保育士あるある!4年間働いた保育士が細かいとこまでぶっちゃけます。

保育士あるある!4年間働いた保育士が細かいとこまでぶっちゃけます。

はじめまして!26歳女性です!4年間保育士として勤めてきました。 そんな私が保育士あるあるを大公開! 「ついこんなことをしてしまう」「どうしても気になってしまう」など、保育士さんなら「あっ職業病だ!」と感じたことはありませんか? ぜひ皆さん

記事の目次

  1. 1.保育士あるある
  2. 2.まとめ

はじめまして!26歳女性です!4年間保育士として勤めてきました。

そんな私が保育士あるあるを大公開!

「ついこんなことをしてしまう」「どうしても気になってしまう」など、保育士さんなら「あっ職業病だ!」と感じたことはありませんか?

ぜひ皆さんと共感できたらと思います。

また保育学生さんは「保育士になるとこうなんだー」とイメージを膨らませてもらえたらと思います。

保育士あるある

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/nursery-1024x682.jpeg

出典:unsplash

さあそれでは、仕事編、男性保育士編、プライベート編に分けて書いていきたいと思います。

仕事編

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/write.png

出典:unsplash

保育の現場で働くからこそ共感できることがいくつかあると思います。

さらに子育て中の保護者の方にも共感して頂けることがあるかもしれませn!

それでは仕事編を見ていきましょう!

仕事上においてのあるあるを表にまとめてみました。!

項目 理由
ペンだこができる ペンだこが出来る理由はただ一つ。「書類が以上に多いんです。今時パソコンを使っている企業が多い中保育所のほとんどは未だ手書きが多いです。お手帳に、日誌、月案、イベント作成所…など書いていたらいつの間にかペンだこが出来てしまします。ちなみに私の中指はすでに固くなってます。 
あざができる 気付いたらできていることが多いです。子どもと夢中に遊んでいたり日中ばたばたと動いていると痛みに気付かないことが多くあります。また保育所っていろんなものが子どもサイズに合わせてある為に小さい物が多いんです。(テーブル、荷物、ロッカー)自分の体の大きさに気付かづぶつかってしますことがあります。また男性職員が少ないため力作業や高所作業も行ったりします。そんな慣れてない作業にふとあざが出来てしまう事もあります。
筋肉痛・腰痛 保育士は体力勝負な仕事と言われるほど体を使います。子どもを抱っこすることはもちろん重たい物をもったり子どもと一緒に体を動かしたり…あっという間に筋肉痛になります。また子どもの背丈に合わせかがんだり、子どもを抱っこしていると腰痛も出ていきます。
人間関係がめんどくさい 保育士の人間関係はめんどくさいです。みんなで協力して行う仕事なので保育士同士、保護者に気を使わなければいけません。女性社会ということもあり「女の嫉妬」もあります。もう少し気楽に働くことができればと思いますね。
着替えや食事が早くなる 自分の事をしている間(着替え・食事)をしている間子ども達はおとなしく待ってってくれるわけではありません。この隙に喧嘩が起きることも。子どもから目を離さないためにも作業は早くなります!
手先が器用になる 絵を描いたり製作をしたりするので手先が器用になります。「苦手」という方も多くいると思いますが歴を重ねれば重ねる程、器用になっていきます。
すっぴんに慣れる 子どもと過ごしていると化粧を直している時間なんて皆無です。また体を動かす仕事なので汗もかきます。朝メイクをして出勤してもお昼過ぎにはほぼとれかけ状態なんてしょっちゅうあります。
洋服のにおいで誰のものか分かる 子ども達が着替えていると誰のか分からないシャツがでてくることがよくあります。そんな時はシャツのにおいをかいで誰のものかあてるんです。各家庭、洗剤や柔軟剤のにおいが違います。普段近い距離で子どもと接している保育士ならではですよね。
ヘアアレンジが上手になる お昼寝の際に眠りやすいよう髪の毛を結んできた女の子たちは髪ゴムやピンを外します。
そのため、お昼寝明けは保育士が結んであげないといけません。最初は二つ結びなど簡単なものでも編みこんだりねじったりだんだんアレンジ力が付いてきます。

「手先が器用」など本当?と思われがちなんんですが本当に器用なります。

私自絵を描いたりはさみを使用してまっすぐ紙を切ることさえも苦手でした。

しかし数をこなし周りの保育士さんのやってる姿をのぞき見することで

次のページ

男性保育士編

Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely