広報ってどんな仕事?未経験から転職する方法や給料も現役広報OLが詳しくご紹介します!

広報ってどんな仕事?未経験から転職する方法や給料も現役広報OLが詳しくご紹介します!

みなさんは「広報」と聞いてどのようなイメージを持ちますか?「マスコミ対応」「企業の顔」「さまざまなアイデアを生み出すクリエイティブな部署」などなど、どちらかというと華やかな仕事が想像されるようです。この記事では、制作会社の営業から広報に転職した私が、日々の仕事や必要なスキルについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.広報の仕事内容ってどんな感じ?
  2. 2.広報とPRの仕事の違い
  3. 3.広報の給料や年収は?ボーナスはある?
  4. 4.未経験から広報に転職したい人が身に付けたいスキル
  5. 5.広報で仕事をするときに会社を選ぶポイント
  6. 6.広報の仕事に向いている人とは?
  7. 7.広報の仕事を始めるのに必要な資格やスキル
  8. 8.広報に転職するときのおすすめ転職サイト3選
  9. 9.まとめ

広報の仕事内容ってどんな感じ?

Photo byRAEng_Publications

広報という仕事を一言で表すと、ずばり「コミュニケーションを生み出す部署」です。業務は常に「誰と、どのようなコミュニケーションを取りたいのか?」からスタートします。

「誰と」というのは、つまりステークホルダー(利害関係者)のこと。企業に関わる全ての方を対象にしながら、それぞれとどのような関係性をつくりたいのか。わかりやすく言えば「自分の会社や製品を、どのように捉えてほしいのか」を考えて、適切な手法を選び、発信していくのが広報の仕事です。

社外広報

おそらく「広報」と聞いた時に最もイメージしやすい業務です。公式WEBサイトから情報を発信したり、テレビや新聞に広告やニュースリリースを出稿したり、マスコミ(時に一般の方からも)問い合わせを受け付けたりと、「社外」の方に向けたコミュニケーションです。ステークホルダーは「社外」、つまり一般消費者や取引先が主になります。

メーカーの場合は、製品を紹介する展示会に出展するなど新たな商談の場を設けることも広報の仕事の一つです。また、企業によっては人事と連携して採用広報に携わることも。就活時期に合わせて、企業を紹介する広告が駅ナカに展開されている光景を見たことがあるかもしれません。あれらも就活生や保護者層に向けた広報活動の一環といえるでしょう。

社内広報

ステークホルダーが「社内」、つまり社員に向けたコミュニケーションです。社内報の企画制作や社内WEBページの更新、社員へのメールマガジン配信などが典型的ですが、社内全員を巻き込んだイベント施策なども、広い視点での社内広報です。

社員同士のつながりを強くしたり、自身が所属する組織や会社についての理解を深めることで、帰属意識を高めること、ひいては業務モチベーションを向上させることが目的になります。

異なる側面として、ロゴや商標の使い方についての説明など、自社ブランドを守るための啓蒙活動を広報が担う会社もあります。端的に言えば「自分たちが働いている会社をもっと好きになってもらうための広報活動」でしょう。

IR広報

「Invertor Relations」の略で、直訳すると「投資家情報」になります。その名の通り、ステークホルダーは「投資家、株主」です。この場合に求められるコミュニケーションは、企業業績や役員交代、財務情報など、投資判断に必要な情報の提供です。

社内広報、社外広報は、自社製品やサービス、イメージなどを伝える広報でしたが、IRは正確な数字を伝える広報です。財務や会計知識が必要とされるなど、専門スキルも大きく異なるため、広報とは異なる部署として独立していたり、財務部内に設けられている会社もあるかと思います。

広報とPRの仕事の違い

Photo bylukasbieri

「広告」と「PR」の目的は似ていますが、この2つの違いといえばお金を払うか払わないかという点でしょう。

広告とは企業が新聞やテレビ、ネットなどの広告枠を購入し、商品の認知度向上やイメージアップを図るものです。発信内容やタイミング、期間などはお金を支払った企業が決めることができます。ターゲットに直接働きかけることができるため、即効性に期待ができるといえるでしょう。

一方、「PR」は一般の消費者に向けた情報をメディアが自ら取り上げて発信します。こちらではメディアに料金を支払う必要がなく、費用をかけずに企業や商品の魅力を伝えることが可能です。実費や手数料はかかりますが、PR会社などへ依頼するケースもあります。広告と比べるとSNSなどで情報が広まりやすいというのが特長です。

広報の給料や年収は?ボーナスはある?

Photo byQuinceCreative

給料は仕事で得られる報酬のひとつ。転職のとき、仕事内容や条件がマッチしても給与額を見て応募を迷ってしまうこともありますよね。

ここからは、気になる広報のお金周りのお話をしていきます。

広報の給与事情

広報の給与や年収は他職種と大きく変わらない会社が多いでしょう。ボーナスの有無も同様です。20代女性であればおよそ300万円〜400万円程度が一般的かと思われます。

ただし、新製品のリリースに合わせた業務や祝休日のプロモーション立会いなど、繁忙期には時間外労働が発生することが見込まれます。残業代を含めた賃金を考慮すると、残業の少ない一般事務職などに比べれば多いと言えるでしょう。

コロナウイルス禍で働き方はどうなる?

コロナウイルスの影響で、社会一般的にテレワークが推奨されています。また、多くの人が集まるイベントの開催までには、まだまだ時間がかかる見通しです。会社に関する問い合わせが発生することは大いに考えられますが、社内外折衝を含め、広報業務は基本的に在宅勤務で対応可能なものが多くあります。

転職で広報を希望する方で、年収や給与を検討する際は、残業代よりも基本給をベースに考えた方が良いでしょう。

未経験から広報に転職したい人が身に付けたいスキル

次のページ

広報で仕事をするときに会社を選ぶポイント

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely