「私、このままで良いのかな?」と感じたら。転職する前に考えておきたいこと

「私、このままで良いのかな?」と感じたら。転職する前に考えておきたいこと

仕事を続けていると「このままでいいのかな…」と転職しようか悩んでしまう時期って訪れますよね。そんな風に悩んだ時の解決策をご紹介します。どんなことをして打開していくのが合っているのかをチェックしてみましょう。転職だけが全ての解決とは限らないですよ。

記事の目次

  1. 1.仕事がこのままでいいのか、転職を考えている方へ
  2. 2.転職したいと考えてしまう原因は?
  3. 3.転職することのメリット
  4. 4.転職することのデメリット
  5. 5.後悔しない転職のために気をつけておきたいこと
  6. 6.このままでいいのか、転職すべきか迷ったらチェックしたい5つのこと
  7. 7.仕事がこのままでいいのか迷ったときは落ち着いて考えてみることが大切

仕事がこのままでいいのか、転職を考えている方へ

仕事がこのままでいいのか、転職を考えている方へ

出典:unsplash

「このままずっとこの会社で働いてて良いのかな?」「将来のことを考えると転職したほうが良いのかも…」そんな風に考えること、ありませんか?

毎日モヤモヤしながら仕事をこなす日々に一度距離を置いて、自分の声を聞いてみましょう。

転職をすることで、やりたい仕事に就ける、待遇や職場環境が良くなるなどメリットはもちろんたくさんあります。

​​​​​​​ですが、思っていたような仕事ではなかった、新しい職場の環境に馴染めない、人間関係がリセットされることで疲れてしまうなど、デメリットもあるのが現実です。

​​​​​​​「いざ転職してみたけれど、前の会社の方が良かった…」とならないためにも、なぜ転職をしたいのか?それは転職をすることで本当に解決するのか?をメリット・デメリット別に考えてみましょう。

もっと自分に合った仕事がしたい!

・学歴不問!
・経験ゼロでもOK!
・ブラック企業は除外!

第二新卒エージェントneoは
20代の第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターの方に
特化した就職・転職サポートです。

履歴書の添削から職務経歴書の作成まで、
キャリアカウンセラーが一緒にキャリアプランを立ててくれます。

▼詳細はこちら

転職したいと考えてしまう原因は?

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/01/work-1-1024x683.jpeg

出典:unsplash

あなたが「転職した方がいいかも?」と思ったきっかけは何でしょうか?

転職したい理由をはっきりさせておくことで、自分の軸を確立させることができます。
​​​​​​​この軸をしっかり持っておくことで、転職前後のギャップを減らすことができますし、自分のキャリアを考える上で役に立ちます。

仕事内容への不満

やりがいのない仕事だと感じていたり、本当はやりたいことがあるのに別の仕事をしていたりすると、今の仕事に対して不満が出てきます。

毎日やりたくもない仕事をこなして疲ればかりが溜まっていくのは精神的にもかなり負担になります。

給料や福利厚生など待遇への不満

例え仕事内容にやりがいを感じていたとしても、お給料が少なくて生活が苦しくなってしまっては本末転倒です。

また、自分の時間を作れなくなってしまうほど残業や休日出勤が多いような環境や、産休や育休の制度が整っておらず、長く働けないような環境では「このままこの会社にいていいのかな?」と考えてしまうでしょう。

人間関係への不満

仕事内容や待遇には不満はないけれど、上司や同僚と合わない、パワハラやセクハラを受けているなど、人間関係のストレスは仕事にも影響しかねません。

「仕事が辛くても人が良いから頑張れる」という人がいるほど人間関係は働く上で大切なものです。

会社の将来性への不安

新しい技術や戦略でどんどん成長している企業が増えており、「自分の会社はこのままで大丈夫なのかな?」と不安に感じている人も多いでしょう。

AIやITの進歩により、業界によっては将来的に衰退していくのでは?と言われているところもあります。
そんな情報を見るたびに自分のいる会社への不安が大きくなってしまいます。

転職することのメリット

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/01/woman_smile-1024x627.jpeg

出典:unsplash

転職することで得られるメリットはたくさんあります。
上記で述べた転職したいきっかけを軸に転職することで、自分が変えたいと思っていることを実現することができます。

自分のスキルアップを目指せる・やりたいことができる

自分の中で明確にやりたいことがあるという人は、転職をすることで希望の仕事に就くことができます。
転職をすることで日々の仕事にやりがいを感じることもできますし、自分自身のキャリアアップに繋がります。

心機一転、新しい場所に行ける

特に職場環境や人間関係に悩んでいる人はこのメリットが大きいです。

新しい環境で1からやり直すことが可能です。
​​​​​​​すべてリセットして心機一転人生をやり直して頑張ることができます。

給料や福利厚生が充実する可能性

待遇に不満がある人にとっては、今の会社で昇給を目指したり、制度の充実を待つよりも転職する方が近道です。

もっと稼いで充実した生活を送りたい、子供ができてもちゃんと正社員として働きたいという人にはオススメです。

転職することのデメリット

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/01/woman-1024x683.jpeg

出典:unsplash

転職することで受けられるメリットはたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。

思いきって転職したのはいいものの、後悔することになってしまわないように、あらかじめデメリットを把握しておきましょう。

「こんなはずじゃなかった…」という可能性

転職活動の時はどうしてもメリットの部分に目が行きがちなので、その他の部分を見落としがちです。

やりたい仕事に就けたのは良いものの、思っていた仕事内容と違う、給料が下がって生活が苦しくなった、残業が増えてついていけないなど、新しい会社に入ってから気づくことも多いです。

​​​​​​​募集内容をしっかり目を通して、自分の重視する部分以外のところもしっかり確認しておきましょう。

環境や人間関係はまた1から

これはメリットである一方、デメリットにもなります。

長く勤めていた人ほどその会社のスタイルが定着してしまっているので、新しい職場での使用に慣れるまでに予想以上に時間がかかります。

​​​例え同じ業界だったとしても仕事のやり方や雰囲気は全く異なります。
​​​​​​​人間関係もリセットされるため、気疲れも多いでしょう。

​​​​​​​合わない人というのはどこにでもいるものなので、人間関係で悩んで転職する方はまた同じこと悩んでしまうリスクもあります。

予想以上にお金がかかる

転職には、思った以上にお金がかかります。

職場の場所によっては引越しをしなければいけないでしょうし、​​​​​​​今までスーツで働いてた人が私服勤務の会社に転職したら、通勤用の服なども買わなくてはいけません。

​​​​​​​また、転職したタイミングや、新しい会社の給料の締め日によっては、転職してから2ヶ月くらい収入がない…という可能性もあります。

後悔しない転職のために気をつけておきたいこと

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/01/notes-1024x683.jpeg

出典:unsplash

転職することによるメリットとデメリットを紹介しました。それでは後悔のない転職のためには何を気をつければ良いのでしょうか?

限られた時間と労力を使って転職するからには、以下のことに注意をしましょう。

自分の価値観を把握する

やりたいことを実現するために転職したいと考えている人も多いと思います。

しかし、すべてが自分の理想通りに行くとは限らないのが現実です。
環境を変えてみて、初めて前の職場の有り難みが分かることもあります。

転職を考える前に、今の会社の良いところ、悪いところを洗い出して、ここだけは譲れないと思うポイントを把握しておく必要があります。
そうすることで、案外今の会社で頑張るのもアリなのかな?と思えることもあります。
​​​​​​​
自分は何を大切にしたいのか、仕事に求めるのは何なのか。
​​​​​​​自分の価値観を把握しておくことは、転職活動にはもちろん、自分の人生を考える上で必ず役に立ちます。

自分の軸を決めておく

転職したいと考えたら、まず自分の軸を考えましょう。

何が不満で、どういう風に変えていきたいのか。それが自分の転職活動の軸になります。
この軸をはっきりさせることで、自分を見失うことなく転職活動をすることができます。

​​​​​​​また、軸を明確にして転職先を選ぶことで、転職後のギャップを減らすことができます。

なるべく貯金しておく

デメリットの箇所でもご説明した通り、転職には予想以上にお金がかかります。
できるだけ貯蓄をしておいて、転職する!となってから困ることのないようにしておきたいものです。

このままでいいのか、転職すべきか迷ったらチェックしたい5つのこと

このままでいいのか、転職すべきか迷ったらチェックしたい5つのこと

出典:Pixabay

転職をすることにより、問題の解決・原因の改善はできるのか?それとも現状維持や他の手段が最適解かもしれません。
「このままでいいのか」と悩む方が転職する前にできることやチェックしておきたいことを紹介していきます。

周囲の意見を聞いてみる

自分自身の感情の主観的な思考だけでは解決は難しいです。
自分だけで悩むのでなく、家族や恋人または友人など、悩みを聞いてもらってみましょう。

親しい人たちは自分のことを知ってくれているので、客観的でかつ自分が見えていない点も発見できるので、自分の考えに整理がつくでしょう。

安易に転職しようとしていないか

「自分にはまだ何かできることがある」
「学校の同級生が高給で、私も同じようにしたい!」
...など他人と比較して、今の仕事に対して嫌気がさしてしまうことがあります。

なぜ稼げているのかを調べてみると、必須スキルがあったり給与に見合ったハードさを持ち合わせていることがあるでしょう。

表面上のイメージだけで転職をして、「思っている仕事と違った…」とすれ違いが出て、結果的に転職失敗に繋がります。

また、転職をしたら全ての悩みや不満が解決できるわけではありません。
転職をゴールと設定していると、仮に転職をできたとしても、上記のようにミスマッチなどで燃え尽きてしまうでしょう。

異動で解決しないか検討する

キャリア構築ができるのは、転職だけではありません。

今の仕事に対し、
「自分のやりたいことではない」
「この仕事を続けてもキャリア形成ができるとは思えない」
とフラストレーションを抱えているのなら、自社内でできないか相談をしたり、希望している仕事に近い・できる部署に異動をできないか打診してみましょう。

もし却下されても、実現できることなのか話し合ってみるのも手です。
ただし、社内で任されている仕事が充分にできている、勤務態度といった社内に於ける信頼を築いておかないと、聞き入れてもらうことすら難しいでしょう。

ダブルワークで試してみる

今行っている仕事と並行して、ダブルワークで自分の能力で実践するのも一つの方法です。

働き方改革として副業の解禁がされたりという今の世の中の流れがあり、試したいことがあるのなら、業務時間以外で実践してみましょう。
キャリア以外にも副次的な収入に繋げられるかもしれません。

会社によっては副業禁止というのもありますが、その場合は今後に繋げるため、取引相手の獲得や自分のキャリアの準備などを収益が出ない範囲で行っておくとよいでしょう。

転職活動をして自分の価値を知る

仕事の合間を縫って転職活動を行ってみましょう。
実際の転職活動の感触を通して「給与レンジに対してどれほどのスキルが必要なのか」「どのような企業が積極的に人材を集めていて、求めているスキルセットは何か」といった、市場の状況と転職市場における自身の位置・価値など感じ取れるはずです。

自分にとって必要なことは何かを考えるにも、キャリア像に対する解像度を高める意味でも、転職活動を実践してリアルな状況を知りましょう。

仕事がこのままでいいのか迷ったときは落ち着いて考えてみることが大切

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/01/hifive-1024x683.jpeg

出典:unsplash

「私、このままこの会社にいても大丈夫なのかな?」と悩む人は多いと思います。

  • 「やりがいのある仕事をしてバリバリ働いてお金を稼ぎたい」
  • 「仕事と家庭を両立させたい」
  • 「残業の少ない仕事でプライベートを充実させたい」

など、人によってキャリアの考え方はそれぞれです。

​​​​​​​今の会社への不満から転職を考える時は、つい嫌なところばかりに目が行きがちです。
​​​​​​​ですが、何も考えずに転職してしまうと、「前の会社の方が良かったな」と後悔することにもなりかねません。
​​​​​​​
​​​​​​​行動する前にメリットデメリットを把握した上で本当に転職したいのかどうか、自分の声をしっかり聞いてみましょう。

Lovely編集部
ライター

Lovely編集部

編集部レポや最新情報など皆さんの「知りたい」をお届け!よろしくお願いします♡

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely