ワークライフバランスとは?仕事もプライベートも自分らしくいるための方法

ワークライフバランスとは?仕事もプライベートも自分らしくいるための方法

近年、「ワークライフバランス」という言葉をよく耳にすると思います。 仕事と生活のバランスを考えることで、自分の人生をより豊かなものにすることができます。 ここでは、ワークライフバランスについて解説していきます。働く女性に大切なワークライフバランスを知っていきましょう。

記事の目次

  1. 1.ワークライフバランスとは?
  2. 2.働く女性のワークライフバランスの大切さ
  3. 3.ワークライフバランスのため企業が実践していること
  4. 4.理想のワークライフバランスとは?自分の価値観を見直そう
  5. 5.ワークライフバランスを見直すときのポイント
  6. 6.まとめ

ワークライフバランスとは?

近年、「ワークライフバランス」という言葉をよく耳にすると思います。仕事と生活のバランスを考えることで、自分の人生をより豊かなものにすることができます。

昔に比べると、現代は男性も女性も働くのが当たり前になり、働き方や生活は人それぞれ多様化しています。特に女性は結婚や出産などライフイベントもあるため、そういったタイミングで適切に会社の制度を利用できる環境であることも大切です。

自分が人生において大切にしたいものは何でしょうか。それを大切にするためには、どんなワークライフバランスが一番最適なのでしょうか。自分の人生を考える上で、一度ワークライフバランスを見直してみませんか?

ワークライフバランスの定義について

政府広報の定義によるとワークライフバランスとは、仕事と育児や学習など仕事以外の生活とのバランス(調和)がしっかり取れている生き方を目指すこととされます。

仕事だけでなく、仕事と生活の両方が充実し、ゆとりを持って生きることで、より仕事への意欲や質が向上することが期待されています。

大事なことは、「仕事のために家庭を犠牲にする」でもなく「生活のために仕事を犠牲にする」でもない、生き方を目指すこととされています。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章では、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」と定義されています。

ワークライフバランスの歴史

1980年代後半にアメリカを発祥に定義されたものが「ワーク・ライフ・バランス」です。

このとき、育児をしながらも働きながら社会進出をしたいと考える女性が増え、アメリカの民間企業で、女性をサポートする働きが生まれました。

1990年代には、育児と女性の枠を超え、子供を持たない女性や男性にも生きる上で重要な概念として拡大しました。介護支援や生涯学習支援など様々な視点からの取り組みが増えたとされています。

日本でこの概念が意識され始めたのは、1990年代以降の就労困難や、少子高齢化、男女平等の考えを持つ人が多くなり、「働く」ということへの考え方が多様化しました。

近年では、さらに働き方革命などの取り組みも増え、性別や年齢に問わず、その人にあった生活と仕事のバランスが取れるような働き方に注目が集まっています。

ワークライフインテグレーションとの相違点

ワークライフバランスとは、仕事と生活を別のものと考え、双方の両立を計る概念です。一方、ワークライフインテグレーションとは仕事と生活を統合し双方を充実させるという考え方です。

ワークライフバランスと同じように思われがちですが、両立と統合のという点で、似て異なる概念といえます。

近年では、テレワークや時短勤務などの自由な働き方も増え、より柔軟な勤務形態を実現しようと試みている企業も増えていることから、ワークライフバランスと同様に新しい働き方の概念として少しづつ浸透してきています。

働く女性のワークライフバランスの大切さ

「仕事もしたいけれど、プライベートも大切にしたい」「バリバリ働いてお金を稼ぎたい」「子供ができても仕事を続けたい」など、人によって働くことへの考え方はそれぞれです。

だからこそ、自分のワークライフバランスを整えることが重要になってきます。自分に合ったワークライフバランスを見つけることでストレスを減らすことができるので、より充実した生活を送ることができるでしょう。

自分らしさを忘れず生きるためにも、自分に合ったワークライフバランスを見つけてみましょう。

健康で豊かな生活が送れる

例えば、「仕事もしたいけれど、プライベートも大事にしたい!」という人にとっては、残業ばかりの仕事では自分の時間が無く、ストレスになってしまいます。

過労やプライベートの時間がとれないことによるストレスで体調を崩してしまうこともあります。

ワークライフバランスを整えることで、仕事もプライベートも充実させることができるので、健康で豊かな生活を送ることができます。

自分らしさを忘れずにいられる

仕事にやりがいを感じており、バリバリ働きたいという人や、仕事もそこそこに自分の時間を大切にしたいという人など、価値観は人それぞれです。

ワークライフバランスが整っていると、どんな価値観の人でもそれぞれ自分の理想の人生を送ることができます。自分らしさを忘れずにいることは、人生においてとても大切なことです。

自分に合ったワークライフバランスを保つことで、自分を取り巻く環境が変化していったとしても、自分の価値観を大切にしながら働くことができます。

ワークライフバランスのため企業が実践していること

ワークライフバランスを実現させるためには、働く側だけの努力では難しい部分があります。近年では、ワークライフバランスを実現するために、企業側でも様々な取り組みが行われています。

短時間勤務制度

次のページ

理想のワークライフバランスとは?自分の価値観を見直そう

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely