が身近な選択肢になっている今だからこそ、焦らず考えてみましょう!

転職をしたいと思った理由をピックアップ

フリー写真素材ぱくたそ

転職の軸を考える前に、まず現状の自分が何に困っているのか明確にすることが大切です。例えば「給料が少ない」のか、「労働時間が長い」のか、それとも、「キャリアアップをしたい」なのか…。

困っていることをクリアにすると、自分が次の職場に求める条件が必然的にわかるはず。ここでは、転職理由の考え方について詳しく解説します!

収入をアップしたい

最低どのくらいの金額が欲しいのか計算してみましょう。また「求める金額を得るために、自分がどの程度まで努力できるのか」も合わせて考えることが必要です。

  • とにかくガツガツ稼いで、手に入れられるだけ収入をアップしたい。
  • あまり残業は好きじゃないけど、毎日2時間くらいまでなら残業できる。
  • 未経験だが勉強を頑張って、今より基本給の高い仕事につきたい。
いずれも収入アップに重点を置いていますが、努力のポイントが異なる目標です。

ガツガツ稼ぎたい人は、契約件数に応じて収入がアップする営業職を探すのも良いでしょう。ただし、契約件数に応じて収入が変動するため、営業成績を維持するために多少はワークライフバランスを妥協する必要があるかもしれません。

残業代で月収の上乗せを狙うというパターンもあるでしょう。ただし、業務量の変動が収入に結びつくリスクもあります。コロナウイルス禍で残業がなくなり、収入が減ったという経験をした方も多いかと思います。

収入アップのためには、基本給をアップするのが最も確実な方法です。アップ額によってはもちろん同業種・職種内で転職することもできますが、大幅アップを狙う場合は仕事そのものの専門性を上げたり、業界自体を変えることも有効です。

ワークライフバランスを整えたい

現在業務過多であったり、長時間労働に苦しんでいる場合にまず挙げられるのはこの条件でしょう。

第一に、現在の職場が心身を壊しかねない労働環境であれば即転職を検討すべきです。場合によっては、転職の前にリフレッシュ期間をとるのもオススメです。とにかく、自分の心と身体を守れるように動いてください。

満を持して転職活動ができるようになったら、まずは収入アップと同じく、自分の中での優先度合いを考えてみましょう。言い換えれば「どの程度まで妥協できるのか」を考える作業です。

例えば、広告会社でクリエイティブ職についていた人が、保険会社の事務職に転職したとします。ワークライフバランスの改善は見込まれますが、業種も職種も異なる仕事に対応する必要があります。クリエイティブ職の業務自体は楽しめていた場合、事務職のルーティンワークはやや退屈に感じられるかもしれません。

極端な例ですが、「業務適性や仕事のやりがいよりも、ワークライフバランスを優先できるのか?」といった部分が判断基準になるパターンです。

キャリアアップをしたい

この場合、まずは自分が求めるキャリアを思い描いてみてください。そして、求めるキャリアアップが現在の会社で実現できないと考えるのであれば、それはなぜかを掘り下げましょう。

  • 産休や育休制度はあるが、利用者が少なく女性が昇進できない
  • 年功序列の社風で若手が活躍できない
  • ニッチ業界から、もっと広い業界で挑戦したい
  • 異職種に挑戦したいが社内異動が難しい
  • モノを売る営業から、コンサルティング営業ができるようになりたい
などなど、求めるキャリアアップのビジョンやステップは人によって様々です。ひとつの職種を極めるプロフェッショナルになるのか、様々な知識を持つゼネラリストを目指すのか、という視点もあるでしょう。

自分がどのようなキャリアを描きたいのかを明確にしておくことで、軸がブレずに転職活動を行えます。

転職の軸の作り方

フリー写真素材ぱくたそ

何を基準に転職先を決めていいのかわからない方、まずは転職の軸を作ってみることをオススメします!自分自身と向き合ってしっかりとした転職の軸を作っておけば、途中で迷うことなく転職活動を進めることができるはずです。

軸の決め方としては、

・転職の理由を明らかにする
・自己理解を深める
・今後の自分をイメージする
・条件に優先順位をつける

などを行ってみましょう。具体的に軸を描いておくことで、面接の際もパニックにならずしっかりとした受け答えができるようになりますよ!

絶対に譲れない条件を1つだけ決める

転職者にとって、今抱えている問題が一つだけ…ということは少ないかもしれません。多くの場合、「業務量が多いわりに収入は少ない」「昇進してもっと働きたいが、ワークライフバランスを考えると不安」など、複数の問題が絡み合っていることがほとんどです。

「業務量が適切で、ワークライフバランスも保てて、収入は多く、やりがいもある」といった完璧な職場に巡り合うのが理想ですが、なかなか難しいのが現実です。また、適切な業務量が人によって異なるように、誰かにとって働きやすい職場が、自分にとってそうであるとも限りません。

そこで重要なのは、譲れない条件を1つだけ決めることです。収入を上げるのか、ワークライフバランスを整えるのか、キャリアアップを目指すのか。もちろん、それ以外でも構いません!

決めるときの目安としては、自分がどのような生活を送りたいのかを考えてみると良いでしょう。今後のキャリアプランをイメージしながら条件を絞ることで、しっかりとした軸を作ることができます。

転職したいと思った理由から導く

転職の理由から軸を絞り込むことも可能です。例えば「アイドルが好きで、いっぱいライブに行きたい!」という人の場合、少なくとも2つの選択肢があります。

  • 遠征費用を捻出するために、仕事は多くてもとにかく給与がたくさんもらえる会社に勤めよう。毎日いっぱい働いて、土日は全部通うぞ!
  • 休日はもちろん、平日でも突発でもライブは全部参戦したいから、いつでも休めて定時上がりの職場にしよう。その代わり、費用は日々の節約で貯める!
前者の譲れない条件は「給与額」、後者は「ワークライフバランス・福利厚生」です。いずれも「キャリアアップ」や「仕事のやりがい」は条件に入っていませんよね。

このように自分が叶えたいライフスタイルを想像して、まずは譲れない条件を1つだけ決めましょう。それ以外は優先順位をつけていくことで、比較検討をしやすくなります。

参考にしたい転職の軸になる条件

次のページ

転職の軸が定まらないときは具体的に書き出す

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely