ハンドケアの方法は?注意点とポイントを徹底解説します!

美しい手指を維持するのは女性の身だしなみと言いますが、家事や仕事を頑張る女性はなかなかハンドケアをする余裕がない場合も多いものです。今回は簡単にできるハンドケアの方法と、注意点やポイントについて詳しくまとめてみました。美しい手指を手に入れたい女性はぜひどうぞ♪

ハンドケアの方法は?注意点とポイントを徹底解説します!のイメージ

目次

  1. 美容の基本は指先から!ハンドケアの重要性とは?
  2. 要チェック!おすすめのハンドケアの方法5選
  3. おすすめのハンドケアの方法(1)クリームでマッサージ
  4. おすすめのハンドケアの方法(2)しっかり保湿する
  5. おすすめのハンドケアの方法(3)角質ケアを行う
  6. おすすめのハンドケアの方法(4)水分をしっかり拭き取る
  7. おすすめのハンドケアの方法(5)サロンでお手入れをする
  8. ハンドケアにはパックも大切!効果のあるパック方法は?
  9. ハンドケアに効果のあるパック(1)はちみつのパック
  10. ハンドケアに効果のあるパック(2)小麦粉のパック
  11. ハンドケアに効果のあるパック(3)卵白のパック
  12. ハンドケアに効果のあるパック(4)酒粕のパック
  13. ハンドケアに効果のあるパック(5)ヨーグルトのパック
  14. ハンドケアに効果のあるパック(6)化粧水のパック
  15. ハンドケアをする上で注意するポイントとは?
  16. ハンドケアで注意するポイント(1)作業時は保護手袋を使う
  17. ハンドケアで注意するポイント(2)日焼けをしない
  18. ハンドケアで注意するポイント(3)乾燥に注意する
  19. ハンドケアで注意するポイント(4)洗剤等は低刺激の物を使う
  20. まとめ

美容の基本は指先から!ハンドケアの重要性とは?

皆さんは手や指のケアをしっかり行っていますか?お顔のケアは真剣に考えている女性でも意外と見落としてしまいがちな手指のハンドケア。

手というのは物を食べたり何かを掴んだりする時にとても人目につきやすい場所です。女性らしく美容に力を入れている人はハンドケアも欠かすことはできない重要なポイントの1つになります。

またさらにハンドケアはハンドケアセラピストという専門家がいるように、心と体の健康に密接に関係していることでも知られています。

ハンドケアセラピストの施術は手と手を触れあわせることにより、カウンセリングを受ける人の心を落ち着かせて癒しの時間を与え、体の血行を促進すると言われています。ハンドケアセラピストはいま若い人の間でも非常に注目になっている職業でもあります。

ハンドケアは専門家であるセラピストの施術を受けるのも良いですが、自宅で自分で行ってもかなり効果を発揮します。自分の心と体を癒すためにも、積極的に毎日の生活にハンドケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

要チェック!おすすめのハンドケアの方法5選

それでは実際にセラピストも行っているハンドケアの方法について詳しくご紹介していきましょう!

ハンドケアはお顔のスキンケアと一緒で毎日続けなくては意味がありません。手は毎日の生活の中で意識していないうちに実に色々な刺激を受けています。手は仕事や家事などの生活環境によってだんだん汚れや疲労が蓄積してくると、シミやシワが出来てだんだん荒れてくることになります。

ここではまず自宅で自分でできるハンドケアの方法や、プロのセラピストによるハンドケアの方法について詳しくご紹介していきます。

いつもの生活の中で少しスキンケアに注意するだけで、女性の手は見違えるほど美しく変化していきます。実年齢よりも若々しい手先はきっと自分の心も若返らせてくれます。ハンドケアに興味のある女性はまずおすすめのハンドケアの方法5選をご覧ください♪

おすすめのハンドケアの方法(1)クリームでマッサージ

おすすめのハンドケアの方法の1つめは、クリームでマッサージをする方法です。

ハンドケアセラピストも実際に行っているクリームを使った手や指のマッサージは、高価なグッズも必要なくお手軽に自宅で試せる最高のおすすめの方法です。

手や指というのはたくさんの神経や血管が通っています。両手をそれぞれ丁寧にもみほぐし、指も1本1本しっかりマッサージを行うことで血行が良くなり肌荒れなどのトラブルを予防することができます。

ハンドクリームはスキンケア用のものや美白用のものなどドラッグストアなどで手に入るものでも何でもOK!プロのセラピストが使うサロン専用のクリームは少し高価ですが、やはり使ってみるとその違いが実感できます。

お風呂上りやヨガなどのストレッチの後など両手が温まっている状態の時に、プロのセラピストになったつもりで自分の両手を優しく労わってあげましょう。

■参考記事:手荒れに効くハンドクリーム、おすすめは?

ハンドクリームおすすめ人気ランキング13選!手荒れに効く!

おすすめのハンドケアの方法(2)しっかり保湿する

おすすめのハンドケアの方法の2つめは、しっかり保温することです。

ハンドケアやスキンケアの基本中の基本はまずマッサージとセットで肌の水分が乾燥してしまわないようにしっかり保湿を行うことが何よりも大切になります。

肌の乾燥は冬場だけ起こると考えている人も多く、ハンドケアやスキンケアで保湿を行うのは冬だけという人も多いのですが、実は夏でもエアコンの風や扇風機などが原因で肌が乾燥してしまうことがあります。

また熱いお風呂が好きな人はそのお風呂上りに急速に肌の水分が失われて乾燥してしまうこともあり、保湿は1年を通してマッサージとセットで行うことが重要です。

クリームをでしっかり指をもみほぐした後に保湿を行うためには、ハンドケア専用グッズの手袋を装着するのもおすすめです。ハンドケア専用グッズの手袋は一回使い切りの手袋もあれば洗濯して何度も繰り返し使える手袋まで色々なグッズが販売されています。

ハンドクリームを購入する時にセットで自分の肌に合う手袋を準備しておきましょう。

おすすめのハンドケアの方法(3)角質ケアを行う

おすすめのハンドケアの方法の3つめは、角質ケアを行うことです。

手のスキンケアやマッサージを一通り行った後は、角質のケアまでセットで行うと万全です。古くなった手の角質は普通の手洗いやスキンケアではなかなか綺麗にすることはできません。角質ケアを行う時は専用のスクラブと呼ばれる研磨剤を使ってお手入れをしていきます。

スクラブはスキンケアグッズの専門店やサロンなどに行くと実に様々な種類のグッズを手に入れることができます。含まれる成分も一般的に肌に良いとされている低刺激のものがメインとなっていて、香りも爽やかな香のものや甘い香りのものなど色々あります。

スクラブを使って角質ケアを行うと手触りがツルツルになるだけでなく、見た目も透き通るように美しい肌になります。週に1度または週に2度程度の間隔で角質ケアを続けるのがおすすめですよ。

おすすめのハンドケアの方法(4)水分をしっかり拭き取る

おすすめのハンドケアの方法の4つめは、水分をしっかり拭き取ることです。

料理を作ったり洗濯物をしたり、または掃除や手洗いをしたりと手が濡れる頻度は自分で考えているよりもかなり多いものですが、濡れた手をそのまま放置しておくことはスキンケアにとっては大敵です。

少し面倒でも手が濡れた時はその都度しっかり乾いた柔らかいタオルで水分を拭き取り、出来れば毎回ハンドクリームなどで保湿を行うのがスキンケアにとってはおすすめのケアの方法となります。

ハンドセラピストや手のモデルなどのプロの人たちは面倒な事でも決して手を抜くことはありません。少しの手間をきっちりと面倒がらずにできるかどうかが手の美しさを左右するといっても過言ではありません。

子育てで忙しいママや仕事で水を使う人にとっては少し大変かもしれませんが、手のスキンケアを考える時は水分は大敵だという事を覚えておきましょう!

おすすめのハンドケアの方法(5)サロンでお手入れをする

おすすめのハンドケアの方法の5つめは、サロンでお手入れをすることです。

ハンドケアをプロのセラピストの手で施術してほしいと考える時は、ネイルサロンなどと同様にハンドケアサロンを利用するのも良い方法です。ハンドケアサロンはネイルサロンと併設されている所も多く、ハンドケアとネイルをセットで行うことができるお店もたくさんあります。

ハンドケアサロンではプロのセラピストのマッサージを受けることができ、自宅でのスキンケアのコツなどのアドバイスも教えてもらうことができます。またお店によってはハンドセラピストが実際に使っているスキンケアグッズを気に入った時は同じグッズをセットで購入することも可能です。

サロンはやはり多少費用はかかりますが、しっかりハンドケアを行いたい時には一度利用してみても良いかもしれませんね♪

ハンドケアにはパックも大切!効果のあるパック方法は?

ハンドケアやスキンケアの方法は色々ありますが、お顔と同様にパックを行うのも非常に効果的だというのをご存知でしょうか。ハンドケアグッズではクリームや手袋だけでなくパック関連のグッズもたくさん販売されています。

市販されているパック関連グッズもセットで使うと効果の高いものはたくさんありますが、ここでは普段食べている食材や身近なものを利用した効果のあるパック方法をご紹介していきます♪

自分の肌に合ったパックを見つけることが出来れば、もしかするとハンドケアサロンでプロのセラピストに施術してもらうよりも効果のあるものが見つかるかもしれません。セットで買うと割高になってしまうハンドケアパックを、いつもの食材などを使いリーズナブルに楽しんでみましょう!

以下でご紹介する食材は人によってアレルギー症状が出てしまう恐れもあります。実施する時は自己判断で体調に十分注意しながら試すようにしてくださいね。

ハンドケアに効果のあるパック(1)はちみつのパック

ハンドケアに効果のあるパックの1つめは、はちみつのパックです。

食べても栄養満点のはちみつはハンドケアやスキンケアにも高い効果を発揮します。はちみつはスーパーなどで購入できる普通のはちみつで大丈夫です。

はちみつをスプーンですくい、手に垂らしてゆっくりと時間をかけて馴染ませていきます。手が冷たい時よりも温かい時の方が伸びが良く肌に染み込んでいくのを感じる事ができます。

十分はちみつを馴染ませたらハンドケア用の手袋をセットするか、またはレンジで温めた蒸しタオルなどで手を軽く包んでしばらくそのまま置いておきます。数分たってから綺麗にはちみつを洗い流し、最後にハンドクリームで保湿をすれば完成です。

はちみつを使ったハンドケアやスキンケアはプロのセラピストも行っているとても人気のケア方法になります。

ハンドケアに効果のあるパック(2)小麦粉のパック

ハンドケアに効果のあるパックの2つめは、小麦粉のパックです。

小麦粉が手を美しくする効果があるというのは、小麦粉を扱うパティシエや麺類製造業の人の手が非常に綺麗なことから注目されるようになったと言われています。

小麦粉パックのやり方はとっても簡単!まず小麦粉を器などに適量とり、そこに少しずつ水を入れていきます。ゆっくりかき混ぜながら水っぽくならないようトロトロの状態にします。それを両手につけた状態でスキンケア用の手袋や蒸しタオルをセットして数分おきます。

最後は水で綺麗に小麦を洗い流し、仕上げに保湿クリームを手指全体に塗ってパック完了です。

小麦粉パックはハンドケアグッズのセットを購入する事に比べるとはるかにリーズナブルで、繰り返し使える手袋などを使えばさらに安く楽しむことができます。サロンでハンドセラピストに施術をしてもらう前にぜひ一度自宅でお試しくださいね♪

ハンドケアに効果のあるパック(3)卵白のパック

ハンドケアに効果のあるパックの3つめは、卵白のパックです。

スキンケアに効果があると有名な卵の卵白は、ハンドケアにもとっても高い効果があることで知られています。卵白のパックは多少賞味期限の切れた卵を使っても問題ありませんので、食べきれなかった卵を活用するのもおすすめです。

卵白は特に泡立てる必要はなく、トロトロのまま手指につけて手袋やタオルで包んでいきましょう。

卵白のパックは敏感肌の女性でも気軽に使える人気のパックですが、卵アレルギーがある人は少し注意が必要です。卵アレルギーは発症すると重症化する恐れもありますので、実施する時はよく考えて配慮しなければいけませんね。

卵パックもはちみつや小麦粉のパックと同じように数分おいた後に綺麗に洗い流し、最後は丁寧に保湿ケアまでしておくと効果が長持ちしますよ。

ハンドケアに効果のあるパック(4)酒粕のパック

ハンドケアに効果のあるパックの4つめは、酒粕のパックです。

スキンケアに効果抜群と言われていてたくさんのスキンケアグッズがセットで販売されている酒粕も、もちろんハンドケアにもおすすめの成分になります。

お米から作られる酒粕は女性に嬉しい美白成分が含まれていて、保湿成分が高いことでも人気があります。また手指に酒粕を溶いたものを塗ってパックすることで血行が良くなる効果もありまさに嬉しいことばかり!

酒粕はスーパーなどで安く手に入れることができますので、お得用セットを買ってパック用に常備しておいても良いかもしれませんね。

酒粕パックも手指に塗った後は手袋などをセットして成分をしっかり浸透させ、洗い流した後はしっとりしているうちにさらに保湿を重ねていきましょう。酒粕パック繰り返すうちにシミやシワを防ぎ手の老化を防ぐ効果もありますよ♪

ハンドケアに効果のあるパック(5)ヨーグルトのパック

ハンドケアに効果のあるパックの5つめは、ヨーグルトのパックです。

ヨーグルトは乳清と呼ばれる栄養満点の成分が手指の肌にもとても優しく、保湿成分があり肌の黒ずみなどを取り除く効果があると言われています。またヨーグルトの中に小麦粉を入れて混ぜたパックはさらに相乗効果があるとも考えられています。

どちらも普段冷蔵庫に入っている食材ですので一度試してみるのも良いかもしれません。

ヨーグルトパックは小麦粉を入れる時も入れない時も水は必要ありません。すでにとろみがついているためそのまま手指に塗っていけばOKです。効果を高めるためには専用の保湿手袋などのグッズも忘れずセットしていきましょう。

水で洗い流すと思わずハンドケアサロンで施術を受けたかのように頬ずりしたくなるほどツヤツヤの手指になっているかもしれませんね!

ハンドケアに効果のあるパック(6)化粧水のパック

ハンドケアに効果のあるパックの6つめは、化粧水のパックです。

ハンドケアを考える人なら誰もが一度は試してみる化粧水ですが、手や指に化粧水をつけてもすぐに乾燥するためあまり意味はないと考えていませんか?安い化粧水でも保湿をしっかり考えて利用すれば、高価なサロンでするパックのような効果を得られる可能性もあります!

まずお風呂上りなど体や手がぽかぽかしている時に手指にたっぷりと化粧水を馴染ませます。手のひらや指全体に揉み込むように馴染ませ、その後手袋をしてその上から蒸しタオルで包み込みます。

手袋が曇る状態で数分待った後、タオルと手袋を外してすぐに保湿クリームを馴染ませてもう一度新しい手袋をかぶせておきます。手袋を2回かぶせることで保湿の効果が高まり、化粧水の効果を最大限に発揮できるパックになりますよ♪

■参考記事:化粧水パックを効果的に行うには?

化粧水パックの効果的なやり方と注意点!これで美肌をゲット!

ハンドケアをする上で注意するポイントとは?

それでは最後は、ハンドケアをする上で特に注意したいポイントについてご紹介致します。

ハンドケアは頑張れば頑張るほど効果がでるため、まめな人であれば数カ月後には見違えるほど美しい手になることもありますが、ケアのポイントを間違えてしまうと全くの逆効果になってしまう場合もあります。

ハンドケアサロンに通ったり高価なケアグッズのセットを購入する前に自分でケアを試そうと思っている方は、ぜひ以下の注意ポイントについても目を通してチェックしてみてください。

ハンドケアを頑張っているのになかなか目に見えて効果が出ないという人は、もしかすると大切なポイントを間違えている可能性もありますね。

自分のケア方法が間違っていないかどうか、最後にしっかり確認しておきましょう!

ハンドケアで注意するポイント(1)作業時は保護手袋を使う

ハンドケアで注意するポイントの1つめは、作業時は保護手袋を使うことです。

ハンドケアを頑張っている女性でも、家事をする時や庭仕事をする時に素手で作業していることがあります。作業ごとに手袋を付けたり外したりするのは確かに面倒な気持ちになる事もありますよね。

手や指を傷つける恐れのある作業をする時や、または水を使う作業をする時はやはり手袋をするのとしないのでは手の状態が大きく変わることになります。

仕事中や赤ちゃんのお世話がある女性は一日中手袋をしているのは無理がありますが、睡眠中や時間に余裕がある時だけでも手袋を使ってみたほうが良いかもしれません。

少し大きめのサイズの付け外しの簡単な手袋であればストレスなく使えるかもしれませんね。

ハンドケアで注意するポイント(2)日焼けをしない

ハンドケアで注意するポイントの2つめは、日焼けをしないことです。

ハンドケアを意識している人は日焼けにも特に注意が必要です。ご存知のとおり日焼けは肌にシミを作り深いシワができる大きな原因になる場合もあり、美しい手を手に入れたい時は絶対避けたいことの1つです。

紫外線は夏だけでなく1年を通して降り注いでいて、太陽が出ていない曇りの日でもその量はかなり多いといいます。お出かけの時は日焼け止めや手袋、日傘などでお顔と一緒に手もしっかり保護することが大切になります。

一度日焼けしてしまうとハンドケアサロンに行ったり高価なハンドケアグッズを買ってもすぐに美しい手を手に入れるのは難しくなります。手のトラブルを招かないためにも日焼け対策は万全にしておきましょう!

ハンドケアで注意するポイント(3)乾燥に注意する

ハンドケアで注意するポイントの3つめは、乾燥に注意することです。

上記で何度もご紹介しましたが、ハンドケアをする時は乾燥も注意しなければいけないポイントです。乾燥状態が続き手指の荒れがひどくなるとアカギレを起こしたりパックリ割れなどを起こしたりとトラブルが絶えなくなってしまう場合もあり、非常に厄介です。

手や指の感想を防ぐためには手袋などの保護するグッズやハンドクリーム、パックなどを上手に併用していくことが重要です。両手を触った時にカサカサしているのが分かった時はすぐに対処できるようにいつもチェックしておくことが大切ですね。

ハンドケアで注意するポイント(4)洗剤等は低刺激の物を使う

ハンドケアで注意するポイントの4つめは、洗剤等は低刺激の物を使うことです。

敏感肌の人やアレルギー体質の人はほんの少しの洗剤の溶け残りなどに反応してしまうことがありますので、基本的に洗剤を使う時は手袋を使うのが望ましいといえます。

最近は食器洗剤や洗濯洗剤は手肌に優しい低刺激の商品がたくさん販売されていますが、そのどれもが自分の肌に合うとは限らないのが洗剤選びの難しいところです。

新商品の洗剤を初めて使う時は小袋パックなどを購入し、自分の肌に合っているか確認してみることも大切かもしれませんね。

まとめ

おすすめのハンドケアの方法や、ハンドケアに効果のあるパックなどについてご紹介しました。プロのセラピストが実施しているハンドケアの方法は画期的なものが多く、ハンドケアの重要性やなどがよくお分かり頂けたのではないでしょうか。

女性らしく美容に気を使いたい時は、お顔だけでなく手や指のケアも欠かすことはできません。皆さんも優雅な美しい手を手に入れるために、上記のまとめを参考にしてセルフケアに力を入れてみてくださいね♪

スキンケアについてもっと情報を知りたいアナタに!

べたつかないハンドクリームおすすめランキングTOP13!
ハンドクリームを顔に塗る?効果と注意点完全まとめ!
バスオイルの人気おすすめ5選と使い方を解説!美肌効果があるの?
ホホバオイルの効果と使い方まとめ!肌ケアもヘアケアも!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ