仕事が多すぎてキャパオーバー!そんなときどうすればいい?

仕事が多すぎてキャパオーバー!そんなときどうすればいい?

毎日残業して帰宅時間が遅くなってしまう、どんどん仕事が増えて何から手を付ければいいのかわからないという経験がある人も多いのではないでしょうか。 仕事を沢山割り振られるのは期待されている証拠と考える人もいますが、日々残業しても終わらない仕事が

記事の目次

  1. 1.キャパオーバーしてしまう原因は何?
  2. 2.放っておくと危険!我慢を続けると起きること
  3. 3.どうすれば回避できるの?
  4. 4.まとめ

毎日残業して帰宅時間が遅くなってしまう、どんどん仕事が増えて何から手を付ければいいのかわからないという経験がある人も多いのではないでしょうか。

仕事を沢山割り振られるのは期待されている証拠と考える人もいますが、日々残業しても終わらない仕事が続くと心身ともに疲れ果ててしまいます。

また、キャパオーバーしてしまった場合出社したくない、退職したいと考えてしまう可能性もあり非常に危険です。

今回は仕事量が多すぎて辛い、どうすばいいのかわからないという人のために原因と対策を詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

キャパオーバーしてしまう原因は何?

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/books.jpg

では、どうしてキャパオーバーしてしまうような状況になってしまうのでしょうか。

自分が原因と考える人も多いですが、実は周りが原因という可能性もあります。

自分の能力と仕事量が見合っていない

まず、一番多い原因は単純に与えられる仕事の量が多すぎることです。

新人の頃は何かと覚えることがあるので少ない仕事量でもいっぱいいっぱいになってしまうのが当たり前です。

ですが、これ以上増えると大変になることを理解できずどんどん新しい仕事を請け負ってしまうことで仕事量が増えキャパオーバーしてしまいます。

頼まれたら断れない性格

日本人はNOと言えない性格とよく言われますが、これもキャパオーバーする原因です。

上司や周りの人から「これお願いできる?」「助けてほしい」と言われるとどうしても断れない、無理だとわかっていても頼られているから手伝わなきゃと思ってしまう人は非常に多いです。

頼りにされていると言うと聞こえはいいですが悪く言うといいように使われているだけという可能性もあります。

自分を過信しすぎている

「自分ならできる」「こんなもの簡単にできる」と自分を過信しすぎて結局仕事が終わらないという人も非常に多いです。

できる自分をアピールするためにどんどん仕事をもらっていくものの、自分の状況がちゃんと理解できていないため仕事だけが増えていって結局何もできないまま限界を迎えてしまいます。

また、自分を過信しすぎている人は周りの人に助けを求めるのは格好悪い、恥ずかしいと考えて周りが助けようとしても断ってしまう人も多いです。

次のページ

放っておくと危険!我慢を続けると起きること

Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely