冬のコートはいつから着る?時期・気温からおすすめの服装まで紹介!

冬の防寒やファッションアイテムに欠かせないコート。色々な種類のコートがありますが、いつから着るのか迷ってしまうコートもあります。そんなコートの種類や、いつから着始めればいいのか、コートに合わせたおすすめの服装などを紹介します。

冬のコートはいつから着る?時期・気温からおすすめの服装まで紹介!のイメージ

目次

  1. コートはいつから着るの?気温や時期は?
  2. コートはどんな種類があるの?いつから着るの?
  3. コートを着る気温の目安は?いつから?
  4. コートはいつから着ればいいの?11月?
  5. 真冬用のコートはいつから着ればいいの?
  6. コートの販売はいつから?
  7. 秋冬の定番コート「トレンチコート」
  8. トレンチコートはいつから着ればいいの?
  9. トレンチコートに合う服装は?
  10. チェスターコートはいつから着ればいいの?
  11. チェスターコートに合う服装は?
  12. モッズコートはいつから着ればいいの?
  13. モッズコートに合う服装は?
  14. Pコートはいつから着ればいいの?
  15. Pコートに合う服装は?
  16. Aラインのコートはいつから着ればいいの?
  17. Aラインコートに合う服装は?
  18. ダッフルコートはいつから着ればいいの?
  19. ダッフルコートに合う服装は?
  20. ファーコートはいつから着ればいいの?
  21. ファーコートに合う服装は?
  22. ムートンコートはいつから着ればいいの?
  23. ムートンコートに合う服装は?
  24. ダウンコートはいつから着ればいいの?
  25. ダウンコートに合う服装は?
  26. 【コートはいつから着ればいいの?気温や時期は?】まとめ

コートはいつから着るの?気温や時期は?

コーデの幅が広がるコートは冬の時期には欠かせないファッションアイテム。

秋冬のコートを準備したいけど、何月頃から着ればいいの?
コートの種類がたくさんあってどれにしていいのか分からない!
など、コート選びは難しいイメージがあります。

失敗しないためのコート選びやいつ頃から着ればいいのか、気温の目安,コートに合う服装などを紹介します。

コートはどんな種類があるの?いつから着るの?

冬用のコートといっても色々な種類があります。

秋から冬にかけて着るコートや、寒さが厳しくなってくる12月頃から着るコート、真冬に着るコートなど、コートの種類によって着る時期も大体決まっています。
それぞれのコートには特色があり気温や時期などを参考にすると悩まずに着ることができます。

コートに合わせて服装を選んだり、マフラーや手袋、ニット帽などのアイテムをプラスしてコーデを楽しんだりできるのも冬のコートの特徴です。

代表的なコートは「トレンチコート」「チェスターコート」「モッズコート」「Pコート」「ダッフルコート」「ファーコート」「ムートンコート」「ダウンコート」などがあります。

秋から冬にかけて着る代表的なコートは「トレンチーコート」
「モッズコート」「Pコート」「ダッフルコート」は11月に入ってから着るのが一般的になっているようです。

「ファーコート」「ムートンコート」「ダウンコート」は冬の寒さが本格的になってくる12月頃から着始める人が多いコートです。

コートを着る気温の目安は?いつから?

一般的には季節の変わり目の10月の後半や最高気温が15度以下になる時期がコートを着る目安になっているようです。

もちろん西日本や東京などの比較的気温が高い地域と北陸や東北などの地域とでは気温差があるのでそれぞれの地域の気温に合わせた服装が必要になってきます。

日中の最高気温が10度から15度位の時期は薄手の「トレンチコート」などで、最高気温が10度以下の気温になる時期には厚手の「チェスターコート」や「ダッフルコート」などが適しています。

インナー付きの薄手の「チェスターコート」は調節ができるので11月頃まで着ることができるコートですが、朝晩の冷え込みが強くなり日中の最高気温との温度差が大きくなる11月の後半に厚手のコートを着始める人が多いです。

最高気温が5度以下になる本格的な冬の時期には「ダウンコート」や「ファーコート」「ムートンコート」などがしっかりと防寒対策をしてくれます。

■参考記事:気温が11度・12度の時のコーディネートは?コチラもチェック!

気温11度の時の服装とは?おしゃれな防寒コーデを紹介!
気温12度の時の服装は?春・秋・冬別コーデ・アイテムおすすめ25選!

コートはいつから着ればいいの?11月?

コートを着始める時期は何月から着なくてはいけないということはないようです。

「トレンチコート」などの薄手のコートなどは11月の初めから着始める人が多いですが、10月でも日中は温かくコートが必要なくても朝晩の冷え込みがあり気温差が大きくなる日には、防寒対策のためにコートを着用する人が多いです。

真冬用のコートはいつから着ればいいの?

11月はまだ本格的な冬の寒さになっていなくても急激に寒くなる日もあるので、「チェスターコート」「モッズコート」「Pコート」「ダッフルコート」などのコートが活躍します。

厚手の生地のしっかりとしたコートが多いので12月に入ってから着始める人が多いコートですが、11月の下旬から着る人もいます。

マフラーや手袋などのファッションアイテムを使えば防寒対策とおしゃれコーデもできるコートです。

11月の下旬や12月にはいると朝晩の冷え込みが急に激しくなる日もあり日中の最高気温も10度ぐらいになる日もあります。

本格的な寒さがはじまる時期に活躍するのが「ウールコート」「ムートンコート」「ダウンコート」です。

温かく保温効果がありしっかりと防寒対策をしてくれるコートは3月頃まで着ることができるコートです。

コートの販売はいつから?

コートの販売は気温が低い寒い地域では販売時期が少し変わりますが、秋物の薄手の「トレンチコート」などは9月には店頭で販売が始まります。

本格的な冬用のコートは10月の下旬頃から12月末頃まで販売されていますが12月の後半になると人気のあるコートは売り切れになっていることもあるので、欲しいコートがあるなら早めに買いに行くことをおすすめします。

人気のあるブランドのコートなどは夏の時期からネットで予約を開始している所もあるので、お気に入りのブランドのコートが欲しいときにはネットで予約をしておくと確実に手に入れることができます。

秋冬の定番コート「トレンチコート」

「トレンチ(塹壕・ざんごう)」とは戦争のときに銃弾や砲撃から身を守る穴や溝という意味があり「トレンチコート」は兵士の身を守る為に開発された耐候性に優れた軍用コートです。

生地には防水加工をした生地や高密度のウール素材が使われ防寒性に優れ、モールやチェーンなどを吊り下げることができる肩に付いているストラップは、日本の警察などの制服にも同じ形が採用されています。

袖口のストラップは調節ができるので、冷たい風などを防ぐことができるようになっています。

実用的で機能性に優れた「トレンチコート」は見た目の美しさから、戦争後は男性用のコートとして流行しました。

現在は男性だけではなく女性にも人気の定番コートです。

トレンチコートはいつから着ればいいの?

秋から冬にかけて大活躍する定番コート「トレンチコート」

薄手の「トレンチコート」はまだ日中は温かくても、朝晩の冷え込みがある季節の変わり目の10月頃から着始める人が多いコートです。

「トレンチコート」は脱いでもかさばらないので持ち運びが便利なことも特徴です。

朝晩の冷え込んだときに着て、日中に気温が上がってきたときには気軽にカバンなどにしまうことができるので、秋から冬にかけて気軽に羽織ることができるコートです。

インナー付きの「トレンチコート」を着れば温かく防寒性もあるので、マフラーや手袋などのアイテムと合わせれば11月の下旬頃まで着ることができます。

トレンチコートに合う服装は?

どんな服装にも合わせやすい「トレンチコート」は一枚あると色々なコーディネートができます。ベーシックな色はベージュが多いですがカーキやブラックなどもあります。

ワンピースやドレスなどの服装の上にも羽織ることができるので改まった場所にも着ていくことができるコートです。

シンプルなシャツ、カットソーやニットなどにも合い、タイトスカートやボトムスにも合わせやすくロングスカートにもぴったりなコートです。

「トレンチコート」と「スプリングコート」は形が似ているので間違えることが多いですが、秋冬に着る「トレンチコート」は軍服の名残があり、肩や袖口に飾りがついていてしっかりとした生地で縫製されているのが特徴です。

春先に着る「スプリングコート」は明るい色が多く薄い生地で縫製されています。

チェスターコートはいつから着ればいいの?

日中の気温が温かくても朝晩の冷え込みがあり最低気温が10度以下になる時期には薄手のコートでは寒いので、厚手の冬用コートでしっかりとした防寒対策が必要です

厚手の「チェスターコート」は11月下旬頃に着始める人が多いコートです。

イギリスの伯爵が最初に着用したのが始まりと言われ上流階級の男性の間で外出着として流行した「チェスターコート」

両脇のポケットと胸元のポケットが特徴で、襟に高級な素材を使うこともあります。

ウエストを少し絞ったスッキリとした形はシルエットを美しく見せてくれるので、カジュアルな服装でも上品な印象を与えれくれます。

チェスターコートに合う服装は?

ここ数年で女性にも人気の「チェスターコート」は黒やネイビーなどの落ち着いた色がベーシックでエレガントな印象を与えることができます。

通勤にはもちろんフォーマルな場所でも着ることができるので「チェスターコート」が一枚あると様々なシーンで活躍します。

「チェスターコート」は着こなしが難しそうというイメージがありますが、デニムのパンツやスニーカーなどにも「チェスターコート」を合わせることができるので、カジュアルな服装をしたいときでも「チェスターコート」はおすすめのコートです。

「ワンピース」の上に「チェスターコート」を合わせればフォーマルな印象になり、セーターやスキニーパンツなどを合わせればカジュアルな印象になります。

タートルネックのインナーを合わせると首元の寒さをカバーしてくれます。

ロング丈の「チェスターコート」は身長が高めの人に合わせやすいコートですが、ミディアム丈の「チェスターコート」は身長が低い人にも合わせやすくなっています。

モッズコートはいつから着ればいいの?

カジュアルな服装に合わせるなら「モッズコート」

「モッズコート」は米軍が採用した寒冷地用のパーカ「M-51」が原型になっています。

大きめのコートでジャケットなどの上着の上からも羽織ることができるようになっています。

「モッズコート」色々な種類があり11月頃から本格的な冬にも着ることができるコートです。

薄手の「モッズコート」は11月頃から着始める人が多く、厚手の「モッズコート」は11月の下旬頃から着ることができ、インナー付きの「モッズコート」は本格的な冬まで着ることができます。

ファッションとして定着したのは1960年代からで、イギリスの若い世代の人たちが着用したのが始まりと言われています。

軍用コートとして開発されたので防寒性に優れていて、襟元を閉めると口元までカバーしてくれます。

ファーが付いたフードはボリューム感があり顔を小さく見せてくれる効果があります

「モッズコート」を上に羽織るだけでとてもおしゃれに見え、機能性があるのでアウトドアなどにも大活躍してくれます。

モッズコートに合う服装は?

カジュアルな「モッズコート」はスキニーパンツやスニーカーなどに合わせやすく、ニット帽やマフラーなどのアイテムにもよく合います。

ミニ丈のニットワンピースに大きめの「モッズコート」を合わせると可愛らしい印象になります。

カーキ色の「モッズコート」が定番ですが、ファー付きの黒やネイビーの「モッズコート」も人気があります。

Pコートはいつから着ればいいの?

大きな襟とダブルのボタンが特徴の「Pコート」

元々は海軍が冬の演習のときに着用できるように開発された軍用コートで、
別名を「パイロットコート」とも言います。

ボタンに「錨」のマークがあるのが特徴で、並んで付いているダブルのボタンは風向きが変わる海上で左右どちらでもボタンをかけられるように考案されました。

大きな襟元にも意味があり、風が強い海上で音が聞き取れないときに襟元を立てると収音効果があります。

日本では学生服の冬用の上着として着用されることも多い「Pコート」です。

高密度のウール素材の「Pコート」は冷たい風を通さないので最高気温が10度以下になる11月の後半から12月の初め頃から着始める人が多いようです。

本来の「Pコート」は丈が長めのコートですが、現在の「Pコート」は丈が短くファッション性が強くなっています。

Pコートに合う服装は?

丈が長めの「Pコート」は通勤などのビジネスシーンにも着ることができます。

男性が着ることが多い「Pコート」ですが、丈の短い「Pコート」は女性に人気があり豊富なカラーバリエーションがあります。

スキニーパンツやチノパンにもよく合い、ニットやロングスカートのアウターとしても着ることができます。

Aラインのコートはいつから着ればいいの?

Aラインとはフランスのデザイナーが発表したコレクションのひとつで、肩から裾にかけて広がっていくラインのシルエットがアルファベットの「A」に見えることから「Aライン」と名付けられたファッションスタイルです。

下半身の体型をカバーしてくれる「Aライン」はコートやワンピース、ドレスなどにも多く採用されていて、どんな体型の人でも着こなすことができるので大変人気があります。

「Aラインコート」は厚手のしっかりとした生地の物が多いので11月の下旬頃から着るのがおすすめです。

ネイビーやベージュなどのベーシックな色の他にピンクやホワイトなどのカラーもあるのでクリスマスデートにもおすすめです。

Aラインコートに合う服装は?

ネイビーやベージュの「Aラインコート」はデニムやスニーカーなどのカジュアルな服装に合わせやすい色です。

ピンクやホワイトの「Aラインコート」はワンピースやミニ丈のフレアースカートの上に短めの「Aラインコート」を合わせたり、ベレー帽やマフラーなどのアイテムを使うとフェミニンな印象を与えてくれて可愛らしさがグッとアップします。

ダッフルコートはいつから着ればいいの?

冬の定番コートのひとつ「ダッフルコート」

「ダッフルコート」は北欧の漁師が仕事着として着用したのが始まりと言われています。

フード付きで高密度のウール生地などが使われていて、防寒性の高さから第二次世界大戦中には海軍の軍用コートとして着用されました。

ボタン部分も工夫がしてあり「トグル」と呼ばれる留め具は、寒い冬に手袋を着けたままでもボタンが留められるように考案されたものです。

風向きによって左右どちらでもボタンを留められるように工夫してあるのも特徴のひとつです。

「ダッフルコート」は早い人は11月の上旬に着始める人もいますが、11月の下旬から12月の初めに着るのが一般的になっているようです。

ダッフルコートに合う服装は?

「ダッフルコート」の定番の色のネイビーは、ニットやデニムなどと合わせるとカジュアルに着こなすことができ、ミディ丈の「ダッフルコート」はフレアースカートやミディ丈のワンピースなどが合います。

ベレー帽や手袋などのアイテムとも合わせやすく色々なコーデができます。

ロング丈の「ダッフルコート」はベージュやキャメルやホワイトなどのカラーがあり、ワンピースの上に羽織るとエレガントで大人の雰囲気を演出してくれます。

■参考記事:ダッフルコートのコーディネート、コチラも参照♪

ダッフルコートコーディネート120選!レディースの着こなしはこれ

ファーコートはいつから着ればいいの?

最近になって急激に人気が高まってきているのが「ファーコート」

寒さが本格的になってくる12月頃から着る人が多く、保温性に優れているので冬の外出に是非取り入れたいアウターです。

ミディ丈やロング丈まであるので、カジュアルからフォーマルな場面でも大活躍してくれます。

襟のない「ノーカラーのファーコート」は気軽に羽織れるので特に人気のあるアウターです。

ノーカラーコートとは?

ノーカラーと聞くと色がないの?と思ってしまいますが「ノーカラーコート」の「ノーカラー」は「襟(えり)がないこと」という意味になります。

襟元がない「ノーカラーコート」は首元がスッキリとして見えるのでフォーマルな場面でも着ることができるコートです。

色が明るめのウール素材の「ノーカラーコート」は上品な雰囲気を演出するので、結婚式やパーティーなどのお呼ばれにぴったりなコートです。

ネイビーやグレーの「ノーカラーコート」はパンツルックやタイトスカートなどと合わせると大人の女性の雰囲気を演出してくれます。

ファーコートに合う服装は?

ロング丈の「ファーコート」はエレガントな雰囲気を演出してくれるので、パーティーなどの改まった場面でも着ることができます。

ミディ丈の「ファーコート」はカットソーやVネックセーターなどによく合い、デニムやミニスカートと合わせるとカジュアルな中にもエレガントな雰囲気を演出してくれます。

ムートンコートはいつから着ればいいの?

日中の最高気温が5度以下になる本格的な冬の寒さに保温性に優れた「ムートンコート」がおすすめです。

ふわふわでボリューム感がある「ムートンコート」ですが、重たくてゴワゴワするのが苦手な人もいます。

そんな問題を解決してくれるのが「フェイクムートンコート」

お手入れがしやすく軽くて暖かいので大人気になっています。

ムートンコートに合う服装は?

定番のベージュの「ムートンコート」にはニットワンピースやタイトスカートがよく合います。

ノーカラーの「ムートンコート」はデニムやスニーカーなどに合うのでカジュアルなコーデにぴったりです。

最近では少し大きめの「ムートンコート」が人気になっていて、手足を細く見せてくれる効果があります。

ダウンコートはいつから着ればいいの?

冬の寒さが本格的になる1月から2月にかけての防寒対策にはやっぱり「ダウンコート」

羽毛を使った「ダウンコート」は軽くて抜群の保温効果があり、インナーに薄手のシャツ一枚でも十分に温かいのでフットワークも軽くなり真冬のクリスマスシーズンの屋外のイベントやテーマパークに出かけるときにも大活躍します。

「ダウンコート」はカジュアルなイメージがあり、コーディネートが難しそうと思いがちですが、ロング丈の「ダウンコート」や、ショート丈の「ダウンコート」もありエレガントなコーデからカジュアルなコーデまで幅広く着こなすことができます。

ダウンコートに合う服装は?

ショート丈の「ダウンコート」にワイドパンツを合わせるとエレガントな雰囲気になり、ミニ丈のワンピースを合わせるとフェミニンな印象になります。

ミドル丈の「ダウンコート」はニットワンピースやブーツを合わせるとカジュアルな雰囲気になりシルエットも綺麗に決まります。

ロング丈の「ダウンコート」はタートルネックのニットやスキニーパンツなどと合わせるとすっきりとした印象になり、明るい色の「ダウンコート」にはフレアースカートやワンピースを合わせるとエレガントな雰囲気になります。

【コートはいつから着ればいいの?気温や時期は?】まとめ

冬のコートの着る時期や気温、おすすめの服装を紹介しました。

コートは軍服が元になっている物が多く防寒性や機能性を引き継いで現在のスタイルになった物が多いです。

秋の肌寒い時期から着る薄手の「トレンチコート」から真冬に着る「ダウンコート」まで色々な種類があって迷ってしまうこともあると思いますが、ご自分の生活スタイルに合わせてお気に入りのコートを見つけ、冬のファッションを楽しんでください。

コートについてもっと情報を知りたいアナタに!

コーディガンのコーデ17選!おしゃれな着こなしをマスターしよう!
ダッフルコートブランドランキング13選!【レディース編】
ダッフルコートのメンズ着こなしとおすすめブランド!【おしゃれ】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ