パーソナルカラー診断男性編!自分に似合う色を見つける方法とは?

パーソナルカラー診断男性編!自分に似合う色を見つける方法とは?

ご自分のパーソナルカラーを知っていますか?
自分のパーソナルカラーを既に知っているという男性の方は少ないと思います。

聞いた事があっても男性だと自分に似合う色を探す人は少ないのではないでしょうか。
そんなパーソナルカラーについてまとめていきます!

記事の目次

  1. 1.【はじめに】そもそもパーソナルカラーとは?
  2. 2.男性にとってのパーソナルカラーのイメージは?
  3. 3.男性のパーソナルカラーのおおざっぱな区分は?
  4. 4.パーソナルカラー診断で大事な要素は?①
  5. 5.パーソナルカラー診断で大事な要素は?②
  6. 6.男性のパーソナルカラー① 春は優雅で柔らかい人
  7. 7.男性のパーソナルカラー② 春の人にはどんな色?
  8. 8.男性のパーソナルカラー③ 春タイプの芸能人は?
  9. 9.男性のパーソナルカラー④ 夏は洗練された上品さを持つ人
  10. 10.男性のパーソナルカラー⑤ 夏の人にはどんな色?
  11. 11.男性のパーソナルカラー⑥ 夏タイプの芸能人は?
  12. 12.男性のパーソナルカラー⑦ 秋は知的で落ち着きを感じさせる人
  13. 13.男性のパーソナルカラー⑧ 秋の人にはどんな色?
  14. 14.男性のパーソナルカラー⑨ 秋タイプの芸能人は?
  15. 15.男性のパーソナルカラー⑩ 冬はクールでシャープな人に
  16. 16.男性のパーソナルカラー⑪ 冬の人にはどんな色?
  17. 17.男性のパーソナルカラー⑫ 冬タイプの芸能人は?
  18. 18.男性にもパーソナルカラーは重要!
  19. 19.男性のパーソナルカラーに関する実体験
  20. 20.【おわりに】パーソナルカラーは男性にとっても強い味方に!

【はじめに】そもそもパーソナルカラーとは?

パーソナルカラーという単語をご存知でしょうか。
直訳すると個人の色、自分に似合う色ということになります。

ファッションやメイク、ある程度自由なヘアスタイルが日常に根付いている女性ならばともかく、あまり自分の服装にこだわらない人、あるいは男性にはあまりなじみのない単語です。

どんなメリットがあるの?

パーソナルカラーを知ることで得られるメリットは数多くあります。
1番分かりやすいのはファッションです。自分に似合う色や服装が分かりやすくなります。

自分に似合う服装が分かることによってヘアスタイルや履くものが決まってくるなど、パーソナルカラーを知ることがファッションに与える影響は大きいです!

似合う色をみつけよう!

自分で好きな色、好きなファッションスタイルがあったとしてもいまいち似合っていないのは悲しいです。

「いや、そもそも診断とかめんどくさいし自分に合う色だけさっさと知れればいいよ・・・・。」

という男性のためにできるだけ簡単に診断していきます!
自分に似合う色を見付けてよりベターなファッションに役立てましょう!

男性にとってのパーソナルカラーのイメージは?

パーソナルカラーがわからない

そもそも男性にとってパーソナルカラーという言葉はどういったイメージなのでしょうか。

モデルをしていたりファッション業界で働いているという人にとっては知っていて当たり前の言葉なのでしょうが一般人男性にとってはあまりなじみがありませんよね。

「言葉は知ってるけど好きじゃないファッション、色を気にしてまでいいかっこしようとは思わない」
「長い診断ページを見るのすら苦痛」

というように他人からどう見えるかというところに比重を置いている人は残念ながら多くありません。

知ってもコーディネートの仕方がわからない

「似合う色を知れても仕事は服装が決まっているし休日の服はもう持ってるから」
「色を考えながら着るものを決められるほど器用じゃない」

など、知ってもパーソナルカラーの活かし方が難しいと考えている男性もいます。
女性であれば服装だけでなく化粧をする機会も多く、小物などを身につけても不思議ではありませんがシンプルな服装が多い男性にとって色を使い方を考えるのは難しいです。

特徴が知れればよいという男性が大半

うーん、言われてみると男性にとって「自分に似合う色を調べる時間を楽しむ」という概念はないのかもしれません。

そんな男性諸氏のためにできるだけ簡単かつそれぞれの特徴をかいつまんだ診断にまとめました!

どんな色がベースとして自分に似合うかだけでも知れることは大きいです!
すぐに使う機会はなかったとしても次に買い物をするときに意識すれば印象がよくなること間違いなしです。

男性のパーソナルカラーのおおざっぱな区分は?

本来の自分に相性がよい色

パーソナルカラーは元来生まれ持ったもの、髪や肌の色、唇などその人の印象に基づいて決められます。
そのため、自分の好きな色が必ずしもパーソナルカラーになるとは限りません。

また、単純に青が似合う、赤が似合わないというわけではなく、薄い青や濃い赤など、細かい分類によって診断されます。

次のページ

パーソナルカラー診断で大事な要素は?①

関連記事

人気の記事