過去の嫌な記憶の夢を見る!スピリチュアルな意味がある?対処法は?

実際に経験した嫌な出来事を夢に見てしまうといった経験は、誰しもが持っているのではないでしょうか。忘れたい出来事を強制的に思い出させられているようで、本当に嫌ですよね。今回は、過去の嫌な夢を見たときの対処法や意味についてまとめました。

過去の嫌な記憶の夢を見る!スピリチュアルな意味がある?対処法は?のイメージ

目次

  1. 過去の嫌な記憶がまた…嫌な夢にはどんな意味が?
  2. 過去の嫌な記憶を夢に見る理由は?
  3. フラッシュバックで嫌な夢を見たら?対処法は?
  4. 嫌な夢を見る理由と良い夢を見る方法!
  5. 過去の嫌な記憶とうまく付き合って良い夢を!

過去の嫌な記憶がまた…嫌な夢にはどんな意味が?

過去に経験した嫌な出来事が夢に出てくるという経験、誰にでもありますよね?ドラマや映画で、トラウマを抱えた人物が過去を夢に見て飛び起きるシーンも多くあります。

2度と経験したくない嫌な出来事を、どうして夢でまた経験してしまうのでしょうか?忘れたい・消し去りたい過去を夢に見てしまうのは、どんな意味があるのでしょうか?

その原理と解決方法を一緒に見ていきましょう。

過去の嫌な記憶を夢に見る理由は?


過去の嫌な記憶を夢に見る理由は、ズバリ潜在意識に嫌な記憶を思い出すよう仕向けているからなんです。

潜在意識とは、記憶や感情の長期保管場所。普段、本人が認識している意識のことを顕在意識といいますが、顕在意識とは違い、潜在意識は本人がコントロールすることができません。

この潜在意識の中にある嫌な記憶がふっと蘇ってしまうと、夢に見てしまうというわけです。

では、どうしてそんな嫌な記憶が蘇るのでしょうか?それは、脳がその記憶を必要としているから。何か目標や欲求を持ったとき、それを達成するのに必要な記憶を潜在意識が引っ張り出してくるのです。

例えば、怖い犬のいる家の前を通らなくてはならない場面で、過去にその犬が何故か道路にいて噛まれたことを思い出すことがあります。

これは「過去にこんな危険があったから回避した方が良いのでは?」という脳からの提案でもあり、そのときの様子を細かく思い出させることで犬と遭遇しても噛まれずに済む方法を模索させようとしているのです。イメージトレーニングのようなものですね。

つまり、何かきっかけがあって嫌な記憶が夢に出てくることが多いのです。逆に言えば、きっかけがなければ嫌な記憶は引っ張り出されず、潜在意識の中で眠ったままでいてくれるのです。

①過去に受けたいじめ・嫌がらせ

過去に受けたいじめ・嫌がらせを夢に見るという人は多いでしょう。悪夢でしかありませんよね。人によっては精神を病んでしまったり、睡眠不足で倒れてしまったりする人もいます。そのくらい、いじめや嫌がらせは人を傷つける行為ということでしょう。

いじめや嫌がらせを夢に見るときは、何かを我慢していたり、加害者と共通点のある人が身近にいたりすることが多いです。

いじめや嫌がらせにあっていたとき、被害者は大抵耐えてしまいますよね。そのときと同じく、何かに耐えている状況では「あのときと同じように頑張って耐えている」といった共通点がきっかけとなり、夢に出てくるんのです。

加害者と同じ名前の人や見た目が似ている人が近くにいるときは、「この人は加害者に似ているから、この人にいじめや嫌がらせをされるかも」と感じて、嫌な過去を夢で見てしまうのです。

また、加害者に対する恨みが深く、ずっと心の中で恨んでいる状況から、当時のことを夢に見るというケースもあります。

②人を傷つけたこと


人を傷つけた過去を夢に見る場合は、今現在、あなたに傷つけたくない存在があるということを表しています。

大事にしたい人や守りたい人がいるとき、「また傷つけてしまったらどうしよう」と不安な気持ちを抱える人は多いです。そのときに、「今回はどうするべきか」という課題が生まれます。

そこで、「あのときはこういうことがあって傷つけてしまった」と過去の実体験として記憶を呼び起こし、傷つけないためのヒントを得ようとしているのです。

③恋人に振られた

失恋を夢に見る人は、男女ともに多いですよね。恋人に振られた過去を夢で見てしまう人は、今現在好きな人がいるか、恋愛に少しでも興味を持っている状態が示唆されています。

失恋したとき「もう恋はしない」と決意する人はとても多いですが、時間が経つにつれ、また恋をするようになります。そんなとき、「でも、また振られたら」と考えてしまい、過去の失恋を夢に見てしまうのです。

そんなときには、今現在の恋人や片想いの相手をじっくり観察してみましょう。元恋人との共通点があって、あなたを振りそうな兆候が見られるのであれば、クールダウンした方が良い場合もありますよ。

④過去に死んだペット

過去に死んだペットのことを夢に見る人も多いでしょう。ペットは兄弟姉妹であり、我が子であり、親友でもあるという人がほとんどですから、そんな存在が死去すれば、とても悲しい記憶として潜在意識に残って当然です。

過去に死んだペットが夢に出てくるというケースは、死んだペットが使っていたグッズが目に留まったときや、似たルックスや同じ名前のペットを見たときなど、関連付けるものを認識したときによく置きます。

また、新しいペットを飼い始めようか考えたタイミングでも「また同じ悲しみを経験したくない」という防衛本能から、解決策を見出すため、過去の経験の1つとしてそのペットが夢に出てくることがあります。

フラッシュバックで嫌な夢を見たら?対処法は?

「フラッシュバック」という言葉を聞いたことはありますか?フラッシュバックとは、過去の嫌な記憶が強烈に思い出される現象のこと。感情だけでなく、そのときに感じた五感も一緒に蘇ることもあります。

日常生活の中で起きている状態で思い出すケース以外にも、トラウマが夢に出てくることも同様にフラッシュバックと呼べるでしょう。

まさに今起きているかのように鮮明に思い出されるので、当事者にとってはとても辛い現象です。

過去にトラウマを持つ人なら誰にでも起こりうる現象といえるでしょう。

フラッシュバックはなぜ起こる?

フラッシュバックは、トラウマを負った出来事が起きてからしばらく経ってから起こる現象です。

本来なら、私たち人間の脳は、嫌な出来事が起きたときに存分に泣くなり暴れるなりして、嫌な出来事と気持ちを解消するようにできています。自分で自分を癒して忘れていく術を私たちは本能的に知っているのです。

しかし、嫌な出来事が起きたときに十分に自分を癒せなかった場合には、気持ちが落ち着いて余裕が出てきたタイミングで、その嫌な記憶と感情がフラッシュバックとして蘇ってきます。嫌な気持ちを自分で癒そうとして、潜在意識が嫌な記憶を持ち出してくるのです。

フラッシュバックが起きたときの対処法


では、実際にフラッシュバックが起きたとき、どうやって対応すれば良いのでしょうか?

嫌な記憶を思い出して再度経験するということは、自分を癒すチャンスが再来したということ。このチャンスを生かして、フラッシュバックが起きたら自分の感情を受け止め、認めてあげましょう。泣きたいなら泣き、怒りたいなら怒りましょう。

自分の感情を認めるには、言葉に出したり文字にする方法が有効です。悲しみや痛みを嘆くことはグリーフワークといって、重要な行為なんです。我慢や強がりは禁物です。

ただし、人に危害や迷惑を加えるのは止めておきましょうね。

嫌な夢を見たときのスピリチュアルな対処法は?

嫌な夢を見てしまったときのスピリチュアルな対処方法を、ご紹介します。心理学的な意味も含まれているので、試す価値はあるはずです。

自分の感情をまず整理しましょう。その後は瞑想したり、自分と同じような経験をした人の話を見聞きしたりして、自分に起きた出来事を確認します。

それから、自分に起きた出来事と感情を認めて、泣きたいなら泣いて、怒りたいなら怒ってしまいましょう。一通りやって少しでもスッキリしていたなら成功。最後に「もう大丈夫」「二度とない」と、自分の未来に同じことは起きないと信じて前を向くのです。

魔法のように過去を消し去ることはできませんが、人間には自己治癒能力が備わっていますから、利用しない手はありませんね。

嫌な夢を見る理由と良い夢を見る方法!

嫌な夢は誰だって見たくありませんよね。と同時に、せっかくなら良い夢を見たいと思いませんか?「良い夢を見るおまじない」なんてものもあるくらいですから、誰もが良い夢を見たいですよね。

ここからは、嫌な夢を見る理由と、良い夢を見る方法について見ていきましょう。

嫌な夢には役割がある!?

夢は、その日起きた出来事を整理する役割があると言われています。起きた出来事と、それにまつわる感情を適切に処理するため、脳が情報を処理しているのです。

このため、幼少期など、架空の出来事と現実の区別がつきにくい時期以外では、実際に体験していない出来事は、夢の中では再現できません。

嫌な夢は、その日に起きた嫌な出来事と感情を適切に処理している最中に見ていると考えられています。おさらいをしているのですから、嫌な出来事が再現されるのは当然ですね。

また、脳は、その日に起きた出来事だけでなく、関連する過去の出来事も一緒に処理をしていることがあるため、過去の嫌な出来事を夢に見ることもあるのです。

良い夢を見るには就寝前がカギ

人は、眠る直前に考えていたことが夢に出やすいとされています。そのため、良い夢を見るか悪い夢を見るかは、眠る前の脳内で決まるのです。

例えば、眠る直前につけていたテレビ番組の内容や、出演していた芸能人が夢に出るという経験をしている人は多いですよね。これは、眠る直前に目にしたり考えたりしたことは、1番鮮明な印象を脳に残しているので、脳が情報を取り出しやすいからです。

眠る前に1日の反省会をするよりは、ポジティブなことや好きな人のことを考えて眠った方が、良い夢を見る確率が上がるとされています。

過去の嫌な記憶とうまく付き合って良い夢を!

人生を長く生きていれば、誰しもが嫌な経験をしていますよね。失ったものを夢に見たり、トラウマ級の悲惨な体験を思い出してしまったりと、記憶というのは私たち人間を苦しめることもあります。

思い出すということは、脳が、そのときの出来事と感情を処理しきれていない証拠。嫌な記憶を夢に見ると落ち込んでしまいますし、一生苦しい思いをするのかと絶望してしまうこともあるでしょう。

ですが、嫌な記憶を夢で見るということは、脳がまだ諦めていない証明でもあります。脳は、あなたが前向きに生きていけるよう、嫌な出来事をしっかりと処理して落としどころを探しているのです。

嫌な夢を見て落ち込んでしまうより、「脳が頑張っているんだ」と考えて、自分の脳と未来を信じて前を向けると良いですね。

夢についてはこちらもチェック!

【夢占い】隠れる夢の意味・心理19選!要注意!
【夢占い】ペットの夢の意味19選!どんな心理なの?
【夢占い】ストーカーが出る夢の意味9選!追いかけられる夢など!
【夢占い】迎えに来る夢・迎えに行く夢の17の意味|状況別に解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ