仕事でキャパオーバーしてしまう!キャパオーバーする原因や対処法をご紹介します

仕事でキャパオーバーしてしまう!キャパオーバーする原因や対処法をご紹介します

毎日残業して帰宅時間が遅くなってしまう、どんどん仕事が増えて何から手を付ければいいのかわからないという経験がある人も多いのではないでしょうか。 仕事を沢山割り振られるのは期待されている証拠と考える人もいますが、キャパオーバーするほど日々残業しても終わらない仕事が続くと、キャパオーバーしてしまううえ心身ともに疲れ果ててしまいます。今回は仕事量がキャパオーバーするほど多すぎて辛い、キャパオーバーの時仕事などどうすればいいのかわからないという人のために、キャパオーバーの原因と対策を詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.キャパオーバーしてしまう原因は何?
  2. 2.仕事でキャパオーバーしてしまう人の特徴
  3. 3.仕事でキャパオーバーな状態が続くと起きること
  4. 4.仕事がキャパオーバーになったときの対処法
  5. 5.まとめ

他の人に仕事を手伝ってもらう

人に助けてもらうことは格好悪いと思わずに、キャパオーバーになってしまう前に素直に人を頼るようにしてください。

頼って初めてできる信頼関係もありますし、自分が助けてもらったら次は助ける側になれば良いだけです。
仕事上で助け合いながら働くことはあたり前のことであって、格好悪いことではありません。

少しでも仕事をお願いできればかなり余裕ができるので、「どうせ断られるから無理」と思わずに確認してみてください。

また、仕事をお願いする場合はただ渡して終わりではなく、簡単なマニュアルや方法などをしっかりと伝えてから渡すようにするとミスやキャパオーバーになるリスクが減ります。

できないときはできないと断る

簡単そうにみえて難しいのが、仕事などお願いされた時に断ることではないでしょうか。

断ったら印象が悪くなりそう、頼りにされているから期待に答えないと、と思ってキャパオーバーになるほど仕事を抱えて無理をすると、体調を崩してより迷惑をかけてしまう結果になることもあります。

​​​​​​​なので、できないときは素直にできないと伝えるようにしてください。

このとき、自分がどういう状態でどれくらい仕事があるからできない、このままではキャパオーバーになってしまう、などなるべく具体的に伝えることで、キャパオーバーになるほど無理に仕事を押し付けられる可能性がなくなります。

どうすれば効率が良くなるか考える

決してキャパオーバーになるほど仕事量が多いわけではないのに、なぜか仕事が終わらなくてキャパオーバーしてしまっている人は、仕事をする上での作業効率が悪いからかもしれません。

慣れない仕事だと、どうしてもどの順番で仕事を進めればよいのか判断がつきにくいです。

その結果、本来ならできるはずの仕事なのに、できないという状況になってしまうと「仕事ができない人」と勘違いされてしまいます。

そのため、まずは自分が今どんな仕事をしているか、どの作業に時間がかかっているかを一度考えてみてください。

​​​​​​​そして、なぜその仕事に時間がかかってしまうのか、どうすれば短縮できるのかを考えることによって効率がかなり良くなります。

また、1日の簡単な作業スケジュールを作ることでも効率がよくなるのでおすすめです。

異動願いを出す

キャパオーバーになる原因が今の仕事の場合は、会社内での異動で解決できるかもしれません。

転職でも良いのでないかと思われそうですが、転職だと転職活動など準備やエネルギーを大きく消耗し、別の方向で結局キャパオーバーになってしまいます。

異動は、今の仕事で可能な限りこなし会社内での信頼を築いておかないと難しいですが、会社内だけでの活動のみになるので転職ほど難しくはないでしょう。

自分の合いそうな仕事、または新しく触れられる領域の仕事になることで相性が合致する可能性があります。そのため、仕事の能率が向上しキャパオーバーになるリスクは減らすことができます。

退職することも視野に

どうしてもこの仕事は自分ではできない、この仕事や会社自体がキャパオーバーの状態を作る原因になり無理だと思ったら退職・転職するのも1つの方法です。

転職するのは逃げだと思う人もいるかも知れませんが、自分にあっていない職場に居続けてキャパオーバーしてしまったり、心や体を壊してしまっては意味がありません。

健康に楽しく仕事を続けるために転職する、という手段があることも忘れないようにしてください。

まとめ

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/lady.jpeg

誰でも仕事がなかなか終わらなくてキャパオーバー等になりつらくなったり、辞めたいと思ってしまうことはあります。

頑張っているのに、

  • 仕事がぜんぜん終わらないな
  • このままではキャパオーバーになってしまう・・・

と思った時は、まず自分の仕事量は見合った量なのか考えてみてください。

自分では気づかないうちに、キャパオーバーの域に入るほどの許容量を超えた仕事を抱えてしまっているかもしれません。
​​​​
その上で自分にできるキャパオーバー等に対する対処法をすることで、仕事が楽になり、心も体も健康になる可能性があります。

Lovely編集部
ライター

Lovely編集部

編集部レポや最新情報など皆さんの「知りたい」をお届け!よろしくお願いします♡

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely