色白になる方法!色白になりたい人がすべき7つのことは?【地黒OK】

「色白になりたい!」そんなあなたに色白に近づく方法をご紹介します。美白の方法って実は様々な方法があります。「私は地黒だから…」と諦めなくて大丈夫。普段のお手入れからメイク方法から食べ物まで、いろいろな角度から、色白になるための方法を詳しく紹介していきます。色白になりたい人必見です!

色白になる方法!色白になりたい人がすべき7つのことは?【地黒OK】のイメージ

目次

  1. 【色白になりたい】どうすれば色白になれるの?
  2. なぜ黒くなるの?
  3. 【色白になる方法】美白アイテムと注意すべき点
  4. 色白になるためのスペシャルケア!
  5. 色白メイクのポイントを徹底解明!
  6. 美白アイテムでなくてもOK?
  7. 自分の判断よりもカウンセリングを
  8. 色白・美白を維持するために…おすすめの食べ物はこれ!
  9. 色白になる方法:あなたはどこまでできる?

【色白になりたい】どうすれば色白になれるの?

色白の女性って、何となく守ってあげたくて、か弱い存在のように見えます。透明感のある肌と透き通るような大きな瞳、まるで少女漫画の世界から出てきた女の子のようです。

そんな女の子に憧れつつ、なかなか色白になれないという女性はたくさんいるかと思います。色白になる方法は難しくありません。簡単です。簡単ですが、忍耐力が要ります。

その方法を、化粧水など普段のケアや体の中から色白を手に入れるための方法、メイクで綺麗に見せる方法など、細かく解説していきます。

色白になる方法を細かく解説する前に、

・どうして黒くなってしまうのか
・海外の美白事情
・男性の美白事情

と、簡単に美白にまつわるお話もしたいと思います。

なぜ黒くなるの?

色白になる方法を試す前に、まず「なぜ黒くなってしまうのか?」を解説します。

だいたいの人が、紫外線によって肌が黒くなると答えるかと思います。もちろん、それも間違っていません。実は、紫外線以外にも黒くなってしまう原因があります。

それは、

・脂っこい食事
・ストレス
・肌への摩擦や刺激
・メイク品などの色素沈着

などが挙げられます。

紫外線対策をしていたのに、どうして色白になれないの?といった方は、もしかしたらこれらの原因のいずれかに当てはまるものがあるのかもしれません。

海外の美白に対する意欲の違い

実は海外、特に中国や韓国の女性は美白への意識や意欲が日本人女性よりも高いのです。色白である、というのが中国や韓国では美人の象徴と言われています。

もちろん日本でも「色の白いは七難隠す」と言われていますが、中国や韓国は美白に対する意識や意欲が日本人とは遥かに違います。

中国では、日本の美白製品でコレが良い!と話題になれば、皆それを買い求めるくらいの勢いです。日本に旅行に行っている人に頼んだり、とにかくひたすらその美白製品を探し回るのも特徴的です。

男性の美白事情

最近では、男性も美白に対しての意識があります。真夏には日傘をさす男性も見られるようになってきました。

色白になりたい、とまではいなくても、あまり焼きたくないといって、紫外線対策をする男性を巷でよく見かけるようになりました。

どうしてかというと、紫外線を浴びることによって皮膚がんへのリスクが増すこともひとつの要因にあげられます。そのリスクを少しでも回避するために、日焼け止めを塗ったりする男性も増えてきました。

色白になりたいけど…地黒でも大丈夫?

「色白になりたい。でも、地黒なのに大丈夫なのかな…」と思っている方も多いと思います。

地黒という方、本当の本当に元々から地黒でしたか?気が付いたら、地黒になっていたという方もいるはずです。また、中学校や高校の時の部活がきっかけで地黒になってしまったなどという人もいるはず。

地黒でも基本、色白になる方法はあります。その方法は地黒の程度にもよりますが、簡単に色白なれるケースとそうでないケースがあります。それぞれを少し、紹介したいと思います。

大丈夫なケース

学生時代の部活などがきっかけで、気が付いたら地黒になっていたというケースです。こういった人は、お手入や普段の生活で気を付ければ、地黒になる前の段階に近付けることができます。

但し、いったん地黒になってしまった肌を色白にするのは、根気と忍耐力が要ります。根気強く取り組むことによって、色白に近付けることができるので、頑張ってみましょう。

難しいケース

遺伝などで、生まれながらにしての地黒の場合は、簡単に色白にはなれません。
医療機関や美容外科などの力を借りる必要があるかもしれません。

色白になるのが難しいといっても、美しさを手に入れることはできるので、落胆しないようにしてください!

美しい黒

「地黒でも大丈夫!?」の項目で「難しいケース」を紹介したかと思います。決して、色白になることを諦めろと言っているわけではありません!

でも、地黒でも美しい人はたくさんいます。例えば、陸上選手は色が黒い人が多いですが、皆非常に美しいですよね。締まった体に、整った顔立ち、メイクもしっかりしており、うっとりする美しさを持っています。

また、スーパーモデルも黒人の方が多いです。彼女達も非常に美しいです。遺伝的なもので元々が地黒だから美しさを手に入れることができない、ということは絶対ないので、それを生かした美しさをぜひ手に入れてほしいと思います。

【色白になる方法】美白アイテムと注意すべき点

さて、ここから色白になる方法を細かく解説していきたいと思います。

色白になる方法 = 美白だとまず連想しますよね。

美白化粧水や美容液などを買い求めたりする人も多いかと思います。"美白"と付くものを取り入れるときの注意点から簡単に紹介していきましょう。

まずはサンプルを使ってみよう

美白の化粧水や美容液など、"美白"と付くアイテムは刺激が強かったりする場合があります。美白に効果のある成分が、たまたま肌に合わなかったりというケースも耳にします。

肌に合わなかっただけでしたら良いのですが、その成分が原因で肌荒れを起こしてしまったら、せっかく買い求めたアイテムが無駄になってしまいます。

そうならないためにも、まずはサンプルなどで試してから、美白アイテムを使用するようにしましょう。

クレンジングと洗顔

色白になる方法で、いちばん大事なのは、クレンジングと洗顔です!化粧水や美容液も大切ですが、それだけではないのです。

色白で透き通るような白い肌をした女優さんやモデルさんは、実はクレンジングと洗顔は良い物を使っています。

世間的には、化粧水や美容液に一番お金をかける傾向がありますが、美白に限らず、スキンケアの中でもクレンジングと洗顔がいちばん大事なもの。

クレンジングや洗顔で美白の効果のあるものもあるので、そういったアイテムを探すのも良いかと思います。クレンジングと洗顔を良いものにして、正しく洗い流すことにより、たったこれだけで、色白になれます。

また、クレンジング = メイク落としといったイメージがあるかもしれませんが、休みの日などで一日中メイクをしていなくても、夜はクレンジングが必要です。

皮脂など脂汚れは、洗顔ではなくクレンジングで落としましょう。そうすることによって、色白への近道になります。

化粧水・乳液

色白になる方法のふたつめは、化粧水や乳液で色白を手に入れるという方法です。

美白化粧水や、美白乳液を使うと良いと思います。ただし、これらのアイテムを使う前は必ず、サンプルで試してみてからにしてください。

また、化粧水や乳液はできれば、別々の物を。化粧水と乳液が一緒になったオールインワンよりも効果が期待できます。

そして、化粧水や乳液を肌に馴染ませるときは、その使用方法をしっかり守るようにしてください。

例えば、肌をパンパン叩いて化粧水を入れ込もうとしたら、その刺激によってシミを作ったり肌が黒くなってしまいます。せっかく美白化粧水を使っているのに、もったいないですよね。

また、ホルモンバランスや季節の変わり目で化粧水や乳液が少しでもピリピリ…と感じるようであれば、使用を控えるようにしてください。

美容液や美容クリーム

美白といえばやっぱり、美白美容液や美容クリームなどを連想するかと思います。様々な美容液やクリームがあり、口コミでも様々な効果を実感しているという声を聞きます。美容液などは色白になる近道のようにも感じますよね。

美容液や美容クリームを使うときも、もちろんサンプルを試してからにしてください。また、美容液や美容クリームは、価格も化粧水などに比べて高価なものが多いです。美容液だけ美白のもので試すのであれば、クレンジングと洗顔を良いものに変える方をおすすめします。

本当に効果があるかどうか、しっかり選んでから美容液や美容クリームを使うようにしましょう。

Lovelyがおすすめするのは美白になれる【もっちりジェルホワイト】。
医薬部外品なので効果も期待できます。

もっちりホワイトは美白を目指す女子人気No1

日焼け止め

色白になる方法というよりも、美白というよりも、近年、日焼け止めを塗るというのは当たり前のような風潮になってきています。

なぜかというと、特に夏は紫外線があまりにも強いので、皮膚の病気から守るという意味でも日焼け止めは必ず塗る傾向が出てきているからです。

日焼け止めを塗るということは、色白になる方法の基本中の基本といっても過言ではないでしょう。

因みに、初夏や真夏、まだ紫外線量の多いと思われる9月だけ日焼け止めを使うといった人もいるかと思いますが、いちばん正しいのは、一年中日焼け止めを使うという方法です。

真冬でも紫外線が降り注いでいます。色白の肌で美しい女性は、化粧水や美容液などはもちろん、年中日焼け止めを使っていることが特徴的です。

最先端の飲む日焼け止めって?

日焼け止めは塗るとベタベタするし、すぐ効果なくなるから実は結構面倒なんですよね。自分じゃ日焼け止め塗れない箇所って結構ありますし。

実は日焼け止めを直接肌に塗るなんてもう古いって知ってました?今はもう日焼け止めは飲む時代なんです。

紫外線対策に加えてシミケアもしてくれるのが「マスターホワイト」。
飲むだけで日焼け止めの効果とシミケアができちゃうので、夏はもちろん冬の紫外線もカットするし、お肌のケアまでできるのが最先端の飲む日焼け止めです。

サプリメント

簡単に色白になる方法として取り入れやすいのがサプリメントです。今、様々な効果効能を謳ったサプリメントが出回っています。美白サプリメントもその中のひとつです。価格も、お手頃の物からびっくりするような価格のものまで様々なサプリメントがあります。

もし、美白サプリメントを取り入れようと思うのであれば、あまり高価すぎないものを。お財布との相談も大事です!できれば長く続けられそうなサプリメントを選ぶようにしましょう。

おすすめなのは返金を保証してくれるサプリメントで、自分に合わないと思ったらお金を返してくれるものをまず試してみると良いですね。
30日間の全額返金保証付き美白サプリメントはこれ!【リブランコート】

近年、美白の薬も有名になってきました。簡単に色白になれる方法としては、やっぱり"薬"と明記されている物の方が、効果を感じられますよね。

でも、美白の薬といっても、れっきとした薬です。服用する際には注意が必要です。

美白の薬は「第3類医薬品」

薬の種類は第1類から第3類までに分類されます。

この1類、2類、3類というのは効果を表すものではありません。第3類医薬品は、インターネット上でも販売ができ、販売者から消費者への薬の説明をしなさいなど規定されていないところが特徴です。

どういうことかいうと、「ネットで内容をあまり確認せず購入ができてしまう薬」、という見方もできます。

但し、"薬"と名前が付いている限り、それは薬に間違いありません。副作用も絶対ないとは言い切れません。

他に何か常用している薬があれば、それとバッティングしないかどうかなど、あらかじめ確認してから服用することが必要になります。

他にサプリメントなどともバッティングすることもあるようですので、その部分もしっかり調べておく必要があるかと思います。

ニベアパックで色白になるって本当? 

まず初めにお断りしておかなければいけないのは、ニベアそのものに美白成分は入っていません。では、ニベアの何が肌を白くしてくれるのか・・・それはズバリ、ニベアの「保湿効果」です。

肌がくすんで見えるのは下記の3点。
・メラニン生成
・肌のターンオーバーの乱れ
・肌荒れ

どれも、日焼けや肌の乾燥が原因となってるのですが、ニベアの保湿効果でこれらを防げるというわけです。

ニベアには保湿成分がたっぷり入っています。そのため、くすみに対処できて肌には透明感が増し、本来の白さを取り戻すことが出来るのです。


ニベアクリーム 青缶 大缶(169g)【イチオシ】【ニベア】

色白になるためのスペシャルケア!

普段の生活でのお手入れや、サプリメントや薬などでしっかりケアしていても、すぐには効果が見られません。色白になるケア方法自体は、そんなに難しくはないのですが、何よりも根気が必要です。

そんなとき、簡単に早く効果を実感したい場合は、スペシャルケアをしてみるのも良いかと思います。

エステ

エステは簡単に綺麗になれる方法です。しかも、効果を実感できるスピードも早いです。美白のメニューなどもあるので、簡単に色白になれるかと思います。

但し、エステだけでその色白をずっと維持できるかというと、そうではないので、やっぱり普段のお手入れにプラスしてエステをするという方が効果的です。

自顔マッサージ

エステになかなか行く時間がない、という方におすすめです。

マッサージクリームを使っての、自顔マッサージです。マッサージクリームは、クレンジングや洗顔で落としきれなかった染み付いた汚れを全部、キレイに落としてくれるので、マッサージ後の肌は本当に色白でツルンとしています。

マッサージ方法など、面倒くさい場合は、マッサージクリームを塗って、流すだけでも違ってきますので、ぜひ試してみてください。

脱毛

これも簡単に色白になれる方法のひとつです。顔の産毛や体のムダ毛があることによって、黒くくすんで見えてしまうことがあります。脱毛や顔そりなどをしてもらうことによって、肌がパッと明るく白くなってくれます。

また、気持ちもスッキリしますので、脱毛もおすすめです。

色白メイクのポイントを徹底解明!

化粧水など基礎品やサプリメント、薬、そして食べ物に気を付けていても、毎日仕事や学校で外出をしなければならない日々を送っていますよね。もちろんその際にはメイクをしなければいけません。

色白になるまで待っていては、いつまでも自分自身が納得できません。そんな時、メイクは瞬時に肌を綺麗に演出してくれます。

白さよりも透明感を出すメイクを

色白になる方法、と考えると、どうしても白っぽい色のファンデーションなどを選んでしまいがちです。

そうすると、体の肌の色、首の色、顔の色が全く違って見えてしまい、逆に違和感を感じてしまうメイクになります。

いちばん綺麗に見えるメイクは、白さを演出するよりも透明感を出すメイクをした方が、美しいです。首の色よりも、実はワントーン暗い色のファンデーションが美しく見えたりもします。

白さにこだわるばかりではなく、透明感を演出できるファンデーションなどを探すと、効果的です。

美白アイテムでなくてもOK?

色白になるために美白のお手入れや、体の内側からのケアとしてサプリメントや薬、普段の食べ物まで、色々紹介してきましたが、実は美白アイテムでなくても、もっといえば美白にこだわり過ぎなくても色白になることができます。

例えば、敏感肌の人はまず敏感ケアをしますよね。敏感肌ケアを正しくすることによって、色白になっていきます。

何を使うか、どんなサプリや薬を飲むか、何を食べるかというのも大事かと思いますが、いちばん大事なのは、本当に自分に合っているものを正しく使うこと、体に取り入れることだと思います。

自分の判断よりもカウンセリングを

最近ではネットの口コミなどを参考に、簡単に化粧品やサプリメント、第3類医薬品を手に入れることができるようになりました。あくまで、ネットの口コミは口コミであって、そのアイテムが本当に自分に合っているかどうか分かりません。

自分の判断よりも、化粧品カウンターなどでしっかりカウンセリングを受けてから、アイテムを手に入れるのがいちばん安全で、いちばん早く色白になれる方法かと思います。

■関連記事:メイクに関して詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

男受け抜群メイクをご紹介!チークとリップが愛されポイント?
色っぽいメイク術!大人っぽさを演出するメイクのポイント5つ!
美人顔の特徴と条件11選!バランス・比率が大事?メイクで美人に!

色白・美白を維持するために…おすすめの食べ物はこれ!

化粧水など普段のお手入れや、サプリメントや薬など体の中からのお手入れをしてあげても、やっぱり基本となるのが、普段の食べ物になるかと思います。

色白にするというよりも、黒くさせない、シミを作らせない食べ物を紹介していきます。

ビタミン類を多く含む食品

最近では美白のサプリメントとして、ビタミンのサプリを摂っている人も多いです。それだけ、ビタミン類が美白に効果的と知られています。特に、ビタミンCやビタミンE、ビタミンAが美白に効果的として知られています。

食べ物でいえば、ビタミンCはレモンやオレンジなどの柑橘系の食べ物、ビタミンEはナッツ類など。また、ビタミンAはβカロチンといって、体内でビタミンAに変化する少し特殊な栄養素は、ニンジンやブロッコリーなどから摂取することができます。

トマトのリコピン

リコピンと聞いたら、この食べ物ですよね。

トマトは抗酸化作用があり、体を錆びさせないようにしてくれます。体が錆びることによって、シミなどができ黒くなるのを防いでくれます。

腸内環境を整える食品

腸内環境を整えることにより、肌を守る機能がアップします。

肌を守る機能が低下することによって肌の抵抗力が下がり、紫外線やストレスなどから肌を守りきれなくなってしまいます。

腸内環境を整える食べ物として、ヨーグルトや納豆などがあります。腸内環境を整える食べ物は、肌だけでなく体にも良いので、おすすめです。

本来は、食べ物としてこれらの食材を摂れたらいちばん理想的ですが、なかなかそういうわけにもいきません。

ふだんの食事で補いきれないものは、サプリメントなどで補ってあげるのも良いかと思います。

色白になる方法:あなたはどこまでできる?

体の外から内側からお手入れはもちろんのこと、徹底した紫外線対策。食べ物も神経を使って頑張っている女性。これはこれで、努力を認めます。

しかし、美白にこだわりすぎて、やりたいことを存分にできていないと感じている人も多いのではないでしょうか。

例えば、絶対日焼けをしたくないからと、帽子にサングラス、デコルテまで隠れるマスクに手袋と完全装備をして友人が現れたら、正直ちょっと引きますよね。できれば他人のふりをしたくなりませんか?

また、色白にこだわりすぎて、明らかに違和感のあるメイクをしている知人も、一緒に居て嫌ですよね。食事に行っても、脂っこい食べ物は肌に悪いからと、協調性を乱されても困ります。

どこまでこだわれるか、そのボーダーラインを考えることも大事です。もちろん、友達を失くしたくないのであれば、ある程度の妥協は必ず必要です。

体の外側からのお手入れという方法と、メイクという隠すという方法で、色白になる方法を紹介してきました。体の内側からのお手入れとして、食べ物やサプリメント、薬という方法で紹介してきました。

体の外側と内側でしたら、どちらからが取り掛かりやすそうでしょうか?どちらからが正しいというのはありません。

そして、何度か言いましたが、美白は、お手入れ方法としては簡単なんですが、忍耐力を要します。その忍耐力をカバーするのがメイクであったりもします。

すぐに結果や効果が出るというものではありません。本当に簡単に済ませたいというのであれば、美容外科などに行くの良いかと思いますが、労力とお金が掛かってしまいます。

色白になるために、どこまでができるか、これ以上は無理だとか判断するのも大事だと思います。どうせやるのであれば、簡単に楽しく、綺麗になりたいですよね。この記事から何か参考にしていただき、美白への近道になってくれたら幸いです。

綺麗になる方法についてもっと知りたいあなたへ!

綺麗になりたい人がすべき11のこと!キレイになる方法教えます
美人とは?可愛いとの違いって?どうすれば美人になる?
美人になりたい人必見!美人になる方法17選!顔・外見の特徴とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ