「あかり」の名前の漢字256選|由来や込められた思いは?

「あかり」という名前はとても馴染み深く、名前として人気が高いです。ですが、「あかり」という名前を付ける上で漢字の組み合わせはいく通りもあり、漢字で迷ってしまう方も多いですよね。今回は「あかり」という名前の由来や漢字の組み合わせについてご覧ください。

「あかり」の名前の漢字256選|由来や込められた思いは?のイメージ

目次

  1. 「あかり」のイメージ
  2. 優しく人を和ますイメージの『灯』を使った名前
  3. 色彩豊かで鮮やかなイメージの『彩』を使った名前
  4. 情熱的なイメージの『紅』を使った名前
  5. 明るく無邪気なイメージの『明』を使った名前
  6. 輝く光の象徴のイメージの『星』を使った名前
  7. 珍しい漢字を使った「あかり」
  8. 「あかり」という名前の芸能人
  9. あなたの子にピッタリな「あかり」を付けよう♡

「あかり」のイメージ

「あかり」という名前は、響き通り明るいイメージの強い名前です。実際、明るいという意味の「明かり」をそのまま連想させるような名前で、比較的馴染み深いものなので多くの方が親しみやすいですよね。

さらに「あかり」という名前はその由来として、明るく周囲を照らすようなし元気にしてあげられるような子になってほしい、という願いを込めて名付けられることが多く、その由来や名前に込められる願いからも人気が高いです。

昔「あかり」という名前は女の子の名前というイメージが強かったですが、近年では名前の中性化が進み、男の子の名前としても「あかり」は採用されるようになってきています。

ひらがなで「あかり」と名付けるのも柔らかい印象で可愛らしいですが、日本人の名前の大きな特徴として、同じ響きの名前でも漢字の組み合わせで込められる願いが変わるところにあります。では「あかり」という名前にはどんな願いが込められるのでしょうか?

ここからは「あかり」という名前の漢字の組み合わせについてご紹介していきます。

優しく人を和ますイメージの『灯』を使った名前

「あかり」という名前でよく使われる漢字として多いのが「灯」です。「あかりを灯す」という意味から直結しており、訓読みとしても「あか(り)」が存在するので、名付けにもそのまま採用されます。
【1文字】


漢字1文字で「あかり」と名付けるのも素敵ですね。字面をすっきりとさせたい方にも人気が高く、シンプルで可愛らしい、暖かな印象の名前として多くの方に親しまれている漢字だと言えます。字画数が少なく覚えやすいのも良いところですね。

【2文字】
灯吏、灯李、灯理、灯梨、灯凛
灯倫、灯織、灯琳、灯厘、灯莉
灯浬、灯璃、灯里、灯稟、灯鈴

2文字の場合は「灯」を「あか」と読んで、「り」と読む漢字と組み合わせて名付ける場合が多いです。「り」には「李」「莉」など、女の子の名前によく使われる定番の漢字が多く、読みやすく字面も綺麗なものが多いです。

【3文字】
灯加理、灯加李、灯加利、灯伽莉、灯伽梨
灯架吏、灯架李、灯架理、灯歌利、灯歌李
灯叶利、灯叶李、灯夏理、灯夏吏、灯夏梨

漢字3文字の場合は「灯」を「あ」と読み「あかり」それぞれの読みに合わせて漢字を当てはめる場合が多いです。特に夏生まれのお子さんの場合は「夏」を入れたり、人を照らし架け橋となってほしいという意味を込めて「架」を入れるなど、その種類は様々です。

色彩豊かで鮮やかなイメージの『彩』を使った名前

「彩」という漢字は鮮やかな色を表す漢字で、その鮮やかさ、明るさから人名では「あかり」と読まれることも多いです。その「彩」を使った「あかり」という名前についても見ていきましょう。

【1文字】

漢字1文字で名付けられることはあまりありませんが、実は漢字1文字でも「あかり」と名付けることができます。字面をすっきりさせたい場合にはぴったりですね。

【2文字】
彩梨、彩理、彩李、彩莉、彩利

漢字2文字の場合は、このように「彩」を「あか」と読んで、「り」と読む漢字と組み合わせる場合が多いです。「梨」をはじめ、鮮やかな印象にぴったりな漢字も多く、字面も華やかな印象になりますね。

【3文字】
彩加理、彩加李、彩加利、彩伽莉、彩伽梨
彩叶利、彩叶李、彩夏理、彩夏吏、彩夏梨
彩架吏、彩架李、彩架理、彩歌利、彩歌李

「彩」を「あ」と読んで漢字3文字で名付ける場合もあります。込めたい願いや使いたい漢字をしっかりと入れ込んで名付けることができるので、定番化しています。名前の字画数についても注目して選んでみましょう。

情熱的なイメージの『紅』を使った名前

「あかり」という名前との組み合わせで実は人気が高いのが「紅」という漢字です。この漢字を使うことで、「赤色」を連想させ、華やかな印象の名前になります。1文字で「あかり」と読むことはあまりありませんので、2文字の名前から見ていきましょう。

【2文字】
紅吏、紅李、紅理、紅梨、紅凛
紅倫、紅織、紅琳、紅厘、紅莉
紅浬、紅璃、紅里、紅稟、紅鈴

「紅」は「赤色」。その意味から「紅」を「あか」と読んで、「り」と読む漢字を合わせて「あかり」と名付ける方が多いです。「紅」を使うことで、古風で凛とした女性のイメージがつくことから、近年非常に人気が高いです。

【3文字】
紅加莉、紅加李、紅可李、紅可利、紅可凛
紅佳里、紅佳理、紅佳李、紅佳吏、紅佳凛
紅夏理、紅夏李、紅日利、紅日吏、紅日琳
紅叶利、紅叶琳、紅歌李、紅歌理、紅歌鈴

3文字で名付ける場合は「紅」を「あ」と読んで名付ける場合が多いです。「日」「夏」を組み合わせるなど、夏の暑い日や情熱的な様子を表す漢字とも相性が良く、この組み合わせも非常に人気となっています。

明るく無邪気なイメージの『明』を使った名前

「明」と書いて「あかり」はまさに定番で、読みやすい漢字でもあります。特に「明」を使うことによって、明るくて無邪気なイメージや純粋なイメージがあり、漢字1文字でも名付けに採用されることも多いです。

【1文字】


漢字1文字での「明」は字面もすっきりしていて人気が高いですが、同時に「明」は人名として頻繁に使われる漢字です。中性的な印象を与えてしまったり、「あきら」「めい」と読まれたりと勘違いが起こりやすいので注意しておきましょう。

【2文字】
明吏、明李、明理、明梨、明凛
明倫、明光、明琳、明厘、明莉
明浬、明璃、明空、明稟、明鈴

漢字2文字の場合は「明」を「あか」と読み、文字だけを見て「あかり」と分かってもらいやすいですね。シンプルで凝りすぎない、多くの人から馴染みやすい名前を付けることもとても大切です。字画数についても注目して選んでみましょう。

【3文字】
明かり、明佳理、明佳李、明佳吏、明佳凛
明加莉、明加李、明可李、明可利、明可凛
明叶利、明叶琳、明歌李、明歌理、明歌鈴
明夏理、明夏李、明日利、明日吏、明日琳

漢字3文字で「あかり」と名付けることも人気です。「明」は画数が少なく、漢字3文字で名付けても字面がすっきりとするのが良いところです。また、あえて「明かり」のようにひらがなと漢字を組み合わせた名前にするのも、古風で素敵ですよね。

輝く光の象徴のイメージの『星』を使った名前

近年「あかり」という名前に「星」を使うことが多いです。星は夜空を明るく照らすもの。そのイメージから、当て字で名付けられることが増え、それも徐々に浸透しつつあります。明るく華やかなイメージのある「星」という漢字を使った名前も素敵ですね。

【1文字】


星という漢字は人名では「あかり」「ひかり」と読まれることも多く、漢字1文字で名付けられることも多いです。夜空を明るく照らすもの、という「星」の概念やイメージから「あかり」と名付けることが多いですが、一目では読まれにくい可能性もあります。

【2文字】
星光、星琳、星凛、星天、星夏
星宙、星律、星心、星明、星梨
星空、星臨、星鈴、星莉、星理

漢字2文字の場合は「星」を「あか」と読んで「り」と読む漢字を組み合わせる他に、明るいもののイメージとして「星空」「星天」など、明るい夜の空をイメージさせる漢字を当てて「あかり」と名付ける場合もあります。

【3文字】
星宇宙、星翔凛、星翔吏、星翔李、星加李
星花李、星花凛、星華鈴、星華利、星華吏

「星」を「あ」と読んで「あかり」と名付けることも多いです。「翔」「花」など「星」と相性の良い漢字を組み合わせることで、字面も華やかで綺麗な印象になるので、漢字3文字の組み合わせも人気が高いです。

珍しい漢字を使った「あかり」

以上のように、定番の漢字を組み合わせて「あかり」と名付けることは多いですが、この他にも「あかり」と名付けられる漢字のバリエーションがあるので、文字数ごとにご紹介していきます。

【1文字】
光、日、月、朱、燈、耀、陽

1文字の場合、その文字だけで明るいものや明るいイメージを連想させる漢字が使われることが多く、字面もすっきりとしていて綺麗です。「星」が明るいもの、というイメージと同じく「光」「月」「陽」なども同じく明るさを感じさせる漢字として人気が高いです。

【2文字】
丹凛、丹李、丹利、丹理、丹莉
日李、日利、日理、日吏、日梨
暁理、暁李、暁利、暁梨、暁凛
朱凛、朱琳、朱鈴、朱理、朱李
朱利、朱璃、朱律、朱莉、朱吏
澄星、澄空、澄天、澄月、澄宙
照星、照吏、照梨、照理、照凛
燈理、燈凛、燈利、燈莉、燈里
緋利、緋璃、緋律、緋莉、緋吏
茜凛、茜李、茜利、茜理、茜莉
陽李、陽利、陽理、陽吏、陽梨

漢字2文字の場合は、そのバリエーションは膨大に増えます。漢字1文字で表すことができる「あかり」という名前を「あか」と読んで、「り」と読む漢字を組み合わせるなど、その字面は込めたい願いによって様々な種類ができます。

【3文字】
亜華李、亜佳里、亜佳梨、亜加理、亜果璃
亜香凛、亜香吏、亜架里、亜架利、亜薫李
吾夏利、吾果梨、吾歌吏、吾花理、吾翔凛
安佳利、安可李、安日里、安花理、安架梨
愛華李、愛花李、愛佳利、愛加吏、愛架里
有加李、有夏理、有華利、有香理、有架凛
絢華李、絢花李、絢佳利、絢加吏、絢架里
葵夏利、葵果梨、葵歌吏、葵花理、葵翔凛
逢香凛、逢香吏、逢架里、逢架利、逢薫李

漢字3文字で「あかり」の場合も同様で、組み合わせ次第でその種類は様々あります。ですが、単体で「あ」と読む「亜」「愛」「逢」などを組み合わせて「あかり」と名付けて、字面と字の響きそれぞれに意味を持たせることもできます。

「あかり」という名前の芸能人

以上のように「あかり」という名前には様々な名付け方、漢字の当て方がありますが、実際に「あかり」という名前は広く一般的に馴染みがあるので、芸能人にも「あかり」という名前の方は多いです。例えば、以下の方が挙げられます。

・早見あかり(女優)
・小明(タレント)
・内田あかり(歌手)
・樋口あかり(声優)
・鬼頭明里(声優)

このように、早見あかりさんをはじめ、芸能界にも「あかり」という名前の方がいらっしゃいますね。特に明るいイメージの強い「あかり」は、芸能人の名前としてもぴったりで、多くの方に愛されています。ぜひ芸能人の名前も参考にしてみてください。

あなたの子にピッタリな「あかり」を付けよう♡

今回は「あかり」という名前の由来や漢字のバリエーションについてご紹介してきました。「あかり」という名前は明るいイメージが強く、多くの方に愛されています。ぜひこれらの名前を参考に、生まれてくるお子さんに素敵な名前をつけてあげてくださいね。

可愛い名前を付けてあげたい方必見!

子どもの名前が決まらない!名付けに悩んだときに知りたい9つのこと
女の子のかっこいい名前を厳選!名づけに役立つタイプ別106選
春生まれの女の子の名前120選!春らしい自然や漢字をイメージ♡
【2020最新版】子供の名前人気ランキング|赤ちゃんの名づけに◎

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ