調理師免許を持っていなくても飲食店の厨房で働けるの?

調理師免許を持っていなくても飲食店の厨房で働けるの?

「料理が得意だから調理をする仕事がしたい」「将来的に自分のお店を持つために修行したい」 と思い飲食店での勤務を目指す人もいるのではないでしょうか。 しかし、調理をする仕事=調理師免許が必須というイメージを持っている人は少なくなく、実際に調理

記事の目次

  1. 1.調理師免許ってどんなもの?なぜあるの?
  2. 2.調理師免許を持っていなくても厨房で働ける?
  3. 3.飲食店勤務が向いているのはどんな人?
  4. 4.まとめ

  • 「料理が得意だから調理をする仕事がしたい」
  • 「将来的に自分のお店を持つために修行したい」

と思い飲食店での勤務を目指す人もいるのではないでしょうか。

しかし、調理をする仕事=調理師免許が必須というイメージを持っている人は少なくなく、実際に調理師免許を持っていないことで厨房で働くことを諦めた人も多いはず。

では、本当に調理師免許がないと飲食店の厨房で働いてはいけないのでしょうか。

せっかく自分の夢を持って働きたいと思う職業に出会えたのに、簡単に諦めてしまうのはもったいないと思いませんか?

今回は調理師免許についてや、持っていなくても働けるのか、厨房での仕事に向いている人はどんな人なのか詳しくご紹介します。

調理師免許ってどんなもの?なぜあるの?

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/cook2.jpeg

そもそも調理師免許とはどんなものでなぜあるのでしょうか。

調理師免許は国家資格

調理師免許は国家資格で取得するのが非常に難しい免許です。

「普段から料理をしてるから簡単に取れるだろう」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、調理以外にも衛生や栄養についての知識が必要なため普段料理をしているだけでは取得できません。

ほとんどの人は専門学校に進学して2年間勉強した後調理師免許を取得して様々な飲食店に就職します。

また、各都道府県によって試験の難易度も異なってきますし、丸暗記や適当にやって取れるような資格ではないのでしっかりと勉強をすることが必要です。

持っていると社会的信用が得られる

調理師免許を持っている人と持っていない人が作る料理では信用度がかなり変わります。

国家資格である調理師免許を持っていると調理のプロとして認められ、社会的信用が高くなります。

特に飲食業界への就職や転職にかなり有利で持っていて損することはありません。

社会的信用が高い資格なので飲食店以外の仕事に就くことになったとしても有利ですし、国家資格を持っているということで印象がかなり良くなります。

取得方法は様々ある

次のページ

調理師免許を持っていなくても厨房で働ける?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely