服装指数とは?気温に合わせて毎日のコーデを決めよう!

季節の変わり目で1日の気温差が激しい時、どんな服装やコーデにすれば良いか悩んでしまう事ってありますよね。今回は毎日の暮らしの中で服装やコーデを決める時に便利な服装指数についてまとめてみました!服装指数っていったい何?という方はぜひチェックしてみてください♪

服装指数とは?気温に合わせて毎日のコーデを決めよう!のイメージ

目次

  1. とっても便利な服装指数っていったい何?
  2. 服装指数はどこが発表しているの?
  3. 日本気象協会の服装指数は5段階!
  4. 日本気象協会の服装指数①0~30(厚手のコートが必要)
  5. 日本気象協会の服装指数②40~50(上着が必要)
  6. 日本気象協会の服装指数③60~70(長袖がおすすめ)
  7. 日本気象協会の服装指数④80~90(半袖がおすすめ)
  8. 日本気象協会の服装指数⑤100(タンクトップ)
  9. 一般的な気温による服装指数は?
  10. 一般的な気温による服装指数の目安①6度以下
  11. 一般的な気温による服装指数の目安②7度~10度
  12. 一般的な気温による服装指数の目安③11度~15度
  13. 一般的な気温による服装指数の目安④16度~20度
  14. 一般的な気温による服装指数の目安⑤21度~25度
  15. 一般的な気温による服装指数の目安⑥26度以上
  16. 毎日の服装やコーデに便利な服装指数を取り入れましょう♪

とっても便利な服装指数っていったい何?

皆さんは服装指数というものをご存知ですか?服装指数とは毎日の天気や湿度などからどんな服装が一番適しているのかを数字で表すもので、ホームページ上などで誰でも簡単に確認することができるサービスになります♪

服装指数を上手に日々の生活に取り入れることで、「今日はどんな服装やコーデでお出かけすれば良いかな?」「お天気だから長袖だったら暑いかな?」と悩んでしまう時にもすぐに最適な服装を選ぶ時の参考にすることができます。

寒いのに上着を持ってくるのを忘れてしまった!予想外に気温が高くなって長袖では過ごしにくかった!服装指数を確認する習慣をつけておくと、そんな服装やコーデの失敗をずいぶん少なくすることができます。

ここではとっても便利で意味のある服装指数について詳しくご紹介していきたいと思います♪

服装指数はどこが発表しているの?

それではまず複数指数というのはいったいどこが毎日発表しているのかという点も気になりますよね!

服装指数は日本気象協会というところが発表しています。日本気象協会は毎日の全国の天気や気温や台風情報など様々な情報を発信している公共機関で、季節によって桜の開花状況や黄砂の情報などもチェックすることが可能になっています。

服装指数についてはホームページ上で沖縄から東京、北海道までの日本全国の服装指数を非常に分かりやすく表示しており、当日に自分の地域ではどんな服装が適しているのかを一目で判断できるようになっています。

他にも日本気象協会のホームページでは豪雨予想や地震速報などの生活に密着した便利な情報から、汗かき指数や星空指数などちょっと変わった興味を惹かれるような面白い指数まで色んな意味のある情報を提供しています。

通勤や通学の前やレジャーの予定をたてたい時などはぜひ積極的に活用していくと、毎日の生活を少し快適に過ごせるようになるかもしれません♪ホームページ上の情報は登録などをしなくても誰でもすぐにチェックすることが可能ですので、気になる方はチェックしてみましょう!

日本気象協会の服装指数は5段階!

それではさっそく気になる日本気象協会の服装指数についてご紹介致します!

日本気象協会では日々の服装指数を5段階であらわしています。気温や湿度や紫外線などの情報をもとに数値を出し、その数値によって半袖がオススメなのか長袖がオススメなのかを服のイラストや色分けなどで分かりやすく表示しています。

また服装指数は都道府県ごとに確認することも可能で、同じ都道府県の中でも指標に少し差がある地域などは地域別に確認することも可能になっています。

当然ではありますが南にある沖縄、中間にある東京、北にある北海道などでは同じ日でも服装指数はかなり異なることが多く、旅行や出張などで遠方へ出かけなくてはいけない時などもとても役に立ちます。日本気象会の服装指数はとても信ぴょう性の高い情報といえますね。

ここでは日本気象協会の服装指数の5段階の意味や見方などについてまとめてみました!


◆関連記事:過ごしやすい20度前後の服装はこれ!

気温23度の服装は?暑いのか寒いのか微妙な時のコーデを紹介!
気温20度の服装はどうする?コーデのおすすめを紹介します!

日本気象協会の服装指数①0~30(厚手のコートが必要)

まず日本気象協会の服装指数の0~30です。

服装指数の0~30は紫色の長袖の服のイラストで表示されます。服装指数0から30の意味は気温が真冬並みに低く寒さが厳しくなることを予想していて、お出かけには厚手のコートや上着が必要になるレベルを意味しています

インナーもハイネックの長袖やセーターが必要になり、人によっては手袋や帽子やマフラーなどの防寒対策が必要になることもあります。

さらに足元が冷えやすい女性はタイツやブーツなどの対策が必要になることもあり、場所によっては雪が降ってもおかしくないほどに冷え込む可能性があります。

東京では1年のうちでもっとも寒さに対する対策が必要になる12月から2月ぐらいまでに多い服装指数となりますね。北海道に至ってはお天気が悪い日は4月半ばぐらいまで0~30の服装指数が続くこともあります。

日本気象協会の服装指数②40~50(上着が必要)

日本気象協会の服装指数の40~50は通常の上着が必要になる程度のレベルになります。

服装指数40~50はブルーの長袖の服のイラストで表示され、その意味は厚手のコートやダウンまではいかなくても1枚羽織れる上着があると安心だというレベルを意味しています。冬の初め、または春の初まり程度の少し寒さが残っているぐらいの気温になることが多く、インナーはまだ長袖を着る人が多い時期です。

スプリングコートや薄手のジャケットなどのコーデは天気によっては寒さを感じることもありますので、肌着などで調整すると良いかもしれませんね。

服装指数40~50は温かい飲み物が恋しくなったり風があるか無いかでかなり体感気温も変わってきます。また朝晩と日中の気温差が激しくなる時期でもありますので、脱ぎ着できる上着を持ち歩くのがベストです。

子供やお年寄りは体調を崩しやすい時期でもありますので特に気を付けてあげる必要があるかもしれませんね。

日本気象協会の服装指数③60~70(長袖がおすすめ)

日本気象協会の服装指数の60~70は長袖1枚が妥当だとされている気温になります。

服装指数60~70はグリーンの長袖の服のイラストで表示され、その意味は上着を着るほどではないものの半袖では少し肌寒くなるかもしれない日という事を意味しています。

日中の気温は少し上がる時もありますが、同時に紫外線が気になってくる時期でもありますので女性や肌が弱い人は紫外線対策も必要になってきます。

紫外線はシミやそばかすの原因になってしまいますので、天気の良い日は七分袖などを着る時は日焼け止めをしたうえで紫外線対策用の手袋をしたり、日傘や帽子などのコーデを使い分けるのも効果的です。

服装指数60~70の時期は快適で過ごしやすい季節になりますので、アウトドアやレジャーなど屋外で過ごすことも多くなります。

日本気象協会の服装指数④80~90(半袖がおすすめ)

日本気象協会の服装指数の80~90は半袖がおすすめの気温になります。

服装指数80~90はオレンジの半袖の服のイラストで表示され、その意味は天気が良ければ気温が上昇するため半袖で過ごすのがオススメだとという意味になります。日本の夏は東京や大阪などは湿度が高くムシムシとすることが多いため、そのあたりも指標を決めるポイントとなっているようですね。

ただし気温は上がったとしても建物の中や電車やバスなどは冷房がかなり効いている時期でもありますので、女性の方はひざ掛けや薄手の上着が1枚あれば安心かもしれません。

おしゃれのために肌を見せたコーデをする人も多くなりますので、体を冷やさないためにも少し服装には気を付ける必要がありますね。

日本気象協会の服装指数⑤100(タンクトップ)

日本気象協会の服装指数の100は半袖よりもタンクトップの方がおすすめの気温になります。

服装指数100は赤いタンクトップの服のイラストで表示され、その意味は天気が良く気温が真夏日近くまで上昇するため半袖を着ていても暑く感じる日になるという意味になります。

屋外で過ごすと熱中症になってしまうこともあるほどの暑い日になる恐れがありますので、屋外での活動には少し注意が必要になります。

女性はファッションコーデで紫外線対策を万全にしておくことはもちろん、体調の良くない日は外出を控えるなど予定の調整をした方が良い日もあるかもしれません。

真夏の暑くなりそうな日はお年寄りや小さな子供には特に負担になることもありますので、服装指数をしっかりチェックしておくこともとても重要になりますね。

一般的な気温による服装指数は?

上記では日本気象協会の服装指数を詳しくご紹介しましたが、次は一般的な気温による服装指数についてもご紹介していきましょう!

日本気象協会の服装指数はホームページを開かなければ見ることはできませんが、なかなか忙しい朝にチェックすることができないこともありますよね。

次はテレビの天気予報などで発表される予想気温による服装指数の目安についてご紹介していきたいと思います♪気温が何度であればどんな服装やコーデをすれば良いのか、上着は気温が何度ぐらいから必要になるのか、毎日の服装に悩んでいる人は必ず参考になりますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください!

一般的な気温による服装指数の目安①6度以下

一般的な気温による服装指数の目安の1つめは気温6度以下です。

気温6度以下になるといわゆる真冬の非常に寒さが厳しい日ということになります。1年のうちで最も冷え込む12月から2月は東京や大阪などの都会でも気温6度以下になることもありますが、厚手の上着が必須になります。

また長袖の肌着にインナーも厚手のものを合わせ、場合によっては帽子、手袋、マフラーなどでの防寒対策が必要になります。

また冷え性の女性などはカイロなどが恋しくなる時期でもあり、厳しい寒さに対する万全の準備をしておくことも大切になります。気温6度以下になる時期は空気も乾燥しやすく、インフルエンザなどが流行する時期ですのでマスクの着用もオススメですね。

一般的な気温による服装指数の目安②7度~10度

一般的な気温による服装指数の目安の2つめは、7度~10度です。

7度~10度も冬のかなり冷え込む日の日中ぐらいの気温になります。手袋が無ければ風が吹くと手や指がかじかんでしまうこともあるほどの気温です。吐く息は白く、場所によっては雪が舞ってもおかしくないような気温です。

気温7度~10度が予想される日もそれなりに防寒性のある上着がある方が安心です。天気が悪くなりそうな時は風や雪などを通さない防水性のある素材の上着がオススメかもしれませんね。

一般的な気温による服装指数の目安③11度~15度

一般的な気温による服装指数の目安の3つめは、11度~15度です。

気温が11度を超えると冬でも少し日中は過ごしやすく感じることが多くなります。風は冷たいですが我慢できないほどではなく、天気によっては少し薄手の上着にセーターなどのコーデでも過ごせることもあります。

気温11度~15度というのは秋の終わり、または春の始まりといった季節の変わり目に多く、体調を崩しやすい時期でもあります。

風邪をひいている場合などはいつもの格好にプラス1枚多めに着ていくなどの調整が必要になる気温になります。朝早くに出て夜遅くに帰ってくる人などは上着を脱ぎ着できるコーデにすると便利かもしれませんね。

一般的な気温による服装指数の目安④16度~20度

一般的な気温による服装指数の目安の4つめは、16度~20度です。

気温が16度~20度になると女性は少し肌寒く感じることもあります。上着は必要ないかもしれませんが、シャツ1枚では寒い可能性があり、セーターとブラウスなどの重ね着コーデがぴったりの気温になります。

薄手のインナーに軽く羽織るだけのロングカーディガンなどを合わせるのも素敵かもしれません。気温16度~20度はオシャレをとても楽しめる気温と言えますね。

一般的な気温による服装指数の目安⑤21度~25度

一般的な気温による服装指数の目安の5つめは、21度~25度です。

気温21度~25度は人によって半袖や七分丈や長袖に分かれる気温になります。天気が良い日は長袖だと汗ばむほどの陽気になることも多く、かといって半袖ではヒンヤリと感じることもあるため少しコーデが難しい気温です。

気温21度~25度は寒がりの人は薄手の長袖か七分丈、暑がりの人は半袖にするなど自分の好みによって服装を使い分ける必要がありますね。

一般的な気温による服装指数の目安⑥26度以上

一般的な気温による服装指数の目安の6つめは、26度以上です。

26度以上になると本格的に暑さを感じる気温になってきます。26度前後ではまだ爽やかさを感じる時期でもありますが、30度前後になると多くの人が汗をかき不快感を感じるようになります。

おすすめの服装は半袖やノースリーブ、できれば汗をよく吸い取る素材の服が人気となります。蒸し暑くなることが多い東京や大阪では熱中症対策も必要になってきますので、水分の摂り方などには気を付けなくてはいけません。

毎日の服装やコーデに便利な服装指数を取り入れましょう♪

とても便利な服装指数や、一般的な気温による服装指数の目安などについてご紹介しました!よく耳にする服装指数という言葉ですが、その意味や使い方などがお分かり頂けましたでしょうか?

服装指数は日々のファッションコーデや服装に悩んでしまう時や季節の変わり目などで気温の変化が激しい時などにとても役に立ちます♪

おしゃれは我慢とも言いますが、あまりに季節や気温に合っていない服装は悪目立ちするだけでなく風邪をひく原因になってしまうこともありますよね。

皆さんもぜひ毎日の生活の中で服装指数をチェックする習慣を身に着け、快適な服装ができるように役立ててみてくださいね。

もっと気温別コーデについて知りたい方はこちら

気温15度の服装は?メンズ・レディースのおすすめコーデまとめ!
気温18度の服装をメンズ・レディース・子供別紹介!【春・秋】
気温ごとの服装の目安とは?気温ごとに服装を解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ