広報ってどんな仕事?未経験から転職する方法や給料も現役広報OLが詳しくご紹介します!

広報ってどんな仕事?未経験から転職する方法や給料も現役広報OLが詳しくご紹介します!

みなさんは「広報」と聞いてどのようなイメージを持ちますか?「マスコミ対応」「企業の顔」「さまざまなアイデアを生み出すクリエイティブな部署」などなど、どちらかというと華やかな仕事が想像されるようです。この記事では、制作会社の営業から広報に転職した私が、日々の仕事や必要なスキルについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.広報の仕事内容ってどんな感じ?
  2. 2.広報とPRの仕事の違い
  3. 3.広報の給料や年収は?ボーナスはある?
  4. 4.未経験から広報に転職したい人が身に付けたいスキル
  5. 5.広報で仕事をするときに会社を選ぶポイント
  6. 6.広報の仕事に向いている人とは?
  7. 7.広報に転職するときのおすすめ転職サイト3選
  8. 8.まとめ

クリエイティブ系職種に強い転職サイト。領域別のチーム制を敷いているため、専門性の高いアドバイスや求人紹介を受けることができます。広報だけではなく、よりクリエイティブな企画、制作にチャレンジしたい方にもおすすめです。

シンフォニード 公式サイト

まとめ

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/sunset_town-1024x683.jpg

出典 Unsplash

広報=目立つ企画職というイメージがありますが、実際は関係各所と連携・折衝しながらプロジェクトを進めていく縁の下の力持ちのような役回りでもあります。

純粋に面白さや目新しさを追求するクリエイティブな発想というよりは、与えたいイメージに対して伝えるべき情報を整理し、どのように発信していくべきかをロジカルに考えて実行していく力が求められるのが広報という仕事でしょう。

また、社内外の多くの方を巻き込んで業務にあたることから、コミュニケーション能力も必須です。新卒にも人気がある職種ですが、人数も比較的少なく、配属されにくいポジションでもあります。異なる職種で論理的思考力やコミュニケーション能力を磨いた上で挑戦すると、より力を発揮できるのではないでしょうか。

Lovely編集部
ライター

Lovely編集部

編集部レポや最新情報など皆さんの「知りたい」をお届け!よろしくお願いします♡

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely