メイクブラシの洗い方!乾かし方や洗う頻度も解説します!

ファンデーションブラシは、毎日使っていると汚れや菌が付着して、化粧のノリが悪くなります。化粧を綺麗に仕上げるためには、ブラシを洗いましょう。ファンデーションブラシの洗い方は、簡単です。メイクブラシの洗い方を実践して、ブラシを清潔に保つことおすすめします。

メイクブラシの洗い方!乾かし方や洗う頻度も解説します!	のイメージ

目次

  1. メイクブラシの洗い方 清潔なファンデーションブラシを使おう!
  2. メイクブラシの洗い方 手順① 専用洗剤でファンデーションをオフ!
  3. メイクブラシの洗い方 手順② ファンデーションを綺麗に洗い流す
  4. メイクブラシの洗い方 手順③ ファンデーションを落としタオルドライ
  5. メイクブラシの洗い方 手順④ ファンデーションブラシを成型する
  6. ファンデーションブラシの洗う頻度は? ベーシックな洗い方
  7. ファンデーションブラシクリーナーでの洗い方 無水エタノール編
  8. リキッドファンデーションブラシの洗い方
  9. ファンデーションブラシの洗い方 スポンジクリーナー編
  10. ファンデーションブラシの洗い方 シャンプー編
  11. ファンデーションブラシの洗い方 固形石鹸編
  12. ファンデーションブラシの洗い方のポイントは?
  13. ファンデーションブラシの洗い方で、チークやアイシャドウブラシも!
  14. ファンデーションブラシの乾かし方のポイント! 洗い方の次に大切
  15. ファンデーションブラシの洗い方について、よくわかりましたか?

メイクブラシの洗い方 清潔なファンデーションブラシを使おう!

メイクブラシを使った後は、ブラッシングをすることが大切です。
ブラッシングするだけで、メイクブラシの汚れはほとんど取り除けます。
しかし、チークやアイシャドウ、フェイスブラシなどは、色々なカラーやパウダーが付着するので、定期的に洗うことをおすすめします。
メイクブラシの、基本的な洗い方を覚えれば、簡単に習慣づけられるでしょう。

メイクブラシを使い続けると、必ず化粧のノリが悪くなります。
化粧を美しく仕上げるために使うメイクブラシが、汚れているとダメですね。
メイクブラシを、綺麗に洗浄して清潔にすることが大切です。
メイクブラシの簡単な洗い方を紹介します。

化粧品とブラシ

メイクブラシについた化粧品は、お肌に密着しなかった余計な粉が汚れと混ざります。
メイクブラシを洗うと、化粧品の色が水に流されます。
ブラシを綺麗になり、汚れが取れたことを確認できるのは、ファンデーションやチークなどの化粧品の色が水に混ざらなくなった時です。
化粧品は、いつでも清潔なブラシを使って、メイクしたいですね。

メイクブラシの洗い方 手順① 専用洗剤でファンデーションをオフ!

メイクブラシの基本的な洗い方は、メイクブラシ専用の洗剤を使うか、洗顔フォームを使います。
まず、洗剤か洗顔フォームを良く泡立てます。
泡で、メイクブラシを金具から毛先にかけて、なでるように洗ってください。
泡に汚れが浮き出すように、毛束を揉みます。

メイクブラシ専用の洗剤は、メイクブラシの毛に優しくて都合が良いです。
洗顔フォームでも、メイクブラシの汚れが取れますが、専用の洗剤の方が毛にとって負担が少なめです。
メイクブラシを洗う時に、毛が抜けないよう注意しましょう。
泡で、優しく洗ってください。

メイクブラシの洗う頻度は、毎日?

理想的なメイクブラシの洗う頻度は、毎日か隔日です。
メイクブラシは、毎日リキッドファンデーションやチークを使う女性なら、必ず使っています。
いつでも、清潔なメイクブラシを使うことが、理想です。
忙しくても、メイクブラシの洗う頻度は数日に1度が良いですね。
洗う頻度は、短い期間を開けて洗うのが清潔です。
メイクブラシは、すぐに汚れるから、洗うことを考えて使いましょう。

メイクブラシの洗い方 手順② ファンデーションを綺麗に洗い流す

泡で洗ったメイクブラシを、ぬるま湯ですすぎます。
すすぎが肝心で、泡に混ざった雑菌や汚れを綺麗に除外してください。
洗い方は、メイクブラシについたファンデーションの色やチークの色が消えるまで、良くすすぎます。
メイクブラシをすすいでいるぬるま湯が、透明になるまで洗ってください。

メイクブラシを洗う時に、ファンデーションなどの化粧品の色が出るので、何度もぬるま湯を取り換えるか、湯を出しっぱなしにして、すすぎます。
思った以上に、ファンデーションの色はすぐに落ちないでしょう。
メイクブラシの汚れは、あなたの想像する汚れよりもひどいでしょう。
湯が透明になれば、すすぎは完了です。

メイクブラシの洗い方 手順③ ファンデーションを落としタオルドライ

すすぎ終わったメイクブラシは、タオルで水分を十分に吸収して、乾かします。
ブラシの毛に水分が残らないように、毛にタオルを巻き付けて、硬く絞るように水分を取り除きます。
タオルドライを、しっかりすることが重要です。
毛に水分が残っていると、乾きが悪くなります。

メイクブラシをタオルドライしたら、毛を櫛でとかして毛並みを整えます。
それから、陰干しできる場所で乾燥させます。
急いでいる時は、ドライヤーでブラシの毛を乾燥すると良いです。
きちんと、メイクブラシの毛を乾燥させましょう。

メイクブラシの洗い方 手順④ ファンデーションブラシを成型する

メイクブラシが乾燥したら、新品の状態になるように毛を紙で巻いてセロテープで止めて、成型します。
形が綺麗に整ったら、ブラシスタンドかコップに立てると良いでしょう。
綺麗に洗ったメイクブラシは、化粧を美しくのせます。
新品のメイクブラシのように蘇りますよ。

毛の成型が整ったら、紙をはがして乾燥が完了です。
メイクブラシを立てて、乾燥させることがポイントです。
紙を綺麗に巻いて、毛の成型ができていると、気持ちいいですね。
綺麗になったメイクブラシで、気分も嬉しくなるでしょう。

ファンデーションブラシの洗う頻度は? ベーシックな洗い方

メイクブラシを洗う頻度は、人それぞれですね。
最も多い確率は、3か月に1度や半年に1度の頻度で、メイクブラシを洗う人が多くいます。
メイクブラシを洗ったことがない人も、この機会にメイクブラシを洗ってください。
普通は、メイクブラシは中性洗剤で洗えます。

メイクブラシは、皮脂や細菌、汚れ、カビが付着しています。
毎日洗ってもいいくらい、汚れています。
洗う頻度は、1週間に1度がベストのような気もしますね。
メイクブラシを清潔にすることは、洗う頻度がとっても大事です。
汚れやカビ、細菌を溜めないようにしましょう。
きちんとした乾かし方をして、洗う頻度を守れば、ブラシは清潔に保てます。

洗ったブラシの乾かし方で品質が変わる?

メイクブラシをきちんと洗った後は、完全に乾かすことが大事です。
正しい乾かし方は、ブラシに水分を残さないで、タオルドライして毛並みをブラッシングしてから、寝かさずに立てて乾かすことです。
きちんとした乾かし方をしていれば、メイクブラシを品質良く保たせることができます。
乾かし方で、メイクブラシの毛の形や質が決まります。
ブラシを洗った後は、毛が柔らかくなっているので、正しい乾かし方を実行しましょう。

■参考記事:ファンデーションが割れたらどうする?復活させる方法をチェック!

割れたファンデーションを復活させる方法!簡単な裏技特別公開!

ファンデーションブラシクリーナーでの洗い方 無水エタノール編

ファンデーションブラシクリーナーは、専用クリーナー以外に無水エタノールを使っても良いです。
無水エタノールは、クリーナー洗剤と違って、ブラシに負担がかかります。
まず、無水エタノールを容器に注ぎます。
容器の無水エタノールに、ブラシを付けて、左右に動かしながら、ブラシの汚れを出します。
無水エタノールをブラシが吸い込み過ぎると、ブラシが傷む原因になります。

無水エタノールは、中性洗剤を使うよりも汚れや色が落ちやすいです。
専用のクリーナーがなければ、無水エタノールでファンデーションブラシを洗ってください。
水と洗顔フォームで洗うよりも、ブラシが綺麗になります。
無水エタノールは、ドラッグストアで販売されています。

リキッドファンデーションブラシの洗い方

リキッドファンデーションブラシは、専用のクリーナーをお湯に混ぜてから、ブラシを洗います。
お湯にブラシの汚れが出たら、お湯を取り換えて、綺麗な水になるまで繰り返すだけです。
パウダーファンデーションブラシと、洗い方は変わりありません。
リキッドファンデーションは、汚れが付きやすいので、頻繁に手入れした方が良いでしょう。

リキッドファンデーションは、お肌に優しいメイクブラシです。
毎日使うことで、汚れが多くなります。
専用のクリーナを使うことが、リキッドファンデーションの洗い方のベストな方法です。
洗顔フォームや無水エタノールよりも、ブラシを傷つけないで洗えます。

シャンプーの洗浄力

汚れたファンデーションブラシを、シャンプーで洗うと、綺麗に洗浄できます。
シャンプーは、髪の汚れや皮脂を洗い流すので、メイクブラシの化粧品の汚れやホコリを取り除いてくれます。
シャンプーは、髪に優しいからブラシの毛にもいい影響があります。
メイクブラシの毛並みのためにも、クリーナーがない時は、シャンプーでブラシを洗いましょう。
メイクブラシの毛は、シャンプーによって保湿されて美しくなるでしょう。

■参考記事:リキッドファンデーションのおすすめ商品をチェック!

崩れない!リキッドファンデーション13選!【おすすめ】

ファンデーションブラシの洗い方 スポンジクリーナー編

リキッドファンデーションブラシを綺麗に洗うために、スポンジクリーナもおすすめです。
スポンジクリーナーを、乾いたリキッドファンデーションブラシにつけます。
そして、汚れを押し出すように優しくブラシを揉みます。
ぬるま湯で、スポンジクリーナを洗い流します。
ぬるま湯にファンデーションブラシの汚れがでてきます。

スポンジクリーナは、ブラシの毛に優しくて、汚れもとれます。
リキッドファンデーションを洗うなら、スペアのメイクブラシを用意しておきましょう。
リキッドファンデーションブラシを乾かしている間に、役立ちます。
乾かし方は、ブラシを立てて陰になる場所で、乾燥させます。

ファンデーションブラシの洗い方 シャンプー編

ファンデーションブラシは、シャンプーを使っても洗えます。
髪を洗うためのシャンプーなので、毛を綺麗にするのにいい効果があります。
シャンプーを使った洗い方は、ブラシの毛にシャンプーをなじませて、泡立てて洗います。
シャンプーの泡に汚れが出れば、お湯で汚れを洗い流します。
澄んだお湯になるまで、繰り返しすすぎます。

シャンプーは、ブラシの毛の滑らかさを保ち、綺麗な毛並みにします。
毛をブラッシングして、美しく整えてから乾燥させます。
シャンプーは、髪の汚れも洗浄できるので、リキッドファンデーションブラシの洗浄にもいい効果があります。
クリーナや無水エタノールがないなら、シャンプーを使って、メイクブラシを洗えます。

ブラシの洗う頻度と乾かし方の重要性

メイクブラシの洗い方は、確実にできても、洗う頻度が長い期間あいていたり、乾かし方がいい加減だと、ブラシの品質を落とします。
最低、3か月に1度の洗う頻度を守る必要があります。
乾かし方は、毛に水分が残っていない状態まで乾かすだけです。
洗う頻度と乾かし方は、ブラシの毛をいい状態にするために大切なことです。
洗う頻度は、1週間に1度や、忙しい方は1か月に1度が最もいいでしょう。
日々の暮らしが忙しくても、メイクブラシの洗浄は定期的に行いましょう。

ファンデーションブラシの洗い方 固形石鹸編

メイクブラシやファンデーションブラシを、固形石鹸を使って洗う時は、ぬるま湯で毛を湿らせてから、ブラシを固形石鹸の上で滑らせて、こすり洗いします。
固形石鹸が泡立って、泡がファンデーションなどの汚れの色になります。
泡やぬるま湯が綺麗になるまで、石鹸にブラシをこすりつけて洗い続けます。
良くすすいで、タオルドライして、乾燥させます。

固形石鹸は、体や顔など全身に使えます。
ファンデーションの汚れや皮脂、ホコリも綺麗に落とせます。
ブラシの毛を傷めないで、毛に優しいです。
固形石鹸は、お肌やメイクブラシを優しく洗ってくれるアイテムです。

ファンデーションブラシの洗い方のポイントは?

パウダーやリキッドなどのファンデーションブラシは、毎日のように使いますね。
ファンデーションブラシの洗い方のポイントは、ブラシの毛を傷めないで、優しく洗うことです。
中性洗剤やクリーナーなどは、毛の汚れを隅々まで洗浄してくれます。
毛をタオルドライして、櫛でとき、綺麗に形を整えて乾燥させることは簡単です。
ポイントは、毛を傷めずに汚れを綺麗に洗浄することです。

もう一つのポイントは、ファンデーションブラシの品質を落とさないことです。
メイクブラシは、高価な物やプチプラなものまでありますね。
ブラシの毛が抜けたり、歪んだ型を付けてはいけません。
メイクブラシを優しく洗うことが、大切です。
毛並みを整えて、大事に扱いながら洗いましょう。

ファンデーションブラシの洗い方で、チークやアイシャドウブラシも!

チークやアイシャドウの化粧品も、メイクブラシを使ってメイクしますよね。
ファンデーションブラシの洗い方と同様に、チーク用ブラシやアイシャドウブラシも洗えます。
クリーナーや洗顔フォームで、チークやアイシャドウブラシについた化粧品や汚れを落とせます。
クレンジングジェルやメイク落としよりも、メイクブラシの洗浄には、クリーナーや無水エタノールがおすすめです。
シャンプーも、チークブラシやアイシャドウブラシを傷めないで、綺麗に洗います。

リキッドやパウダーファンデーション、チーク、アイシャドウなど、化粧品の汚れが付いたブラシは、細菌やホコリ、カビがたくさんついています。
ファンデーションブラシを洗う時に、チークやアイシャドウ、リップブラシもいっしょに洗うと良いでしょう。
化粧品の汚れは落としにくいから、専用のクリーナーが役立つでしょう。
化粧品を綺麗に使ってメイクするために、ブラシの洗浄は欠かせないことですね。

■参考記事:アイシャドウチップのおすすめ商品は?コチラもチェック!

アイシャドウチップおすすめ17選!使い方から危険性まで徹底解説!

ファンデーションブラシの乾かし方のポイント! 洗い方の次に大切

ファンデーションブラシの乾かし方で、肝心なことは毛並みを整えることです。
洗ったメイクブラシを、タオルドライして水分をきちんとタオルにしみ込ませます。
洗った後は、毛をブラッシングして、毛並みを綺麗にします。
しっかり乾かすまで、使ってはいけません。

陰干しで自然乾燥が良いのですが、急いでいるならドライヤーで乾燥させます。
特にリキッドファンデーションブラシは、毛が多くて乾きにくいですね。
リップブラシなど、毛の少ないブラシは、すぐに乾きます。
毛の多いブラシは、暖房の近く置いたり、カーテンを閉めて日の当たらない場所で、乾燥させます。
毛が多いファンデーションやチークブラシは、2、3日かけて、立てながらきちんと乾かす方が良いです。
ブラシが完全に乾いてから使ってください。

ファンデーションブラシの洗い方について、よくわかりましたか?

リキッドファンデーションブラシの洗い方は、クリーナーを使う以外に、洗顔フォームや中性洗剤など、色々と使えます。
洗う頻度も、頻繁に洗う方が清潔感があることもわかりますね。
毎日のように、メイクブラシを使うなら、ファンデーションブラシの洗い方や頻度を知っておくと良いですね。
自分なりに、手慣れた洗い方を見つけると、簡単に感じられるはずです。
ファンデーションブラシを清潔に保ち、メイクを美しく仕上げましょう。

身近なものの洗い方、もっと情報を知りたいアナタに!

キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます!
マフラー・ストールの洗濯方法・洗い方!【カシミヤ・アクリル・ウール】
スエード靴の汚れの洗い方とお手入れ方法解説!【簡単】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ