4回目のデートは脈なし?男性が4回目のデートに誘うのはなんで?

よく付き合う前のデートは3回目が区切りとなる、と言われます。しかし、3回目のデートの際に何もないままデートが終わってしまい、4回目のデートのお誘いが来ます。区切りである3回目を越えて、4回目のデートを誘ってくる男性にはどのような意図があるのでしょうか?

4回目のデートは脈なし?男性が4回目のデートに誘うのはなんで?のイメージ

目次

  1. 4回目のデートは脈なし?
  2. 4回目のデートに誘う男性
  3. 4回目のデートに誘う男性心理 (1)誘いやすい友達
  4. 4回目のデートに誘う男性心理 (2)慎重に確かめている
  5. 4回目のデートに誘う男性心理 (3)現状で満足している
  6. 4回目のデートに誘う男性心理 (4)告白の機会を伺っている
  7. 4回目のデートに誘う男性心理 (5)5回目を区切りに考えている
  8. お見合いから付き合う前まで
  9. 婚活によるお見合い (1)お見合いから仮交際
  10. 婚活によるお見合い (2)その後の判断
  11. 婚活によるお見合い (3)判断できないとき
  12. 婚活によるお見合い (4)焦らない
  13. 4回目のデート以降
  14. 4回目のデート以降で脈あり (1)会話を覚えている
  15. 4回目のデート以降で脈あり (2)少し先の話をする
  16. 4回目のデート以降で脈あり (3)デートプランがしっかりしている
  17. 4回目のデート以降で脈あり (4)デートスポットへ行く
  18. 3回目のデートで諦めてはいけない

4回目のデートは脈なし?

ちょっと気になっていた男性から初デートに誘われたとしたら、それは嬉しいことです。その初デートが楽しかったのか、2回目のデートもスムーズに誘われたとしたら、さらに嬉しいことでしょう。しかし、そろそろ良い雰囲気になってきたので、3回目のデートになればそろそろか、と意気込んでいたら何もない、いつも通りのデートだった。

3回目のデートで何もないとなれば、これから先は期待できないのか?、不安に思っていると4回目のデートのお誘いが。このとき、女性は付き合う前とはいえ、4回目のデートなので、そろそろ脈あり、脈なしをハッキリさせたいところです。

この4回目のデート以降の男性心理はどのようになっているのでしょうか?また、ここまで何もないということは脈なしなのでしょうか?

4回目のデートに誘う男性

4回目のデートに誘うということは、少なくとも誘った女性に対して悪い印象を持っていないということです。しかし、付き合う前だからといって、初デートから4回目のデートのお誘いまでに何もないということは、脈なしということなのか?、女性にとっては、4回目のデートにおける男性心理は気になるところです。

4回目のデートに誘う男性心理 (1)誘いやすい友達

もしかすると、初デートから3回目のデートの間に仲良くなり過ぎたという可能性があります。すでに、男性には誘いやすい友達というポジションになってしまっているかもしれません。このような場合には、初デートの場所と3回目のデートの場所でずいぶんと落差があるかもしれません。

しかし、4回目のデートまでするということは、決して女性に対して悪い印象を持っているわけではありません。ただ、初デートから4回目のデートのお誘いまでに何もないということは女性としては意識されていないということかもしれません。

このままアクションを起こさなければ何もないまま、遊びたいときに誘いやすい友達という、ある意味で都合の良い人で終わってしまいます。女性として意識されるように男性心理を揺さぶってあげましょう。印象は悪くないので、きっかけがあると一気に脈なしから脈ありに倒れる可能性があります。

4回目のデートに誘う男性心理 (2)慎重に確かめている

上記で述べた通り、4回目のデートのお誘いがあるということは決して脈なしとは言い切れません。よく3回目のデートが節目となる、と言われますが、人のペースはそれぞれです。もしかすると、その男性は初デートから自分の気持ちを確かめてしたのかもしれません。そして、4回目のデートに誘ったことも、まだ慎重になっているからかもしれません。

このように女性のことを付き合う前から真剣に考えてくれる男性は真面目なので、これまで何もないことも付き合う前であるからと考えられます。しかし、女性としては、もどかしい気持ちになってしまいます。女性からアクションをかけるのであれば、告白しやすい環境を整えて男性が告白しやすいようにこっそりサポートしてあげましょう。

4回目のデートに誘う男性心理 (3)現状で満足している

草食系男子によくありがちなパターンです。4回目のデートに誘うということは、相手の女性は脈なしということはありません。しかし、脈ありかというと微妙なところです。

なぜなら、この手のタイプの草食系男子は付き合えたら良いけど、付き合えないならこのままでも良いと思ています。今の関係が楽しいので、告白して断られれば、今のように気軽にデートに誘えなくなってしまいます。そのようなリスクを冒したくないと思っているのです。

上記のように女性とのことを真剣に考えてくれている男性であれば、時間はかかっても答えを出してくれます。しかし、このような草食系男子の男性心理では、今後何回デートを重ねても発展はありません。

自分から関係を崩したくない、傷つきたくないというずるい男性心理ではありますが、それでもその男性と付き合いたいのであれば、女性の方からアクションを起こさないといけません。女性は男性に告白しても断りませんというアピールをしましょう。それでも男性が告白してくれないのであれば、自分から告白するしかありません。

■参考記事:草食系男子との付き合い方は?コチラも参照!

草食系男子の恋愛特徴!脈ありサインや告白させる方法も解説!

4回目のデートに誘う男性心理 (4)告白の機会を伺っている

もしかすると、初デートから3回目のデートが終わった時点で男性の心は決まっている可能性もあります。しかし、男性心理としては、やはり格好良く告白したいと思うことでしょう。少し先に女性の誕生日やクリスマスなどのイベントなど告白しやすいタイミングがあるのであれば、そのタイミングで告白しようと思っているのかもしれません。

ですが、少し期間が先なのでそれまでにデートの間を空けてしまうと、せっかくの好印象が薄れてしまったりします。なので、告白までの繋ぎのデートである可能性があります。また、告白までにもう少し好感度を上げておきたい、プレゼントを選ぶために女性に探りを入れたいなどの理由もあるかもしれません。

意外と告白のタイミングを伺っている男性は多いです。逆に誕生日やクリスマスなどの重要なイベントがスルーされてしまったときには脈なしを覚悟した方が良いでしょう。

4回目のデートに誘う男性心理 (5)5回目を区切りに考えている

付き合う前は3回目のデートが重要だと、世間ではよく言われています。しかし、恋愛のペースは人それぞれです。実は男性側の意見として、3回のデートでは判断できないという人は意外と多いです。そのような男性は4回目で判断しても良いのかもしれないですが、何となく4回という数字がキリが良くないので男性心理としては「じゃあ、5回目くらいで判断しよう」となります。

当然、5回目のデートを区切りで考えているので、3回目のデートまでは何もないです。3回目のデートはやっと折り返し地点です。さらに、4回目のデートも何もない状態で終わります。4回目のデートまで終えて何もないので脈なしと判断して男性のことを諦めたのであれば、その女性はもしかすると、すごくもったいないことをしてしまった可能性があります。

お見合いから付き合う前まで

最近では婚活をする女性も増えました。婚活の中にお見合いも含まれます。家同士が持ち寄るお見合いもあれば、結婚相談場でお見合いすることもあります。これらは少し形式は違いますが結婚を前提として将来のパートナーを探すことには変わりありません。

■参考記事:お見合い結婚は離婚率が低い?慎重に進めよう!

お見合い結婚の離婚率が低い理由とは!結婚の決めては何?

婚活によるお見合い (1)お見合いから仮交際

婚活で結婚相談所などを利用すると、マッチングした相手とお見合いをすることになります。このお見合いの後、お互いがまた会いたいということであれば連絡先を交換して、連絡を取り合って2回目のデートへと繋がります。この時点では仮交際という形になります。

婚活によるお見合い (2)その後の判断

仮交際中はお互いのことを知るためにデート重ねることになります。そのまま、お互いが好印象で交際に発展すると良いのですが、うまくいかないこともあります。そのような場合は相手にお断りをしなければなりません。

お断りの判断までのルールは決まっていませんが、デート3回目には答えを出す方が良いと考えられています。婚活は将来のパートナーを探すためのものなので、相手に対して脈なしの判断が変わらないと思えばそれ以上は会ってもお互い意味がありません。むしろ、無駄な時間を相手に取らせてしまうことになるので、早めに判断して次の婚活に向けた方がお互いにメリットがあります。

婚活によるお見合い (3)判断できないとき

婚活であっても恋愛であることには変わりありません。そして、恋愛のペースは人それぞれです。お見合いの初デートから3回目のデートまでに判断ができないという人もいます。そのような場合は5回目のデートまでに判断するようにしましょう。また、もう少し会ってから考えたいという意思表示をして、相手にも伝えておきましょう。

相手の方の性格にもよりますが、言葉でしっかり伝えると失礼になる場合もあります。そのようなときは行動や会話でさりげなく伝えておきましょう。そうしておかないと、相手は3回目のデートが終わったくらいに返事を待っていると、4回目のデートのお誘いが来て驚いてしまいます。

婚活によるお見合い (4)焦らない

婚活をしている人は相手とのデートを重ねている最中に良い結果になるかどうかで不安になります。不安は焦りの気持ちを駆り立てます。婚活で焦りは禁物です。3回目のデート後に相手が前向きな意味でもう少し様子を見たいと言ってくれたときに、気持ちが焦っていると、その気持ちが相手に伝わり、せっかくのご縁が遠のく可能性もあります。

場合によっては行動を起こさないといけないときもありますが、その判断を見誤ってはいけません。

4回目のデート以降

先に述べたように、婚活であっても、自由恋愛であっても3回目のデートがひとまずの区切りとなっています。また、3回目のデートで区切りがつかない場合は5回目が区切りになることもあります。

3回目のデートを終えて、男性から告白も何もないまま、4回目のデートのお誘いがあったときには脈あり、脈なしを女性側で判断しないといけません。ここまでは何もない状態が続きましたが、もしかすると5回目のデートが区切りと考える男性であるかもしれないからです。この3回目と5回目のどちらを区切りとしているのか、男性心理を読み取る必要があります。

4回目のデート以降で脈あり (1)会話を覚えている

もしも、相手が脈ありの男性であれば、女性とより親密な関係になりたいと思っています。だからこそ、4回目のデートがあるのです。女性に対して好意があれば、今までの会話の内容や出来事なども覚えているはずです。あまりに細かいことは覚えていないかもしれませんが、初デートで印象的だった会話や、初デートで行った場所での出来事などをさりげなく聞いてみましょう。

単なる誘いやすい友達として4回目のデートに誘われているのであれば、遊びに出かけることが目的なので、女性に対する関心は薄くなります。人は興味のないことはすぐに忘れてしまうので、初デートから3回目のデートの内容をどれだけ覚えているかによって、脈あり、脈なしを判断することができます。

4回目のデート以降で脈あり (2)少し先の話をする

少し先のデートの約束までするようであれば、脈ありの可能性があります。その約束が誕生日やクリスマスのような大きなイベントや少し遠い場所までのドライブなどであれば、脈ありの可能性はさらに高まります。

これらは恋人関係か付き合う前でもほぼ両思いでないと約束にためらうような内容です。男性から、このような内容の約束を少し先の予定とすることは、その約束の日までは今のように仲良くしましょう、という意思表示でもあります。または、約束の日までに、もう少し仲良くなりたいと思っているかもしれません。

4回目のデート以降で脈あり (3)デートプランがしっかりしている

当然のことながら、好きな人に喜んでもらえるのであれば人は頑張ることができます。もしも、4回目のデート以降もこれから行く場所について、しっかり下調べをしてくれてあったり、これから行く場所やお店に予約をしてくれていたりなど、毎回デートプランがしっかりしているのであれば脈ありの可能性があります。

初デートであれば、男性も気合が入りますし、第一印象も大事なので場所の下調べや予約など、抜かりなくしてくれます。しかし、女性への好意が薄ければ、2回目以降のデートではどんどん場所の下調べや、予約に関して手薄になっていきます。

初デートから4回目のデート以降も、付き合う前にも関わらずしっかりしたデートプランが出来上がっているのであれば、それだけ女性に喜んでもらうために、時間と労力を費やしているということになります。

4回目のデート以降で脈あり (4)デートスポットへ行く

最初のうちはお互いのことを知るためにデートの内容は食事や買い物などが多くなります。しかし、デートの回数を重ねる度に、遊びに行く場所が恋人と行くような場所にステップアップしているのであれば、交際を意識しているのかもしれません。

特に夜景の綺麗な場所やお店などに行くようになれば脈ありの可能性は高いです。夜景は付き合う前の相手と行くには少しハードルの高い場所です。まだ付き合う前で5回目のデートの行先に夜景スポットが挙がれば、もしかすると男性が告白しようとしているのかもしれません。

3回目のデートで諦めてはいけない

よく付き合う前のデートは3回目が区切りと言われます。しかし、恋愛のペースは人によってそれぞれです。付き合う前の区切りを3回目とする人もいれば、5回目と思っている人もいます。区切りは常に3回目という先入観を持っている人は、3回目のデートで告白されなかったときに脈なしと誤った判断をしてしまう可能性があります。

たしかに、3回目のデートで脈なしと判断できるときもありますが、3回目のデートで脈ありと感じたのであれば、5回目のデートまでは諦めてはいけません。男性から告白されるまで、焦らずに着実に距離を詰めていくようにしましょう。

初デートからの流れ、もっと情報を知りたいアナタに!

付き合ってないのにデートに誘う男性心理!デート成功の秘訣とは?
付き合うまでの期間はどれくらいがベスト?デートの回数の理想は?
3回目のデートに誘う男性心理!脈ありなの?告白されるかな?
男性に告白させる方法・テクニック!デート中に雰囲気を作ろう!

関連するまとめ

そらひかる
そらひかる
化学系の大学院に通いながらクラブDJとして活動を行い、広告代理店でSEの経験ありの奇抜な経歴を持っています。会社を卒業後はフリーランスとして活動を始める。定番意見から思わぬ角度の記事が書くことがあります。よろしくお願いします。

新着一覧

最近公開されたまとめ